めぇでる小学部

  • ことばの学校
出版物・問題集のご案内 よくある質問 めぇでる教育研究所 ワクわくアトリエ メールマガジン お受験情報・リンク

HOME > めぇでるコラム > アーカイブ > 2016年8月アーカイブ

めぇでるコラム 2016年8月アーカイブ

さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>志望理由のまとめ方(2)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
   「2017さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>」
            第40
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
志望理由のまとめ方(2)
 
今回から4回に分けて、主な幼稚園の志望理由のまとめ方についてお話しまし
ょう。
幼稚園の受験だからと、受験する学園全体のことを考えない方がいらっしゃい
ますが、やがて、小・中・高、または小・中・高・大と進むのですから、全体
を見据え、きちんと考えをまとめることが大切です。
紹介する幼稚園の情報は、めぇでる教育研究所発行の小冊子「幼稚園入園試験
 面接編」の「一言、アドバイス」から抜粋したもので、現在、暁星幼稚園、
学習院幼稚園、青山学院幼稚園、雙葉小学校附属幼稚園、白百合学園幼稚園、
東洋英和幼稚園、日本女子大附属豊明幼稚園、日出学園幼稚園、昭和学院幼稚
園の9園を発売しています。詳しくは、当研究所へお問い合わせください。
 
暁星幼稚園
幼稚園には、女の子も若干名いますが、小学校から男子だけの教育環境で、宗
教教育という特殊な保育(教育)をし、系列校は高校までの一貫教育校です。
この3つについて考えましょう。
 
宗教については、教育目標の中に、「神を信じ、神に守られていることに気づ
き、祈る心を育む」とあります。
ご両親は、何でもありの価値観の多様化する世の中で、小さい頃から絶対的な
価値観、マリアの教えに基づく教育を受けさせたいと考えているのではないで
しょうか。
入園するとお子さんの生活は、祈りで始まり、祈りで終わる毎日を送ることに
なります。信者ではないご家庭の方が多いわけですから、「入園後に子どもと
一緒に学ばせて頂きます」といった姿勢があればいいわけです。
 
かつて、掲げられていた教育目標に、「幼児がみんなで力を合わせながら、一
つのことをやり遂げる喜びを学ばせる」がありましたが、これは、サッカーを
考えると理解できます。
サッカーは、11人が力を合わせて戦う球技で、相手をできるだけ自分に引き
付け、見方の選手にボールをつなぎ、最後にゴールポストにシュートできるの
は、“only one”、たった一人だけです。
全員で己を捨て、最後の一人に得点を託すスポーツです。
個人の技術をチームワークでつないでいく、ここに暁星学園の基本的な教育方
針があるといえるのでなないでしょうか。
 
男子だけの教育環境に期待することは何でしょうか。
これは立教小学校の説明会でうかがった話ですが、「男子は女子と比べ発育が
遅いので、女の子との差が出がちだが、男子だけの場合、発育にあった無理の
ない教育ができる」とおっしゃっていましたが、これは当たっているのではな
いでしょうか。
ちなみに小学校は「鍛える教育」を目標にしていますが、小学校の正門に、
「困苦や欠乏に耐え、進んで試練の道を選ぶ気力のある少年以外は、この門を
くぐってはならない」と刻み込まれたプレートが掲げられています。
平成25年まで小学校の玄関の下駄箱の上にあったため、校内見学をする時に
しか見られませんでしたが、説明会(9月9日水曜日)は中高の講堂で行われ
ますから、その帰りに正門を出て左に沿って歩いていけば、九段中学校の先に
小学校があり見ることができます。
この言葉から考えると、幼稚園では、「幼いながら、幼いなりに、自分の気持
ちを抑え、自分のことは自分でやろうとする意欲のある子」を求めていること
もわかります。
その「鍛える教育」ですが、小学校の説明会で佐藤校長は、目標は日本昔話の
金太郎などのキャラクターでもある、「気は優しくて、力持ちです」とおっし
ゃっています。
男子校の良さ、期待することは何でしょうか。
 
最後に、高校までの一貫教育制度についてです。
「幼稚園や小学校は、私達、親がよかれと考え選びますが、大学の選択は、自
分の人生の道標になるのですから、自分の力で挑戦すべきでしょう。大学受験
を経験し、自分達の生きる社会は、競争の社会であることを、学校を出る前に、
身体で知っておくこともいいと思いますね」と考えるお父さん方が多いもので
す。
中学、高校の受験がないわけですから、12年間のゆとりのある教育環境で、
じっくりと勉強に取り組み、自分自身を磨き、将来を設計していく、これが一
貫教育制度の良いところですから、こういったことからまとめてみましょう。
 
宗教教育、男子だけの別学、12年間の一貫教育校、この3点を基本に整理す
ると、志望理由が明確になるはずです。
園舎見学会は、9月21日(水)14:00~15:00に行われます。詳し
くはホームページをご覧ください。
 
青山学院幼稚園
宗教教育を行い、共学で、大学まである総合学園です。
 
「青山学院幼稚園は、青山学院の教育方針に基づき、豊かな自然の中で、いろ
いろな人と共に生活することにより、神様の恵みと生活を感じ、祈りと感謝と
喜びの生活が実現できる保育を目指す」、これが保育理念です。
とあることから、志望理由として、
「神様の恵みと生活を感じ、祈りと感謝と喜びの生活が実現できる保育に賛同
いたしまして……」と言ったとします。
「では、日常の育児に、どのように取り入れていますか」と質問されて、返答に
詰まるようでは、志望理由になりません。
 
保育目標
 青山学院幼稚園の保育は、
 神様や周りの人に愛される体験の中で、祈りのうちに生活する。
 自然の中で生活し、神様の存在を身近に感じ、恵みとして与えられた環境を
 大切にする。
 感謝と喜びのうちに生活し、まわりの人に対する信頼感、思いやりの心をも
 つ。
 意欲をもって生活し、よく聴き、よく見る、よく考える。
 それぞれに与えられた力を十分に発揮し、お互いをかけがえのない存在とし
 て認め合う。
 
保育の目標は、「祈りと感謝と喜びの生活」をわかりやすい言葉に置き換えた
ものです。
「毎日、友達と仲良く遊び、思いやりのある、頑張る子に育てたい」、こうい
ったことを育児の基本として大切にしていれば、キリストの教えを実践してい
ると考えられないでしょうか。
これが、幼稚園側のいう「ご家庭の育児の方針と幼稚園の保育の方針に共通認
識がある、つまり、一致している」ことになるわけです。
倫理、教理と難しく考える必要はありません。
信者でなければ、知らなくて当たり前のことですから、「ご縁がありましたら、
子どもと共に学ばせて頂きます」という姿勢で臨めばいいのではないでしょう
か。
 
青山学院は、ミッション系でも珍しく共学です。
これも大切な志望理由で、なぜ、共学がよいか多くの方が体験していることで
すから、それをもとにまとめましょう。
 
大学まである一貫教育制度については、幼稚園から大学まで進学できる制度で
すが、もっとも大切なのは、16年間、同じ教育理念で指導を受けるシステム
であることです。
16年間、受験勉強がないゆとりのある環境に、何を期待しますか。
 
ところで、初等部には、ランドセルも通信簿もありません。
ランドセルがないのは、勉強は学校で、生活習慣、しつけは家庭でする、これ
も初等部が大切にしている教育方針です。
幼稚園も同じ、いや、もっと厳しいかもしれません。
「しつけや基本的な生活習慣は幼稚園で」などと考えるお母さん方がいると聞
きますが、それでは受験資格はありません。
 
そして、これは、あまり知られていないことですが、ぜひ、青山学院のホーム
ページを開き、「教育」の欄の「国内短期留学」の「止揚学園」を見てください。
学院は、「すべては教場である」という教育を実践している学校でもあるのです。
 
宗教教育、男女共学、16年間の一貫教育校、この3点を基本にまとめてみま
しょう。
 
暑い日が続いていますが、親子模擬面接は受けられましたか。
夏休み中に受けておきましょう。ケース・スタディーでも紹介しましたように、
9月に入ってからでは間に合いません。
 
 (次回は「志望理由のまとめ方(3)白百合学園幼稚園と雙葉小学校附属幼稚
園」についてお話しましょう)

さわやかお受験のススメ<保護者編>第11章 お月見です 長月(1)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
     2017さわやかお受験のススメ<保護者編>
         ~紀元じぃの子育て春秋~
     「情操教育歳時記 日本の年中行事と昔話」
       豊かな心を培う賢い子どもの育て方
           -第40号-
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

	
 
第11章 お月見です   長 月(1)
 
暦の上では、今月から秋です。
秋の読み方は、「黄熱(あかり 稲が成熟する)からとの説が一般的ですが、
秋空が 「あきらか(清明)」である、収穫が「飽き満る」、草木の葉が「紅
(あか)く」なるなどの説もあるようです。
長月(ながつき)のいわれは、秋も深まり、次第に夜が長くなっていくから
「夜長月」の略が、わかりやすいですね。
これにも、いろいろな説があり、「稲刈月(いねかりづき)」の「い」と「り」
を略して「ねかづき」が「ながつき」となったものや、「稲熟月(いねあかり
つき)」が略されたという説もあるそうです。
 
