クラス/講習のご案内

  • 年長児クラス
  • 年中児クラス
  • 3歳児クラス
  • 2歳児クラス
  • 1歳児クラス
  • 特別講習
  • 時間割・日程

模擬テスト・講演会

  • 年長児模擬テスト
  • 年中児模擬テスト
  • 3歳児模擬テスト
  • 2歳児模擬テスト
  • 全統オープン
  • 合格テスト / テスト講習
itsuaki__240_p_01.jpg

めぇでる小学部

  • ことばの学校
出版物・問題集のご案内 よくある質問 めぇでる教育研究所 ワクわくアトリエ メールマガジン お受験情報・リンク

HOME > めぇでるコラム > 2019小学校受験 > さわやかお受験のススメ<小学校受験編>願書の書き方

めぇでるコラム

< さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>面接ケース・スタディー(6)  |  一覧へ戻る  |  さわやかお受験のススメ<現年中児 今から始める小学校受験>ご家庭で楽しくできる受験準備(1) 身につけてほしい話を聞く姿勢 >

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>願書の書き方

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2019さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            第57号
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
★★願書の書き方★★
 
志望校も決まれば、願書の記入となります。
 
願書は、ご両親の考え方や性格など、いろいろなことが浮かび上がってくるも
のです。
面接される先生方は、この願書を読まれて面接に臨むわけですから、いってみ
れば、学校側が知ることのできる唯一の情報であり、書き方によっては、それ
が決め手となりかねません。
志望理由やご家庭の教育方針、お子さんの性格や育児の留意点、職業、通学経
路など、記入されたデータをもとに質問が始まるわけですから、親としての責
任は、限りなく重いものです。
 
簡潔で、的を射た表現から、面接は和やかな雰囲気で進み、お互いのコミュニ
ケーションが成り立ちます。
逆に、要領を得ない、冗漫な表現では、悪い印象を与えかねません。
 
ほとんどの願書には、「楷書で丁寧に記入し、使用する筆記用具は黒の万年筆か
ボールペン」と注意を促しています。
達筆な草書で書かれた願書は、注意を無視することになり、見た目はきれいで
あっても、簡単に読み切れませんから、何百通の願書を読む立場になれば、こ
れほど思いやりの欠けた願書もないでしょう。
また、記入欄いっぱいに小さな字で書き込むのもどうでしょうか。
もし、あなた自身が面接を担当する先生の立場でしたら、どういった願書を歓
迎するでしょうか。
やはり、一点一画を丁寧に、読みやすく書くことが大切だと思います。
 
また、書き慣れているからと、サインペンを使用することは避けましょう。
サインペンは水に弱く、にじんで願書を汚したり、字、そのものが消えたりし
がちだからです。
 
●願書記入に関しての留意点
 
・氏名で齋(斎、斉)、澤(沢)、邊(辺)、壽(寿)など、普段、略字で書き慣
れている方は注意しましょう。
 氏名の「ふりがな」は、ひらがなで書かれている場合は「ひらがな」で、カ
タカナの場合は「カタカナ」で記入します。
 
・現住所は、住民登録票に記載されている通りに記入します。
 やりがちなミスは、
 〔東京都新宿区○○町4ー5ー6 メゾン△△△△ ××号〕
 といった住所の記入です。
 住民登録票には、以下のように表記されているはずです。
 〔東京都新宿区○○町4丁目5番地6号 メゾン△△△△ ××号〕
 
・職業は、簡潔に記入しますが、説明をしなければわからない場合もあります。
 記入欄は限られていますから、面接の折りに質問を受けることを考え、わか
りやすく説明できるよ
 うにしておきましょう。
 自営業の方は、年収や従業員数等を尋ねられたケースもありましたから、ま
とめておきましょう。
 私学はご家庭の経済力に依存しており、経済的な基盤が安定しているかを確
認していると考え、的確に応じることが大切です。
 
職業を持っている母親は不利といわれているので、書くことを躊躇されるお
母さん方がいると聞きますが、これも噂の一つです。
入学後の送迎や、緊急時のお迎え、学校の行事や参観など、きちんと出席し、
協力できれば問
題はありません。
日本女子大学附属豊明小学校、聖心女子学院初等科も学童保育をはじめ、仕
事を持つお母さん方を援助しています。
ただし、緊急時のお迎えについては、東日本大震災以後、速やかに対応でき
ることも求められています。学校側に不安を与える条件がなければ、専業主
婦より、苦労をするわけですから、もっと自信を持ってください。
 
・通学方法、所要時間は、電車の場合は、各駅停車を利用した時間を、乗り換
えがある場合は、それに要する時間、自宅から最寄りの駅、駅から学校までと
いった歩く時間は、子どもの足でかかる時間を記入します。
 駅から学校までの時間は、学校側から○○分と指定している場合もあります
ので、読み落とさないように注意しましょう。
 
 通学時間は、多くの場合、ラッシュアワーを避けるようにはなっていますが、
地域によっては、その時間帯になることもありますし、バスの場合は渋滞など
から、時間がかかることもあります。
 正確な時間を知るためにも、登校時間に合わせて出かけ、所要時間を把握し
ておきましょう。
 乗り換えがある場合、特に、地下鉄などは、迷路のような所もありますから、
注意が必要です。
 私は青山学院初等部、東京女学館小学校、聖心女子学院初等科へ行く時に、
副都心線を利用しますが、渋谷駅で、いつもうろうろしてしまいます。
 上記の学校の他に、幼稚舎、立教女学院小学校(制服がないので推定?)、昭
和女子大附属小学校の生徒達の姿を見かけますが、みんな何の苦もなく乗り
換えています、当たり前の話ですが(笑)。
 
・写真は、カラーでも白黒でも可、写真屋さんで撮らなくてもスナップ写真で
も可、といっている学校もあります。
 制限があるとすれば、3ヵ月以内に撮影されたもので、本人と確認できるも
のです。
 「○○写真館ご用達の写真でなければ合格しない」は、単なる噂ですが、気
になさる方は、ご利用ください。
メールマガジンで「噂といっていたから撮らなかったので不合格になった」な
どと、あとでいわれても困りますから・・・、冗談ですが。
 
・性格、長所、短所ですが、正直に書きましょう。
 子どもは、演技できませんから、試験場のどこかで、あらわれるものです。
 短所の表現には、十分に気をつけてください。
 「気が短くて飽きやすい」などと書かれる方はいないと思いますが、これで
は、保護者として失格でしょう。
 「だれが、そのように育てたのか」と思われるだけです。
 親の愛情の伝わる表現の仕方があるものです。
短所は、育児でうまくいかなかったところが表われているといえますし、遺
伝もあると考えられますから、お子さんだけの責任ではありません。
 
・ミッション系の学校の願書には、宗教について書く欄があります。
 そこへ「無し」「無宗教」などと書かれる方がいますが、これはどうでしょう
か。
 日本人であればどこかの宗派に属しているはずですから明記しましょう。
 「仏教だと不利」は、噂にすぎません。
 
・誤字や略字に注意が必要です。
 働(仂)、卒(卆)、言(云)、その他 問、職、点、第など。
 
願書の記入上の注意に関しては、9月から始まる説明会でもやっていますし、
学習院初等科、青山学院初等部では、記入例を細かく記した資料も同封されて
います。
それでも、印鑑の押し忘れや、記入漏れなどがあると注意を促していますから、
記入例や注意書きにしたがって、慎重に書くべきです。
 
書き損じた場合は、修正液を使用してもよいという学校もありますが、やはり、
願書は「お願いの書」ですから避けるべきで、そのためにも何部かコピーを取
り、下書きをすべきでしょう。白百合学園小学校の説明会では、願書だけ別売
していましたが、今年はうっかりして確認できませんでした。暁星小学校は9
月配布ですが、願書だけの販売があるか確認してきます。
 
また、慶應義塾幼稚舎や早稲田実業学校初等部などの願書のように、志望理由
などを書く欄に線の引いてあるものは書きやすいのですが、雙葉小学校や白百
合学園小学校、昭和学院小学校、国府台女子学院小学部、日本女子大学附属豊
明小学校の面接書類のように、白紙で線がなく、書く欄も広い場合は、あらか
じめ鉛筆で薄く線を引き、万年筆かボールペンで記入した後、完全にインクが
乾いてから消しゴムで線を消せば、字も揃い、読みやすくなります。
なお、願書に関する情報は、平成30年度(平成29年11月受験)のもので
あることをお断りしておきます。
 
