めぇでる小学部

  • ことばの学校
出版物・問題集のご案内 よくある質問 めぇでる教育研究所 ワクわくアトリエ メールマガジン お受験情報・リンク

HOME > めぇでるコラム > 2018小学校受験 > さわやかお受験のススメ<現年中児 今から始める小学校受験>お子さんは、幼稚園(保育園)で、どのように評価されていますか。

めぇでるコラム

< さわやかお受験のススメ<小学校受験編>夏休みの過ごし方(2)  |  一覧へ戻る  |  さわやかお受験のススメ<保護者編>第10章 終戦記念日、このことです 葉月(3) >

さわやかお受験のススメ<現年中児 今から始める小学校受験>お子さんは、幼稚園(保育園)で、どのように評価されていますか。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
 さわやかお受験のススメ<現年中児 今から始める小学校受験>
            (第4号)
 現年中児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
お子さんは、幼稚園(保育園)で、どのように評価されていますか。
         
第二は、社会性や協調性といった集団生活への適応力です。
小学校は集団生活ですから、社会性や協調性が育まれていなければ、スタート
でつまずくことになりかねません。しかも、こういった能力は、多くの場合、
ご家庭で培われるものです。
 
ある年の光塩女子学院初等科の説明会で、
「行動観察のテストでのお子さんの様子は、日頃、かかわりのある周囲の大人、
特に、ご両親の社会性や付き合い方が反映されるといわれています。明るく、
けじめのある付き合いができるかどうかが表れるからです」
とおっしゃっていましたが、まさにその通りではないでしょうか。
 
長年、幼児教育に携わり、教えられたのは、「お母さん方の子どもに与える影
響力には、計り知れないものがある」ことです。お母さん方の育児の姿勢次第
で、子どもは育つといっても、決してオーバーな表現ではありません。それほ
ど、お母さん方は、絶対的な力を持っているのですが、お母さん方自身が、こ
のことをあまり意識されていないのには、唖然としたものでした。
 
最近、公立、私立校を問わず、「KYJTママ」といって、「空気読めない自
己中ママ」が増えていると聞きますが、そういったことを踏まえ、どういった
子育てが集団生活への適応力を育まないかを考えてみました。
◆チェックシート(1)
[チェック方法]
はいの場合[○] いいえの場合[×] どっちともいえない場合[?]
 
 1.お子さんのやっていることを見ていると手を貸しがち。 [  ]
 2.お子さんのやっていることを見ていると口を出しがち。 [  ]
 3.他人の子どもはちっとも可愛くない。         [  ]
 4.けんかの原因をわが子だけから聞き、相手に談じ込む。 [   ]
 5.公開模擬テストの偏差値に何が何でもこだわる。    [   ]
 6.入試に関するうわさが気にかかり心を痛める。     [  ]
 
いろいろと出ましたが、全部[×]であれば、理想的なお母さんになれますが、
いかがでしょうか。
[?]は、若干、その気配があるかもしれないという場合です。
5.6.については、今の段階では関心はないと思いますが、来年の今頃は、
おそらく心を悩ますことになるかもしれませんので、覚えておいてください。
少し、解説しておきましょう。
 
[1.過保護型のお母さん]
こういったタイプのお母さんに育てられると、お母さんが何でも手伝いますか
ら、お子さんは、我慢をするといった忍耐力に欠け、わがままになりがちです。
何事も自分一人で取り組む機会が少ないために、工夫する力、想像力や独創力
が育ちにくく、基本的な生活習慣も身についていない場合が多いですから、集
団生活への適応力にも、不十分なところがありがちです。
 
[2.過干渉型のお母さん]
「こうしなさい」「ダメ」「早くしなさい」など、命令、禁止、要求、抑制の
言葉が多い環境のため、自立心や自発性、積極的にやろうとする意欲が育ちに
くく、何かをするときに、お母さんの指示を待つ消極的な子どもになりやすい
ものです。
 
[3.溺愛型のお母さん]
お母さんの愛情を一身に受け幸せそうですが、愛情を注ぐお母さんが、情緒不
安定な場合が多く、そのため叱られはしないかと、絶えずお母さんの顔色を見
る子になりがちです。大人の前ではよい子でも、子どもらしさに欠け、陰で弱
い子をいじめるといった問題を起こす子どもになりやすいといえます。
 
[4.自己中心型のお母さん]
「学校が、先生が、友達が悪い!」と、何かにつけて他人のせいにし、責任を
取ろうとしませんから、子どもも真似をし、社会性や協調性に欠け、集団生活
になじめず、孤立する恐れがあります。いわゆる「自己中心型」(自己中)の
お母さんです。
“KYJTママ”-空気読めない自己中ママ-という言葉があると紹介しまし
たが、小学校が、もっとも歓迎しないお母さんです。モンスターペアレント、
最近では、モンパレというそうですね(笑)。
 
[5.知育偏重型のお母さん]
子どもの生まれ月、月齢や発育段階を考えずに、能力以上のことを要求するた
めに、何事にも自信が持てず、極端に失敗を恐れ、落ち着きがなく、積極的に
取り組む意欲が表れにくい子になりがちです。お母さんは、「何回言ったらわ
かるの!」などの言葉が多くなるようです。
 
[6.付和雷同型のお母さん]
親が選んだ受験にもかかわらず、「コネ次第」「出身者有利」「職業で決まり」
などいった怪情報、噂などに振り回され、「わが子をみてください」といった
信念がないので、親子で受験地獄に陥りやすいといえます。「○○ちゃんは、
できるのに…」といった比較する言葉を不用意に使い、お子さんの心に傷を残
すことになりがちです。
 
いかがでしょうか。
気の弱いお母さん方にとっては、気が滅入ってしまうような言葉ばかり出てき
ましたが、実際には、こういったお母さん方が、いるわけではありません。お
母さん方の心の中に潜んでいるのではないかと思われる、“潜在的な欲求”を
表したものです。これらが表面に出るか、きちんと押さえこむことができるか
で、お子さんの社会性や協調性は、培われていくものです。それが学校側のい
う育児の姿勢なのです。
 
公立、私立を問わず、小学校では、「知育・徳育・体育の三つの能力が、年齢
にふさわしく、バランスよく育っている気力のある子」を求めています。こう
いったお子さんに共通しているのは、社会性や協調性といった集団生活への適
応力がきちんと身についていることです。ご両親がバランスの取れた育児を心
がけた結果といえるわけです。バランスのよい育児とは、紹介しました6つの
タイプに偏らない育児のことです。
 