★★お月見ですね★★
9月といったら、お月見ですね。
天保暦でいうと、8月15日にあたり、今のグレゴリオ暦では、9月の15日
から20日頃が見頃です。
 
秋の澄んだ夜空に、こうこうと輝く満月を観賞する習慣は、古くから中国にあ
り、それが平安時代に貴族の間に伝わり、やがて、武士や庶民にも広まったも
のです。昔は、「中秋の名月」といい、月を眺めながら、和歌を詠み、お酒を
酌み交わし、秋の夜を過ごしました。何やら風流な趣が伝わってきそうですが、
お百姓さんは、それどころではありません。何しろ農耕民族日本でしたから、
とにかく自然が頼みの綱です。
 
お月さまは、お百姓さんにとって、お日さまと同様、大変な存在でもあったの
です。
ご存知のように月は、およそ1ヵ月の間に丸くなり、また、だんだんと欠けて
いきます。新月から1週間程で半月になり、15日程で満月に、1週間後には
半月となり、再び新月に、これの繰り返しです。そこで昔の人は、満ち欠けす
る月の形から、1ヵ月のおよその日にちを知ることができ、それをもとに農作
業の時期、段取りを行っていました。 
また、月の明かりで、夜遅くまで農作業ができたのです。言ってみれば、お月
さんは暦であり、時計であり、夜間の照明器具でもあったわけですから、感謝
の心は、現代では考えられないほど、深かったに違いありません。
 
さらに、旧暦の8月といえば、稲にとっては、夏の暑いお日さまを、さんさん
と受け、しっかりと実をつける時です。しかし、台風が来ると、折角、丹精を
込めて育ててきた稲は、強風と豪雨でメチャメチャになってしまいます。私の
小学校時代(昭和20年代)の日本の景気は、米の収穫量で決まりですから、
何とか穏便にと思うのは、当然でしょう。
台風一過の秋晴れのもとで、すっかり水を被ってしまった田んぼを、ぼう然と
眺めていたお百姓さんの姿を、何回も見ましたが、子ども心にも悔しい思いを
したものでした。ですから、お月さまに、すすきや秋の花とおだんごや果物、
芋などを供えて、自然が荒れないようにお祈りを捧げたのです。
 
なお、十五夜を見た場合には、旧暦の9月13日(現在の10月17日頃)の
十三夜も見なければならないといわれています。1回しか見ないお月見を「片
見月」といい、不吉なことが起こると嫌われていたからだそうです。十三夜は、
栗や豆を備えることから「栗名月」「豆名月」ともいい、十五夜が中国から伝
来したものに対し、十三夜は日本のオリジナルな風習です。
また、「十三夜に曇りなし」ともいわれ、晴れの夜が多く、秋の澄んだ夜空に、
こうこうと輝く月を見ることができます。丁度、10月の下旬にあたり、秋た
けなわの頃だからです。お子さんと一緒に「片見月」とならないように、確か
めてみましょう。こういった話をするだけでも、お子さんには、楽しい思い出
となるものです。
 
ご覧になったかと思いますが、昨年は、7月に2回、2日と31日に満月が現
われました。これをブルームーンと呼び、2、3年に1度の割合で起こり、次
回は2018年1月と3月にみられる天体現象です。ブルームーンの名称の由
来は、英語の慣用句に“once in a blue moon”(珍しいことやまれなことの
たとえ)があり、まれな現象を「ブルームーン」ということだからだそうです。
 
「月光」といえば、ベートーベンの「ムーンライト・ソナタ 月光」を思い浮
かべる方が多いのではないでしょうか。私はグレン・ミラーの作曲した「ムー
ンライト・セレナード」で、ミラーの生涯を描いた「グレン・ミラー物語」を
1週間、毎日、映画館に通って観たものでした。「真珠の首飾り」「茶色の小
瓶」「イン・ザ・ムード」などの演奏も楽しみでしたが、全盛時代のジャズの
王様、ルイ・アームストロングの率いる、ほれぼれするようなメンバーの熱演
を観ることができたからです。曲は「ベージン・ストリート・ブルース」で、
ドラムのジーン・クルーパーとコージー・コールのドラム合戦は、何回観ても
飽きませんでした。入口のお姉さんと顔見知りになり、「私も長い間この仕事
をやっているけど、学生さんのような人は初めて!」とあきれ顔でいわれまし
た(笑)。この頃から、ドラムに憧れていたのです、高校1年生の時でした。
 
★★なぜ、すすきを飾るのでしょうか★★
すすきは、姿、形から見ても稲科の仲間だとわかります。
あの白い花穂が、いいですね。別名「尾花」といいますが、本当に漢字は説得
力があります。これは、子どもの頃に、お百姓さんから聞いた話ですが、今で
もよく覚えています。なぜ、お月さまにすすきを飾るのか、その理由ですが、
すすきの尾花は、細くて長く、まるでほうきのようですから、秋風に揺れなが
ら、その穂で、しっかりと神様を捕まえ、豊作をお願いしたいからだといって
いました。今は、郊外に出かけないと見られなくなりましたが、子どもの頃に
は、そうですね、見上げるほどの高さですから、2メートルぐらいになるのも
あり、これなら神様を絶対に逃さないと思ったものです。
 
★★なぜ、お供え物に芋があったのでしょうか★★
米で作ったおだんごや果物、それに採れたての野菜などを供えたものです。
母からよく聞いた話ですが、お日さまには天照大神(あまてらすおおみかみ)
が、お月さまには月読命(つきよみのみこと)という神さまがお住みになり、
お日さまを浴びていろいろな物が育つように、お月さまの光にも不思議なエネ
ルギーがあって、その光を浴びた物を食べると、健康で長生きするからだとい
っていました。
「かぐや姫」のラストシーンで、月の光で侍が、ばたばた倒れますが、あれを
思い出し納得していました。数々の怪獣を一撃で倒すウルトラマンのスペシウ
ム光線ではありませんが、月光の威力に感嘆したものです。あの場面には、い
つも魅せられていました、UFOの世界です。こういった空想は、時代を超越
し、夢があります。科学が、1つ1つ、その根拠を壊していますけれど、サン
タのプレゼントと共に、幼児期の楽しい夢であり、一緒に楽しんであげるもの
ではないでしょうか。
 
このウルトラマンに目下、孫がはまっていて、「それはバルタン星人だろう」
と言ったら、「おじいちゃん、何で怪獣の名前を知っているの?」と尊敬され
てしまいました。もう40年前になりますが、長男が夢中になって遊んでいた
もので、いまだ人気が衰えないようですね。女の子には、リカちゃん人形が人
気の的で、サンタの代わりに買いに出かけたものでしたが、新作、マサト君が
出た年は手に入れるのに苦労したことを思い出しました(笑)。
 
ところで、子どもの頃ですから、「夜露」がよくわかりませんでした。供えて
ある果物や芋が、夜露に濡れて、月の明かりで光っているのです。神秘的でし
た。ですから、夜露に光る果物を食べると、何やら力がつくような気がしまし
たし、おいしいと思いました。感動して、母の話を信じていたものです。
「神秘的……」、響きのいい言葉ではありませんか。「迷信だ」といって信じ
ない大人は結構ですが、そういって子どもの夢を簡単に壊すようでは、空想力
や想像力も育たないのではないかと思いますね。
【注】 古事記には天照大御神、日本書紀には天照大神と明記されています。
 
今では、お月見に、だんごやすすきなどをお供えする家庭も少ないでしょうが、
芋を飾る話はさらに聞かないのではありませんか。ところが、私の子どもの頃
は、芋は、欠かせなかったようでした。
でも、どうしてお月さまに芋を供えたのか、このことです。おだんごや果物は、
納得できましたが、芋はわかりませんでした。お月さまと芋は、どう考えても
結びつきません。
これも、じいさまから聞いた話ですが、米が主食になる前は、里芋や山芋が主
食でした。今は、さつま芋掘りは、秋の観光イベントに欠かせないものですが、
その収穫が、ちょうど十五夜の頃でしたから、感謝の気持ちを表しお供えをし
たそうです。お月見は、芋などの畑作の収穫祭でもあったわけですね。それで、
中秋の名月を「芋名月」ともいったのです。
 
川越は、さつま芋の名産地で、秋には小さな子達が、芋掘りにやってきます。
盛り付けの鮮やかな和食「芋ご膳」からソフト・クリームまで、美味しいもの
がたくさんありますが、戦後の食糧難の時代に、朝、昼、晩と三食、さつま芋
を食べた世代ですから、見ただけで胸焼けがし、どうしても手が出ません。な
どと言いながら、さつま芋から作った地ビールだけは、飲んでいます(笑)。
妙にこだわりますが、ソフト・クリームは、正しくはsoft  ice  cream です。
 
ところで、「栗よりうまい十三里」ともいいますが、この語源、川越に住んで
40数年になるというのに知りませんでした。酒の話が楽しいドイツ文学者、
高橋義孝教授の随筆に、「目からうろこ」の話がありました。正確には「目か
らうろこが落ちる」で、英語では“The scales fall from one’s eyes”だそ
うです。(「故事ことわざ辞典」より)
くりよりうまい十三里、すなわちさつまいもの集散地は埼玉県の川越で、川越
は江戸から十三里へだたっているから、九里と四里とを合わせて十三里、川越
ということになり、その川越の名産物さつまいもは栗よりもうまいということ
なのである。
 (「叱言たわごと独り言」高橋義孝 著 新潮文庫 刊)
 
★★なぜ、お月さまにうさぎが…?★★
今の小学生は、笑ってばかにしますが、私の子どもの頃は、宇宙船アポロなど
は、想像外のことでしたから、月にうさぎが住んでいると信じていました、あ
る時期までは。うさぎが跳ねているように、また、杵(きね)を持ち、餅をつ
いているようにも見えました。
 
