めぇでる小学部

  • ことばの学校
出版物・問題集のご案内 よくある質問 めぇでる教育研究所 ワクわくアトリエ メールマガジン お受験情報・リンク

HOME > めぇでるコラム > 2018保護者 > さわやかお受験のススメ<保護者編>第12章 日本の神様でしょう 神無月(2)

めぇでるコラム

< さわやかお受験のススメ<現年中児 今から始める小学校受験>養ってほしい数感覚 2  |  一覧へ戻る  |  さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>志望理由のまとめ方(2) >

さわやかお受験のススメ<保護者編>第12章 日本の神様でしょう 神無月(2)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
     2018さわやかお受験のススメ<保護者編>
         ~紀元じぃの子育て春秋~
     「情操教育歳時記 日本の年中行事と昔話」
       豊かな心を培う賢い子どもの育て方
           -第45号-
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
第12章  神無月、風流です(2) 

それにしても、わからないことがありました、子ども心にも。
私の家の中には、仏壇と神棚がありました。仏壇にはご先祖の位牌が、神
棚には天照大神のお札が鎮座ましまして、庭には氏神さまを祭った小さな
祠があり、父が、毎朝、この三つに、お水をあげて、お参りするのです。
それが終わらないと食事は始まりません。仏さまと神さまが同居している
のです、不思議でした。まだ、本地垂迹説など知りませんでしたから。

でも、不思議でも何でもないのでしょうね。
生まれた時には、神社へお参りして神さまに報告し、結婚式では、キリス
トに永遠に愛し
合うことを誓い、死して後は、阿弥陀さまのもとでやすらぎを願うことに、
何ら不都合を感じないのが、日本人の信仰心ですから。
キリスト教やイスラム教のように、唯一つの神を信仰する一神教は、やた
らにもめたりしていますが、いろいろな教えや真情などの、よいところを
少しずついただきながら、自前の信仰心を作り出し、お互いに仲良くやっ
ていきましょうというのですから、合理的なのかもしれませんね。
世界の四大聖人の教え、キリスト教の愛、イスラム教の施し、仏教の慈悲、
儒教の仁(相手を思いやる心)を理解しているのも、もしかすると、日本
人だけではないでしょうか。
資源の乏しいわが民族が、経済大国に発展したのと同じで、独特の知恵だ
と思います。日本は文化の吹き溜まりといわれていますが、選択の自由は
あるわけで、ただ、ひたすら迎合しているわけではありません。

しかし、これだけはいえると思います。
木がうっそうと茂る伊勢神宮の参道を、玉砂利を踏みしめながら歩くとき
や、出雲大社の古色蒼然とした社を参拝するときの、何とも表現のしよう
のない気持ち、荘厳とか厳粛などの言葉では表せない心情、これは、一体、
何なのでしょうか。その気持ちを見事に表現したものがあります。「樅の
木は残った」「長い坂」「さぶ」「柳橋物語」(何回読んでも同じところで
涙が出る困った作品)などの作者、山本周五郎の作品にあるのですが、こ
れを見つけたときは、さすがと感激しました。

 「長者の万燈より貧者の一燈という、これは寄進の要求だろう、四万六
千日とか彼岸とかの類は参詣の約束だ、……我われの神社にはこういう要
求や約束はない、西行の作だと伝えられる歌に、なにごとのおはしますか
は知らねどもかたじけなさに涙こぼるるとある、なんの約束もなくして無
念無想に低頭できる神社の存在、……宗教としてこれほど純粋なものが他
にあるかね」 
[山本周五郎小説全集 37「新潮記」(193頁)山本周五郎 著 新潮社 刊]

またしても西行ですが、宗教として云々は、ともかくとして、「なにごと
の おはしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる」これで
はないでしょうか。私の勝手な思い込みかも知れませんが……。また、松
尾芭蕉は、伊勢神宮に参拝した折り、「何の木の花とはしらず匂哉(にほ
ひかな)」と詠んでいますが、和歌と俳句の違いというのでしょうか、和
歌は心情を詠いあげていますが、俳句はぐっと抑え込み読む者に任せる、
といった感じがしますね。素人のたわごとですが、以前に紹介しました五
木寛之氏の「短歌はリズム、和歌はメロディー」を思い出します。
「知らねども」「とはしらず」、いい言葉ですね。これが日本の神さまの
姿ではないでしょうか。

余談になりますが、私は山周こと、山本周五郎、大好き人間です。何かの
随筆で、「周五郎の嫌いな作家は川端康成」を読んだのですが、出典名を思
い出せず紹介を控えていました。不思議なもので、置き場所のなくなった
本を整理しようと読み返していたところ、見つかったのです。周五郎が家
を借りに行ったところ、大家から「作家には貸せない」と断られ、その理由
を聞くと、「半年の家賃を踏み倒し、引越料をふんだくられたからだ」と
いう。「誰ですか、その作家は?」と尋ねたところ、「川端康成」だった
そうで。「これは許せない!」と激怒。信じがたい話で、そういう時もあ
ったといえばそれまでですが、「家を建てた大家の苦労を考えれば許せな
い!」と怒る周五郎の頑(かたく)なな潔癖さがたまらなく好きなのです。
([混沌の時代を生き抜く帝王学ノート P171~173より要約
 伊藤肇 著 PHP文庫刊)

話を戻しまして、松江の中学の英語の教師であったラフカディオ・ハーン、
小泉八雲は、西洋人として初めて出雲大社の昇殿参拝を許されたのですが、
その感動をこう述べています。

 仏教には百巻に及ぶ教理と、深遠な哲学と、海のような広大な文学があ
る。神道には哲学はない。体系的な倫理も、抽象的な教理もない。しかし、
まさしく「ない」ことによって、西洋の宗教思想の侵略に対抗できた、東
洋のいかなる信仰もなし得なかったことである。
(神々の国の首都 小泉八雲 著 平川 裕弘 編
              講談社学術文庫刊)

寺院に仏像はありますが、神社にはありません。ご神体は、なぜか、1枚
の鏡です。にもかかわらず、神社には、「かたじけなさ」に頭を下げざる
を得ないものが、確かにあります。「己の姿を映し、襟を正す」、これが日
本人の信仰の源ではないでしょうか。

「無念無想に低頭できる」とありますが、正式な作法は、「二拝二拍手一
拝」で、二度おじぎをし、ポンポンと二度手を打ち、最後にもう一度おじ
ぎをします。
出雲大社では4度打ち、伊勢神宮では、何と八開手(やひらで)といって
八度打ちますが、参拝した時に伺ったところ、これは神職の方がなさるこ
とで、一般の方は「二拝二拍手一拝」でいいそうです。これは、神さまと
ご対面させていただくための儀式でしょうが、柏手を打つのは、日本だけ
だといわれています。