次に、日常生活で、どのような育児が行われているかをチェックしてみましょ
う。
偏った育児になっているかどうか、これだけでも判定できます。
 
◆チェックシート(二)
[チェック方法]
今回は、○か×で判定してください。
 
1.ご両親であいさつをしていますか。[  ]
2.お子さんはご両親の話をきちんと聞いていますか。[  ]
3.お子さんの話をきちんと聞いてあげていますか。[  ]
4.お子さんに呼ばれて「ハイ」と答えていますか。[  ]
5.お子さんが何かできるようになったとき褒めていますか。[  ]
6.お子さんが悪いことをしたときに本気になって叱りますか。[  ]
7.何かお手伝いをさせていますか。[  ]
8.お子さんは約束を守っていますか。[  ]
9.本を読んであげていますか。[  ]
10.「なぜ、どうして」に答えてあげていますか。[  ]
11.指示はきちんと出していますか。[  ]
12.お子さんが泣いても「駄目なことは駄目」といえますか。[  ]
13.「おんぶ」をせがまれると、いつでもおんぶしていますか。[  ]
14.「早くしなさい!」という言葉が多くありませんか。[  ]
15.何か欲しがったときにはすぐに与えますか。[  ]
16.お子さんに好き嫌いはありますか。[  ]
17.お子さんがテレビのチャンネル権を握っていませんか。[  ]
18.じっと座っているのを苦手としていませんか。[  ]
19.遊んで帰ってきたお子さんの洋服の汚れが気になりますか。[  ]
20.叱った後、後悔することはありますか。[  ]
 
チェックする項目は、望ましい育児の姿勢を中心に作ってみました。
[1]から[12]までは「はい」、[13]以降は「いいえ」が理想ですが、
いかがでしょうか。今度は、どちらともいえない「?」のマークはありません
が、是非とも、ご両親で頑張ってほしいことだからです。
 
前回お話しました生活習慣や、こういったことを毎日の生活の中で、ご両親が
心がけていけば、自ずと集団生活の適応力である「社会性」や「協調性」は培
われ、学校側の歓迎するお子さんに育っていくものです。
 
心配な点がありましたら、幼稚園や保育園の先生に、「私どもの子どもは、集
団生活に何か問題はないでしょうか」と聞いてみましょう。
「少し、問題があるようですね」といった答えがあった場合は、「大変、問題
がある」と考え、ご両親の育児の姿勢をチェックする必要があると思います。
 
ところで、幼児教育に携わる者にとって、モンテッソーリの著書は必読の書で
すが、ある著書の中に、こういった言葉があります。
 
「親や教諭は、自分の考えや力で子どもを支配してはいけない。今、この子に
何をしてあげるべきか、何を成すべきではないか、ということを知らなくては
ならない。子どもが、今、成すべきこと、今、成し遂げるべきことを、自力で
させてあげることだ」
 
ここから、相良敦子氏の「ママ、ひとりでするのを手伝ってね!」(講談社 
刊)という名著が生まれたのですが、この本の題名のように、基本的な生活習
慣や集団生活への適応力などは、子どもが一人でできるように、一人で参加で
きるように手伝う姿勢が、大切ではないでしょうか。「命令と強制」だけでは、
こういった適正能力は育まれません。
なお、この本は、白百合学園小学校を受験されるお母さん方、特に、モンテッ
ソーリ教育に縁がなかった方には、是非、読んでほしいと思います。すると、
なぜ、本学園の入学試験の難易度が高いかがわかるからです。
 
注 マリア・モンテッソーリ
イタリアのローマで医師として精神病院で働き、知的障害児へ感覚教育を実施
し知的水準を上げる効果をみせ、1907年に設立した貧困層の健常児を対象
とした保護施設「子どもの家」において、独特の教育法を完成させた。以後、
モンテッソーリ教育を実施する施設は「子どもの家」と呼ばれるようになった。
  ウィキペディア フリー百科事典より
 
梅雨明けも間近、間もなく夏休みに。
夏はこれからが本番です。通園中と同じようにタイムスケジュールをきちんと
守り、楽しく生活できるよう心がけましょう。
(次回は、「幼児に必要なのは、勉強ではなく学習です」についてお話しましょう)
 

カテゴリ:

< さわやかお受験のススメ<小学校受験編>夏休みの過ごし方(2)  |  一覧へ戻る  |  さわやかお受験のススメ<保護者編>第10章 終戦記念日、このことです 葉月(3) >

同じカテゴリの記事

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>ご健闘をお祈りいたします

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2018さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            (第67号)
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
★★ご健闘をお祈りいたします★★
 
★アフターケアも慎重に★ 
昨年の7月から始まった「さわやかお受験のススメ 小学校受験編」も、最終回を
迎えました。
長い間、拙い連載を読んでいただいた方に、お願いをしておきたいことがありま
す。
いうまでもなく小学校の受験は、お兄さんやお姉さんが在学している場合はともか
く、ご両親が我が子のためによかれと考えてはじめたことです。
もとより、子ども達が、
「ぼくは、幼稚舎へ行きたい」
「私は、雙葉へ……」
と、希望されたわけではありません。
にもかかわらず、子ども達は、一所懸命に頑張りました。
年中の頃から、受験勉強をはじめ、そして今、直前の講習会を終え、最終特訓を
経て、試験を迎えようとしています。
 
考えてみると、これはたいへんなことです。
基礎指導から実践指導、集団指導や個別指導、冬、春、夏の講習会、毎月行わ
れた公開模擬テスト、絵画教室などなど、同年代の子ども達が、ほとんど経験しな
いことをやってきたことになります。
それに加えて家庭学習があります。
これが、子ども達には、もっとも厳しかったのではないでしょうか。
とかく、お母さん方は、合格の二文字のために熱くなりがちです。
「なぜ、ぼくだけ、勉強しなくてはいけないのかな?」
と子ども達に疑問を持たせてしまったことも、あったのではと思います。
でも、お母さん方の気持ちに応え、頑張りました。
子ども達は、本当にえらいと褒めてあげたい。
 
ですから、全員に、希望された学校から招待状が送られて来て欲しいと思わざる
を得ません。
それほど子ども達は頑張り、頑張り続けたのですから。
しかし、残念ながら、すべての子ども達に、招待状が送られてくるわけではありま
せん。
「試験前なのに縁起でもない!」とお腹立ちの方も、心を静めてお読みください。
 
都心の幼稚園によっては、全員が受験というところもありますが、そういった環境
であれば、幼稚園側の配慮もあるでしょうし、ご両親もお子さんも、それなりの指
導をきちんと受けられていると思います。
しかし、普通の幼稚園や保育園からの受験の場合は、そうはいかないのではない
でしょうか。
わが子、一人だけが受験といったことも考えられます。
 
一昔前は、受験を意識させないで済ませるように、また、合格しなかったことを、
子ども達にわからないように配慮したものです。
しかし、現状では難しいのではないでしょうか。
数校受験する子ども達もたくさんいますから、わかっているはずです。
合格すれば何ら問題はありませんが、結果が出なかった場合は、傷つく恐れもあ
るでしょう。
このことです……。
 
今は、学校内で合格を発表せずに郵送やWebで知らせるところが増えてきました
が、以前は、ほとんどの学校が校内に掲示していたものです。
私は、できる限り発表を見に行きました。
合格された方は、掲示板の前からいつまでも去ろうとしません。
不合格の方は、悄然と去っていきます。
気障で申し訳ありませんが、「倍率十倍の難関校」の文字からは浮かばない、厳
しい現実を実感させられたものでした。
 