           うさぎ うさぎ   なに見て跳ねる
           十五夜お月さん見て 跳ねる
 
文部省唱歌です、牧歌的で、いいではありませんか。
 
ところで、私の子どもの頃のおじいさんたちは、本当に話がうまかったのです。
いま聞くと、吹き出したくなるものばかりでしょうが、夢がありました。これ
もその一つなのですが、お月さまにうさぎが住んでいる証拠は、
「満月の晩に見てみ、うさぎが餅をついているように見えるのは、あれは、う
さぎの国の旗、国旗だ。お月さんはうさぎの国だと、宣告しているのだよ」
といったものでした。戦後のことでしたが、戦争は、命を的にした領土の争奪
戦ですから説得力もありました。それで、私が、
「じゃ、おじいちゃん、地球を月のうさぎが見たら、どんな旗に見えるのかな?」
「そりゃ、人間に決まっとるがな」
理屈でなくて、何だかおかしな話でしたが、本当のような気がするのです。う
さぎが住んでいるから「うさぎの旗」、人間が住んでいるから「人間の旗」な
のだそうです。おじいちゃんの頭に浮かぶ人間は、絶対に日本人です。そして、
日の丸の旗を持っているに違いありません。もしかしなくても、旗を持ってい
るのは兵隊さんです。おじいちゃんにとって日本は、神州不滅の国でしたから。
こういったお年寄りとの楽しい会話が、懐かしく思い出されます。昔のお年寄
りは、一家の生活の一部を、きちんと担っていたのではないでしょうか、それ
も、尊敬されて、です……。
 
うさぎの住んでいる満月を見ながら、すすきやおだんごを飾り、自然に感謝す
る心は、小さい時に、きちんと育んでおきたいものだと思います。これも情操
教育に欠かせない、大切な行事ではないでしょうか。
満月を、星を、しみじみと眺めたことはありますか。お子さんと一緒に、夜空
を探索してみましょう。
澄んだ秋の空には、お子さんと共有できるロマンがあふれています。星座にま
つわる伝説を知る機会になるかもしれません。3つの星が並ぶオリオン座と宵
の明星、金星しか識別できませんから、偉そうなことはいえませんが(笑)。
             
ところで、外国の人々も、うさぎだと見ているのでしょうか。天の川と同じく、
いろいろな見方があるもので、想像のつかないものもあり、見る位置により、
こんなに違うものかと驚かされました。
 
中国では、うさぎが薬草を作っているとも、ひきがえるやかにがすんでいると
もいわれています。ヨーロッパや北アメリカでは、女の人の横顔やロバ、イン
ドや南アメリカではワニ、中東ではライオン、アフリカではうさぎがひっかい
た傷に見えるそうです。
(心を育てる 子ども歳時記 12ヵ月  監修 橋本裕之
 講談社 刊 P83)
 
やはり、世界中の人々も、こうこうと輝く満月に、いろいろな思いを抱いてい
たのですね。
海外へ出かけたとき、お月さまがどのように見えるか、お子さんと一緒に眺め
てみるのも、いい思い出になるかも知れません。満天の星の主役は、北斗七星
や南十字星、オリオン座などのようですが、お月さまも加えてみてはいかがで
しょうか。手軽に出かけられませんが、南極では、逆さまに見えるそうです。
 
長男が小学生の頃、「お父さん、どうしてうさぎさんは、いつも同じ格好をし
ているのかな」とかなり大人を困らせる質問をしたものです。話をよく聞いて
みると、常に表だけ見えて、裏側はどうなっているかなんですね。言われてみ
ればその通りで、大人は不思議に思いませんが、そこが探求心の旺盛な子ども
のことですから、困り果てました。友人に星座に詳しいロマンチストがいるの
を思い出し、聞いたところ、「月の自転周期と月が地球の周り回る公転周期が
一致しているから、常に表しか見えない」といわれ、子どもにどう説明したか
思い出せませんが、多分、いい加減な話で煙に巻いたのではないかと思います
(笑)。皆さんは、どう説明しますか。
 
最後に、お月さまといえば、文部省唱歌の「月」(詩曲 作者不詳)を、懐かし
く思い出します。
 
1. 出た 出た 月が  まるい まるい まんまるい  盆のような月が
2. 隠れた雲に   黒い 黒い 真っ黒い   墨のような 雲に
3. また出た 月が  まるい まるい まんまるい  盆のような 月が
 
といっても、しみじみと眺めた、詩情豊かなといった高尚なものではなく、つ
まらない遊びなのですが、なぜか、思い出すのです。この歌詞を、逆さまから
歌うだけの、ばかげた話ですが、これがおかしくって……。
 
1.たで たで がきつ  いるま いるま いるまんま  なうよのんぼ がきつ
2.たれくか にもく  いろく いろく いろっくま  なうよのみす にもく
 
みんなで、なぜだか、ゲラゲラ笑いながら、品悪く歌って、面白がっていたの
です。
「いーるま いーるま いるまんま」とか「いーろく いーろく いろっくま」
と声を張り上げて。
今、歌ってみても、笑っちゃいますね、ばかばかしくて(大笑い)。何しろ、戦
後の何もない時代でしたから、こんなことでも楽しかったんですね。この歌を
聞くと、いつもお腹をすかしていた、あの頃を思い出します。
(次回は、「秋の七草」などについてお話しましょう)

さわやかお受験のススメ<現年中児 今から始める小学校受験>ご家庭で楽しくできる受験準備 (1)身につけてほしい話を聞く姿勢

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
 さわやかお受験のススメ<現年中児 今から始める小学校受験>
            (第6号)
 現年中児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
ご家庭で楽しくできる受験準備
(1)身につけてほしい話を聞く姿勢
 
今回からしばらく、家庭でできる受験準備の基本的なことについてお話しまし
ょう。
 
小学校の入学試験には、文字を使えませんから、ペーパーテストには答えは出
ていますが、設問は、どこにも書かれていません。
このことです……。
 
一回で説明を理解できなければ、それまでです。
設問が書かれていれば、難しい問題は後回しにして、時間があれば挑戦できま
すが、小学校の試験は、これができません。
まず、設問を聞き、「はじめ!」の合図で取り組み、「そこまで!」と声がか
かれば止めて、次の設問を聞きます。
「もう少しでできるぞ!」と続けていると説明を聞き逃すことになり、次の問
題に挑戦できません。
「約束を守る」の項目に、チェックが入る学校もあるようです。
そういったことから考えると、もっとも厳しい試験方法ではないでしょうか。
 
さらにやっかいなことには、慶應義塾幼稚舎のようにペーパーを用いない「行
動観察型」のテストでは、先生の指示を聞き取り、理解し、考えをまとめ、自
分自身の意見をいったり、話をしたり、思ったことを絵に描いたり、身体で表
現しなければなりません。
 
しかも、生まれて初めて入った場所で、初めて会った同年代の子ども達とグル
ープを組み、初対面の先生の指示を聞き、理解し、すぐに行動に移さなければ
なりません。
機敏に対応できる能力が求められます。
 
このように、話を聞く姿勢ができていなければ、小学校の入学試験には対応で
きません。ですから、まず、ご家庭で心がけてほしいのは、お子さんが「話を
きちんと聞けるようにする」ことです。
 
それには、ご両親が「お子さんの話をきちんと聞く姿勢」を示すことが大切で
す。
「こうしなさい!」「こうしなけらばダメ!」と注文をつけるのではなく、逆
に、お子さんの話に耳を傾けてあげる、話を聞いてあげることが大切なのです。
これは、簡単なようですが、あまりできていないのではないでしょうか。
幼児の話は一本道ではなく、あっちへ飛んだり、脱線したり、一回で完結せず
に、予想のつかない展開となりがちです。
そこを辛抱強く聞いてあげ、
「ケンイチ君、こういうことだったのね」
などと簡単にまとめてあげれば、
「何だ、そういうことか!」
と、本人は意識しなくても、話の仕方の学習にもなっているのです。  
 
幼稚園や保育園から帰ってくるなり、
「ママ、あのね、きょう……」
などと話しはじめた時には、何はさておき聞いてあげましょう。
話したい意欲に燃えているのですから、「話の仕方の学習時間」と考えて、真
剣に聞いてほしいのです。
聞いてもらうと、子ども心にも快感が生じます。
そこから、「人の話はきちんと聞かなければいけないこと」も学習できるので
す。
お母さんは、「話をきちんと聞きましょう!」と、柳眉を逆立て命令している
わけではありませんが、お子さん自身は「話をきちんと聞く学習の基本」を学
んでいるわけです。
これも「教えない教育」の一つの例です。
話を聞いてもらえたお子さんは、身も心もすっきりとし、
「ようし、今日は、プリントを5枚、頑張るぞ!」
となれば、一石二鳥ではありませんか。
 
お母さんにも経験ありませんか。
会社から帰ってきたお父さんに、テレビのワイドショーなどで仕入れた情報を
披露しようとした時に、
「疲れているからあとにしてくれ!」
などといわれれば、ムッとしませんか。
中には、切れるお母さんもいるようです。
お子さんも同じです。
切れますが、力関係でお母さんに勝てませんから、黙るしかないのです。
せっかくの学習チャンスを無駄にしています。
この無駄は、はかり知れない大きなものであることを肝に銘じておきましょう。
スキンシップにも影響がでます。
お子さんの話を聞けないお母さんは、命令と要求が多くなりがちです。
立教小学校の説明会で、「対話の反対は沈黙ではなく、命令と要求」とおっし
ゃったのは、田中司元校長でしたが、幼児の場合は、まさにその通りではない
でしょうか。
お子さんが、急に黙ったり、プッとふくれたり、不満げな様子を示す時は、
「命令や要求が実行されている」と考えましょう。
子ども達が、もっとも嫌がるお母さんであることに気づいてほしいですね。
 