最後に、「主人は字が下手なものですから、私が書いた方がよいでしょうか」と
いった質問をよく受けますが、一点一画、丁寧に書けば、決して読みづらい願
書にはならないと思います。
また、「主人が書かなければ合格しない」ともいわれているようですが、これも
おかしな話で、どうやら、願書の最後のところなどに、「記入者」と書かれてい
るところから、こういった噂が流れているようです。
 
「字が下手」「主人が書く」などは、どうでもよいとはいいませんが、一点一画、
丁寧に書かれ、志望理由などが要領を得たものであれば、それで十分ではない
でしょうか。
「形を繕うより心」です。
わが子のために心から、その学校への入学を希望されているならば、そこには、
自ずとご両親の心意気が表われているはずです。
 
 「願書は、ご家庭の顔」といわれる理由は、ここにあるのです。
 
盛夏、お元気にお過ごしでしょうか。常識破りの台風12号、しのぎやすい日
が数日ありましたが、猛暑が戻ってきました。体調を崩さないように、お子さ
んの健康管理には十分に注意してあげましょう。                      
(次回は、「面接について」お話ししましょう)

カテゴリ:

< さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>面接ケース・スタディー(6)  |  一覧へ戻る  |  さわやかお受験のススメ<現年中児 今から始める小学校受験>ご家庭で楽しくできる受験準備(1) 身につけてほしい話を聞く姿勢 >

同じカテゴリの記事

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>面接編1 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2019さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            第58号
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
面接編1 
 
★説明会情報★
東京都私立学校展進学相談会
 開催日 8月18日(土)・19日(日)
 開 場 東京国際フォーラム 有楽町
慶應義塾幼稚舎、雙葉小学校、聖心女子学院初等科など、説明会で質疑応答の
時間が設けられていませんでしたが、2日間、個別相談に応じています。ただ
し、かなり混雑が予想されますので、お子さんをお連れの方、面接の本番なみ
に、お子さんが退屈しない工夫をしておきましょう。ホームページをご覧にな
ってからお出かけください。
 
今回から4回に分け、面接についてお話しましょう。なお、面接に関する話は、
当研究所発売の「面接、ここがポイント ~That’s a Plenty 小学校編」(書
籍)、「面接克服、ここがポイント~That’s a Plenty」(CD版)から抜粋した
ものです。
 
★面接当日の服装★
ある年のミッション系の学校説明会で、「子ども達から、『先生、今日はお葬式
があるのですか』と聞かれました」と、校長先生が苦笑いしながら話されたこ
とがありました。
面接のために訪れた皆さん方の服装が、申し合わせたように紺や黒だったから
です。子どもたちには、異様に思えたのでしょう。
「○○小学校は、紺で統一しなければ失礼にあたる」などといった噂があるよ
うですが、これも単なる噂に過ぎません。
雙葉小学校の説明会でも、「よくある質問」の中から、
「入学試験時の服装は、親子とも紺でなければいけないのでしょうか」に対し
て、文言は正確ではありませんが、以下のような説明がありました。
「そんなことはありません。その場に応じた服装であればよいと思います。紺
や黒でなければいけないということはありません」
なぜかわかりませんが、昨年に続き今年もこの説明がありませんでした。だか
らといって、「紺や黒の服装で決めてほしい」といっているわけではないと信じ
ていますが、これは受験者の判断にお任せしましょう。
 
ある年の立教小学校の説明会で田代教頭は、「私は服装で判断しているわけでは
ありません」といっていましたし、かつて、ある小学校の面接の折に学校側か
ら、「皆さんが同じように紺の洋服では、不自然とは思いませんか」といった質
問もありました。
また、幼稚園の募集要項に、「親子で紺色にそろえる必要はありません」と注意
書きがあったことからも、つまらない噂であることがわかります。しかし、だ
からといって、人と違った服装をするには、勇気が必要でしょうし、抵抗もあ
るでしょう。
 
学校も幼稚園も、「服装などどうでもよい」といっているのではありません。や
はり、初めての方と、しかも、これからお世話になるかもしれない先生方とお
話をするのですから、それなりの礼を尽くすのは、当然のことです。
 
問題は、普段、お子さんは、紺の洋服を着ることに慣れているでしょうか、こ
のことです……。面接当日、初めて袖を通した服になりがちです。大人でも、
新調した服を着ると気持ちが変わるのではないでしょうか。しかも、ご両親も、
普段と違った服装で決めています。お子さんが、「あれっ!」と思わないわけが
ないのです。これだけで緊張するのが子ども達です。
「お子さんに、余計なプレッシャーをかけないで下さい」
といった、学校側の配慮ではないかと思います。
 
ですから、面接や試験の日だけ着せるのではなく、何回も着て慣れておくこと
です。そして、お父さんにはひげを剃ってもらい、当日と同じ服を着て、食事
や買い物などに出かけることです。また、受験される学校まで出かけるのもい
いでしょう。そういった経験をしておけば、お子さんは、特別な気持ちにはな
らないはずです。「特別な気持ちにさせないでほしい」という学校側の配慮が、
伝わってきませんか。このことだと思います。
国府台女子学院小学部の説明会は、お子さんも一緒に参加しますが、会が始ま
る前に高学年のお姉さん達が預かり、終了までおよそ1時間半、楽しく過ごし
ているようです。これは子ども達にプレッシャーをかけない、ありがたい対応
ではないでしょうか。
 
そして学校側は、「堅実な家庭を築くお父さん、それを支える謙虚なお母さん」
を求めています。それが身だしなみとして現れます。装飾品はマリッジリング
だけにし、化粧も香水も控えめになさるのが、賢明でしょう。服装や身だしな
みに自信がもてないときは、ご両親に見てもらうことです。面接される先生方
と同じセンスで判断してくれるはずだからです。
 
★面接前夜★
〔お子さんに緊張感を持たせないこと〕
まず、ご両親が、絶対に忘れてならないのは、小学校の入学試験は、ご両親の
意志で始めたことです。そして、ご両親はいうまでもなく、お子さんの保護者
です。保護とは、「(外からの危険などに対し)気をつけて、かばい守ること」
であり、保護者とは、「(児童などを)保護する義務のある人」(岩波国語辞典)
です。多くのお子さんは、生れて初めて、大事業に挑戦するわけです。その緊
張感は、計り知れないものがあり、小さな胸は、張り裂けんばかりに波打って
いるはずです。この緊張感をやわらげるのは、難しい注文であることは確かで
すが、ご両親の、普段と変わりのない姿であり、笑顔です。
専業主婦であれば、交際範囲も限られていますから、初対面の人と話をするの
は、やはり、相当のプレッシャーとなるでしょう。
「きちんと話せるかしら……!」などと不安を感じていると、それが態度に表
れ、
「普段のママと、何だか違うみたいだなぁ?」
お子さんは、微妙な変化を見逃さないものです。
こういう心境になっている時に、
「明日は、面接ですから、ちゃんとお話しするのですよ!」
などといいがちで、これが、お子さんに余計な緊張感を持たせることになるの
です。
こういった不安を感じてしまう原因は、志望校選びが適切ではないからではな
いでしょうか。
 
ご家庭の育児の姿勢と学校の教育方針に違和感がなければ、自信をもって、面
接に臨めるはずです。ご両親でよく話し合い、万全の態勢で臨まなくては、保
護者としての役目を、果たせるわけがないのです。ご両親は、保護者であるこ
とを肝に銘じて、面接に臨むべきです。緊張したり、あがったりする時ではあ
りません。仕掛け人は、ご両親であることを絶対に忘れないでほしいのです。
 
[持参するものを再点検する] 
信じられない話ですが、ある小学校の説明会で「試験当日に受験票を忘れた方
がいる」といった話を聞いたことがあります。普段では考えられないことです
が、緊張のあまりおかしてしまったミスでしょう。こういったことのないよう
に、持ち物のチェックをしましょう。それには、「面接日に持参するもの一覧表」
を作っておくことです。
 