また、神社の参道には玉砂利が敷かれていますが、昔は、川で体を清めて
から参拝した名残で、玉砂利は川を表しているそうです。その参道も、真
ん中を「正中(せいちゅう)」といい神さまの通り道で、人間は左右の端
を歩くのが正しいとされているそうです。明治神宮へ参拝した折り、「真
中は明治天皇さまがお歩きになるので、わしらは端を歩くんだ」といって、
端っこに寄せられた記憶があります。「天皇さまは神さま?」と聞きたい
ところでしたが、なにしろ親父にとって昭和天皇(昭和30年代でしたか
ら正しくは今上天皇)は、現人神(あらひとがみ)でしたから、おっかな
くて黙って歩いていました(笑)。

まったくの蛇足ですが、「私は無信仰です」などと平気で言う方がいます
が、これは外人と話すときには注意が必要です。無信仰とは、「私は平気
で人を殺せます」というのと同じだそうです。

★★酉の市★★
「酉の市、11月ではありませんか?」と言われそうですが、何でもありの
歳時記です。
酉の市は、何と日本誕生と深い関係があるのです。日本誕生となると、ど
うしても神話の世界に入っていかなければなりません。戦後、神話のすべ
ては作り事と否定され、神代に関する「おとぎ話」さえ、子ども達の周り
から消えてしまいました。ここで紹介する神話は、古事記(講談社学術文
庫刊)から要約したもので、神話の真偽はともかくとして、「おとぎ話」
としてお読みください。勿論、私たちの年代、1940年生まれのものに
は、懐かしい話ばかりです。僭越な話ですが、神さま方のお名前は読みや
すくするためにカタカナで表記しました。

◆イザナギノミコトとイザナミノミコト◆
イザナギノミコトとイザナミノミコトは、神様から授かった天沼矛(アマ
ノヌボコ)を、雲の上の天の浮き橋からさし降ろし、海の水をかきまぜ引
き上げました。すると、矛先から落ちた海水が固まってオノゴロジマがで
き、島に下りた二人が結婚し、大小八つの島、大八洲国(おおやしまのく
に)を生み、日本列島が出来たのです。そして、岩や土、砂、風、海、川、
水、山、船、穀物の神さまを生みますが、最後に火の神さまを生んだのが
原因で、イザナミノミコトは亡くなります。

◆黄泉(よみ)の国の話◆
イザナギは黄泉の国を訪ね、国造りは終わっていないので現生に戻ってく
れとイザナミに頼みます。ところが、イザナミの体にうじがわき、8匹の
鬼が生まれるのを見て逃げ出したのです。姿を見られたイザナミは、恥を
かかせたと怒り、黄泉の国の醜女(しこめ)に後を追わせます。最後に、
イザナミ自身が追いかけてきて、黄泉の国とこの世を結ぶ岩をはさみ、夫
婦別離の宣言をします。イザナミは「いとしいわが君が、こんなことをす
るなら、あなたの国の人々を一日千人絞め殺しましょう」といい、「あな
たがそうするなら、私は一日に千五百の産屋を建てよう」とイザナギはい
い、この時から地上では一日千人の人が死に、千五百人が生まれることに
なったのでした。

醜女をやっつけるために桃を3個投げたと書かれていますが、桃太郎で紹
介したように、桃は神話の世界でも、何やら神秘的な果物なんですね。ま
た、ギリシャ神話にもそっくりな話があります。黄泉の国から脱出する際
に、「振り向かないで!」という約束を破り、振り向いたためにご破算に
なる結末も同じです。

◆アマテラスオオミカミ◆
黄泉の国から逃げてきたイザナギは、身を清めるために体を洗い、いろい
ろな神様を生んだのちに、左目を洗うと高天原(たかまがはら)を治める
アマテラスオオミカミが、右目を洗うと夜の国を治めるツクヨミノミコト、
鼻を洗うと海原を治めるスサノウノミコトが生まれたのです。アマテラス
オオミカミ、ツクヨミノミコト、スサノウノミコトは、禊(みそぎ)から
誕生しました。

◆天の岩戸の伝説◆
スサノウは、海原を治める仕事をせず、母のイザナミのいる黄泉の国へ行
きたいと、泣きわめいては乱暴を働くので、イザナミはひどく怒り追放し
ます。アマテラスオオミカミに話してから、根の国へ行くことになったの
ですが、スサノウはここでも乱暴なふるまいをし、皮をはいだ馬の死骸を
機織り小屋へ投げ込み、機織り娘にけがをさせ死んでしまいます。怒った
アマテラスは、天の岩屋に閉じこもり、この世は真っ暗闇になり、悪い神
さまが悪事を働き、病気も広がりました。相談をした八百万の神さまは、
岩戸の前でお祭り騒ぎを始めたのです。「私が姿を隠し世の中が暗くなっ
ているのに、何を楽しそうに騒いでいるのだろう」と岩戸を少し開けた時、
力持ちの神さまタジカラオが、岩戸をひきはがし、再び世界は明るくなっ
たのでした。投げ飛ばされた岩は、信濃の戸隠山となったということです。

全くの余談ですが、東宝が1959年に、古事記を題材にし、主演三船敏
郎で制作した「日本誕生」で、アマテラスを演じたのは、伝説的な女優、
原節子でしたが、2015年9月6日、冥界入りしました、享年95歳。
ちなみにYouTubeの予告編で、その美貌を見ることができます。岩戸の前
で踊った神さまは音羽信子でしたが、若い皆さん方は、知らないかもしれ
ませんね。(合掌)

この天の岩戸の前で舞われた時、弦という楽器を演奏した神さまがおられ、
岩戸が開いた時に、その弦の先に鷲(おおとり)が止まったのです。

神さま達は、世の中を明るくする瑞兆、よいしるしを現した鳥だとお喜び
になり、以来、この神さまは、鷲の一字を入れ、鷲大明神、天日鷲命(ア
マノヒワシノミコト)と称されるようになったのです。このアマノヒワシ
ノミコトが、諸国の土地を開き、開運、殖産、商売繁盛に御神徳の高い神
さまとして、当地、浅草にお祀りされたのでした。
後に、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が、東夷征伐の際に社に立ち寄
られ戦勝を祈願し、志を遂げての帰途、社前の松に武具の「熊手」をかけ、
勝ち戦を祝い、お礼参りをされました。その日が11月酉の日であったの
で、この日を鷲神社例祭日と定めたのが酉の祭り、「酉の市」です。この
故事により日本武尊が併せて祀られ、ご神祭の一柱となりました。
  (「鷲神社 後由緒」より)
また、こういう説もあります。