そんなときに、ある学校で、とんでもない親子を見てしまったのです。
お母さんが早足で出口に向かい、お子さんが、
「ママ、ごめんね!」
と、泣きながら追いかけていくのです。
若いお母さんは、一言も口をきかず、むっとした顔をして出ていってしまいまし
た。
こんな残酷な仕打ちは、いくら親でも許せません。
いちばん傷ついているのはお子さん自身であることに気づかない親であれば、受
験などする資格はないと思いました。
 
最近は、携帯電話で、大声で知らせている母親もいます。
気持ちは分かりますが、ぐっと喜びをかみしめて、そっと知らせる配慮も必要で
す。
立場が逆であった場合のことも考えましょう。
 
ところで、不合格のときはお子さんに、どのように説明するか決めているでしょう
か。
残念ながら合格しなかったご両親からは、
「公立の小学校から通知は来ますから、子どもには、私学の合否については知ら
せないことにしています」
と、答える方が多いものです。
みなさん、お子さんにあった方法で対処なさることと思いますが、注意してほしい
のは、ちょっとした言葉なのです。
 
「○○ちゃんは入ったのに、何で、あなたは駄目なんでしょう」
お母さんは、わが子をかわいそうに思い、つぶやいたこの一言で、お子さんは、
深く傷つき、劣等感を持ちがちなのです。
不用意な言葉が、お子さんに与える影響を考えてあげましょう。
とにかく、お子さんは、頑張ったのですから。
 
頑張ったことは、必ず、将来、芽を吹きます。
正しい指導を受けてさえいれば、子ども達は、同年代の子が体験しなかったこと
を、たくさん学習しています。
国語の領域でいえば、「話の記憶」は、小学校の中学年から高学年にかけて学習
する長文読解の問題を、文字を使わず、耳から聞き取るだけで挑戦してきまし
た。
算数の領域では、「数」の問題で、1年生で習う足し算、引き算、2年生で習う掛け
算、3年生で習う割り算、4年生で習う分数まで、数字や+-×÷などの記号を使
わずに学習してきました。
さらに、話を聞く姿勢、指示を理解し迅速に対応する行動力、自分で頑張る意欲
などを身につけたはずです。
 
ご両親も、心を一つにして、お子さんをバックアップしてきました。
学校を選んだ段階で育児をふりかえり、やはり間違っていなかったと確認し、この
ことには反省しなければいけないと、話し合われたのではないでしょうか。
受験をしなければ、こういった経験をすることはなかったはずです。
驚かすようで申し訳ありませんが、これから先、ご両親が、これ程までに心を一つ
にして、何かに取り組むということは、あまりないのではと思います。
まさに、育児のゴールデンアワーでもあったわけです。
 
文言は正確ではありませんが、慶應義塾幼稚舎の舎長を辞任され教諭に戻られ
た加藤三明先生は、説明会でこうおっしゃっていました。
 
 「受験に合格しなかった方は、もしかすると親子ともども、敗北感を味わうことに
なるかもしれま
 せん。しかし、これはあくまでも幼稚舎の受験に限ったことで、人生の敗北では
ありません。ま
して、子どもがそういうことを思い続けていたら、本当に恐ろしいことです。わ
れわれが5歳の子に、本来は行うべきではない入学試験という罪なものを施し
ていて、言うのもなんですが、小学校受験をぜひ、最終目的だと思わないで
いただきたい。まだまだ、ほんの人生の始まりです。小学校の受験で、お子様
をスポイルしないでほしいというのが、私の願いです」
 
5歳の秋は、お子さんの人生の終着点ではなく、通過点と考えましょう。
不合格という結果を、お子さんが背負っていくことのないようにしてあげてくださ
い。
小学校の受験は、ご両親がお考えになり始めたことですから、終わりもきちんと対
処していただきたいと思います。
 
この連載を通して、ご両親、特にお母さん方にわかっていただきたかったのは、
「過保護や過干渉な育児から、子ども達を解放する」ことでした。
過保護な育児では、わがままな子になりがちで、相手を思いやる気持ちは育まれ
ません。
過干渉な育児では、消極的で依頼心の強い子になりがちで、積極的に物事に取
り組む意欲は育ちません。
これから、小学校での集団生活を通して、共に生きる「共生」を学んでいくことが
大切です。
それには、相手を思いやる気持ちが育まれていなければ、スムーズに対応できま
せん。
また、学校生活を楽しくすごし、学習面で好奇心という触角を張りめぐらせ、いろ
いろなことを学んでいくには、積極的に取り組む意欲が育まれていることが大切
です。
 
家庭学習で、お母さん方は、この2つのことを教えてきたと思います。
できない問題があっても、明日できればいいと励ましませんでしたか。
できるようになったとき、一緒に喜び、褒めてあげたでしょう。
子ども達は、お母さん方のやさしい気持ちに応え、ステップアップしてきたのでは
ないでしょうか。
お母さん方の頑張れと励ます言葉とやさしい気持ちから、子ども達の心に「思い
やりの気持ち」と「できるまで頑張る意欲」が育ってきたのです。
 
この2つが育っていれば、たとえ不合格になっても、子ども達は大きく成長してい
るはずです。
同年代の子どもで、こういったことを経験できるのは、私学の小学校が最も多い東
京都でさえ、毎年、就学児童およそ60万人の内、約3%程度に過ぎません。
しかし、正しい指導を受けられた子ども達は、十分にエキスを与えられた根と同じ
ように、必ず、芽を出し、ご両親が期待する花を咲かせます。
子ども達を信じて、試験場に送り出してあげてください。
運悪く、結果が出なくても、あたたかく見守ってあげるご両親であって欲しいと思
います。
 
「あしたは、今日より、きのうより」は、今は亡き、いずみたく氏の作曲された某財団
法人の社歌の題名で、断りもなく私の座右の銘にさせていただいています。
また、「育児しながら育自するお母さん」であれば、親子の絆は、生涯、ほころびる
ことはありません。
この二つこそ、子育ての鉄則ではないでしょうか。
 
さらに一言、拙著のメールマガジン「日本の年中行事と昔話」の4月に出てきまし
た、剣豪、塚原卜伝の作とも言われている剣の極意を紹介しましょう。
「映るとも 月も思はず 映すとも 水も思はぬ 広沢の池」
これは理想的な親子関係をあらわしているのではないでしょうか、私の勝手な解
釈ですが。「子は親の背を見て育つ」、口でうるさくいうより、良いお手本を見せる
ことが大切だと思います。
 
皆さま方に、希望された小学校から、招待状が届くことを、心からお祈り申し上げ
ます。
ベストを尽くせるように頑張ってください。
ご健闘を祈ります。
 
最後まで、拙文をお読みいただきまして有難うございました。
平成29年10月吉日
 めぇでる教育研究所
 所 長 藤本紀元

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>試験当日の留意点

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2018さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            (第66号)
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
◆◆試験当日の留意点◆◆
 