1 面接票(受験票 お子さんが受験している間に面接のある場合)
2 アンケート用紙 
3 募集要項や試験当日のスケジュール表(出願後に学校から送られてくる
資料)   
4 筆記用具や消しゴム、携帯用の辞書
その年だけ突然、アンケートの記入を求められる場合もありますから、
用意しておきたいものです。鉛筆と消しゴムは、下書きのための必需品
です。書き損じても消せますし、薄く書いて、ボールペンなどで清書す
れば、出来栄えも違います。慣れているといってもサインペンは除外し
ます。  
5 上履きや運動靴、体操着などは、新しいものは避けましょう。特に、新
品の靴は、運動のときなどに足を痛めがちですし、当日だけ履く革靴は、ま
めなどができて痛々しいものです。履きなれた靴を用意して下さい。両親も
上履き持参かどうか確かめておきましょう。名前は見えないところにといっ
た指示はきちんと守って下さい。
6 雨に備えて、雨具を入れるものやズボン、ソックスなどの着替えも用意
しましょう。ある学校では、体操着に着替えますが、それをしまう紙袋
にも、○○製のものなどという噂があるとか、そんなのは、嘘です。
7 あってはいけないことですが、万一の病気に備え、解熱剤や整腸剤の用
意を。お子さんは、ちょっとしたことから体調を崩しがちです。ピアノの発
表会などで、前夜に、突然、発熱や腹痛を訴えたことはありませんでしたか。
お母さんの気配りは、万が一に備える用心深さです。
8 スイカ、パスモなどを用意しておくと便利です。
携帯電話は、交通機関などで事故など非常事態が起きた場合に欠かせま
せん。
受験する学校の電話番号を登録しておきましょう。ただし、校門をくぐ
る前に、電源を切るか、マナーモードにしておきましょう。充電もお忘れな
く。控室でスマホを見るなどとんでもないことです。
 
★当 日★
〔いつもと変わらない朝を〕
当日は、いつもの朝と同じように迎えたいものです。 
こんな涙ぐましい話まであります。普段、あまり冗談など言わないまじめなパ
パが、今日に限って陽気にふるまうので、
「ママ、パパ、どうかしたの?」
と、かえって怪しまれ、何かあるなと思わせてしまったのです。平常心で迎え
ましょう。
ピクニック気分とはいいませんが、
「今日は、学校の先生に、どういったお話ができるのかを見ていただくのだよ」
こういった雰囲気を演出できればいいのではないでしょうか。
そうすれば試験当日は、
「この間は、よくお話ができたから、今日は、どういったことができるかを見
てくださるそうだよ」
となれば、お子さんも緊張することなく、試験場で普段の力を発揮できると思
います。
 
「一所懸命、頑張らなければ駄目よ!」
これだけで、どれほどプレッシャーが、かかると思いますか。こういうときの
お母さんは、言葉は励ましていますが、顔は緊張しているものです。それに加
えて、受けた公開テストなどで、成績がよくなかったときの「顔」になりがち
なものです。どれだけプレッシャーがかかり緊張するか、考えてあげましょう。 
 
〔遅刻は、認めてもらえません〕
ある学校の説明会では、「たとえ、交通ストのために遅れても認めません」とい
っているほどです。面接は、限られた短い時間に、網の目のような密度で、ス
ケジュールは組まれています。一組の遅刻者のために、時間を変更すると、多
くの人に迷惑がかかりますから、できない相談です。
交通上のトラブルがあった場合は、速やかに連絡をし、学校側の指示に従いま
しょう。 
早めに出発し、15分か20分ぐらい前には着くようにしたいものです。志望校
の決め方でも触れましたが、試験当日に使用する交通機関を、その時間に合わ
せて試乗しておくべきです。
また、少し遅れても、タクシーを使えばと考えるのは止めましょう。渋滞に巻
き込まれれば、それまでです。バスも同じです。都心のバス路線は、いつ、ど
こで、渋滞が始まるかわかりません。特に、雨の日は、注意が必要です。 
 
自家用車での来校は、説明会へ参加するときでも、ご遠慮くださいといってい
ます。
面接日、試験日とも、禁止されています。「私どもだけ……」は、困ることにな
るだけです。学校周辺は、多くの場合、駐車禁止ですし、学校にも大きな駐車
場はありません。
 
面接や試験の時間が、昼食にかかる場合は、軽食を持参しましょう。小学校の
周辺には、食事をするレストランなどは少ないものです。あったとしても、当
日は混雑が予想されますし、日曜日は、休日の所が多いのではないのでしょう
か。一口で食べられるサンドイッチやおにぎり、温かいお茶やお絞りなども用
意しておけば、万全でしょう。
 
心配なお母さん方へ、面接での質問事項に回答を用意し、声に出して読み、録
音をして聞いてみることです。要領を得ない長い話は、聞いてもらえないでし
ょう。自己中心的な母親は、どこでも歓迎されません。また、お子さんには普
段、使わないような言葉を教えこまないことです。
 
少し気になることがあるのですが、こういった答え方をする子が増えています。
「お名前を教えてください」
「私の名前は、△△○○です」
「お誕生日を教えてください」
「私の誕生日は、平成○○年△月□日です」
「幼稚園の名前を教えてください」
「私の通っている幼稚園は○△幼稚園です」
 
普段、こういった答え方をしているでしょうか。常にお子さんが、こういった
丁寧な答え方をしているのであれば、もっと自然な答え方になるはずですが、
どうにも様になっていない場合が多いのです。大人の受験対策的な思惑から教
え込んだ場合、どうしても不自然になるのは否めない事実ではないでしょうか。
お子さんが緊張して固まってしまい言葉が出なくなれば、それまでです。これ
は、ご両親が決めたことですから、模擬面接でも「止めなさい」とはいえませ
ん。今更仕切り直しでは混乱するだけですから。ご両親が面接を担当する先生
であった場合、「どういった印象をもたれるでしょうか」とアドバイスはしてい
ます。
 
直前の講習会も始まりました。猛暑が続くようです。昼寝は気分転換にもなり
ます。お子さんの健康管理には、十分に気を付けましょう。
 (次回は、面接編の2 面接当日の留意点などについてお話しましょう)

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>よく受ける質問から

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2019さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            第56号
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
よく受ける質問から
★説明会情報★
20日(金)午前10時30分からの雙葉小学校説明会に参加してきました。
河野久仁子校長の話で、毎年、聞けたわかりやすい話、と言っても私の勝手な
思い込みですが、聞けませんでした。受験される方には参考になると思います
ので紹介しましょう。例によって、文言は正確ではないことをお断りしておき
ます。
 
学校生活は、競争の場ではなく、共に祈り、共に学び、助け合う場です。「先
生と子ども」「子どもと子ども」という関わり合いの中で、人間同士の信頼関
係を築き、自分が愛されることを感じながら、子どもの人間としての成長を助
けていくようにと考えています。一人ひとりの子どもが、人との関わりの中で
自己を表現しながら、その人らしく生きることができるように祈っています。
バラはバラらしく、スミレはスミレらしく、その人らしく生きる。また、自分
で自由に学び、決定することができる、責任の取れる人に育てていこうといっ
たように、子ども達が、これからの世界を支えていく人に育っていくように願
っています。
 
「バラはバラらしく、スミレはスミレらしく、その人らしく生きる」、年甲斐も
なく好きなんですね、この文言が。(笑)明治生まれの親父は、よく「駕籠(か
ご)に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋(わらじ)を作る人。世の中はいろいろな
人で成り立っているのだ。一人ひとりが違っていていい、お前らしく生きれば
いいのだ」と言っていました。「その人らしく」は、自己中ではなく、幼稚舎の
「独立自尊」と同様「共生他尊」です。私の勝手な解釈ですが、読み流してく
ださい。
 
猛暑の続く、暑い夏休み、元気でお過ごしでしょうか。
この時期によくある質問からいくつかを紹介しましょう。
 
Q.慶應義塾幼稚舎の試験では、絵がうまく描けなければ合格しないそうですね。
 
A.「うまく描けなければ」という文言は、大人の考える絵に対する評価でしょう。
この考えが、子ども達を苦しめているようです。
入試で絵を描かせるのは、絵の巧拙、上手、下手だけを見ているのであり
ません。
大人は自分の考えを相手に伝えるのに、言葉だけで足ります。
しかし、幼児は、言葉だけでは不十分です。
言葉で足りなければ、体全体で表す身体表現も、大切なコミュニケーショ
ンの方法で、絵もその一つです。
自分で思っていること、考えていることを絵で表現したいのです。
子どもの絵は写生ではなく、感じたことを描いていると思います。
ですから子どもは、絵の巧拙にこだわらず、思い通りに、せっせと描きま
す。
そばで見ていると、本当に楽しそうです。
以前、幼稚舎が、画家が絵を描くときに使うイーゼルを立て、絵を描かせ
ましたが、舎長は、その目的を「子ども達の表情を見たかった」とおっし
ゃっていました。
ですから、一つの話を聞いたあとに、「この続きの絵を描いてみましょう」
といった問題に発展させ、子どもの感性を見ているのではないでしょうか。
 
「うまい」に越したことはありませんが、それが、子ども自身の感性では
なく、誰かに教え込まれたものであれば、評価されないと思います。
どなたがおっしゃったかわかりませんが、そういった絵を「大人の手垢の
ついた絵」というそうです。
「お子さんは、楽しく絵を描いていますか」
そうであれば、子どもらしい絵が描けていると思います。
学校の狙いも、そこにあるのではないでしょうか。
  