鷲神社は、もともとは、大阪府堺市の大鳥神社が本社で、大鳥の起源は、
日本武尊の魂が白鳥になって、陵(みささぎ 貴人の墓)から飛び立った
という伝説によるものと言われています。[子どもに伝えたい年中行事・
記念日 P98 萌文書林 編集部編 刊]

酉の市は、「お酉さま」の名前で親しまれており、境内では福をかき集め
る縁起物の熊手が、威勢のいい掛け声と共に売られ、冬の到来を告げる風
物詩ともなっています。何事も訳ありですが、酉の市の由緒が、神代の時
代までさかのぼるとは驚きです。日本武尊の武具であった熊手が、開運、
商売繁盛のお守りになったとは知りませんでした。

熊手は、時代と共に形も飾り物も変わり、江戸中期より天保初年頃までは、
柄の長い実用品の熊手に、おかめの面と四手(しめ縄についている細く切
った紙)をつけたものだそうです。その後に、いろいろな縁起物をつけ、
今のようなおかめや宝船、千両箱、大判小判などの紙を張り付け種類も多
くなり、その年の流行を入れた熊手も話題を集めています。
江戸時代の頃は、商人や庶民の信仰の対象となっただけではなく、お武家
さんにも空高く舞い上がる鷲を出世のシンボルとしてあがめられ、大いに
賑わったそうです。

ところで、三の酉まである年は、俗に「火事が多い」と言われていますが、
それはどうやら鶏の赤い鶏冠(とさか)から連想されたものと聞いた記憶
があるのですが、定かではありません。

★ハロウィーン★
最後に、外国のお祭りを紹介しましょう、10月31日に行われるハロウ
ィーンです。
キリスト教の祝日である「万聖節(ばんせいせつ)」の前夜祭で、秋の収
穫を祝い、悪霊を追い出す祭り。
当夜には、日本のお盆と同じで親族の霊が各家に帰ってきますが、一緒に
悪霊もやってきて悪さをするために、町中でたき火をして追い払ったので
した。紀元前からケルト人が行う宗教行事が、ハロウィーンの始まりとい
われているそうです。
アメリカでは、悪霊を追い払うためにカボチャをくり抜いた提灯(ちょう
ちん)、ジャコランタンを飾り、魔女やお化けなどに仮装した子ども達が、
「お菓子をくれないと悪戯をするぞ!」と近所の家を回る楽しいお祭りに
なっていますが、日本ではどうでしょうか。仮装行列などは、若者や大人
が楽しんでいるようですね、我が家ではやった記憶がありません(笑)。
※ジャコランタンの由来
「昔アイルランドに、ジャックという名のケチなずるい男がいた。あまり
にも狡猾であったため、ジャックは死んでも天国に入れてもらえず、仕方
なく地獄へ向かったが、悪魔に追われて追い返されてしまった。ジャック
は悪魔がくれた炭火を、くりぬいたカブに入れ、夜道を照らして歩いた。
今でもジャックはそのランタンをもって、あの世とこの世の間をさまよい
歩いている」という言い伝えが、ジャコランタンの始まりだそうです。今
ではカブの代わりにカボチャを使うようになり、ジャコランタンはハロウ
ィーンのシンボルになりました。
(『和のこころ』 日本の年中行事 :So-net ブログより) 
 
当初はカブだったんですね。
トルストイの作品に出てくるような「大きなカブ」でなければ、提灯は無
理ですね(笑)。

今年は横着な台風が、長々と日本列島に滞在し、東北方面に大被害をもた
らしました。「日本の神さま、しっかり守ってください!」と言いたくな
りましたが……、速やかな復旧を祈ってやみません。私が教室へ出かける
時、総武線の浅草橋駅、市川駅間に荒川と江戸川が流れる、いわゆる海抜
ゼロメートル地帯を通りますが、頑丈な護岸が目に入り、更に護岸を高め
る工事が行われています。万が一の災害に備える防災対策は、決して手を
抜けないもので、「スーパー堤防は必要ですか」とおっしゃった政治家が
いたと記憶していますが,絶対に必要だと改めて思いましたでね。備えあ
れば憂いなしです。
勝手気ままな集中豪雨、打ち止め止めにしてほしいですね。
(次回は、10月に読んであげたい本についてお話ししましょう)


カテゴリ:

< さわやかお受験のススメ<現年中児 今から始める小学校受験>養ってほしい数感覚 2  |  一覧へ戻る  |  さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>志望理由のまとめ方(2) >

同じカテゴリの記事

さわやかお受験のススメ<保護者編>第13章 七五三でしょうな 霜月(3)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
     2018さわやかお受験のススメ<保護者編>
         ~紀元じぃの子育て春秋~
     「情操教育歳時記 日本の年中行事と昔話」
       豊かな心を培う賢い子どもの育て方
           -第49号-
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
第13章 七五三でしょうな(3)
【11月に読んであげたい本 2 終わりにあたり】
 
学生時代に映画で見た記憶があります。迫真の姥捨ての世界を描いた深沢七郎
の「楢山節考」を、木下惠介がメガホンを取ったもので、捨てられるおばあさん、
おりん役を田中絹代、背負っていく息子は高橋貞二といっても50年ほど前の
話ですから、若い皆さん方には、何のことやらわからないかもしれませんが、
歌舞伎を見ているような導入部が印象に残った、怖い映画でした。映画は恐か
ったのですが、ここでは、殿様を諌める話になっています。
 
      ◆うばすて山◆   吉村 輝夫 著
むかし、ある所に、年を取ったおっかあと息子が暮らしていました。その頃、
年寄は60歳になると山へ捨て、守らないと殺される掟があったのです。おっ
かあが60歳になったとき、山の奥までおぶって行ったのですが、捨てること
は出来ず、山を下り、家の裏に穴を掘って、隠したのです。
ある時、殿様が村の者に、「灰で縄を作ってこい」といってきました。灰は燃え
かすですから、縄などなえません。みんなが困っているのでおっかあに相談す
ると、「わらで縄をきつく縛って、塩水につけてから燃やしてごらん」というの
で、やってみると出来たのです。
すると今度は、「きれいに磨いた丸い棒を出して、どっちが根っこか調べてこい」
というのです。太さも堅さも同じですからわかりません。また、おっかあに相
談すると、「水に入れて、先の沈んだ方が根っこだ」と教わり解決します。
今度は、「玉に糸を通してこい」という。見ると、玉に糸の通る穴があいていま
すが、曲がっているので、糸など通るわけがありません。そこで、おっかあに
聞くと、「小さな蟻を捕まえて糸の先に縛り、穴の口に蜜を塗り、塗っていない
方の穴へ蟻を入れると、蟻は蜜の匂いに誘われ穴の中を進むはずだから、糸を
通せる」というのでした。やってみると、糸は通ったのです。
喜んだ殿様は、「こういった知恵は、どうして生まれたのか」と尋ねます。そこ
で、「60を過ぎたおっかあに教えてもらい、年寄は、何でもよく知っているも
のです」と、震えながら告白したのです。決まりを破っていますから死刑です。
しかし、殿様は感心し、掟を改めたのでした。息子は褒美をもらって家に帰り、
穴蔵からおっかあを出し、仲良く暮らしたのです。
   寺村 輝夫のむかし話
      日本むかしばなし 4 寺村 輝夫・文/ヒサ クニヒコ・絵
                  あかね書房 刊
 