ところで、お母さん、お子さんの赤ちゃん時代を思い出してください。
お子さんは、「ママ!」の一言で、一方的に会話を済ませてはいませんでしたか。
「お腹がすいた」
「水を飲みたい」
「おむつを取り替えて」
「汗をかいて気持ちが悪いの」
「日光浴をしたい」
「抱っこして」
「淋しいからそばにきて」
「テレビをつけて」
「頭が痛いの」
「お散歩に連れてって」
など、書き出すときりがありませんから止めますが、選択肢はこんなものでは
なかったはずです。
お母さん方は、「ママ!」の一言で、何を要求しているかを的確に判断し、適
切な処置をしていたのではないでしょうか。
このことを思い起こせば、つたない話でも、聞いてあげるのは楽ではありませ
んか。
お子さんが、「ねえ、ママ!」といったときには、素直に話を聞いてあげるよ
うに心がけましょう。
 
イエス・キリストも、「忙しい毎日の中で、その時にあたって最善の行動とは
何かを考えなければならない」とおっしゃっていますが、子どもの話をゆっく
り聞いてあげる、これもその時に最優先すべきことと考えるべきではでしょう
か。
何もキリストにお出まし願うこともありませんが(笑)。
 
もう一つ、思い出してほしいのです。
赤ちゃんが、なぜ、話せるようになったか、このことです。
自然に話せるようになったわけではありません。
狼少年の話を聞いたことがあると思います。
赤ちゃんの頃から狼に育てられた人間は、言葉をまったく話せなかった話です。
言葉は、その学習時期を過ぎると臨界期といって、どうにもならなくなり、身
につかないそうです。
ここでも、お母さんの涙ぐましい努力が、あったはずです。
 
「ママ、お水!」
と、お子さんがいったとします。
お母さんは、どのように対応されたか覚えているでしょう、それほど昔の話で
はありませんから。
「のどが渇いたので、お水が飲みたくなったのね!」
こういっていたはずです。
そこで、お子さんは、
「ノドガ カワク、ミズヲ ノミタイ」
といった言語の学習をしていたわけです。
この語りが、おうむがえしが、会話の学習の基礎となり、今のように話せるよ
うになったわけです。
しかも、「主語が『私』で、述語が『飲みたい』、目的語が『水』で、形容詞
が、副詞が……」と教えたわけではありませんが、かなり、理詰めに話せるよ
うになっています。
お母さんとの学習が、苦にならなかったからです。
なぜでしょうか。
 
それは、やはりお母さんが、話ができるように、やさしく対応してあげたから
です。
その心は、「まだ、話せないから」といった配慮があり、無理に教え込まなか
ったからではないでしょうか。 
話をじっくりと聞いてあげ、言葉のシャワーを繰り返し浴びせかけた結果であ
り、これも「教えない教育」であったわけです。  
誤解をされると困りますから繰り返し説明しますが、「教えない教育」は何も
教えないのではなく、教わっている本人が、意識することなく、楽しく、大変
な学習をしていることです。
 
そして、面接で、丁寧な言葉で話してほしいとお考えでしたら、お母さん自身
が、響きのよい言葉を使うことです。
「ご飯よ、ケンちゃん!」ではなく、「ご飯ですよ、ケンジくん!」と話しま
しょう。
言葉遣いやあいさつは、一朝一夕に身につくものではありません。
親が率先して、よいお手本を見せることです。
 
さらに、指示は、正確に出すように心がけましょう。
「ねえ、ケンちゃん、あそこにある、あれとって!」
「あそこの、あれ」といわれても、わかっているのは指示を出したつもりのお
母さんだけで、聞いているお子さんには、何が何だかわかりません。
何だろうと迷っていると、
「何をぐずぐずしているの!」
と、怒気を含んだ催促になりかねません。
「これ、それ、あれ、どれ」といった「こ・そ・あ・ど言葉」は、使わないこ
とです。
「こ・そ・あ・ど言葉」は、文章が煩雑になるのをさけるために使う「代名詞」
です。
代わりの言葉ではなく、名詞をきちんと使いましょう。
 
「ケンジくん、ダイニングのテーブルの上にある料理の本を、お母さんのとこ
ろへ持ってきてください」と指示がきちんと出ていれば、
「いい加減に聞いたらまずいことになるぞ!」
と、お子さんもわかります。
 
   ◆話を聞いてあげる。 
   ◆きれいな言葉を使う。
   ◆指示をきちんと出す。
      
ご両親に、こういった配慮があれば、お子さんも、ご両親の願いに応えるはず
です。
心当たりがありましたら、早速、実行しましょう。
 
やっと梅雨も明け、「待っていました!」とばかりに猛暑が続いています。清
涼飲料水は控えめに、家で作った麦茶などで、渇きをしのぎましょう。
(次回は、「本の読み聞かせの素晴らしい効用 1」についてお話しましょう)

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>よく受ける質問から

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
 2017さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
             第57号
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
よく受ける質問から
 
やっと梅雨も明け、暑い夏休み、元気でお過ごしでしょうか。
この時期によくある質問からいくつかを紹介しましょう。
 
Q.慶應義塾幼稚舎の試験では、絵がうまく描けなければ合格しないそうです
  ね。
 
A.「うまく描けなければ」という文言は、大人の考える絵に対する評価でし
ょう。
この考えが、子ども達を苦しめているようです。
入試で絵を描かせるのは、絵の巧拙、上手、下手だけを見ているのでありませ
ん。
大人は自分の考えを相手に伝えるのに、言葉だけで足ります。
しかし、幼児は、言葉だけでは不十分です。
言葉で足りなければ、体全体で表す身体表現も、大切なコミュニケーションの
方法で、絵もその一つです。
自分で思っていること、考えていることを絵で表現したいのです。
子どもの絵は写生ではなく、感じたことを描いていると思います。
ですから子どもは、絵の巧拙にこだわらず、思い通りに、せっせと描きます。
そばで見ていると、本当に楽しそうです。
以前、幼稚舎が、画家が絵を描くときに使うイーゼルを立て、絵を描かせまし
たが、舎長は、その目的を「子ども達の顔の表情を見たかった」とおっしゃっ
ていました。
ですから、一つの話を聞いたあとに、「この続きの絵を描いてみましょう」と
いった問題に発展させ、子どもの感性を見ているのではないでしょうか。
 
「うまい」に越したことはありませんが、それが、子ども自身の感性ではなく、
誰かに教え込まれたものであれば、評価されないと思います。
どなたがおっしゃったかわかりませんが、そういった絵を「大人の手垢のつい
た絵」というそうです。
「お子さんは、楽しく絵を描いていますか」
そうであれば、子どもらしい絵が描けていると思います。
学校の狙いも、そこにあるのではないでしょうか。
  
最近の傾向として、例えば、5~6人のグループに、模造紙1枚とクレヨン1
箱が用意され、「弁当の絵」「水槽の絵」などのテーマが与えられ、相談しな
がら描くといった形式で出題されていますが、使いたいクレヨンを他の子が使
っている場合、何もしないで使い終わるまで待っている子がいると聞きます。
ポイントは「相談して」にあるのですが、お子さんは積極的に参加できますか。
 
Q.1枚の絵を見て話を作るのが苦手なのですが、うまくなる方法はないでし
  ょうか。
 
A.「うまくなる方法」などありません。
技術的なことを教えても、お子さんは、おそらく理解できないと思います。
1枚の絵から話を作るのは、本当に難しいものです。
絵を見ても、自分で体験をしたことがなければ、話せないのが幼児です。
まず4枚ほどの絵からできている「お話作り」の問題からやってみましょう。
4枚の絵であれば、どういった状況か把握できるからです。
そこから話を作る方法を、自分なりに考え始めるものです。
最初は、つたない話になりがちです。
最後まできちんと聞いてあげ、できたことを褒め、それからおかしなところは、
「ママは、こう思うけれど、どうかな?」と、お子さんに考えるヒントを出して
あげることです。
「違うでしょ、こうなの!」では、お母さんの作品になってしまいます。
これを十分にやった後に、3枚の絵、2枚の絵に進み、そして1枚の絵に挑戦し
ましょう。
苦手なお子さんには、「お母さん(お父さん)、あのね!」方式がいいでしょう。
お母さんやお父さんに話しかけるように作ることです。
幼児の経験は、まだ狭いものですから、体験していないことを表現するのは苦手
です。
日常生活で、「ママ、あのね!」と話しかけてきたときは、必ず、聞いてあげま
しょう。
自分で体験したことを話す、これが話作りの基本でもあるわけです。
話すチャンスをたくさん作ってあげることが大切です。
なお、「お母さん、あのね!」方式は、某国立大学附属小学校で、作文の時間に
実践していた学習方法です。
 
Q.問題に取り組む時に時間がかかり過ぎるのですが心配ないでしょうか。
 
A.幼児には、問題集をやるときにも、さっさと答えるタイプと、じっくりと考
えて答えを出す二つのタイプがあるようで、イソップ物語の「ウサギとカメ」の
話から、前者を直感が働くウサギ型、後者をじっくりと考えるカメ型と考えるこ
ともできます。
難しい対称図形や回転図形の問題でも、ウサギ型は、4つの答えから正解を選び
出すのにも時間がかからず、カメ型は、慎重に取り組みますから時間がかかりま
す。一つ一つ検証して、答えを出しているからです。
おそらくお子さんは、カメ型のタイプではないでしょうか。
一つ一つ比べ、「これは、ここが違う」と納得しなければ、次の答えに手を出せ
ないのですから、むやみに急がすことはありません。
一度、仕組みや方法が理解できれば、スピードもアップします。
 