最近の傾向として、例えば、5~6人のグループに、模造紙1枚とクレヨン
1箱が用意され、「弁当の絵」「水槽の絵」などのテーマが与えられ、相談
しながら描くといった形式で出題されていますが、使いたいクレヨンを他
の子が使っている場合、何もしないで使い終わるまで待っている子がいる
と聞きます。ポイントは「相談して」にあるのですが、お子さんは積極的
に参加できますか。
 
Q.1枚の絵を見て話を作るのが苦手なのですが、うまくなる方法はないでし
ょうか。
 
A.「うまくなる方法」などありません。
技術的なことを教えても、お子さんは、おそらく理解できないと思います。
1枚の絵から話を作るのは、本当に難しいものです。
絵を見ても、自分で体験をしたことがなければ、話せないのが幼児です。
まず4枚ほどの絵からできている「お話作り」の問題からやってみましょ
う。
4枚の絵であれば、どういった状況か把握できるからです。
そこから話を作る方法を、自分なりに考え始めるものです。
最初は、つたない話になりがちです。
最後まできちんと聞いてあげ、できたことを褒め、それからおかしなとこ
ろは、「ママは、こう思うけれど、どうかな?」と、お子さんに考えるヒン
トを出してあげることです。
「違うでしょ、こうなの!」では、お母さんの作品になってしまいます。
これを十分にやった後に、3枚の絵、2枚の絵に進み、そして1枚の絵に
挑戦しましょう。
苦手なお子さんには、「お母さん(お父さん)、あのね!」方式がいいでしょ
う。
お母さんやお父さんに話しかけるように作ることです。
幼児の経験は、まだ狭いものですから、体験していないことを表現するの
は苦手です。
日常生活で、「ママ、あのね!」と話しかけてきたときは、必ず、聞いてあ
げましょう。
自分で体験したことを話す、これが話作りの基本でもあるわけです。
話すチャンスをたくさん作ってあげることが大切です。
なお、「お母さん、あのね!」方式は、某国立大学附属小学校で、作文の時
間に実践していた学習方法です。
 
Q.問題に取り組む時に時間がかかり過ぎるのですが心配ないでしょうか。
 
A.幼児には、問題集をやるときにも、さっさと答えるタイプと、じっくりと
考えて答えを出す二つのタイプがあるようで、イソップ物語の「ウサギと
カメ」の話から、前者を直感が働くウサギ型、後者をじっくりと考えるカ
メ型と考えることもできます。
難しい対称図形や回転図形の問題でも、ウサギ型は、4つの答えから正解
を選び出すのにも時間がかからず、カメ型は、慎重に取り組みますから時
間がかかります。一つ一つ検証して、答えを出しているからです。
おそらくお子さんは、カメ型のタイプではないでしょうか。
一つ一つ比べ、「これは、ここが違う」と納得しなければ、次の答えに手を
出せないのですから、むやみに急がすことはありません。
一度、仕組みや方法が理解できれば、スピードもアップします。
 
思考派のカメさん型は、小学校の中学年を過ぎる頃から、力を発揮し始め
ます。
考える力が育まれ、基礎学力がしっかりと身についているからです。
直感派のウサギさん型は、この頃に、一度つまずきますが、頭の回転の速
さから立ち直れます。
ですから、カメさんの場合は、時間がかかってもあせらせることなく、問
題は時間内に解くことを、少しずつ教えてあげましょう。
ウサギさんは、ひらめきだけに頼らず、正解であっても、他の答えはどう
して駄目なのか、その説明をさせましょう。
どちらもお子さんの大切な能力ですから、良いところを伸ばしてあげる、
賢いお母さんになってあげましょう。
  
Q.文字や数字の読み書きは、できた方がいいと友達は言うのですが、やった
方がいいのでしょうか。              
 
A.小学校の入学試験には、文字の読み書き、数字を使った計算はありません。
ただし、答えをイラストではなく、書いてある文字に印をつけるテストを
実施している学校もありますが、それは、その学校の方針ですから、受験
する方は、そのための準備が必要です。
また、暁星小学校でも、年中行事と関係のある数字、例えば母の日は5月
ですから5に○をつける、記憶の問題でスクリーンに映った数字と同じも
のに○をつける問題がありましたから、1月・正月、2月・節分、3月・
雛祭り、4月・花祭り、5月・子どもの日、母の日、6月・父の日、7月・
七夕、9月・お月見、10月・お祭り、運動会、11月・七五三、12月・
クリスマスなど、その月と数字がわかるようにしておきましょう。
やっていると思いますが、毎朝、カレンダーを見て、「今日は8月16日、
日曜日」というだけで、月日と曜日も無理なく覚えるものです。
ただし、数字を書く必要はなく、読めればいいでしょう。
文字は問題用紙に氏名を書きますし、靴を脱ぎ、試験が終わった後で靴を
履くときなど、書かれた名前を見て判断することもありますから、名前の
読み書きはできるようにしておきたいものです。
 
年長になる頃から、文字と数字を書きたがるようになりますが、その場合
は、正しい書き順を教えましょう。
自己流で覚えると、直すのに苦労するからです。
文字を書くことの得意であった子が、小学校へ入ってからことごとく直さ
れ、自信を失う話をよく耳にします。
数字は「0・5・7・8・9」、文字は「と・も・や・よ」、書きにくい「あ・お・
そ・ぬ・む・め」などです。
ただし、テストで数字や文字で答えては、得点にならないことを教え、約
束してください。
 
ところで、お子さんは、ブツブツとつぶやきながら、昔話や童話の本を読
んでいませんか。「話の読み聞かせ」の効果です。教えなくても、文字を読
めるようになっていくものです。本を読んであげるのは、大切な学習にな
っていることを忘れないでください。
 
以上の「Q&A」は当研究所発行の「さわやかお受験オススメ 小学校受験 Q
&A」からピックアップしたものです。
詳しくは、ホームページをご覧ください。
 
暑い夏、本番を迎えました。
「夏を制する者は秋を制する」ともいわれています。
 無理は禁物ですが、頑張りましょう。
(次回は「願書の書き方」についてお話ししましょう)

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>今年の説明会より

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2019さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            第55号
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
今年の説明会より
 
「共学がいいか、別学がいいか」、徹底的に分析をしてくれたのが、立教小学校
の田代教頭の話。今年は少し端折ったところがありましたから、ここ数年の話
を基にまとめてみました。教頭は、その容貌と話し方からして、大変な熱血漢
であるとの印象を受けますが、おそらく、子ども達から「金八先生」などと親
しまれているのではないでしょうか。
 
「本校にはどんな男の子がいるか。男の子は単純で、雑駁で、ずぼらで、締ま
りがなく、言葉遣いは悪いし、けんかは日常茶飯事だが、私は好きだ。
 脳科学者の話で、すべてに当てはまるわけではないが、脳の厚さは、女性は
11歳で最大になるのに比べ、男性は18ヶ月遅れるとか、実証されているそ
うだ。成熟差を中学生で比べると、1年半から2年間ほど遅れるそうで、我々
が教えていてもそれは感じる。
 アメリカでは1932年に公立校の男女別学を禁止していた。しかし、20
06年10月に法改正がなされ、公立校で別学、共学を選択できるようになっ
た。脳の発達や思考、得意分野の違いをまったく無視し、同じ条件で教育した
ことに問題があるということで、別学が増えていく。
 イギリスの研究者の話では、男女別学では、性別による固定観念を打ち崩し
やすいが、共学ではこれが難しいといっている。歌を歌う場合、共学では恥ず
かしがってほとんど歌わない。男子校の合唱は一つの特徴でもある。女子校で
は今はやりの『リケジョ(理系女子)』ではないが、数学や科学を好む学生が増
えてきた。別学では男子らしさ、女子らしさという固定観念がなくなるのでは
といわれてきている。共学では逆に強調され、男女別学の良さが見直されて来
ている。アメリカの真似をするのが大好きな日本だから、文科省が力を入れて
いる中高一貫教育も、今に中高一貫男子校、女子校を作り出すかもしれない、
公立校の。我々は小中高大学までの一貫教育で男子校。皆さん方は、すでに先
見の明があるといえる。それを申し上げておきたい。18歳をこえると脳の成
長の差はなくなるそうだ。小中高で男女が分かれていて、大学で共学というの
は理想的な制度で、手前みそながら何ですが……」(会場から笑い声が起こりま
した!)
 