これと、そっくりな話が、チベットにあります。「賢い大臣」です。中国の唐の
時代の話で、皇帝の1人娘をめぐり、7つの国の王子さまが結婚を争うのです
が、その知恵比べとして皇帝から出された問題が、この話に出てくる殿様の難
題と同じでした。灰で縄をなう代わりに、五百頭の親馬と子馬を放ち、それぞ
れ親子に分ける課題になっています。チベットの人は、馬の扱いになれている
からでしょう。その親子の分け方ですが、チベットの賢い大臣は、親馬におい
しい牧草をたっぷりと与え、それから子馬を放します。すると親馬は、子馬に
むかっていななきます。その声を聞いて、子馬は母馬のところへ、一頭も間違
わずに行くのです。後の二題は同じで、見事に解決し、お姫様はチベットへ嫁
ぐ話です。
 
何度もいいますけれど、こういう話に出会うと嬉しくなります。遠くチベット
から陸を旅し、海を渡り、何百年も時を費やし、日本に伝わってくるのですか
ら、これは大変なことです。このように、昔話が長く語り継がれるのは、時代
が変わっても、共感する心に変わりがないからでしょう。
 
この話の馬の親子の様子が目に浮かぶ童謡、「おうま」があります。
(1)おうまのおやこは なかよしこよし いつでもいっしょにポックポック
リあるく
(2)おうまのかあさん やさしいかあさん こうまをみながらポックリポッ
クリあるく
最近、知ったのですが、この歌の作曲者、松島彝(つね)は、国府台女子学院
の校歌の作曲者で、暁星学園、東洋英和女学院は、北原白秋、山田耕筰の大御
所コンビ、日出学園は、西条八十、山田耕筰、聖徳大学附属小学校は、サトウ
ハチローの作詞と、私学の校歌も、有名人の手がけたものがあり、うかつにも
見逃していました(苦笑)。
 
ところで、年寄が増える高齢化社会です。
老後こそ人様に迷惑をかけないで生きたいものです。核家族化が進み、老後の
世話を誰が見てくれるのかと、老人受難の時代と嘆いても、若者からみれば、
これだけ多くなった年寄りの面倒をみるのですから、若者受難の時代だといわ
ざるを得ないでしょう。頼りは親子の絆ですが、これは小さい時に決まるよう
な気がします。過剰な愛情からは、強い絆は生まれないのではないでしょうか。
アルツハイマーになったら、頼りは連れ合いです。何だか寂しい話ですが、現
代版、「姥捨て山」、あちこちで聞かれます。年取ってからの生き方にこそ、充
実感を持ちたいものだと思います。体の健康も大事ですが、心の健康も大切で
す。生きがいは、自分で作るものです。歳月で培われた知恵があるではないで
すかなどと、いきがることもありませんが(笑)。子どもの成長だけを生きがい
にするのは、子どもにとっても迷惑な話です。ましてや、「老後の面倒を子ども
に」と願うのは、年寄りのエゴではないかと考えます。「幼子に自立心を養え」
などと偉そうなことを言ってきましたが、年寄りこそ健康である限り、自立心
を強く持つべきではないでしょうか。ただし、若い皆様方には、「孝行のしたい
時分に親はなし」とならないようにお願いしておきましょう。
 
それはさておき、秋も深まってきました。紅葉狩りも、日本の風物詩に欠かせ
ない絶景の一つでしょう。♪秋の夕日に照る山もみじ♪ 童謡「もみじ」の世
界ですが、もみじという木があるわけではなく、カエデ科の木、ナラ、クヌギ
など赤や黄色に色づく落葉樹をもみじといい、「紅葉狩り」は「梨狩り」「きの
こ狩り」「潮干狩り」などと違い、木の枝や葉を取るのではなく、色づいた木の
葉を見て楽しむものですね。枝を折る不心得者もいますが、やめてほしいです
ね。
 
♪ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 見つけた♪
私の住む川越市の郊外には、こういった秋の気配を楽しめる自然が残っていま
す。一幅の絵になるような、郊外でよく見かける素朴な晩秋の景色です。柿が
たわわに実り、桜の落ち葉からは、ほのかな匂いが漂う、そんな雑木林を散歩
できる幸せを、月並みな表現で恥ずかしい限りですが、噛みしめています。こ
こ数年、やってくるようになった鴨が、間もなく今年も近くを流れる不老川に
戻ってくるでしょう。どういう仕組みになっているのでしょうか、不思議です
ね。今年の春のことでしたが、その鴨親子に石を投げている子ども達がいて叱
りつけましたが、何と女の子でした。愕然としましたね。家庭での教育をしっ
かりとやらねばいけないと思うのは、年寄りの愚痴であればいいのですが。
 
ところで、近所の雑木林を散歩していたら、ポトンと何か落ちてくる音がした
ので探してみると、かなり大きな丸いどんぐりでした。風が吹くたびに、ポト
ン、ポトンと落ちて来るのでびっくりしましたね。その時に思い出したのは、
「どんぐりころころ」の歌でした。私は、「どんぐりころころ どんぐり子」だ
と思っていたのですが、進学教室の歌姫こと、まいちゃんが、「先生違うよ。♪
どんぐりころころ どんぶりこ♪ですよ」といって歌ってくれたことでした。
向田邦子さんもある随筆で、野口雨情の「赤い靴」の歌詞、「異人さんに連れら
れて」を「いい爺さんに連れられて」、土井晩翠の「荒城の月」の「めぐる盃」
を「ねむるさかづき」と覚えていたと読んだことがありますが、誤って覚えて
しまうことは結構あるようですね(笑)。
 