思考派のカメさん型は、中学年を過ぎる頃から、力を発揮し始めます。
考える力が育まれ、基礎学力がしっかりと身についているからです。
直感派のウサギさん型は、この頃に、一度つまずきますが、頭の回転の速さから
立ち直れます。
ですから、カメさんの場合は、時間がかかってもあせらせることなく、問題は時
間内に解くことを、少しずつ教えてあげましょう。
ウサギさんは、ひらめきだけに頼らず、正解であっても、他の答えはどうして駄
目なのか、その説明をさせましょう。
どちらもお子さんの大切な能力ですから、良いところを伸ばしてあげる、賢いお
母さんになってあげましょう。
  
Q.文字や数字の読み書きは、できた方がいいと友達は言うのですが、やった方
がいいのでしょうか。              
 
A.小学校の入学試験には、文字の読み書き、数字を使った計算はありません。
ただし、答えをイラストではなく、書いてある文字に印をつけるテストを実施し
ている学校もありますが、それは、その学校の方針ですから、受験する方は、そ
のための準備が必要です。
また、暁星小学校でも、年中行事と関係のある数字、例えば母の日は5月ですか
ら5に○をつける、記憶の問題でスクリーンに映った数字と同じものに○をつけ
る問題がありましたから、1月・正月、2月・節分、3月・雛祭り、4月・花祭
り、5月・子どもの日、母の日、6月・父の日、7月・七夕、9月・お月見、
11月・七五三、12月・クリスマスなど、その月と数字がわかるようにしてお
きましょう。
やっていると思いますが、毎朝、カレンダーを見て、「今日は8月16日、日曜
日」というだけで、月日と曜日も無理なく覚えるものです。
ただし、数字を書く必要はなく、読めればいいでしょう。
文字は問題用紙に氏名を書きますし、靴を脱ぎ、試験が終わった後で靴を履くと
きなど、書かれた名前を見て判断することもありますから、名前の読み書きはで
きるようにしておきたいものです。
 
年長になる頃から、文字と数字を書きたがるようになりますが、その場合は、正
しい書き順を教えましょう。
自己流で覚えると、直すのに苦労するからです。
文字を書くことの得意であった子が、小学校へ入ってからことごとく直され、自
信を失う話をよく耳にします。
数字は「0・5・7・8・9」、文字は「と・も・や・よ」、書きにくい「あ・お・そ・
ぬ・む・め」などです。
ただし、テストで数字や文字で答えては、得点にならないことを教え、約束して
ください。
 
ところで、お子さんは、ブツブツとつぶやきながら、昔話や童話の本を読んでい
ませんか。「話の読み聞かせ」の効果です。教えなくても、文字を読めるように
なっていくものです。本を読んであげるのは、大切な学習になっていることを忘
れないでください。
 
以上の「Q&A」は当研究所発行の「さわやかお受験オススメ 小学校受験 
Q&A」からピックアップしたものです。
詳しくは、ホームページをご覧ください。
 
暑い夏、本番を迎えました。
「夏を制する者は秋を制する」ともいわれています。
無理は禁物ですが、頑張りましょう。
  (次回は「願書の書き方」についてお話ししましょう)

よく聞かれる質問にお答えします

来週はクリスマスを迎えますが、いろいろ訳ありなんですね。
街にはジングルベルのメロディが流れ、至る所、赤、緑、白の3色で飾られま
すが、赤はキリストが人類のために十字架に流した血の色、緑はキリストの永
遠の命を象徴する色、白はキリストの純潔を表す色。クリスマス・ツリーは、
アダムが楽園から持ってきた「善意を知る木」で、キリストを表す不滅の生命
の木。ツリーの天辺に飾る星は、キリストが生まれたときに輝いた星で「ベツ
レヘムの星」といわれていますが、どの星かは不明。クリスマス・リースは柊、
刺はキリストの受難、赤い実はキリストの流した血を表したもので、節分で使
う柊とは別種。そして、クリスマスはキリストの誕生日ではなく、聖書の中で
も、その日を特定していません。ご存知でしたか、信者ではない私は、つい最
近まで知りませんでした(笑)。
(拙著 メールマガジン さわやかお受験のススメ 保護者編(6)
 12月11日号より)

今回は、読者の皆様からよく聞かれる質問を編集した『さわやかお受験のスス
メ 小学校受験 Q&A編(100問)』から抜粋したものを紹介しましょう。

Q「問題集をやりたがらないのですが、無理にでもさせた方がいいでしょうか」

A「教室から配布される家庭用の学習か、過去に出題された問題集での勉強か、
状況がわかりませんが、問題集を使っての家庭学習の場合をお話しましょう。
 
幼児の場合は、問題集を開いて、即、勉強とはなりません。
赤ちゃん時代を思い出してください。
例えば、歩くことを考えても、いきなり歩けるようになったわけではなく、は
いはいをし、つかまり立ちをし、歩いては転ぶことを繰り返し、やっと歩ける
ようになったはずです。
幼児が一つの能力を身につけるには、それにふさわしい体験を積むことにより
習い学ぶ、体験学習が必要です。
中高大学の入試と小学校の受験準備の異なるのは、勉強と学習の違いにあると
いえます。
勉強は、字のごとく「強いて勉める」であり、学習は「習い学ぶ」ことです。
幼児は、体験していないことは理解できません。
ですから、問題集を嫌がるのは、自分で体験していない領域のことをさせられ
ているからではないでしょうか。
泳げるようになると、十数年泳がなくても機会があれば泳げるのは、体が覚え
ている、中枢神経系に属しているからだそうです。
教室での宿題であれば、体験したことの復習ですから、苦にしないはずです。

『なぜ、嫌がるのか』、その点を見極め、無理をしないことが大切です。」 

Q「幼稚園の先生から、話をきちんと聞いていないといわれているのですが」

A「小学校の受験で最も大切なのは、話を聞く姿勢を身につけることです。
ペーパーテストのプリントを見ても、答えはダミーも含め、すべて出ています
が、設問はどこにも書かれていません。
中高大の試験のように、『苦手な問題は飛ばして後でやろう』など、できない
相談です。
文字を使えませんから、スピーカーから流れる言葉を聞き取り、素早く対応し
なければならないのです。
行動観察型のテストも同様で、先生の言葉を聞き、理解し、迅速に活動しなけ
れば、得点になりません。
幼稚園の先生にいわれる迄もなく、ご家庭でもサインは出ているはずです。
まず、お子さんの話をきちんと聞いてあげましょう。
話を聞いてくれるのは、子ども達にはとてもうれしいことなのです。
そこから、お子さんは「話はきちんと聞くものだ」ということを学習している
のです。
そして、本をたくさん読んであげましょう。
好きな本であれば、お子さんは静かに聞くはずです。
『話をきちんと聞きなさい!』と柳眉を逆立て、何回いっても改まらないでし
ょう。
話を聞く姿勢は、言葉のキャッチボール、楽しい会話と、お子さんが興味を持
っている本を読んであげる、本の読み聞かせなどから身につくものだからです。」

Q「同じ本を何回も読んでくれとせがむのですが、記憶力が弱いのでしょうか」

A「そんなことはありません。
お子さんは、読んでもらった話が面白いから、一所懸命に覚えているのです。
読んでもらったときは、『面白いな!』といった漠然としたイメージが、繰り
返し読んでもらうことで、物語を少しずつ覚え、小さな木が、時を経て成長す
るように、今では、かなりはっきりと話の筋を記憶しているものです。
完全に覚えてしまうと、次の本へ移っていくはずです。
一人になったとき、ぶつぶつと何やらつぶやきながら、本を見ていないでしょ
うか。
お母さんに読んでもらった話を、思い出しているのです。
また、読んであげている途中に、突然、『そこまでで、いいです』ということ
はないでしょうか。
一人で思い出しながら読んでいるときに、忘れてしまったのか、そこをはっき
りさせたくて『読んでください』と来るわけです。
これは大変なことで、言葉を覚えることで語彙は増え、物語を記憶することで
表現する力もついてきます。
話を聞く姿勢をきちんと身に付けることは、小学校受験で、もっとも大切なこ
とですから、根気よく読んであげましょう。
文字を習い、自分で読めるようになると、もう『読んでください』と来なくな
りますから。」

Q「読んだ後に感想を聞いても、きちんと答えられないのですが」

A「読んだ後に感想を聞くのは、まだ、早いと思います。
先にも触れましたが、1回だけ読んでもらい、きちんとした感想をいえないの
は、その本に対するイメージが、まだ、できていないからです。
何回か読んでもらうことで、次第に固まってきます。
そこまで待ってあげましょう。
ですから、1回だけ読んで、『面白かったでしょう』『何が面白かった』とい
った話かけは、するべきではありません。
また、よく聞く話ですが、お母さん方は、子どもの頃に読んでもらい、面白か
った本を読んであげることがあるようです。
それはいいのですが、『どう、面白かったでしょう』と聞いたことはないでし
ょうか。
そんな時、お子さんは、『……?』となったのではありませんか。
まだ、しっかりとイメージ化ができていないと、答えようがないからです。
2、3回読んだ後で、聞くようにしましょう。
ただし、『お母さんは、おばあちゃんに読んでもらい、こういったことを学ん
だのですよ』と、お母さん自身の感想をいうのは、いいのではないでしょうか。
『ママは、こういったことを感じたんだ』と、考えるヒントになるからです」