 リケジョについては、今年も国府台女子学院の平田史郎学院長は、進学実績
からその傾向にあるとおっしゃっていましたが、「女子だけだからいいのです。
共学にする考えはありません」と力説していた学院長、やはり科学的な根拠が
あったわけです。もしかすると、公立校での中高一貫男子校、女子校の誕生は、
案外早い時期に実現するかもしれませんね。
 
そして、どんな家庭のお子さんがほしいかについて、
「最後に、いつもお願いしていることだが、どんな家庭のお子さんがほしいか、
メモをとるような話ではないが、訓練によって鍛えられた子どもではなく、読
み聞かせや自然の中で五感を使った遊びの体験やお手伝いを重視する家庭。そ
れらを基にして、豊かな会話をもっている家庭、そういう日常生活を大切にし
ている家庭で、社会のルールを守る社会性や協調性を厳しくしつけられている
家庭の男の子が欲しい。なぜなら、学校は社会性を訓練する場、男が成長して
父親になった時、知性を発揮できるように、キリスト教の精神に基づき行える
心の豊かさ、自分に対して優しさという知性を身につける場であり、こういっ
たことを理解し協力してくれるご家庭の子、男の子なら誰でも結構」
 
学校選びの基本は、「ご両親がどんな男に育てたいのか、そのためにはどういっ
た教育、環境が必要であるかではないでしょうか」とおっしゃっていましたが、
「はじめにご家庭の教育方針ありき」と言ってきた私は、素直にうなずいてし
まいました。
以前、紹介しました「教育の道は家庭の教えで芽を出し、学校の教えで花が咲
き、世間の教えで実がなる」(明治時代、高等小学校から親に配られた「家庭心
得」)ではありませんが、そのとおりですね。最近、高学歴者の不祥事が伝えら
れていますが、「世間の教え」をないがしろにした結果でしょう。今までの努力
は何だったのだろうと、他人事ながらもったいないと思いますね。
 
47号でも紹介しました早稲田実業初等部の求める子ども像、こういった話です。
『どんな子どもに来てほしいか、いろいろとあるが主だったことを言うと、第
1に早実大好き、早稲田大学に進んで勉強したいと思う子。2つ目に規則正し
い生活ができる。もう一つ大切なことは、自分のことは自分でできるお子さん。
これができていないと宿泊学習が始まると辛くなる。中学で体験したことだが、
宿泊合宿のときの荷物作り、親御さんが詰めてしまう。忘れ物が出ても名前が
書いていないからわからないので処理するしかない。自分でやらないからわか
らない。3つ目は人の話を最後までしっかりと聞くことができる。4つ目は物
事に最後まで取り組むことのできる子を期待している。
 基本的な生活習慣は、ご家庭で教えて頂きたい。しつけの問題になるが、教
え方に問題があるのではないか。ご両親共に子どもと接する時間が少なくて忙
しい。うまくできないと早くしなければならないから、お母さん方はすぐに手
を貸してしまう。そうではなく言葉をかける。言葉を理解し自分でやることが
大切。だから時間はかかる。手を貸すと「また貸してくれる」と子どもは考え
る。その時はスムーズに通過できるが、後々それが癖になる。言葉を主体にし
て見守り、時間をあげて言葉で考えさせて、自分でできることを中心に考え、
できたところでしっかりと褒める。その繰り返しが大切。褒められると次に生
きてくる。また褒められたいという気持ちになる。そういうことを大切にして
ほしい。幼い時に身に付いたしつけ、習慣は、子どもにとって大切な宝物にな
る」
 
そして、モチベーションの上げ方について。
「学校見学会が9月2日(日)に行われるが、初等部を見学できるのはこの日
だけ。是非ともお子さんと一緒に来てほしい。お子さんが自分の目で見ること
が大事。私の願いは、お子さんが『この学校に来て学びたい、勉強したい、一
緒に友だちと遊びたい』と思うだけでも、これからの受験勉強の励みとなり、
お子さんのモチベーションも上がる。それを狙っている部分もあるので、『勉強
しなさい!』と言ってもモチベーションは上がらず、そのへんはなかなか難し
い。そのためにも是非、一緒に来てほしい」
              (早稲田実業学校初等部 橋詰 敏長 校長)
校長が森国吉雄先生に変わりましたのでこの話は、今年はありませんでした。
参考になるのではと考え紹介しました。これは昨年の説明会での話です。
 
森国校長は、「早稲田実業学校の伝統と歴史は、校是「去華就実」もとで形成さ
れてきた。上辺だけの華やかさではなく実をとる、外面より内面の美しさを求
める精神を大切にし、社会の各方面で貢献できる人材の育成を目指している。
校訓の「三敬主義」は、他者を、自己を、事物を敬うことの大切さを説いてき
た。謙虚で優しく、自重自立し、全てのことに敬う心をもって取り組む誠実な
姿勢を示すもの。こういった理念を受け継ぐ初等部6年間は、一人ひとりの個
性を尊重し、確かな学力を身につけ、自ら学び、考え、創り出し、表現する力
を育て、人間性豊かな児童を育てる」ことを目標に掲げている」と校是と校訓
についての話がありました。
 
最後に、竹田敏伸舎長に代わった幼稚舎、先生は幼稚舎の教育の特徴、「6年間
担任に持ち上がり制と教科別専科制」について詳しい話がありましたが、昨年、
願書に「福翁自伝の感想」を書いたこともあり、今年もあるのではと考え、昨
年の大島誠一舎長の話を紹介しておきましょう。
 
「幼稚舎教育を通じて、子ども達にどういった人になって欲しいかというと、
『人生を楽しむ人になってほしい』『社会を肯定的に見る人になってほしい』『自
分の能力を生かして人の役に立つ人になってほしい』と私は願っている。人生
を楽しむと言っても、ただ、その場その場を面白おかしく生きるというのでは
ない。日々、辛い努力を積み重ねることも大切で、辛いことに辛抱することも
大事だ。しかし、究極的には『自分の仕事を楽しむ』ことだ。
 福澤諭吉が示した慶應義塾の目的に、『社会の先導者たらんとすることを欲す
るものなり』という語句がある。しかし、始めからリーダーになることを目指
すのではない。仕事に喜びを感じ、自分の好きなことをやっている内によい仕
事ができる。その結果として周りに支えられリーダーになっていくという考え
だ。もちろん、自分が嫌なこともやらなくてはならないだろう。しかし、やっ
ていることが楽しくなければ継続することは難しく、ましてやよい仕事ができ
るとは思わない。楽しいからこそ人から見れば辛いことも、たいして辛いと思
わずにできるのだろう。会社の組織の中で高い位置につくことができなくても、
あるいは先導者となり得なくても、年老いた時に、『自分の人生はよかった』と
思えるような生き方を私は大切にしたいと考えている。
 こういった考えは、福澤諭吉の生き方そのものだと思う。福澤の生き方は、
最初から立身出世位を目指したものではない。「知りたい、見てみたい、やって
みたい」という気持ちが凝縮した人生だったと思う。幼稚舎という学校を理解
していただくには、ここで私がくどくど申すより、福澤が自らの人生を振り返
った『福翁自伝』を読んでいただければご理解いただけるものだと考える。是
非、一読されることをお薦めしたい。そして『福翁自伝』は、幼稚舎を受験す
るだけではなく、自分の生き方を考える上でも素晴らしい書物だと思っている
ので、多くの方々に読んでほしいと思っている」
 
『福翁自伝』はわかりませんが、明治初期に発売された「学問のすすめ」は、
300万部以上売り上げ、超ベストセラーになっています。ちなみに、世界一
のベストセラーは「聖書」で、約3880億冊だそうです。
      (「マナビゲート 2016」P39 大学通信 発行より)
 
20日は雙葉小学校の説明会です。間に合いませんでしたが、校庭の一角には、
幼稚園、小学校に在籍されてから聖心女子学院へ進まれた皇后陛下が、ご成婚
の記念に植樹されたメタセコイヤの3本の内の1本が、校舎と頭を揃えるほど
に成長した姿を見ることができます。
 
夏休みに入り、夏期講習会も始まりました。元気に通っていますか。猛暑が続
いていますが、休養も十分取り、頑張りましょう。
    (次回は「よくある質問について」お話ししましょう)

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>夏休みの過ごし方(2)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2019さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            第54号
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
夏休みの過ごし方(2)
 
◯受験情報◯
2019年度幼稚舎1年生の入学試験は、2018年11月1日(木)~8日
(木)に実施します。実施の詳細につては「2019年度1年生入学試験募集
要項」で説明します。「募集要項」は、2018年9月3日(月)から9月28
日(金)まで、幼稚舎事務室で1、000円で頒布します。【月~金:9時~1
6時30分、土・日・祝、休み】
入学試験について、よく質問される事項については、「幼稚舎入学試験 Q&A」
をご覧ください。       (慶應義塾幼稚舎のHP 7月9日より)
 