枯葉といえば、私たちの世代では、イブ・モンタン、ジュリエット・グレコの
歌ったシャンソン「枯葉」と、マイルス・デイビスの名演奏を忘れることはで
きません。シャンソンもモダンジャズも、どこかへ消えてしまったようでさみ
しい限りですが、夜中、ひそかにレコード盤へ針を下ろし聴いているファンも
いるのではないでしょうか。私もその一人です。モンタン、グレコの心にしみ
る歌声、デイビスのミュートをきかせたトランペットの音色と小粋なソロ(即興
演奏)も、静かな秋の夜が似合います。月を肴に人肌のかん酒で過ごすひと時、
晩秋は、人生をゆっくりと考えさせる自然の恵みかもしれません。
やはり、日本の四季は、素晴らしいですね。(感謝)
 
【最終回にあたり】
思い返せば、幼児教育ほど難しく、奥の深いものはないと痛感させられること
ばかりでした。むずかる子ども達を、巧みにあやしてしまうお母さん方や保育
園、幼稚園、幼児教室の先生方を見るにつけ、「これはかなわない」と何度も弱
気になったものでしたが、その度に心の支えとなったのは、この言葉でした。
 
 心に火を点ける
  凡庸な教師はただしゃべる。
  少しましな教師は理解させようと説明する。
  優れた教師は自らやってみせる。
  本当に優れた教師は生徒の心に火を点ける。 
    ウィリアム・アーサー・ワード (19世紀のイギリスの教育学者)
 
おこがましくも、教師の代わりに「親」を、生徒の代わりに「子ども」と置き
換えると、「本当に優れた親は子どもの心に火を点ける」となりますが、親を4
0数年やって、「まさにその通りだな」とうなずかざるを得ません。私の好きな
響きのいい言葉に置き換えると、「わが子の心に火をともす」となりますが、こ
れこそ育児の究極の目的、ご両親の仕事ではないでしょうか。
 
本メールマガジンの情報の基礎となっている「年中行事を『科学』する」(産経
新聞社 刊)のまえがきで永田久先生は、「年中行事は民族を象徴する。年中行
事を知ることは民族の歩みを知ることである」と述べています。将来に目を向
けることも大切ですが、私達の祖先が、どのように歩んできたかを、日常生活
を通して知ることも、意義があると思います。なぜなら、年中行事やむかし話
には、幼い子ども達が、楽しく生きるために心の糧となるヒントが、たくさん
詰まっているからです。
 
思惑通りになったかどうかわかりませんが、お子さんの小さな心に、ささやか
な灯火を点火できればと願い挑戦してみました。若い皆様の育児の参考になれ
ば幸いです。最後まで拙文をお読みいただきまして有難うございました。
 
お子さんの健やかな成長を、心からお祈りすると共に、素敵なお父さん、お母
さんになっていただきたく、一遍の詩を紹介しましょう。ここ数年、雙葉小学
校の説明会で配布されているものです。「この詩のプリントと入学試験は関係あ
りません」と校長先生はおっしゃっていましたが、私には、とても難しいこと
でしたが……(苦笑)。
 
                ★親の祈り★
        神さま
        もっと よい私にしてください。
        子どものいうことを よく聞いてやり
        心の疑問に 親切に答え
        子どもを よく理解する私にしてください。
        理由なく 子どもの心を傷つけることのないように
        お助けください。
        子どもの失敗を 笑ったり 怒ったりせず
        子どもの小さい間違いには目を閉じて
        よいところを心から褒めてやり
        伸ばしてやることができますように。
        大人の判断や習慣で
        子どもを しばることのないように
        子どもが自分で判断し
        自分で正しく行動していけるよう
        導く智恵をお与えください。
        感情的に叱るのではなく
        正しく注意してやれますように。
        道理にかなった希望は、できるかぎりかなえてやり
        彼らのためにならないことは
        やめさせることができますように。 
        どうぞ 意地悪な気持ちを取り去ってください。
        不平を言わないように助けてください。
        こちらが間違ったときには
        きちんとあやまる勇気を与えてください。
        いつも穏やかな広い心を お与えください。
        子どもといっしょに成長させてください。
        子どもが心から私を尊敬し慕うことができるよう
        子どもの愛と信頼にふさわしいものとしてください。
        子どもも私も 神さまによって生かされ
        愛されることを知り
        他の人々の祝福となることができますように。
        
            平成29年10月吉日
                      めぇでる教育研究所
                           所長 藤本 紀元
お断り 
本文中に紹介しました作家名を、現役の男性には氏、亡くなられた方は敬称を
略しました。女性には、清少納言を除き全てさんをつけましたが、呼び捨てす
る勇気がなかったからです(笑)。
 

さわやかお受験のススメ<保護者編>第13章 七五三でしょうな 霜月(2)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
     2018さわやかお受験のススメ<保護者編>
         ~紀元じぃの子育て春秋~
     「情操教育歳時記 日本の年中行事と昔話」
       豊かな心を培う賢い子どもの育て方
           -第48号-
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
第13章 七五三ですね 霜月(2)
 
10月4日の十五夜の満月をご覧になった方、11月1日の十三夜も見ておき
たいものです。「箱根、仙石原のすすきが見頃」とネットに出ていましたが、お
子さんに、満月とすすき、日本の秋の風物詩を肌で感じさせたいものです。
 
★★むかし話と伝説の違い★★
孫引きで気が引けるのですが、「昔話と伝説」について、わかりやすい解説があ
りますので、紹介しましょう。
 
昔話と伝説には区分がある。
「昔、昔、あるところにお爺さんとお婆さんがいました」と始まるのは昔話の
ほうである。いつ、どこで、だれが……を特定していない。いつでも、どこで
も、だれでもかまわない。
そこへ行くと伝説のほうは、
「伊吹山と浅井岳は古くから高さを競い合っていたが、あるとき浅井岳が一
夜にして背を高くした。伊吹山の神タダミヒコはおおいに怒って浅井岳の神ア
サイヒメの首を斬った。首は琵琶湖に落ちて島となり、これが竹生島である」
といったぐあいに、まことしやかである。いつ、どこで、だれが、といった事
情がそれなりにはっきりとしている。とりわけ土地との結びつきが深い。どこ
で起きたことなのか具体的に記されている。
柳田國男 (1875-1962)の言葉を借りれば、
「伝説と昔話とはどう違うか。それに答えるならば、昔話は動物のごとく、伝
説は植物のようなものであります。昔話は方々をとび歩くから、どこに行って
も同じ姿を見かけることができますが、伝説はある一つの土地に根を生やして
いて、そうして常に成長してゆくのであります。雀や頬白(ほおじろ)はみな
同じ顔をしていますが、梅や椿は一本一本に枝ぶりが変わっているので見覚え
があります」(「日本の伝説」はしがき)
とあって、このたとえ話はわかりやすい。
伝説は土地との関わりにおいていろいろな枝葉をつけ、人々の願望を反映し
て成長していく。昔話はどこにでも移っていく。同じような話があちこちにあ
る。多少姿がちがっても「同じものだな」と見当がつく。
(集英社文庫 「ものがたり風土記」P23  阿刀田 高 著
 集英社 刊)
 