季節の変わり目、朝晩、気温の変化の激しい毎日が続いています。体調を崩し
やすいですから、お子さんの健康管理には、十分注意してください。
 
今回は、試験当日の留意点をあげておきましょう。
1.募集要項を丁寧に読み直し、持参するものの一覧表を作っておき、慎重にチ
ェックをしましょう。
受験票、面接票、当日のスケジュール表(出願後に学校側から送られてきた
資料)、募集要項、上履き(学校によってはご両親用も)、運動靴(雨天の場合
は雨具の他に、お子さんの着替えやソックスなど)、携帯電話(万一の交通事故
に備え)、スイカ、パスモなど。
親子一緒の控室のところは、お子さんが静かに待てるようなものも用意する
といいでしょう。
 
2.当日は、いつもと変わらない朝を迎えてください。
学習院のように試験当日に両親面接があると、ご両親が緊張しがちです。
いつもは「行ってくるよ」と会社へ出かけるお父さんが、一生懸命に駄洒
落を飛ばすのですが、全くうけなくて、かえって、「パパ、どうしたの?」と怪
しまれてしまったと、笑いながら話してくれたお父さんがいました。
いつもと同じように、平常心を心がけましょう。
 
3.いかなる場合でも、遅刻は認められません。
特に、バスを利用する場合は、注意が必要です。
朝は、渋滞する可能性がありますから、事前によく調べておきましょう。
説明会でも開始間際にタクシーで、あわてふためきながらやって来るお母
さん方を見ました。
事故による渋滞や電車の遅れなどの場合は、他の交通手段も考えておきた
いものです。
そして、携帯電話で学校に問い合わせ、指示を求めましょう。
そのためにも電話番号を登録しておくことです。
ただし、校門の所で必ず、電源を切ることをお忘れなく。
 
4.所定の手続きを指示に従い、あわてずに行いましょう。
頭をひねるような難しいことはありませんが、時間ぎりぎりに到着となる
と、気のあせりからミスをしがちで、そういったときは、いつもと違ったご両親
になっているものです。
そばで見ているお子さんは、どういった心境になるでしょうか。
控室で一息入れずに試験場へ向かい、すぐにテストです。
まわりは、知らない子ばかりです。
お子さんがいつものような状態で、テストを受けられるはずはありません。
それまで全力を尽くしてきたとしても、この一瞬で、すべてが台無しにな
る可能性もあります。
十分な配慮が必要です。
 
5.服装は、動きやすく、着馴れたものを。
新品の革靴をはかせるようなことは止めましょう。
学校へ着けば履きかえるのですから。
靴擦れでもしたら、運動テストどころではありません。
髪の毛の長い女の子は、運動の時に困らないようにしておきましょう。
リボンが気になりマット運動ができなかった話を聞いたことがあります。
袖の長いブラウスなどは、制作の時に邪魔になることも考慮しておきまし
ょう。
女の子は、お気に入りのブラウスなどを着せると、汚れが気になり、集中
できません。
 
6.テストの前に用便をすませておきましょう。
幼児教室へ通っている方は、教室へ入る前に、必ず、やっていると思いま
す。
白百合学園小学校のように校舎見学の機会がない場合は特に、集合時間間際
でトイレの場所を慌てて探すことのないよう、時間に余裕を持って行くよう
にしましょう。
テスト中にトイレとなると、それまでです。
  
7.いつものように教室へ送り出しましょう。
控室で、「話をきちんと聞くのですよ」などと、くどくど注意するお母さん
方がいるようです。       
そういうことが、みんなプレッシャーになってしまいます。
また、大勢の子どもを見て、驚き、緊張している様子が見えたときは、お
子さんが、もっとも安心する態度で接してあげましょう。
よく聞く話ですが、しゃがんで、お子さんの目を見ながら手を握ってあげ、
「いつもと同じなのよ」
というのが効果的なようです。
お子さんの性格によっても違いますが、こういったことも起こりえると考
えておきましょう。
 
8.万一の急病に備え、常備薬を持参しましょう。
幼稚園の遊戯会、ピアノなどの発表会の前の晩に、熱を出した経験のある
お子さんは注意が必要です。
直前に、インフルエンザなどの感染症にかかった場合は、必ず学校側に連絡
し、指示に従ってください。
 
9.テストの時間によっては、昼食の用意をしておきましょう。
近所のレストランなどをあてにしていると、「日曜日で休み」となりかねま
せん。
一口で食べられるサンドイッチやおにぎり、飲み物も自動販売機などで購
入せず、小さい水筒などを用意しておきたいものです。
 
10.幼稚園や保育園、幼児教室などの友達と会うことも考えられます。
緊張しているときに友達と会うと、ほっとして舞い上がるお子さんがいま
す。
あいさつ程度にし、お子さん同士がふざけ合うようなことのないようにし
ましょう。
 
11.行動観察や運動テストなどで、子ども同士のトラブルが起こる場合も
あります。
先生から事情を聞かれたときは、はっきりと答えることです。
男の子は、これが苦手なようです。
 
12.お子さんがテスト中の控室では、たとえ友達や顔見知りの人がいても、
お互いに遠慮して話し込まずに、本を持参し静かに読むようにしましょう。
「携帯電話の電源は切るか、マナーモードにしてください」とある場合は、
スマートフォンも使用禁止です。
 
入試本番まであとわずか、風邪を引かないように注意しましょう。
お子さん、お母さんは勿論のこと、お父さん、外出先から帰ったときは、必ず、
手洗いとうがいを励行してください。
そして、お母さん、お子さんにとっては、お母さんの明るい笑顔が頼りです。
精神的なコンディションを崩さないことも、ご両親の大切な役目です。
ここが正念場と考え、頑張ってください。
 
10月4日は十五夜でしたが、ご覧になりましたか。十三夜は11月1日だそ
うです。天候次第ですが、スッキリと晴れた秋の空に、煌々と輝く満月を見た
いものですね。心に余裕を持ちましょう。
(次回は、最終回[ご両親の心構え]などについてお話しましょう)

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>入試直前の心構え

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2018さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            (第65号)
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
★★入試直前の心構え ★★
 
既に模擬面接も終え、面接の心構えもできていると思いますが、合否のカギを
握るといわれている「志望理由」について、念入りにチェックし、自然に話せ
るように練習をしてください。プレッシャーをかけるようで申し訳ありません
が、小学校受験合否のポイントは、「お父さん方の志望理由5割、子どもの成長
度5割」であることを思い出し、頑張りましょう。お子さんのためです。
 
入試直前の心構え
★ベストコンディションを作る 
入試直前、何とかベストコンディションで試験を受けさせてあげたいと、お母
さん方は計画を立てることでしょう。例えば、外から帰ってきたときは、手を
洗い、うがいをさせることから、栄養のバランスを考えた食事、早寝、早起き
をさせ、睡眠時間を十分にとるなど、配慮しなければならないことがたくさん
あります。
 
その1つに、時間の管理があります。
朝、8時半から試験が始まる場合、起きてから学校までかかる時間を逆算し、
その時間帯に合わせ、生活のリズムを作り直す必要があります。人間の脳は、
目を覚ますと、すぐにフル回転するものではなく、スイッチを入れれば、パッ
と光る電球のようにはいかず、柔軟なお子さんの頭でも、2、3時間かかると
もいわれているようです。こういった試験時間に対処できるコンディション作
りも親の大切な役目となります。
 