前回に続き、夏休みの過ごし方についてお話しましょう。
 
3.観る力をつける
動物園、植物園、博物館、水族館、プラネタリウムなどを利用して、観ること
で名称、種類、性質、形、大きさ、色、用途などがわかります。
図鑑人間、驚くほど知っていますが、残念ながら大きさのわからない子がいま
す。
本物を見せてあげてください。
ただし、お子さんが興味を示さないときは、あまり効果はないでしょう。
「今度の日曜日は休みだから、水族館でも行こうか」ではなく、「パパ、ラッコ
ってどうやって貝を食べるのかな?」といったように「かな?」の二文字がつ
いたときは、何はさておき連れて行きましょう。
疑問の芽が、好奇心を刺激しているからです。
 
そして、観てきたことを絵日記に描ければ素晴らしいですね。
なぜなら、絵日記は、体験したことを思い出しながら、整理して、映像化し、
記録することですから、知的な訓練にもなっているのです。ただし、絵の巧拙
にはこだわらないようにしましょう。楽しく描けることが何よりも大切だから
です。
かつて、慶應義塾幼稚舎で、画家が使うイーゼルを立て、絵を描かせましたが、
その目的は「子ども達の顔をみたかったから」と舎長はおっしゃっていました。
夢中になって描いている子ども達の表情は「素晴らしい!」の一言に尽きるか
らです。
 
似ているところ(類似点)と違っているところ(差異点)を見つけ、話をさせ
ることも大切です。
言葉は、実際に話してみなければ、どうにもならないものです。自分で考えた
ことを、自分の言葉で話す機会をたくさん作ってあげましょう。野菜(キャベ
ツときゅうり)、花(さくらと朝顔)、果物(りんごとみかん)、乗り物(飛行機
と客船)などの組み合わせです。お子さんの話したことで、妥当性がある場合
は、正解です。
 
たとえば、「自転車とオートバイの違うところをいってください」の問題のとき、
「仮面ライダーはオートバイに乗るけど、自転車に乗って来ない」
といった子がいましたが、お母さん方はどう対処されますか。
「テレビのせいだわ!」と柳眉を逆立てる前に、とりあえず間違いではありま
せんから、まず、その考えもいいけれどとうなずき、「仮面ライダーを知らない
外国の人にお話ししてわかるかしら?」といえるお母さんになってほしいので
す。すると、お子さんは、自分の考えを認めてもらいましたから、人力と動力
の差に話が進むはずです。まず、認めてあげ、それから、正解に導いていくこ
とが大切です。私が現役の時、もっとも印象に残っている答えは、「花火と雪だ
るまは似ている」でしたが、どんな答えか想像してみてください。
 
さらに、朝顔やひまわり、家庭菜園で栽培した野菜などの観察絵日記(成長過
程や咲いた花の数、色、葉の形など)を描いてみましょう。成長の変化に気づ
く目が育ちます。
また、種まき、発芽、葉、花、種といった成長の過程を観察することで、科学
的にものを学ぶ姿勢も養うこともできます。
郊外の畑では、ナスやキュウリの小花を見せてください。鮮やかな紫色と黄色
の花にびっくりするのではないでしょうか。
 
また、幼児用のプールや風呂を利用して、浮くものや沈むものを実験してみま
しょう。
スイカは絶対に浮かないと思っている子がいますが、お子さんはどうでしょう
か。迷っている時は実物で実験するしかありません。最近は、小さなスイカ、
小玉スイカが出回っていますから見せてあげましょう。
手に持たせた時「沈む!」といったのは、野球の硬球とゴルフボールでした。
水がいっぱい入っているビンと少し空気が入っているビンなど、興味を示すは
ずです。
 
磁石につくものを探してみましょう。アルミ缶とスチール缶では、「うん?」と
なるはずです。砂場は、放し飼い動物の共同便所化したときもありましたが、
夕方にシートをかぶせるなど清潔になっているようですから、磁石を入れるの
も面白いので、実験してみましょう。
しかし、「コンセントなどに近づけると危険ですから、使う場合は目を離さない
で、終わったら手の届かないところへ片付けるようにしましょう。
前回の折り紙を磁石で持ち上げる問題ですが、折り紙の下にクリップなどを置
くと持ち上げることができます。
 
4.絵を描くことに興味を持たせる 
絵を描くことを嫌う子が増えていると聞きますが、事実なら困ったことです。
絵は、言葉や身体表現と同様、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感が受けた
刺激から観察力が働き、記憶したことがらを表したものといえます。
幼児の描く絵は写生ではなく、イメージ化したものと考えてあげましょう。
「絵は心の窓」ともいわれています。
お子さんの、心境が表れているのです。
絵の巧拙にこだわる必要はありません。
お子さんが、描けた絵を見ながら話を弾ませる、よい聞き手に徹することです。
お子さんが、絵を描くときの顔を見たことがあるでしょうか。楽しそうに描い
ていれば、心配ありません。先程の舎長の話ではなりませんが、夢中になって
描いているときの表情は、楽しそうで、素晴らしいものだからです。
 
5.ものを作る意欲を育てる
最近の入学試験でも、制作は重要な課題の一つになっています。
「折る、塗る、切る、貼る、組み立てる、結ぶ」は、幼児教育の基礎、基本で
すから、当然なのですが、知的なトレーニングに力を入れがちではないでしょ
うか。
 
「手は第二の脳」で詳しくお話しましたが、たとえば、つぼ型の容器に入った、
ふたのついた糊には、教育的な配慮がなされています。
左手で持ち、右手でふたに付いている取っ手を上にあげないとふたは開きませ
ん。
適量をとらなければなりません。少なければはがれやすく、多ければベタベタ
になります。
まんべんなく塗るには適量をとり、左手で紙を押さえ、右手で、のびろのびろ
と丁寧に塗らなくてはなりません。
そして、ふたを閉め、手を拭きます。
汚れた手をきれいにするのは、清潔感を身につける基本的な生活習慣の一つで
す。
リップスティック型の糊は、粘着力もあり、手も汚れませんが、大切な作業を
省いています。
体験しない分、不器用になるということでしょう。家庭では、ふたつきの糊を
使ってほしいですね。
 
セロテープの使い方、適当な長さに切れない。切って貼るのではなく、必要な
分を切り、そして貼るといったように「切る」と「貼る」の作業を分けてみま
しょう。はさみの使い方、紙の折り方、ちぎり方、こういった作業がスムーズ
にできないと、制作は面白くないでしょう。
得意な子ども達は、お母さん方が、こういった作業の重要なことを理解し、こ
まめに自分で扱う機会を作っていると思います。
また、材料となる箱や、紙コップ、モールやリボン、もしかしたら、穴あけパ
ンチなども用意しているのではないでしょうか。
苦手な作業は、じっくりと時間をかけ、出来るようにしてあげましょう。
通っている教室にお任せだけではなく、家でも制作に励んでください。
 
折り紙は、巧緻性と記憶力を高める大切な遊びです。
かつて、暁星小学校では、5個作らせました。
簡単なものを、丁寧に折ることが大切です。雑に折ると、出来栄えも悪く、そ
れが子どもたちの興味をひかない原因になっているからです。
折り紙の得意な子は、姿勢もよく、物事を丁寧にする習慣も身に付いていると
いえます。
 
粘土遊びも大切な作業です。
砂場で遊ぶ機会が少なくなっているようですから、せめて、粘土で造形のおも
しろさを体験させておきたいものです。
「子どもの頃、砂場で遊ばなかったためか、最近の学生は、塑像作りが苦手の
ようだ」と東京藝術大学の彫刻科の教授がおっしゃっていたそうです。
折り紙と同様、立体作りは、子どもにとって楽しい学習になっていることを忘
れてはいけないと思います。
 
ここで問題です。
小さなみかんほどの粘土の塊があります。これを3つの同じ大きさの丸い形に
作ってください。(解答は最後にあります)
手先の作業として、輪ゴムつなげやクリップを長くつなげる遊びは、頭の疲れ
ているときなど、気分転換にもなります。
 