「さすが、柳田國男先生」などとおこがましい限りですが、「昔話は動物のごと
く、伝説は植物のようなものであります」の一言ですね。桜の名所を訪ねるの
も訳ありなのです。雀やほおじろ、どこにでも顔を出しているので、素直に納
得しています。
 
【十一月に読んであげたい本 (1)】
七五三は、親が子どもの健やかな成長を祈る日です。しかし、かけ過ぎる愛情
は、子どもの成長を妨げがちです。七五三は、親の子どもに対する愛情チェッ
クの節目ではないかと思います。子を思う親の素朴な愛情を描いた昔話は、心
があたたまります。
 
蛇というと、嫌われものの代名詞のようで、昔話でも悪役が多いのですが、こ
の話は違います。もともと蛇は、水の霊、水の神さまのお使いと信じられてい
ました。この話は、自然の恐ろしさと、お母さんの子を思う姿を伝えた話です
が、嫌われがちな蛇だからこそ、説得力があります。親子の愛情、特に母親の
見返りを求めない無償のほほ笑み的な子を思う心は、理屈を越えた素晴らしい
ものです。
 
しかし、今では、この親子の絆が壊れかけているような気がしてなりません。
ほとんどの場合、親に責任ありと考えます。「あなたのために、お母さんは…
…!」という言葉は、子どもにとって釈然としないものがあるのではないでし
ょうか。育児は、皆さんのご両親がそうであったように無償です。エゴ丸出し
のうとましい母性愛は、子ども達にも迷惑で、やがて嫌われるものではないで
しょうか。気持ちはわかるのですが……。        
 
愛には、報われることを目標とするエロス的愛と、与えるだけで全くお返し
を期待しないアガペー的愛があることは言われているが、親でありながら、エ
ロス的愛しか持たぬものがけっこう多いのである。
(完本 戒老録 自らの救いのために P86 曽野綾子 著
 祥伝社 刊)
 
「アガペーとエロス」、学生時代にキリスト教倫理学で習った記憶がありますが、
この年になってお目にかかるとは思いませんでした(笑)。
曽野さんは聖心女子大学出身の才媛で、キリスト教倫理に基づく数々の小説や
歯に衣を着せぬ評論で知られていますが、アフリカなどでのボランティア活動
を知れば、さもありなんと納得せざるを得ません。近著の「人間にとって成熟
とは何か」(幻冬舎 刊)は、50代に出会いたかった本の一冊で、悔しい限り
です。(残念) 
現在、聖心女子学院には昭和46年に廃止したため幼稚園はありませんが、入
園した曽野さんは何かの随筆に、「私の時は、名前と年を聞かれただけでした」
と書かれていました。今、幼稚園があれば、とてもじゃありませんが、「名前と
年」だけでは済まないでしょう。学院は4・4・4制に移行し、中学受験はなく
なりました。
 
◆へびのよめさま◆   丸山 邦子 著
むかし、あるところに、一人のお百姓さんが住んでいました。
ある時、子どもたちがいじめていた蛇を助けてあげると、その晩、美しい女
性が、一晩泊めてほしいと訪ねてきました。次の日、お百姓さんが仕事を終え
て帰ってくると、その美しい女性が食事の支度をしていたのです。そうこうし
ている内に夫婦になり、子どもができ、お産の時は見てはいけないと言われま
したが、心配のあまりのぞいたのです。     すると、部屋の中には大き
な蛇がいて、とぐろの上に赤ん坊を乗せ、なめていたのです。
やがて、赤ん坊を抱いて出て来て、
「私は、助けてもらった蛇で恩返しに嫁になりましたが、姿を見られては、と
どまることは出来ません」と言い、赤ん坊が泣いたら、しゃぶらせてほしいと
美しい玉を渡すと、沼に姿を消したのです。赤ん坊は、玉をしゃぶり、健やか
に育ちました。
ところが、話を聞いた殿様は玉が欲しくなり、家来に言いつけて、取り上げ
てしまったのです。腹を空かせた赤ん坊は、泣きやみません。途方に暮れたお
百姓さんは、沼の淵で、ことの次第を話しました。すると、大きな蛇が、口に
玉をくわえて現れたのです。一つの目から血が流れ、もう一つの目は、ふさが
っていました。美しい玉は、蛇の片目だったのです。取られたのなら仕方ない
と、もう片方の目玉をくれたのでした。
しかし、この玉も殿様に奪われてしまうのです。
お百姓さんが、このことを告げると、蛇は怒り、
「子どもを連れて山へ逃げてください!」
と言ったので、お百姓さんは、子どもを背負って駆け出しました。頂上に着い
たとき、沼の水が盛り上がり、城に向かって流れ出したのです。恐ろしい力で
向かってくる水の力に、城は、ひとたまりもありません。みんな流されたその
後は、湖になってしまったのでした。 
 九月のはなし きのこのばけもの  松谷 みよ子/吉沢 和夫 監修
   日本民話の会・編 国土社 刊
 
日常生活を快適に過ごすために、やってはいけないことを定め、それを破ると
破局を招く発想は、先に紹介しました「古事記」の上巻に、豊玉姫(トヨタマ
ヒメ)の出産をのぞいたことで離別する神話があります。姫の正体はふかでし
たが、その他にも、機を織る仕事場をのぞいてしまった「鶴の恩返し」や、魚や
貝が恩返しをする話などでよく知られています。「見ないでください」といわれ
ると見たくなるのは、「怖いもの見たさ」と同様、人間の悪しき性(さが)のよ
うですね。
 
これとよく似た話があります。
両目を失った蛇から、「私は盲目となってしまい、わが子の姿を見ることができ
なくなりました。三井寺の鐘を毎日ついて、子どもの無事を知らせてください。
年の暮れには、1年過ぎたことがわかるように、多くの鐘を撞いてください。
お返しに人々に幸運を授けましょう」という滋賀県の伝説「三井寺の晩鐘」で
す。以来、三井寺では、除夜の鐘に際し、多くの燈明を献じ、目玉餅を供え、
108に限らず、できるだけ多くの人に、できるだけ多く鐘を撞いてもらう特
別の儀式が行われています。(www.shiga-miidera.or.jpより)
 