 ◆家庭学習について 
家庭学習をどのように進め、ベストの状態を保っていくかも難しい問題となり
ます。直前のことですから、もう苦手な問題は克服されていると思いますが、
「あなたはできる。これだけ頑張ったのだから大丈夫ですよ!」とあたたかい
言葉で励ましてください。
 
そして、ここが大切なのですが、得意な問題の場合、お子さんも自信がありま
すから、お母さんの読んでいる設問を、よく聞いていないこともありがちです。
「お母さんが読み終わるまでしっかりと聞き、始めといわれたら始め、終わり
といわれたら、きちんと止めること」、この約束を徹底することです。点図形、
模写、同図形(異図形)発見、系列完成、しりとりなど、設問を聞かなくてもで
きる問題があります。しかし、最後まで聞かないと指示される記号(○、×、
//など)がわかりません。皆が出来るやさしい問題であれば、このミスを挽
回することは不可能でしょう。
 
さらに、次のページに移る指示があっても、その問題にこだわっていると、明
らかにチェックの入る学校もあると聞きます。
また、制作や、ごっこ遊び、運動テストなども、話を聞いていなければ、うま
くできません。最後まで聞かずに勝手にやり始めると、当然、「指示の理解」や
「約束事を守れるか」などにチェックが入ります。
「先生のいうことを聞いてから始める、そして止める」、これを徹底させましょ
う。
 
「何回、教えたらわかるの!」
「これができなければダメなの!」
「そんなことができなければ、小学生になれません!」
メールマガジンを読んでいらっしゃる皆さん方は、こういった言葉を使ってい
ないと信じていますが、励ましているつもりが、逆の効果になってしまうもの
です。
 
試験場でできない問題があると、トイレにいってしまう子どもがいるそうです。
なぜでしょうか。
「先生、トイレ!」
といわれれば、先生はトイレに連れて行くしかないでしょう。
「その時間にいなかったから、問題をやらなかった」
と言い訳を作っているとしたら、 これは恐ろしいことではありませんか。5
歳の子どもが言い訳を考える、こんな気持ちに追い込んではかわいそうです。
お母さんが怖いのです。最近は、怖いお父さんもいるようですね。
中には、「できない!」といって泣きだす子ども達もいると聞きます。
ご両親方の合格をさせたいという気持ちは、痛いほどわかりますが、言葉がけ
には十分に注意しましょう。不用意な言葉は、自信を失わせます。情緒が不安
定になるような言葉は、絶対に使わないでください。
 
また、テスト会場で、隣の子の答案をのぞくお子さんがいるそうです。これは、
いわゆるカンニングではありません。正解であるにもかかわらず、隣の子の答
えを見て訂正してしまうのです。
なぜでしょうか……。やはり、自信が無いのです。
 
隣の答案をのぞく子にしないためにも、
「あなたが思ったとおりでいいのですよ」
と、自分の考えたことに自信を持たせましょう。
「お母さんは、一所懸命に考えて頑張る子、大好きなの。それでもわからなけ
れば、仕方がないことなのよ」
と、笑って励ましてください。
ただし、「一所懸命、考えてもわからない場合」と、約束しましょう。
 
よくできるお子さんでも、できない問題にぶつかるとパニックになってしまう
ケースがあるようです。
できる子だけに、厄介なのです。「できない」ことにこだわり、次の問題に取り
組めないのです。こういったことも十分に考えられますから、「あなたが考えて
もできないような問題なら、他の子もできませんよ。大丈夫、自信を持って、
次の問題に挑戦しましょう」といった言葉がけも必要ではないでしょうか。
 
 ◆試験についての説明 
次に、試験について、どう説明するかです。
以前は、子ども達に試験といったイメージを与えないようにしたものですが、
これだけ情報が広がり、いろいろと体験をしていると、そうはいかないでしょ
う。公開テストやホームグラウンド以外の教室や、他の幼児教室、塾などで試
験を受けることから、お子さん自身も心積もりはできているかと思いますが、
やはり、プレッシャーはかかります。心身共に強い子どもは、そうはいません。
「頑張れ!」といわれれば、本当に頑張る子もいれば、その一言で駄目になっ
てしまう子もいます。
ピアノなどのお稽古ごとの発表会や幼稚園のお遊戯会などの前夜になると、突
然、腹痛や発熱する、神経過敏なお子さんには、「今日は、いつもの教室と違っ
て、ここの学校でやるのですよ」といった説明がいいのではないでしょうか。
控室でゼッケンをつけ試験場に入り、テストの内容も、ほとんどの場合、教室
で受けているのと同じだからです。「パパ(ママ)の言うとおりだ!」と安心し、
そして頑張るのが子ども達です。お子さんの性格をよく知っているのはご両親
ですから、こういったことにも注意し、当日の朝を迎えてあげましょう。
 
 ◆怪情報、うわさについて 
最後に、厄介なことが一つあります。それは、怪情報、うわさです。
以前、昭和60年代に開かれた四谷雙葉小学校の説明会の様子を紹介しました
が、うわさとは、多くの場合、根も葉もない、単なるうわさに過ぎません。当
事者であるお母さん方は、とかくわらをもつかみたくなる心境になりやすいで
しょうが、そこにつけ込むのがうわさです。後で思い出すと「ナンダ!」とな
るものばかりのはずです。
「受験する前に、もう合格者は決まっている!」
「紹介者がなければ駄目!」
といったことが本当なら、受験料を取る学校は、まさに詐欺行為ではありませ
んか。司直が許すわけがないのです。税務署も同様です。
 
「紹介者がなければ駄目!」
といったことが本当であれば、今年の暁星小学校の説明会でも、「紹介状や推薦
状は受け取りますが、一切、考慮しません」とおっしゃったことが、うそにな
ります。マリア様が、うそをお見逃しになるわけがありません。
 
また、青山学院初等部のホームページのQ&Aのコーナーには、
Q「紹介状や推薦状の必要はありますか」
A「必要ありませんし、用意されても受け取りません」
とあります。
 
さらに、幼稚舎のホーページのQ&Aコーナーには、
A「入学試験に関して、舎長および教職員との面会は一切できません」
と掲示されていますが、ほとんどの学校で、校長先生はもちろんのこと、教職
員の方々が、受験に関する面談に応じることはありませんし、お断りしている
はずです。
 
気になるうわさに心を痛めるようでしたら、お父さんに聞いてみましょう。お
そらく、一笑されるはずですから。お願いしますよ、お父さん!
 
「暑さ寒さも彼岸まで」とは、猛暑を経験しただけに、ありがたいものですが、
初秋は、とかく気候が不順になりがちとはいえ、昨年と同様、今年も少し異常
ではないでしょうか。健康管理には、十分、注意してあげましょう。そして、
お母さん、保護者であることを忘れずに、頑張ってください!
 