6.身体を動かし、体力と持続力を育てる
ボールつき、縄跳びは、バランスを必要とする全身運動です。
広い場所もいりません。お父さんの出番です。目標を決めて、できるだけ長く
できるように挑戦させましょう。お父さんと共に頑張ったことが試験に出れば、
一所懸命にやらない子はいません。持久力や耐久力もついてきます。
また、散歩に連れ出し、歩くことの楽しさも教えてください。車中心の生活で
は、足腰が鍛えられず、スタミナ不足では、我慢する力も育ちません。
クーラーのある快適な生活は、半面、汗をかかない不自然な環境でもあるわけ
ですから、汗をかく運動は、ぜひ、行ってください。
 
教室へは、電車で通いましょう。お子さんと電車に乗ることで、歩くことで、
たくさんのことを学習できます。電車内で時々見かけますが、お子さんと一緒
の時は、スマホを見るべきではなく、対話の楽しさを味わうべきです。スマホ
をほしがる小学生に聞くと、「ママだって、見てるもん!」と答える子が多く、
「ママが見ているから面白いに違いない」と思っています。「何が面白いの?」
と聞くと「ゲーム」ですから、子どもの見ている時にゲームなどするなと言い
たい。しっかり観察されていることを肝に銘じておきたいものです。何事も、
親が手本です。
 
そして、お母さん、お子さんと一緒に歌を歌い、踊りましょう。
身体表現をやってください。楽しい思い出が残っていれば、試験場でお子さん
も一所懸命にやります。
今までは、女子だけの別学の学校では、必修科目と考えましょうといってきま
したが、立教小学校では、ここ数年、音楽にあわせて身体表現をしましたから、
受験される方は準備をしておきましょう。
町内で盆踊り大会があると思いますが、お父さん、照れないでお子さんと一緒
に踊ってください。男の子は、恥ずかしがり屋が多いですから、その鎖を切っ
てあげましょう。
 
この夏は、お子さんの負担になる旅行はさけ、秋に備えて健康管理に留意して
ください。
そして、起こしてならないのは事故です。ちょっとした油断が恐いのです。
親として、監視の目(管理の目ではありません)は、絶対にゆるめないことで
す。
 
夏休みの講習会も始まります。楽しく通えることが第一で、そういった雰囲気
を作ってあげましょう。毎日学ぶことから身についた学習習慣を、家庭でも楽
しくできるように、うまく利用することです。
そして、苦手な領域は、時間をかけて理解できるように、決して感情的になら
ずに、気持ちを落ち着け、「ゆっくり、じっくり、しっかり」を目標に、お子さ
んと共に頑張ってください。
 
西日本、九州地方の豪雨災害、大変な被害が生じてしまいました。復旧にご苦
労が続くと思いますが、頑張ってください。
猛暑が続いていますが、健康管理には、くれぐれも注意してあげましょう。
 
  答え 花火と雪だるまの似ている点 
    「花火は消えて、雪だるまはとける。形が残らない」(絶句!)
  
   丸い粘土の塊を粘土板の上で、手で押さえながら棒状に伸ばし、それを
3等分し
て丸めると、ほぼ同じ大きさの丸い塊を作ることができます。お母さん
と一緒にクッキーを作ったときに教わった子が、実際にやって見せてく
れました。
     
ある年のこと、3つに分けた塊を一つに戻した時、「先生、1+1+1=
1になりますね」といった子がいました。皆さん方は、どう説明します
か。分数の基本です。以前お話しました、「量の保存」を思い出してくだ
さい。
(次回は、「今年の説明会 前半編」についてお話しましょう) 

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>夏休みの過ごし方(1)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2019さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            第53号
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
夏休みの過ごし方(1)
 
◇説明会情報◇
慶應義塾幼稚舎の2019年度1年生の入学試験は、2018年11月上旬
に実施。実施内容の詳細は、「2019年度1年生入学試験募集要項」にて
説明。「募集要項」は、2018年9月3日(月)から9月28日(金)ま
で幼稚舎事務所で頒布。1部 1.000円。
 
昨年、大島舎長は、文言は正確ではありませんが、こうおっしゃっていまし
た。
「最後に、受験に対する保護者の心構えのようなものを申し上げたいと思い
ます。本来、5,6歳の幼い子どもに入学試験を通して、課題を与えて、判
断したくはありません。しかし、冒頭に申し上げましたように、志願者は多
く、男子約10倍、女子約14倍の倍率を示しています。そのために何らか
の試験を行い選抜せざるを得ません。横浜初等部を開校し、幼稚舎の定員数
は増えましたが、合格する志望者もいれば、不合格になる志望者もいます。
およそ10人に1人の割合になります。こういう競争にあることを踏まえ、
志願していただきたいと考えています。入学試験のために、5、6歳の幼い
子ども達に、不自然な生活態度を強いることを望んでいません」
  新任の竹田敏伸舎長、どのような話が聞けるでしょうか。
 
東京、神奈川、埼玉、千葉の小学校の入学試験本番まで、後3ヵ月有余、「夏
を制するものは受験を制す」ともいわれています。夏休みの過ごし方に、合
否の鍵があるといっても過言ではありません。
大島舎長ではありせんが、不自然な生活態度を強いることなく、大切な日々
を有効に過ごすポイントは、ご両親の考え方にあります。
 
まずは、何といっても健康管理です。幼稚園が休みになると、生活のリズム
が狂いがちです。幼稚園があるときと同じように、規則正しい生活のリズム
を崩さないことです。1日のスケジュールを立て、それにしたがった、メリ
ハリのある生活を送りましょう。 ただし、あれもこれもと、過密なスケジ
ュールでは、お子さんの負担を増やすだけで、かえってマイナスになりかね
ません。余裕を持って、計画を立てることです。遊び時間をきちんと配慮し
てあげましょう。
 
知的な能力は高いが、体力に不安がある子が多いのも、小学校受験の特徴の
ようです。机の上での勉強だけではなく、体を十分に動かす時間を設けまし
ょう。買い物などに出かけるときは、車を使わずに歩き、汗を流す機会を作
ることです。十分も歩かない内に、「おんぶ!」をせがむようでは、とても
受験に対応できません。 
肉体的なスタミナがなければ、精神力も弱いものです。一所懸命に頑張る意
欲や耐久力は、入試に欠かせない大切な要素です。運動教室にお任せだけで
は、真のスタミナはつきません。冷房の効いた快適な環境から、失うものも
あります。お父さんにも手伝ってもらい、一緒に汗を流しましょう。お父さ
んのリフレッシュにも役立ちます。夏休みの間は、ゴルフバッグに封をして
おきましょう。
 
ところで、夏休みに入ると、友達と遊ぶ時間が、不足しがちです。受験一色
になると、友達との遊びを悪いことと考えるお母さん方がいると聞きますが、
それは間違いです。
社会性や協調性といった集団生活への適応力に欠ける子は、どこの学校から
も歓迎されません。
行動観察型のテストでは、こういったところがはっきりと表れます。集団生
活への適応力は、問題集をこなすだけでは養われません。
 
最近、友達が家に来て遊ぶ機会も、少なくなっていると聞きます。
自分の家と全く違う生活習慣があるなど、本来は、貴重な体験をする機会で
もあるのですが、あまり歓迎されていないようです。せめて、同じくらいの
年齢の子がいる親戚を訪ね、違った生活を送るのも貴重な体験になるのです
が。
 
また、一人遊びも大切です。
遊びを通して自発性、考える力はもちろんのこと、一生懸命に取り組む意欲
や持久力もついてきます。入学試験に備えて、親が勝手に子どもの遊ぶ時間
まで管理するのは、いかがなものでしょうか。何から何まで管理していると、
無気力、無関心、無感動、無表情な「指示待ち子ども」になりかねません。
遊びを通して培われる力こそ、子どもにとっては、大切な財産になることを、
忘れないようにしてほしいのです。
 
任期前に辞任し、現場の教師に復帰した加藤三明元幼稚舎長は、毎年説明会
で「5歳のわが子を、受験のためにスポイルしないでほしい」とおっしゃっ
ていました。受験準備は、早稲田実業初等部の教育目標ではありませんが、
「ゆっくり、じっくり、しっかり」と余裕を持って取り組みたいものです。
(私の記憶に誤りがなければの話ですが、昨年の説明会で紹介されたスライ
ドの入学式に、加藤先生が出席されていました)
 
ここで一言。
夏の幼稚園や保育園の行事に、お泊り保育があると思います。その時の様子
を先生に伺っておきましょう。家族から離れて生活した時、今まで気づかな
かったお子さんの一面が、現れることもあるからです。泣き出してしまうお
子さんもいて、先生方も意外な思いをする話を、よく耳にします。入学試験
は、「生まれて初めての場所に入り、生まれて初めて会った先生の指示に従
い、初めて会った同年代の子ども達とグループを組み、いろいろなことに取
り組む」からです。心配なところが見つかった場合は、育児が過保護、過干
渉、自由放任になっていないかをチェックし、自信を持って取り組める気持
ちを育ててあげましょう。
特に、過干渉になりがちなお母さん方、口を挟む前に「1,2,3,4,5」
と数えましょう。そんなわずかな間でも、お子さんに考えさせる時間を与え
ていることに気づいてほしいのです。
 