余談になりますが、晩鐘というとジャン=フランソワ・ミレーの馬鈴薯畑で働
く農夫が、教会から流れる夕方のアンジェラスの鐘に合わせて祈りを捧げる名
画「晩鐘」があり、小学校6年生の頃、図工の先生が画集を持ってきては絵の
解説をしてくれたことを思い出します。「落ち穂拾い」「羊飼いの少女」と共に
忘れられない作品となりましたが、先生から「馬鈴薯はジャガ芋」、「アンジェ
ラスはラテン語でエンジェル」と教わり、言葉の響きが新鮮で今でも覚えてい
ます。おそらく、自分で解説書を読んだだけでは、このような印象を受けなか
ったのではないかと思います。そういったことからも音読は、非常に大切では
ないかと考え、小学生の子ども達に薦めています。井沢元彦氏の「言霊(こと
だま)の国・解体新書」(小学館文庫 刊)ではありませんが、言葉にも生命が
あるような気がしますね。万葉集をはじめ古今集などの歌集が今でも読まれて
いるのも、言霊が脈々と生き続けいる証(あかし)ではないでしょうか。
 
ところで、最近、落語を聞く機会がほとんどなくなりましたが、「寿限無(じゅ
げむ)」という噺があります。子どもがけんかをして、寿限無にぶたれた子が、
こぶを寿限無の親に見せるのですが、名前があまりにも長いために、文句をい
っているうちに、こぶがへこんでしまった噺です。名前の長さは、この話に出
てくる名前の五倍ほどあり、それをきちんと覚えている噺家さんは、すごい記
憶力だなと、子ども心にも感心させられたものです。
YouTubeで若き日の故立川談志師匠の「寿限無」を聞くことができます。
気持ちはわかるのですが、親の愛情が行き過ぎると、妙な具合になる話です。
名前は、一生の付き合いですから、あまりこったものでは、本人が大変です。
そういえば、「悪魔」という名前を、役所で受け付けなかった話がありましたね。
 
◆長い名まえ◆   浜田 廣介 著
むかし、ある村外れに、「やぶん中」と呼ばれる家がありましたが、どうしたわ
けか、子どもが無事に育たず、3、4歳になると、あの世に行ってしまうので
す。ある年に、男の子が生まれ、心配したおじいさんは、長生きできるように、
長い名前をつけることにし、和尚さんにお願いしたのです。
つけた名前は、「一丁ぎりの丁ぎりの、丁丁ぎりの丁ぎりの、あの山こえて谷こ
えて、ちゃんばちゃく助、なんみょう長助」でした。これで、長生きできると、
おじいさんは安心して帰るのです。
ある日のこと、長助は川へ菖蒲をとりにいき、丸太の橋を渡ったときに、足を
滑らせ落ちてしまったのでした。友達は、おじいさんに知らせました。
「やぶん中のおじちゃん、大変だぁ。おじいちゃんちの、一丁ぎりの丁ぎりの、
丁丁ぎりの丁ぎりの、あの山こえて谷こえて、ちゃんばちゃく助、なんみょう
長助ちゃんが、落っこちたぁ、落っこちちゃったぁ、川ん中へ!」
声を聞いて、出てきたおじいちゃんは、
「おおい、子どもしゅう。一丁ぎりの丁ぎりの、丁丁ぎりの丁ぎりの、あの山こ
えて谷こえて、ちゃんばちゃく助、なんみょう長助が、どうしたって。どうし
たぁ?」
「川ん中へ落っこちたぁ!」
「そいつは、たいへん」
おじいさんは飛び出していき、近所の人も駆けつけ、間一髪のところで助かっ
たのでした。
 世界民話の旅 9
日本の民話 浜田 廣介 著  さ・え・ら書房 刊
 
「長い名前で助かった」と思いたいのが人情ですね。原作では、井戸に落ちて
死んでしまうことになっているそうです。再話で命を救ったのは、作者、浜田
廣介の愛情ではないでしょうか。
 
私事でなんですが、名前を「紀元」(きげん)といいます。誕生日は昭和15年
2月11日で、今でいう「建国記念の日」でした。二月にお話しましたが、当時
は「紀元節」といい、日本の誕生した日を、日本書紀に記されている神武天皇が
即位されたといわれる年(西暦紀元前660年)を皇紀元年として、明治5年(1
872)に定めた祝日だったのです。しかも、昭和15年(1940)は、皇
紀二千六百年にあたり、時あたかも太平洋戦争の前の年でもあり、戦意高揚の
ためか、皇室礼賛のためかわかりませんが、「紀元二千六百年、ああ一億の胸が
なる!」と歌を歌い、提灯行列をし、全国的にお祝いをしたそうです。「紀元二
千六百年の二月十一日生まれで名前は紀元」ですから、畏れ多い名前であった
わけで、戦争に勝っていたら、名前負けをした非国民といわれたかもしれませ
ん。しかし、命名されても、名前負けをしない立派なものもあります。世界自
然遺産に登録され、椋鳩十の「片耳の大鹿」の舞台である屋久島にある杉の巨
木、推定樹齢3千年の「紀元杉」です。いつの日か訪ね、同名のよしみとしてご
対面したいものです。ちなみに縄文杉の推定樹齢は7千2百年で、世界最古の
植物といわれていますが、あくまでも推定で、本当のことはわからないようで
す。
 
ところで、世界の名機と言われたゼロ式艦上戦闘機「ゼロ戦」は紀元2600
年に開発され、年号の末尾のゼロを使い命名したそうで、宮崎駿監督最後の作
品「風立ちぬ」が上映されましたから、若い皆さん方にもおなじみになったの
ではないでしょうか。
ゼロ戦と聞くと特別攻撃隊、「特攻」のことを思い出します。私は国のために命
を捧げた純真な心には畏敬の念を抱いています。しかし、あまりにも人命を無
視した唾棄すべき史上最低の作戦であるため、涙なくして読めませんから読み
たくないのですが、250万部も売れていると聞き、百田尚樹氏の「永遠のゼロ」
を読み、これは若い人達に読んでもらいたいと思いました。小説にも絶対に謝
らない日本の為政者、職業軍人の幹部、高級官僚、マスコミに怒りをぶちまけ
ていますが、読み終わり感じたことは、「少しも変わっていないな」ということ
でした。先の大戦で300万人(戦場で230万人、原爆や空爆で70万人)の
命を失ったにもかかわらず、何もやってこなかった自分を棚に上げて何ですが、
むなしくなりましたね。(合掌) 
 