昔の曲ですが、大橋節夫作詞、作曲の「幸せはここに」があります。
    秋の夜は更けて すだく虫の音に
    疲れた心いやす わが家の窓辺
    静かに ほのぼのと 幸せはここに
お子さんの寝顔を見ながら、すだく虫の音に、耳を傾ける余裕を持ちましょう。
(次回は、「当日の留意点」についてお話しましょう)

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>後半の説明会より

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2018さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            (第64号)
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
後半の説明会より
 
成蹊小学校
9月2日(土)14:00~16:00
場所 成蹊大学4号館、5号館
参加者 約700名(第2会場参加者不明)
学園長の挨拶後の、大場繁学校長の話から。
「創立者の言葉に、『近いところを見て可愛がれば、わがままさせるだろうが、
遠い将来に幸福になれと苦労させるのが薬というものだ』があるが、お子さん
はどうだろう。皆さんが手伝ってあげればあっという間にできてしまう。我が
子が30年先に社会へ出たときに、我が子の持ち物を準備されているだろうか、
していないと思う。それぞれの人物が、社会で活躍できるようになるには時間
がかかる。『自奮自発』、自分から進んでやることは非常に難しい。今、目の
前のお子さんをそのように指導すべきだ。成蹊は子供を大切に伸ばしていきた
い。創立者が大事にしたのは、自分から進んでやること。我々大人が子供の心
のスイッチを押すことはできない。スイッチを押せるのはお子さんだけ。その
スイッチを自ら押す、これが私達の目指しているところ。これが自奮自発、自
分から進んでする。だとすれば創立者は、心の力を育むこと、心の教育に注目
し、その力を伸ばすことに力を注いだ。その一つが「凝念(ぎょうねん)」、
黙想と考えてほしい。いかに自分の心をコントロールするか。これが成長を大
きく支えるものだ。私どもは、小さな頃から続けていきたい。続けることで我
慢する力が育まれる。将来、大事になるであろう継続、持続力、実行力、こう
いったことに繋がっていくのではないか。最初からこういった力を身につける
ことは難しい。一日一日の中で、自分から進んでやる、考えることを繰り返し
ていけば、力がつくのではと考えている。将来大きく羽ばたき、いきいきと活
躍できることに繋がると考えたい。これが凝念の具体的な目標。この鐘は(ス
ライドで上映されている)90年前に作られてもの」
 
毎年、小学校の設立の狙いを、校長先生が説明していましたが、今年はDVD
の中で紹介がありました。大切なことですから紹介しておきます。
 
これまでの教育は、あまりにも子供を可愛がり過ぎたと思います。甘やかし過
ぎたのです。世話を焼き過ぎたのです。そうして、大切な子供を意気地なしに
してしまったのです。子供は、もちろん可愛いいに違いありません。可愛いか
らこそ、しっかり鍛錬して、物の役に立つように仕立てて上げねばならないの
です。
 
子供を可愛がるには二つあると思います。一つは近いところを見て可愛がるも
ので、他の一つは遠い将来を見て可愛がることです。近いところを見て可愛が
ればいきおい子供の言いなりにして、わがままをさせるでしょうが、遠い将来
に幸福なれと祈る上からは、幼少の時から、少しずつでも苦労させるのが薬と
いうものです。
 
(何事にも自奮自励の精神をもってあたらしめ、自分のための教育だというこ
とを、小さい時からしっかり会得させたいと思います。)
教育は、自分自身の発達進歩のために、自分から進んで受くべきものだという
ことが、本当に分かりさえすれば基礎の教育は成功したと思ってよいと思いま
す。ですから自学自習の習慣を確立させるということが、小学校教育の根底で
す。この根底を作るのが我が成蹊小学校の使命であると考えます。 
筆者注 ( )内は原文から抜けている箇所の補足。
 
入試については、
1.校名の由来である「桃李不言下自成蹊」を理解し、建学の精神に共鳴され
  る家庭であることを望んでいます。
2.幼児期において一方に偏った指導、早期能力開発を行うことは、好ましい
  ことではないと考えています。
3.友達と仲良く遊んだり、話したりすることができる健康な子どもであって
  ほしいと思っています。
4.児童検査は、次のような考えで行います。
  ・小学校入学前年の子どもとしての素質を検査します。
  ・素質検査にあたっては、まず例題をやるなどし、ていねいに説明した上
   で検査にはいります。
  ・検査ではじゅうぶんな時間をとってあり、むやみに急がせることはしま
   せん。
 
なお、試験の形態は変わらないが、運動テストは各教室で行っていたのを、今
年度は体育館、アリーナで実施。グループ編成に変化があるような試験になる
のでしょうか。
 
学習院初等科
日 時 平成29年9月10日(日)10:00~11:00
場 所 学習院創立百周年記念会館正堂
参加者 約800名(2階の参加者は不明)
 
残暑の厳しい中、入試説明会は目白の正堂で実施。ロビーにあったテレビは片
付けられ、12代院長の安倍能成の胸像があり、その後ろに自筆と思われる四
文字の書が掲げられていましたが、難しくて読めません。このテレビ、2階の
ロビーにありました。
 
酒井武雄科長は、初等科の求める子ども、保護者像について。
初等科の教育目標から、どういった子どもを求めているかおわかり頂けたと思
うが、一つ目、人の意見を大事に聞く。二つ目、自分の考えを持つ。3つ目、
よく見てよく考える。保護者の方には、教育方針をよく理解し、協力して、支
え合い、共にお子さんを育てていくご両親であることを願っている。基本的な
生活習慣をきちんと身につける、物を大切にする子に育ててほしい。初等科の
子ども達は、「質実剛健」「自重互敬」の教えを大切にし、日々の生活の中で
共に成長している。
 
入試に関する質問について 教務課長(名前聞き取れず)
スクリーンに質問事項が映され、それを解説。
・願書記入上の注意点
 同封の説明をよく読んで間違いなく記入してほしい。
 
・B5のアンケート用紙には、ご家庭の教育方針など学校側が知っておいた方
 がよいと考えることを記入。枠内に収めて書く。
 
・試験日11月1日(水)~5日(日)の決め方について。
 上記の日程で男女とも1日、毎年出願状況により異なる。
 願書の受付終了後、試験日は生年月日順に年少者より決める。
 受験票・保護者面接表を10月20日(金)に郵送。
 
・入試当日、送られてきた受験票を提示。受験番号を決める抽選札を、受験者
 に引いてもらい受験番号が決まる。この番号により試験、面接が行われる。
 そのため、遅刻は厳禁。
 合格発表は受験票の番号。
※受験票の番号と受験番号が違う。これは初等科ならではの方法。公明正大に
実施していることの証。
 
・子どもの服装は、動きやすいもの。
・名前のわかるものは外す。上履きの名前などはわからないようにする。
 
暁星小学校
日 時 平成29年9月16日(土)10:00~11:35
場 所 上智大学10号館講堂
参加者 約800名
中高の講堂が改築中のため、昨年と同様、上智大学の10号館講堂で開催。願
書の販売はなく、願書のコピーが用意されていました。参加者が多く、立って
聞いている父母が100名ほどいて、そのためチャプレンの話が終わったとこ
ろで、「通路に座ってもよいと許可を得た」とアナウンスがあり座ることにな
りましたが、室内は土足でしたから、私のように普段着の軽装ならともかく、
お母さん方は礼服で決めていましたし、コンクリートの上に座るのは疲れます
から大変でしたでしょう。お母さん方は、通勤の途中に新聞を読む習慣はない
でしょうが、私の直ぐ側に座ったお父さん、新聞を持っていました、さすが。
 