Q「昔話の出題率が高いようですが、なぜでしょうか」

A「常識の領域で、例えば、桃太郎と猿、犬、雉の家来や、黍団子、鬼など物
語に出てくるものを線で結ぶといった形で出題されています。
昔話は、多くの場合『昔々、あるところに、おじいさんとおばあさんが、住ん
でいました』と、『いつ、どこで、誰が』と明らかにし、『何を、なぜ、どの
ように』と、いわゆる[5W+1H]の形式で展開しますから、わかりやすく
構成されています。
そして、内容は、勧善懲悪で、正しいものは必ず報われ、悪者は、懲らしめら
れます。
5歳頃から未分化であった情緒が分化され、喜怒哀楽の感情がはっきりと表れ
てきます。
それに刺激を与えられることで、ずるい人間には憤りを覚え、悲しい話には涙
ぐみ、幼いなりにも善悪に対する分別、倫理観や道徳観を育んでいると考えら
れます。

ですから、昔話が出題されるのも、うがった見方をすれば、昔話で学習した様
々なことを、幼稚園や保育園の生活で実地訓練をし、社会性、協調性といった
集団生活への適応力を養い、それが小学校生活をスムーズに送れる基礎となっ
ているからではないでしょうか。

ちなみに、日本の五大昔話は、『桃太郎』『花さかじいさん』『舌切り雀』
『さるかに合戦』『かちかち山』です。
皆さん方はお子さんに、この5つの昔話のあらすじを話すことができるでしょ
うか」

Q「3月生まれですが、図書館へ行っても幼い内容の本しか選べません。心配
ないでしょうか」

A「お子さんは3月生まれですから心配ありません。
興味を持って選べたことを褒めてあげ、必ず読んであげましょう。
お母さんが心を込めて読んであげれば、お子さんはきちんと理解し、次のステ
ップへ向かい、確実に歩み始めるはずです。
選んだ本が、自分で面白くないと判断できることが大切です。
「何よ、こんなやさしい本を!」といってしまうと、お子さんの自尊心は傷つ
き、自分から本を選ぶ気持ちもなくなります。
いろいろな本を読んでもらい、試行錯誤を積み重ねながら、取捨選択し、自力
でレベルをあげていくものです。
お母さんのお気に入りの本ばかり選んで読んであげても、内容をよく理解でき
なければ、読んでもらっている本人は、つらい思いをするだけで、結果的には
本の嫌いな子になりかねません。

ゆっくりと時間をかけ、お子さんの期待に応えてあげることが、レベルアップ
につながるのです。早生まれのお子さんの場合は、4月2日と翌年の4月1日
では、1年の差があるのですから、そのことを忘れずに無理をしないことです。
他のお子さんと比べて評価するのは、賢いお母さんのすることではないと思い
ます」

なお、CD版 『さわやかお受験のススメ 小学校受験 Q&A編(100問)』
は、目下、好評、発売中です。
(次回は、「入試問題の出題範囲」についてお話しましょう)

 

さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>志望理由のまとめ方(1)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
   「2017さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>」
            第39
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
志望理由のまとめ方(1)
 
面接の狙い
「試験の始まる前に、親の私でさえ恥ずかしくなるほど大声で泣いてしまい、
何とか泣き止み、テストに参加できましたが、これではダメだとあきらめてい
たのです。ところが、合格の通知が届いたのです、合格の。うれしかったです
ね」
 
「どうして不合格になったのかわかりませんの。テストも全部できたといって
いました。面接で先生方に尋ねられたことも、きちんと答えたのですよ。控室
では静かにしていましたし、騒ぐ子や泣く子もいたというのに……。どんな子
が合格したというのかしら、まったく」
 
こういった話を、よく聞くものです。
合格したお母さんの話からは、笑い声が聞こえてきそうですが、不合格であっ
たお母さんの話からは、入園テストに対する不信感が、にじみ出ているようで
す。
しかし、二人のお母さんの話から、「入園テストは、いかなるものであるか」
を知ることができるのです。
「テストの前に泣き出し、結果も芳しくなかったと思われるお子さん」と「完
全にできたお子さん」では、テストと名がつくからには、どう考えても結果の
良かったお子さんの方が、合格するはずです。
ところが、逆の結果になってしまったのです。
なぜでしょうか。
 
それは、面接の評価が加味されたからなのです。
合格されたお子さんのご両親は、おそらく、園の保育の方針をよく理解され、
志望理由が適切であり、ご家庭の育児の姿勢も園の目指す方針と共通点があっ
たに違いありません。
こういったご両親に育てられた子であれば、入園後の生活に、何ら支障がない
であろうと、好ましい印象を与えたからです。
逆に、不合格になったお子さんは、幼稚園側が望む「子どもらしい子ども」で
はなく、いわゆる作り上げられた子という、不自然な印象を与えたのではない
でしょうか。
また、面接においても、ご家庭の育児の姿勢や環境が、幼稚園側に違和感を与
えたのではないかと思われます。
では、面接で、好ましい印象をあたえる応対とは、どういったことなのでしょ
うか。
 
何と言っても、ご家庭の育児と幼稚園の保育の方針が一致していることです。
有名小学校の附属幼稚園には、ミッション系が多いのですが、信者でなくても
入園できるからといって、キリスト教に関して無関心であると、どういうこと
になるでしょうか。
 
例えば、青山学院幼稚園の保育理念は、
「青山学院教育方針に基づき、豊かな自然の中で、いろいろな人と共に生活す
ることにより、神さまの恵みと守りを感じ、祈りと感謝と喜びの生活が、実現
できる保育を目指すものです」
となっているのですが、これに対して、
「どういったお子さんに育てたいとお考えでしょうか」
と質問をされた時、保育の方針から外れた答え方をするようでは、ご両親の見
識を疑われても仕方がないでしょう。
ましてや、聖書について尋ねられ、戸惑うようでは、合格など考えられないこ
とです。
 
園での宗教教育は、年齢にふさわしい方法で行われます。
それに無関心であっては、困るのはお子さんです。
園での生活は、当然のことながら、祈りから始まり、祈りで終わります。
家での食事の時にも、お子さんはお祈りを捧げます。
その時にご両親が、お祈りをしないとどうなるでしょうか。
お子さんは、戸惑うだけです。
幼稚園側がいう「ご家庭の保育の姿勢と、私どもの保育の方針に矛盾はありま
せんか」の意味は、こういったことなので、決して難しいことを要求している
のではありません。
ミッション系の幼稚園を受験される場合、まず宗教についてどのように考えて
いるかをまとめることが大切です。
 
次に併設校が、どういった教育環境、体制になっているかということです。
別学か共学か、高校までか大学までか、この2点です。
白百合学園幼稚園、田園調布雙葉小学校附属幼稚園は、幼稚園から女の子しか
いません。
模擬面接で、白百合学園幼稚園を受験されるお父さんに、
「入園されると、大学まで女子だけの環境で学ぶことになりますが、それにつ
いて心配はありませんか」
と質問をしたところ、
「私は共学を望んでいるのですが、家内が女子校へ行かせたいといっているも
のですから」
といった答えがありました。
模擬面接でしたから、愚痴をもらしたのでしょうが、本番でこれでは、「共学
の幼稚園へどうぞ」となるだけでしょう。
こういった基本的なことをしっかりと把握していなければ、受験以前の問題で、
合格などとても考えられません。
 
また、雙葉幼稚園に入ると、本人の努力次第とはいえ、怠けない限り高校まで
一貫した教育を受けることになりますが、大学はありません。
雙葉が大学を設置しないのは、「雙葉学園で12年間学んできたことを、他の
大学へ行って磨いてきなさい」という方針があるからです。
「大学で友達になった方が雙葉の出身で、その人柄の良さにいつも教えられる
ことばかりでした。娘を授かったら、ぜひとも雙葉で学ばせたい」とおっしゃ
るお母さん方がいますが、これが学園のいう「他校へ行って磨いてきなさい」
の意味なのです。
 
暁星幼稚園を選ぶ場合、「大学受験、いいじゃないですか。社会へ出る前に自
分の力量を知ることも大切だと考えています」とおっしゃるお父さんが多いも
のです。
大学のない幼稚園、大学のある幼稚園を選ぶ理由は何か、このことについても
しっかりと話し合うべきです。
 
次に、質問内容から何を見ているかについて簡単に触れておきましょう。
「朝食は、いつもお子さんと一緒ですか」
「休日はどのようにお過ごしですか」
「お子さんの性格をお話しください」
朝食の様子から家庭環境が、休日の過ごし方から子どもとの関わり方が、子ど
もの性格から育児の姿勢などについて、お父さん方の考えがわかるものです。
 
「なぜ、入園を望まれるのですか」
「どんな時に叱りますか」
「どのような子に育ってほしいですか」
志望理由から教育への関心、叱り方からしつけの様子、最後の質問からは、育
児の姿勢などについて、お母さん方の考えがわかるものです。
 
特に、「しつけ」や「育児」に関しては、入園テストを意識しすぎて、発達段
階にそぐわない、無理なことを要求しているようなことはないでしょうか。
衣服の着脱、スプーンから箸での食事、排せつ、清潔感などの基本的な生活習
慣、礼儀作法など、お子さんの発育にそった温かい愛情のこもったものになっ
ていることが大切です。
発育段階を無視した先取りの育児は、「百害あって一利なし」といわれており、
年齢にふさわしくない知育偏重型の英才教育と同様、とかく弊害を伴いがちで
す。
 