    ★家庭でできる具体的な受験準備 
次に、ご家庭でできる具体的な受験準備についてお話しましょう。
本メールマガジンを通して、しつこく触れてきましたので、またかと思われ
るでしょうが、大切なことですから繰り返します。
 
 ① 聞き取る力をつけるには
小学校の入学試験は、話を聞き取る力がついているか、いないかで決まりま
す。ペーパーテストには設問はありませんし、行動観察型のテストでは、先
生の話を聞かなければ、何もできません。
本を読んであげましょう。
耳と目から入ってくる情報から好奇心は刺激を受け、言葉を映像化する作業
がフル回転で行われ、記憶する意志が自然と働きます。一人になったとき、
本を見ながらお母さんに読んでもらった言葉を、筋道立てて思い出している
のです。
語彙がふえることで言語力、
イメージが豊かになることで想像力、
話を筋道立てて思い出すことで思考力、
より正確に覚えようとすることで記憶力、
言葉や絵、身体で表現することで表現力、
そして、何よりも大切な集中力、話を聞き取る力、話を聞く姿勢が身につき
ます。
 
「本の読み聞かせと対話」の効果を、説明会で最初に力説されたのは、平成
14年に就任した立教小学校の田中司校長で、今年も田代教頭もおっしゃっ
ていました。
さらに、お子さんと話をする時間をたくさん作り、よい聞き手に徹してあげ
ましょう。 言葉は、とにかく話をしなければどうにもなりません。どんな
拙い表現でもよく聞いてあげ、お母さんが正しい言い方に直してあげましょ
う。言葉のキャッチボールを楽しんでください。
「対話の反対は沈黙ではなく、命令と強制」といったのも田中校長でした。
含蓄のある言葉ではないでしょうか。
 
そして、正しい指示を出しましょう。
「ユキちゃん、そこにある、あれ取って」
などと言っていないでしょうか。
これでは、指示を出した本人しか理解できません。
「ユキちゃん、テーブルの上にあるお料理の本を、お母さんのところまで持
ってきてください」
「これ・それ・あれ・どれ」は代名詞ですから、きちんと名詞に置き換え、
丁寧なことばで応対しましょう。
   
面接の折りに、「デス、マス」を自然に使って話をさせたければ、お母さん
がお子さんの前で、響きのよい言葉をたくさん使ってあげることです。心地
よい言葉は、使ってみたくなるものです。
 
また、あいさつは、きちんとするように心がけましょう。
 
そして、用事を頼み、お手伝いをしてもらったときは、必ず「ありがとう」
と感謝のことばをかけてください。こういった気配りから、お子さんの心の
中に、相手を思いやる心も育まれてきます。
 
さらに、しりとり、同頭語、同尾語、反対語、短文の復唱などは、言葉遊び
として、楽しみながら学習すれば、お子さんは喜んで挑戦するはずです。
 
この時期になると、「お話作り」を苦手とするお子さんが増えてくるようです。
前にもお話しました、「ママ(パパ)、あのね!方式」を採用してみましょう。
話す相手がお父さんやお母さんであれば、プレッシャーもかからず、気軽に
話せるからです。
そして、親が作った話を覚えこませるようなことはせずに、自分で思ってい
ることを、自分の言葉で話せるように、しっかりと聞き手にまわり、上手、
下手は、二の次と考えることです。
こういった課題は、とにかく、言葉が出なければ、どうしようもないからで
す。
「こんなこと言ったら笑われるかな!」とか「これでは、ママに叱られるかし
ら?」などと思い始めると、言葉は出てきません。
どんな内容でも相槌を打ち、よく聞いてあげてから、
「こうした方が、ママはいいと思うけど、ユキちゃん、どうかしら?」
と、お子さんの話を認めてあげ、導いてあげると、お子さんは納得してつい
てくるものです。
 
言葉が出ないのは、お母さんがしゃべりすぎの場合も考えられます。
「何とかしなければ」とお母さんがあせれば、お子さんは苦手意識を持ち始め
ます。自信をなくしますから消極的になりがちで、これでは行動観察型の試
験に対応できません。お子さんの話に耳を貸し、うなずき、認めてあげてか
ら、お母さんが考える方向へ、「ゆっくり、じっくり、しっかり」と導いてあ
げましょう。
 
② 考える力をつける
最初のところでもお話しましたが、トランプは、数字と同じ数のマークがか
いてありますから、数感を養うすぐれた教材です。
1枚ずつカードを出しあって勝敗を争えば、直感で多少を見分ける力がつき
ます。
これを繰り返していると不思議なもので、引き算の練習をしているのではな
いのですが、 
「6と3では、6の方が3つ多い」
「10と8では2つ違う」
と多少の学習になります。
数の違うカードを5枚並べ、いちばん多いもの、少ないもの、2番目に多い
ものなどの学習もできます。
 
ところで、数え方ですが、たとえば、15個あるリンゴを、お子さんはどの
ように数えていますか。
1,2,3,4と1個ずつ指で押さえて正確に数える。
2,4,6,8と2個ずつ押さえて数える。
3,6,9と3個ずつ押さえて数える。
4,8,12と4個ずつ押さえて数える。
⑤ 5,10,15と5個ずつ押さえて数える。
⑤は最も速い方法ですが、幼児の手の大きさから考えると、5個ずつ押さえ
るのは容易ではありませんから、無理をしないことです。
できれば、3個ずつ、掛け算の3の段、3とびをマスターすると、早く、正
確に数えられます。
    
15個のおはじきをばらばらに置き、②からやってみましょう。
言葉と数が一致しないと、に(二),し(四),ろく(六),や(八),と
お(十)と数えられても「や、っていくつ?」といったように混乱しがちで
す。これを理解させましょう。数を訓読みで覚えると、一日を除き、日にち
に対応できます。
15の場合10までいったところで元へ戻り、2、4で止め、1個あまりで
14個、つまり、数え終わったときの4を10にくっつければ14となり、
それに余った1を加えれば15となることを教えます。
この場合、トランプの10と4のカードを使うとわかりやすいと思います。
理解できたら、おはじきは、どんな並べ方でも簡単にできますから、どんど
ん並び替えて挑戦してみましょう。
 
以下、同じように、③,④にも取り組みたいのですが、③をマスターできれ
ば最高と考え、後はできる場合は挑戦してもかまいませんが、絶対に無理を
させないで下さい。
 
そして、⑤の5個押さえる方法ですが、たとえば、7個のリンゴを数えると
き、5個の集まりを手で押さえれば、残り2個ですから、合計7個であるこ
とがわかります。いきなり⑤の数え方を教えず、きちんと段階を踏んであげ
ましょう。大人が考えるほど簡単ではないからです。
    
合成、分解も、カードを使うと面白く学習できます。
10のカードを使い、マーク1つを指で押さえれば[1と9]であることが
わかります。
同様に、2つ押さえて[2と8]、3つ押さえれば[3と7]であることも
わかります。
以下、同様にして挑戦しましょう。
[10]は[1]が10個集まっていると考えれば、楽しく取り組めるはず
です。
    
トランプは、神経衰弱からは記憶力が、7並べでは1から13までの数列や
系列完成、下のように並べると上から、下から、左から、右から何番目、黒
を中心に左斜め上、右斜め下といったように位置の問題の学習にもなります。
         □□□
         □■□
         □□□
その他、オセロやおはじきなどで分割を、積み木では、立方体を積み重ねる
ことで、見えないところにある数の発見、模倣構成、四方図形なども楽しく
学習できます。
積み木の四方図形は、斜面を正面から見る場合、子ども達は「……?」とな
りがちですが、実際に積み木を使ってやってみると、理解できます。 
プリント学習に疲れたときなどにゲーム感覚でこういった遊びをすると、気
分転換にもなります。    
数量や推理・思考、図形など、苦手な分野の問題は、じっくりと時間を使え
る夏休みにこそ、全力で取り組みましょう。    
 
ここで問題を。
折り紙を磁石で持ち上げたいのですが、どうすればできるでしょうか。実験
は、遊びの感覚で取り組むことが大切です。
 
7月に入りました。
例年より早く梅雨も明け、猛暑が続きました。夏はこれからが本番です。頑
張りましょう。    
(次回は、「夏休みにできる家庭学習2」についてお話しましょう)

このページのトップへ