新任の吉川直剛校長の話。
前任者の佐藤正吉校長は、理想の子ども像として、「気は優しくて力持ち」と
いっていたが、これからの社会においては、「優しさや」「思いやり」がとても
大事になってくると思う。人と人との関係はますます、大切になる世の中にな
るのでは。しかし、優しさ、思いやりは、決してひ弱ではないたくましさが重
要となる。小学校時代は、子どもの自立、躾が大事だと考えている。善悪の判
断ができる、しっかりした生活習慣を身につける、そうしたことを大切にする
ことが、人格形成の土台であると信じている。日常の学校生活を通して、これ
からの時代に自立して生きていく人間になることを願い、鍛えることを重視し
ている。(中略)本校の正門に掲げてある「困苦や欠乏に対して進んで鍛錬の
ある道を歩む気力のある少年以外、この門をくぐってはならない」という言葉
が、本校の教育姿勢を端的に示していると考えている。
 
なお、佐藤正吉校長は、兼任していた幼稚園の園長を続けています。
 
入試に関する諸注意、留意点、変更点について 泉 教頭
本校の入学試験は、次の2点を選択の観点としている。
1点目は、入学試験は受験生が学校生活や学習集団の中で、十分に過ごしてい
けるかを見る。
従って、紹介状や推薦状は必要ない。本人の実力を第一とする。
1次合格者は約200名、暁星幼稚園の園児と合わせて、約240人が受験す
る。
2次合格者は約80名となり、園児を含め120名の合格者を選定する。
 
本年度のテストは、一次試験は知能テストと運動テストを実施。運動のできる
服装で。二次試験は生活テストと親子面接、一次と二次で総合的に判断する。
 
受験生と同様、保護者の皆様の選定。
1つは面接試験、ご家庭での教育、育児の方針、本校の教育活動にご理解、ご
協力を頂けるかを親子面接でみさせて頂く。
※昨年までゲームをして、その様子を見ているようでしたが、今年はどうでし
ょうか。本校の面接方法は、注目の的。
 
2つは、提出書類の約束事や手続きの締め切りを守って頂いているかどうか。
提出書類、願書も審査の対象となる。
志願者の名前や住所など、必要な項目を間違いなく記入する。
右上の日にちは願書を記入した日を書く。(忘れられがち)
受験生の氏名、ふりがなを。
「これまでの教育」は、現在通われている幼稚園、保育園。直前に変わられた方
は2つ記入してもよい。何回も転園された方は最終園でよい。
現住所が同じである場合は◯をして記入の必要なし。
「緊急連絡先」は日中に連絡の取れる所で、携帯電話でよい。お母さまの携帯が
多い。
備考欄には、
1つ目、兄が在学中(学年)。
2つ目、お父さんが卒業生(卒業年度)。
3つ目、海外生活が長く日本語の理解に少し難がある。
4つ目、保護者、本人がカトリック信者である。
5つ目、手をけがして当日身体的に不自由なところ、(骨折や捻挫など)具体
的に書く。
6つ目、転居の予定がある場合。
内容はこれだけだが、毎年、書類の不備な方がいる。記入漏れ、誤記、印鑑の
押し忘れなどないかを点検して提出してほしい。
 
提出方法は、平成29年10月2日(月)必着、同封の「10月2日配達日指定
の簡易書留」のみ受付。日付を間違うと受理できない。
 
受験票や時程表、試験に関する知らせは、10月20日(金)に簡易書留で発
送予定。
届かない場合は学校へ連絡してほしい。
 
よくある質問から
通学地域の制限。
特に設けていない、保護者の判断に任せる。
ただし、通学時間は、お子さんの学校生活や家庭生活に大きな影響を与えるの
で考慮してほしい。
1年生は最初の一カ月くらいは保護者に送迎をお願いしている。
緊急時の迎えをお願いしているので考慮してほしい。最近、引き取りを専門に
する業者もあるが、学校としては、はっきりと確認できる方を望んでいる。
(子ども自身が知らないケースもあった、これは駄目)
本校は弁当、準備される時間も考慮してほしい。
 
親子面接について
お子さんとご両親が原則。どちらかが出席できない場合は、願書の備考欄にそ
の旨を記入。
急な場合は、面接日に面接官に申し出る。その際書面の提出を。親権者以外の
面接は不可。
 
月齢の考慮はあるのか。
生年月日順(8月→12月→4月→7月)のグループ分けで考慮している。
 
大規模な地震の発生、インフルエンザなど緊急時の対応について。
東京都や千代田区の関係機関から指導が行われるような緊急時の場合、中止、
延期などの処置をとる場合がある。その際の連絡はホームページで行うので確
認を。
なお、インフルエンザなど感染症にかかっている場合は、入校を断っている。
受験できない。当日、回復している場合は、医師の治癒証明書を提出する。
 
ゼッケンについて。(ゼッケンを見せる)
試験当日ゼッケンを受付で渡す。受験生の個人用として付与する。
2次試験を受ける際に持参する。
 
小学校の前の通りは坂の途中で狭く、自家用車、タクシーでの来校は交通の妨
げになるので、遠慮してほしい。駐車場もなし。
筆者注 小学校前の通路は、有名な急勾配の「二合半坂」。地元のタクシーは
近距離のせいもありますが、行ってくれないはずですから、遅刻は厳禁です。
 
運動会は、10月8日(日)、雨天順延。
 
質疑応答は、会場の演壇上で立ったまま個別に行われました。
 
配布されたリーフレットの裏面に紹介されている校歌、作詞 北原白秋、作曲
 山田耕筰ですが、「耕作」となっていました。ちなみに、東洋英和女学院の
校歌も、大御所コンビですが、HPには、山田耕筰と掲載されています。 ど
うでもいいことですが(笑)。
 
台風接近で急激に温度が下がり大雨。今朝(18日)は台風一過、また気温が
上がり真夏日に。体調を崩さないように注意してください。
親子模擬面接、体験されましたか。まだでしたら、今月中には済ませておきま
しょう。まだ、修正はできますから。
(次回は、直前の心構えについてお話し致します)

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>建学の精神、教育方針の理解の仕方 (2)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2018さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            (第63号)
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
建学の精神、教育方針の理解の仕方 (2)

前回、千葉県の2校を説明しましたが、「国府台女子学院小学部もお願いしま
す」とメールをいただきました。6月30日配信の第52号で、「志望理由の
決め方(2)」でお話ししましたが、まだ購読されていない方でしたから、聖
徳大学附属小学校と千葉日本大学第一小学校を加え、再度紹介いたします。