ご両親でよく話し合い、お子さんの成長に合った育児を、確信を持って行う、
これが大切なのです。
しっかりとした考えを持つご両親、ゆたかな愛情で育てられたお子さん、短い
面接時間とはいえ、こういったことが明らかになるものです。
 
志望理由、幼稚園に期待すること、育児に関する質問の狙いは、育児と保育の
方針が一致しているか、同じ方向を目指しているかどうかを知ることにあるの
ですから、ご両親で十分に話し合い、それにふさわしい幼稚園を選ぶことが大
切です。
 
前回もお話しましたが、「入園の判定基準は、お子さんの発育状態2割、ご両
親の面接8割」であるともいわれています。
ご両親の考え方、それが育児の姿勢ですから、志望される幼稚園の保育の方針
と違和感がないこと、そして、これからお子さんが進んでいく併設校はどのよ
うになっているかを知ることが、合格のポイントなのです。
 
やっと梅雨も明け、暑い毎日が続きます。
夏休みの講習会、お子さんは楽しく通っていますか。お母さん方も大変ですが、
頑張りましょう。
 
(次回は、「志望理由のまとめ方」(2)についてお話いましょう)

さわやかお受験のススメ<保護者編>第10章 終戦記念日、このことです 葉月(4)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
     2017さわやかお受験のススメ<保護者編>
         ~紀元じぃの子育て春秋~
     「情操教育歳時記 日本の年中行事と昔話」
       豊かな心を培う賢い子どもの育て方
           -第39号-
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

	
 
第10章 終戦記念日、このことです   葉 月(4)
 
間もなく終戦記念日。小さな子ども達には難しい話ですから、今回は、戦争に
ついて、ご両親はどう考えているか話し合ってみましょう。
 
私見ですが、憲法学者が「自衛隊そのものが憲法違反」だといい、「憲法9条
改定についてはその必要なし」という。「自衛隊は憲法違反だが、9条は改定
しなくてよい」となれば、一体どうやって国を守ればいいのでしょうか。「攻
撃する能力があっても仕掛けないのが最大の防御」、これが世界大戦にならな
い抑止力となっていると考えますが、皆さんは、いかがでしょうか。中国と北
朝鮮の軍事力に脅威を覚えない人はいないと思います。仲裁裁判所の判決を
「紙くず同然」と切り捨てる中国の傲慢な態度を見ると、「備えあれば憂いな
し」、我が子や孫のためにも、どういった政策がいいのか、私たち親は、真剣
に考えるべきではないでしょうか。観念論だけでは、日本を守ることなど不可
能です。もっとも、日本など中国の属国になればというのなら話は別ですが……。
チベット、新疆ウイグル問題を知らないはずはないのに、自由の有り難さを噛
みしめる必要はないのでしょうか。百田茂樹氏の「カエルの楽園」、寓話的な
「警世の書」であればいいのですが。「憲法9条さえ守っていれば日本は平和
である。たとえ滅んでも平和である」、滅んだ民族に平和があっても、何の価
値もないだろうに。最後は、ぞっとしましたね。
 
【八月に読んであげたい本】
昭和20年3月10日、東京大空襲。たった一晩で、10万人もの尊い命が失
われました。もし、親父の転勤がなければ、この日で私の人生は終わっていた
かも知れません。東京の下町、日暮里に住んでいたからです。戦後、訪ねた親
父の話では、一面焼け野原で、知人は誰もいなかったそうです。
「東京大空襲ものがたり」、年長さんでも理解できるのではないでしょうか。当
時の世相や風習もわかりやすく解説されています。作者は早乙女勝元氏で、既
刊の「東京大空襲」は読みましたが、こういった映画があり、子どもたちにも読
める本があるとは知りませんでした。(怠慢!)ダイジェストにするのはおこ
がましいと思い、本文を少し紹介することにしました。
 
今井正監督の「戦争と平和」。
主演は20歳になったばかりの愛らしい工藤夕貴。空襲のシーンは、思わず息
をのむ凄さです。主人公の電柱を巡って、次々に起こる悲しいできごと。私は
作者であることを忘れて涙が止まりませんでした。なお、映画の原作分「戦争
と平和」は講談社から刊行されましたが、私はこの電柱のことを子ども達に伝
えようと、同じ題材で書いたのが、この「東京大空襲ものがたり」となったの
です。
 
「電柱だけが知っている炎の夜のこと。
ゆかりと進一の家の近くに、真っ黒こげの電柱があります。
これは、咲子おばさんにとっては、たった一つだけの、大事な目印なのです。
東京大空襲の炎の夜に、おばさんは、赤ちゃんの螢子ちゃんと、ここではぐれ
てしまったのです。
二人は父さんから、その話を聞かされ……」
 
これが物語の始まりで、真っ黒こげの電柱の叫び声で終わります。
 
亡くなった人は、何も語ることができませんが、どれだけたくさんの、つらく
悲しいできごとがあったことでしょうか。焼け残りの電柱は、今も東京下町の、
あの町角に立っています。北風の吹く寒い日も、夏のカンカン照りの日も、電
柱は亡くなった人たちに変わって、「炎の夜」のできごとを、私に、そしてみ
んなに語り続けているように思われます。
でも、その声は聞こえません。ですから、ゆかりと進一は、電柱にかわって、
こう呼びかけるのです。
 
    誰もが、平和を守るための努力を、
    そのための、小さな勇気を、
    わすれてはいけない、と。
     花房ゆかり 眞一
(東京大空襲ものがたり  早乙女勝元 著 有原誠治 絵  金の星社 刊)
 
絵は、アニメの好きな方にはすぐわかる有原誠治氏。辛い体験をされた多くの
方々は、すでに冥界へ旅立たれたのではないでしょうか。こういった現実があ
ったことを、しっかりと子どもに伝えることも、親の仕事ではないかと思いま
す。久しぶりに図書館に出かけ読んだのですが、「楽をするなよ!」と叱りつ
けられた気がしました。長女が小学生の頃、涙を流しながら読んでいた「ガラ
スのうさぎ」にも出会いました。(反省)
 
長崎のピカ
昭和20年の8月6日に、広島に原子爆弾が落とされたの。
一発で広島中が燃え、何10万の人が死んだの。
3日後の8月9日、今度は長崎に落ちて、私の家族8人は一人ずつ順々に死ん
でいったの。
最初に死んだのは、おばあちゃん。外出中に被爆し、真っ黒になり、はらわた
を出して死んだの。次の日に、父さんと母さん、兄ちゃんと死んでいったけれ
ど、上の妹、ゆみ子は、ずうっと見ていたの。次の日の明け方、きれいな船に、
父さんと母さんと、おばあちゃんと兄ちゃんが笑って、おいで、おいでしてい
ると、かぼそい声で言うの。「船に乗ったらだめ!」と叫んだけれど、「みん
なで迎えに来たよ」と言って亡くなったの。顔はボールのようにはれあがり、
歯ぐきはまっ黒にただれ、紫色の斑点が身体中に出て、口も動かないの。でも、
そう言って死んだの。気がついたら、弟も死んでいたの。下の末っ子の妹、す
ず子は、防空壕で体を寄せ合っていたら、冷たくなっていくので、マッチをつ
けてみたら、もう死んでいたの。その身体を、一晩中だいて寝ていたの。冷た
くて、皮がべろべろとはげるの。
次の日、お隣のおじさんがきて、一人ずつ焼いたの。
私は、12歳でした。
       夏休みのはなし
 「海ぼうず」 松谷みよ子/吉沢 和夫 監修 日本民話の会・編
  国土社 刊
 
12歳の無残な夏、平和な時代に生かされていることに、ただ感謝するだけで
す。
私は広島に原子爆弾が落とされた時、岡山の県境にある忠臣蔵で名高い播州赤
穂、兵庫県赤穂町に住んでいました。真っ青に晴れ渡った暑い朝でした。突然、
空が濃霧のようなものに覆われ、真夏の太陽が肉眼で見えるほどになったので
す。これが、あの悪名高きキノコ雲が流れてきたのだとは知りませんでした。
「新型爆弾が落とされたらしい!」と、大人達が声をひそめて、ささやきあっ
ていたことを覚えています。
5歳の夏でした。 
 
8月6日は広島原爆忌。
慰霊碑に「過ちは繰り返しませぬから」と刻みながら、原発を受け入れ、想定
外の事故とはいえ、過ちを繰り返してしまいました。しかし、もう草木も生え
ないだろうといわれた廃墟の中から、広島も、長崎も、復興しました。快適な
文化生活を望み、その結果として原発は作られたことも、自分達の住む町にな
いことに胸をなでおろし、後ろめたい気持ちで、私達は承知していたのではな
いでしょうか。ですから、日本列島に50基もの原発が設置されたわけです。
東電や福島県民や設置された地域の皆さん方だけが苦労するだけではなく、国
民全員が、不便な生活へ戻ることを覚悟し、真摯な気持ちで「電力について」
考えるべきではないでしょうか。「原発反対」だけでは代替エネルギーは手に
入りません。この猛暑、クーラーなしの生活、考えただけでもぞっとしません
か。「のど元過ぎれば熱さを忘れる」、情けない話ですが、人間、本当に弱い
ですね。性根を据えて考えるべきだと思いますが、皆さんはいかがでしょうか。
 
ところで、東京大学法学部出身の現役エリート官僚が書いた「原発ホワイトア
ウト」(若杉 冽 著 講談社 刊)を読み、モンスターシステムを知り、よ
くぞ発表できたものと脱帽しました。
私が学生の頃、週刊誌創設ブームで、トップ屋、事件記者として活躍し、その
後「黒の試走車」「赤いダイア」「汚職ざんまい」など、産業スパイや政財界
を舞台に、城山三郎と共に一世を風靡した作家、梶山季之が、企業の暗部や闇
社会を暴露しましたが、ある週刊誌のインタビューで、「こういったことを書
いてぃると命を狙われるのでは」と問われ、「事実を書いている内は殺されま
せん」と答えていたことを思い出しました。
「大統領の殺し屋」(光文社文庫 刊)を再読しましたが、イケルヴィッチ、
シロカネスキーと池田隼人や黒金泰美がモデルとわかる人物が出てくる、自民
党総裁選挙に絡む汚職の実態を暴いたもので、最後の2行に「この作品は、す
べて架空の物語です。しかし、もし事実の部分があるとしたら、筆者が何らか
の形で報復されるでしょう」と挑戦状を叩きつけた好漢。45歳の若さで香港
にて客死。報復されたのではとの疑念が消えないまま、旺盛なサービス精神が
災いし、寿命を縮めた逸材でした。
その後、森村誠一、清水一行、広瀬二紀、三好徹、高杉良など社会派が活躍し、
氏の精神は受け継がれていることがわかります。大好きな作家の1人で、本棚
にはかなりくたびれた文庫本が22冊、大きな顔をして残っています。困った
ことに、同じ棚には友人であった山口瞳の「けっぱり先生」(モデルは桐朋学
園の名物先生、生江義男)など20冊があり、いずれも読み始めると止まらず、
仕事に差しさわりが出て困っています(笑)。
 
元に戻して、読み応えがあるので粗筋は省きますが、原発の安全を脅かすのは、
地震や津波などの自然災害だけではなく、もっと簡単に福島以上の災害をもた
らすことが明らかにされています。送電する鉄塔を利用することなのですが……。
「熱しやすく冷めやすい」私達に、「原発問題は、これでいいのか」と問いか
ける警鐘ではないでしょうか。舞台は新潟、柏崎刈羽原発、山本議員らしき人
も出てきます。
 
◆ホタルになった兵隊さん◆   堀田 貴美 著
前の戦争のとき、九州南端の知覧に陸軍の飛行場があり、戦争末期、そこは特
攻基地でした。
特攻機は人間爆弾で、搭乗員は、二十歳前後の若者達だったのです。基地の近
くに、おばさんと二人の娘が手伝う富屋食堂があり、隊員達に親しまれていま
した。その中に、出撃後に飛行機が故障して、帰ってきた宮川三郎軍曹がいま
した。再び、出撃しましたが、二度とも機械が故障し、引き返したのです。整
備隊長に、いい飛行機をくださいと訴えました。仲間が戦死し生き残るのは辛
かったのでしょう。同じ頃、やはり、一人生き残った滝本軍曹が配属され、宮
川さんと知り合い、富屋に一緒に顔を見せるようになりました。
昭和20年6月5日の夕方、二人は、明日出撃するため、富屋へ別れにきたの
です。
娘たちは、出撃の鉢巻きを贈り、話もつきません。帰りがけに宮川さんが娘達
に、「明日の晩9時に、ホタルが2匹入ってくるから、中に入れてやってね」
と言いました。
翌日は天気が悪く、富屋の人達は、案じていましたが、夜8時頃、滝本さんが
現われ宮川さんは行ったという。2機並んで飛び立ったが、雨雲にさえぎられ、
帰ろうと合図しました。宮川さんは、「お前は引き返せ」と、別れの合図をし、
雨雲の中へ飛び去ったのです。娘達は、宮川さんの気持ちが、痛いように伝わ
ってきました。
その時、一匹のホタルが天上にとまり、時計を見ると、9時でした。宮川さん
が言った時刻と何秒も違いません。店にいた隊員もよってきて、滝本さん達は、
ホタルを見ながら、宮川さんの思い出を話しました。ホタルは、話を聞いてい
るようでした。
「宮川さん、やっぱり帰ってきたんじゃねえ。」
おばさんは、ぽつんと言いました。
   日本むかしばなし 23
 ジェット機とゆうれい 日本民話の会 金沢 祐光 絵  ポプラ社 刊 
 
最後の、おばさんのつぶやきが、悲しく、むなしい。多くの人達の犠牲でつか
んだ平和を、私達は、無駄遣い、浪費していないでしょうか。特攻に関しては
11月にお話します。
 
4月に紹介した「同期の桜」の4番です。
 
    貴様と俺とは同期の桜  離れ離れに散ろうとも
    花の都の靖国神社    花の梢に咲いて会おう
 
戦場で命を落とすのは、多くは前途のある若者達です。終戦記念日には、毎年
のように親父に連れられ靖国神社へお参りしたもので、「今の平和は、ここに
眠る人々の愛国心から築かれたものだ。忘れるなよ、紀元!」、これが口癖で
した。60年安保闘争に参加した時、「日本の平和は憲法9条で守られている
わけではない。安保条約で守られていることがわからんのか! 反対なら、日
本人をやめて、とっととソ連へ移住しろ!」と怒鳴られたものでした。明治生
まれのお父さん方は、信念がありましたね。平和ボケ、親父が生きていたら嘆
くだろうな。しかし、段々と考えや言うことが、親父に似てきたようで、泉下
で苦笑しているかもしれません。白百合学園小学校は靖国神社のすぐそばにあ
りますが、学校説明会へ参加した帰りには参拝し、境内に併設された同社の祭
神ゆかりの資料を集めた遊就館に出かけ、元気を頂いています。
 
盛夏、真夏に怪談話を一席。
むかし話にも怪談はありますが、現代っ子は、昆虫を殺しても、「電池、取り
替えてよ、お母さん!」というそうですから、こんな話、恐がらないでしょう。
 
◆あめかいゆうれい◆   中本 勝則 著
ある夏の暑い晩のこと。
あめ屋のじいさんのところへ、青ざめた顔をした一人の女が、あめを買いにき
たのです。
それからというもの、決まったように、夜遅く、あめを買いに来ます。七日目
の晩のことでした。
「あめをください」と差し出した手に、銭はありません。いつもより、青ざめ
た顔は、悲しそうに見えるのです。じいさんは、何もいわずに、あめをあげま
した。
「どこの人だろう」と後をつけると、不思議なことに、山寺の山門まで来ると
姿を消したのです。
すると、寺の中から、赤子の泣き声が聞こえるのでした。驚いたじいさんは、
和尚さんに訳を話すと、まだ新しい墓にじいさんを連れていったのです。先日、
赤子を身ごもったまま女の人が亡くなり、それがこの墓だというのです。掘り
出してみると、棺桶の中で、玉のような男の子が、母の胸にしがみつき、見れ
ば男の子は、あめをにぎっているではありませんか。じいさんが売ったあめで
した。
昔、死んだ人には、一文銭を六枚、手に握らせ墓に埋めたそうです。死んだら
渡る「三途の川」の渡し賃でした。しかし、母親の手の中には、六文銭はなか
ったのです。
和尚さんは、泣いている男の子を抱き上げて、「母さまは、わしが供えた銭で、 
毎晩、お前のために、あめを買いに行ったのだ」と言って、静かに念仏を唱え
たのでした。
   海ぼうず  松谷 みよ子/吉沢 和夫 監修
        日本民話の会・編  国土社 刊 
 
妖怪やお化けの話は、たくさんあります。幼児用に、怖くない話が多いですか
ら、お子さんが興味を持ったときは読んであげましょう。無理なく、勧善懲悪
を教えるように構成されているからです。
 
戦争の話はこれまでにして、全くの余談になりますが、昨年の大河ドラマ「花
燃ゆ」は、せっかちな私にはまどろっこしいテンポにイライラし、高杉晋作を
扱った本を読み直してみました。その中の一冊、幕末、官軍につくか幕府に従
うか、迷う長岡藩家老、河井継之助を描いた「峠 (上下)」(司馬遼太郎 
著 新潮社 刊)には、晋作は“ただ者”ではなかったことが書かれたおり、
イライラの源は、この本であったと納得しましたが、読書とは有り難いもので、
今回、読み落としていた3つのことに気づきました。
 
第1に、下巻の50~100頁には、福澤諭吉の西洋の自由と権利に基づく
「独立自尊」の精神が発酵する過程も描かれていたことです。付箋がたくさん
貼ってあるのですが、このところは1枚もなし。30歳後半で、まだ幼児教育
に手を染めていないからでした。
 
第2は、官軍に囲まれ長岡で、戦いを挑む時に、継之助は土民を奮起させるた
めに、文章を書いて配ったのですが、読む相手を考え、漢文や候文(そうろう
ぶん)ではなく、話し言葉で書いてあることでした。いわゆる言文一致体、山
田美妙から始まったと思っていたのですが、何と、先輩がいました。
 
第3は、諭吉が酒好きであることでしたね。
母親が幼童の福澤の月代(さかやき)を剃るとき、痛さに我慢できなくなり泣
くと、母親は、「あとで酒をたべさせるから」となだめて剃ったとか。こうい
った話に出会うと、うれしくなりますね。「酒をたべさせる」は誤植ではあり
ません。酒粕ではないでしょうか。私も幼少のみぎり、少し食べて頬を染め、
ボーッとなった記憶があるからです。この幼児体験が酒好きになったとは、単
なる言い訳です。以上、全くの余談ですが、長く引っ張ってきたのは、福澤諭
吉が酒好きであったことをいいたかったのです(笑)。
 
(次回は、「お月見です」についてお話しましょう」
 

<<前のページへ12

« 2016年7月 | メインページ | アーカイブ | 2016年9月 »

このページのトップへ