国府台女子学院小学部
国府台女子学院のことを、千葉の白百合学園とさえおっしゃるお母さん方がい
ます。小学部の入学試験の難しさといい、大学への進学状況を見ても、「さも
ありなん」と思わざるをえないほど実績を上げています。

価値観が多様化し、社会全般が「エニシング・ゴーズ、何でもあり」の風潮を
歓迎するムードがありますが、そういったウイルスに感染することなく、小さ
い頃から一つの価値観に基づいた教育を受けさせたい、そう考えるご両親が増
えていることも事実です。

仏教に基づく教育を行い、女子だけの、高校までの一貫教育校です。
月毎に行われる仏教行事は、本学院の校是である「敬虔・勤勉・高雅」を身に
つけるための、貴重で重要な教養、教化となっています。「教養は、徳をみが
き、人格を高めること」で、「教化は、キョウゲと読み、人を教え、よい影響
を与えて善に導くこと」だそうです。となると、校是である「敬虔・勤勉・高
雅」を、どのように解釈するかが問題になってきます。

たいへん難しい言葉ですが、わたくし流に考えると、こうなります。
「敬虔」は、仏につつしんで仕えることから、深く敬って態度をつつしむさま。
「勤勉」は、勤めて骨を折ることから、何事も一所懸命。
「高雅」は、気高く、雅(みやび)やかなことから、だれからも愛される気品。

このように置き換えてみると、わかりやすいのではないでしょうか。「つつま
しく、一所懸命に頑張る、心のやさしい子」といった子ども像が浮かんできま
す。そういった子どもに育ってほしいと考え、育児の基本にしているご両親で
あれば、学校の教育方針と一致していることになります。学院のHP(教育理
念)もぜひ一読してください。
以前、教育理念を俳句もどきに、
ひたむきで つつしみぶかく みやびやか
などとお母さん方に紹介したことがありました(笑)。

24年の説明会は、小学部、改築中のため中高の校舎内で行われ、そのおかげ
で素晴らしい「慈母観音像」を拝することができ、何とも優美なお姿に、しば
し見とれてしまいました。25年の説明会は新装なった寿光殿(講堂)で行わ
れましたが、ホールは中高の校舎と直結しているため、またしても、慈母観音
像にお会いできました。説明会に参加すればお会いできる、「七夕の彦星では
ないですか」と無礼を省みず思ってしまいました。こんなことを言っては罰が
当たるかもしれませんが、まさに、「控えめで 慎み深く 雅やか」でした(笑)。
余談になりますが、広隆寺(京都)や中宮寺(奈良)の弥勒菩薩を始め、日本
の仏像の優しいお顔と優美なお姿には、お粗末な言葉ですが、心が和みます。

ある年の説明会で、平田史郎学院長は、不作法で言葉遣いの乱暴な者を評して、
「訓練されていない個性は野性である」とおっしゃっていました。
創立記念日に招かれ、講堂に案内されたとき、左手に数珠を持ち、私の左側に、
腰をかがめながら先導してくれた、児童のその姿が何とも優雅であったことが
印象に残っています。また、1年生が、きちんと挨拶をするのにも驚かされま
した。宗教教育は、形から入って心を作っていくものと思っていましたが、納
得したものです。

女子だけの環境については、「女子だけだからいいのです。女の子しかいない
ので、男子のする仕事までやることになり、体験の幅が豊かになります」とい
われ、共学にする予定は、まったくないと断言しています。今年の説明会でも、
女子の理系に進む「リケジョ」現象は、右上がりで進んでいることを、入学実
績をあげ指摘していました。

こういったことをヒントに、「宗教教育」「女子だけの教育環境」「高校まで
の一貫教育制度」に期待することをまとめてみましょう。

聖徳大学附属小学校
中学から女子校ですから、男子は、受験することになります。かなりの進学実
績をあげていますから、充実した進学体制をあげても良いのではないでしょう
か。幼児教室対象の説明会でも、外部の優秀な指導者を招いていると聞いたこ
ともあります。

最近、聖心女子学院初等科をはじめ、学童保育やアスタースクールが盛んです
が、本校の大きな特徴として、車でのお迎えを容認していることでしょう。た
だし、学校の前の道路は狭いですから、いろいろと制約があるようです。お仕
事を持っているお母さん方には強い味方になるのではないでしょうか。

校名の聖徳の由来は、聖徳太子の道徳や礼節などに対する思慮の深さを教育の
基礎とし、豊かな人間づくりを実現したい思いから。読み方を変えたのは、聖
徳太子に深い尊敬の念からで、「しょうとく」と読むのを控え「せいとく」と
したそうです。

「思いやりと、礼を尽くす、こまやかな心を学ぶ」を目指す小笠原礼法宗家の
指導による礼法教育、明和班、全校生が一緒に食事をする「食堂(じきどう)」
など、学園の「礼節」「知育」「勤労」の3つの教育方針について、どのよう
に期待するかをまとめてみましょう。

女子の場合は、中高を別学で過ごし、大学で共学も可能です。
礼法教育は、1年生から6年生まで、年間指導計画があり、電車の中で化粧を
している女性や、歩きながら物を食べている無作法者に見せたいほど、日本古
来の文化が伝承されている学校です。これも欠かせない志望理由になるのでは
ないでしょうか。

千葉日本大学第一小学校
創立時は男子だけの別学でしたが、平成8年4月から共学校になり、大学まで
の一貫教育校です。共学が自然で、受験を考えなければ16年間のゆとりのあ
る教育環境で、自分の進む道を、ゆとりを持って学べることでしょう。

本校の児童は、一定の内部進学規定を満たすことで、学園の2つの中学校へ約
70%、2つの高校へは90%以上、そして大学へは60%の生徒が進んでい
ます。(29年9月のHPより)

本校の校訓「真(まっすぐに) 健(すこやかに) 和(なごやかに)を、わ
たし流に、心を表す言葉と
して考えると、
 真は「飾り気のない、偽りのない心」
 健は「すこやかな精神」
 和は「おだやかな心」
となりますが、いかがでしょか。

本校の特色として、「学習習慣の定着と学力向上」とありますが、年間の授業
時間数は、本校は13教科で6676時間、公立校は5645時間と、かなり
多いこと。
また、創立以来、英語教育に力を入れていること。
そして、縦割りグループによる学年を超えたユニークな「さくら活動」でしょ
う。
こういったことからまとめてみましょう。

2回に分けて、「私学の建学の精神、教育方針の理解の仕方」について、「お
とうさん、おかあさんの受験対策」(めぇでる教育研究所刊)からピックアップ
して紹介しましたが、これは、あくまでも「わたし流の考え」にすぎません。
こういった解釈を情報として公表するのには、少し、心配があります。それは、
幼稚舎が作文を止め、面接を廃止した理由が、あまりにも「傾向と対策化され
ている現状から意味がないと判断したから」とおっしゃったことと同じ理由か
らです。一つの考え方、ヒントとしてお読みいただき、ご自身の言葉でお話し
できるようにしていただきたいと、老婆心ながらお願いしておきたいと思いま
す。
(次回は「後半の説明会より 成蹊小学校、暁星小学校」を予定しています)


このページのトップへ