最後に、今は秋祭りの最中ではないでしょうか。
ここ川越市でも、来週の14(土)、15日(日)は、「川越まつり」でにぎわいま
す。大江戸天下祭りを今に伝える歴史ある祭りで、十数台の山車(だし)が、
蔵造りの街に姿を表し、にぎやかなお囃子と愉快な踊りが見所です。出会った
山車同士が、互いに向き合い、独自の囃子と踊りを競う「曳(ひ)っかわせ」
は、祭りの醍醐味で、一見の価値があります。パソコンで「川越まつり」を検
索すると、その様子を見ることができます。ユネスコ無形文化遺産に登録され、
今年は一段と盛り上がるようです。
ところで、今年のノーベル賞、3日が発表ですが、4年連続、受賞できるでし
ょうか。原稿の締め切りの関係でお知らせできませんが、受賞してほしいもの
です。以前、お話しましたが、母国語で自然科学など殆どの分野を日本語で学
べるのは、奇跡に近いことです。それを支えているのが、漢字仮名交り文です。
日本語をしっかりと学ぶことが、いかに大切であるか、しっかりと子ども達に
教えたいものです。他のアジアの国の人々は、英語などで書かれた本を読むこ
とになり、外国語をマスターしなければ、専門書は読めないことになっている
ようです。
 (次回は、「11月に読んであげたい本(2)と最終回にあたり」についてお
話ししましょう)
 (次回は、「11月に読んであげたい本1」についてお話ししましょう)
 

さわやかお受験のススメ<保護者編>第13章 七五三でしょうな 霜月(1)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
     2018さわやかお受験のススメ<保護者編>
         ~紀元じぃの子育て春秋~
     「情操教育歳時記 日本の年中行事と昔話」
       豊かな心を培う賢い子どもの育て方
           -第47号-
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
第13章  七五三でしょうな 霜 月(1)
 
物の本によると、霜月(しもつき)のいわれは、文字通り「霜が降る月」とい
う意味です。
その他に、「凋(しぼ)む月」や「末つ月」がなまった説もあるそうですが、あ
まりいわれていないようですね。
 
           ★★なぜ、11月15日なのですか★★ 
11月といったら、七五三でしょう。11月15日は、七五三のお祝いです。
三歳になった男の子と女の子、五歳になった男の子、七歳になった女の子が、
新しい着物をきてお宮へお参りし、神様に子どもの健康と成長をお祈りして、
普段、ご無沙汰の限りをつくしている氏神さまへ、ご報告に出かけるわけです。
氏神さまとは、その土地に生まれたものを守る神様で、鎮守の神、産土(うぶ
すな)の神のことです。これも、当然ながら、訳ありです。
 
七五三は、もともとは徳川幕府の三代将軍家光の四男徳松(後の五代将軍綱
吉)の身体が虚弱体質だったので、五歳の祝いを慶安3年(1650)11月
15日に執(と)り行ったのがはじめといわれている。
(年中行事を「科学」する 永田 久 著 日本経済新聞社 刊 P200)
 
その理由ですが、昔の暦には、いろいろと暦注があり、それぞれの「吉凶」が
記されていますが、その暦注の中に「きしく」があります。「きしく」は、「鬼
宿日(きしゅくにち)」のことで、鬼の宿る日と書きますから、何やら大凶のよ
うな感じがしますが、江戸時代の初期に使われていた暦、唐から入ってきた「宣
命暦」(せんみょうれき)によると、「よろずよし、ただし婚礼には忌むべし」
の日になるのです。宣命暦は、インドの宿曜経(すくようきょう 人々の吉凶
を知る方法を説く経典)に基づいて作られており、本家のインドでも、鬼宿を
尊んでいます。お釈迦様が生まれた紀元前463年4月8日は、鬼宿でした。
インドでは、鬼宿を最善の日としているのもうなずけますね。
 
そして、日本は、何といっても農耕民族です。古くより田の神さまは、春には
山から下りて田畑を守り、秋には山に帰るものと信じられていましたし、その
ために人々は、春には稲が順調に育つようにと祈り、秋には豊かな実りを感謝
するしきたりがありました。11月15日は霜月の祭りで、収穫を終えた稲や
穀物と酒を供え、神さまのお恵みに感謝をする日だったのです。人々も、一年
間の労働から開放された喜びの日です。後の五代将軍の五歳のお祝いが11月
15日に行われた理由は、ここにあったわけです。権力の頂点に君臨する将軍
ですから、そのご威光とお祭りの日が重なった鬼宿日こそ、祝日に最もふさわ
しい日だったのです。こうして、11月15日が、七五三の日と決められたの
でした。
 
★★七五三の本来の意味★★
今の七五三は、美しく着飾って神社へお参りし、千歳飴をもらい記念写真を撮
って、食事をして帰る、一見、楽しそうですが、子どもにとっては何とも不自
由な日、という感じもしないわけではありません。
      
女の子に聞いてみると、着物をきて、お化粧するのは嫌いではないのですが、
この日だけは例外らしいのです。帯を何本も巻かれ苦しい思いをして、のどが
渇いてジュースを飲むにも、わき目もふらずに飲むことに集中し、ソフト・ク
リームなどとんでもない話で、もう、クタクタになるそうです。女の子の着物
は大変高価ですが、奮発してお金をかけますから、汚すと大変です。親中心の
お祝いでは、こうなりがちですね。
 
しかし、本来の七五三の目的は、素朴で厳粛な祝いだったのです。
昔の赤ちゃんは、ほとんどが頭をつるつるにそっていました。三歳になって、
初めて髪の毛を伸ばし、「もう赤ちゃんではありません」というお祝いをしまし
た。これを髪置(かみおき)といいます。
男の子は、五歳になると初めて袴をはくお祝いをしました。これを袴着(はか
まぎ)といいます。
七歳の女の子は、それまでの、ひものついた着物から、ひものついていない新
しい着物に代えて、初めて帯を結ぶお祝いをしました。これを帯解(おびとき)
といいます。
この三つのお祝いを一つにまとめたのが、七五三の行事でした。 
 
昔の人たちは、子どもは神さまの子どもで、七歳になったとき、初めて人間の
子どもになると思っていました。ですから、こういうお祝いをして、早く人間
の子どもになることを
神さまにお願いしたのです。「これで一人前の子どもになった!」と祝うのが、
本来の七五三の意味なのです。
ですから、昔は、七歳までは、社会の一員として認められていませんでしたし、
罪を犯してもとがめられず、また、喪に服することもなかったのです。一人前
としての生存権を認められるのは、七歳からでした。今の義務教育が七歳から
始まるのも、やはり、訳ありなのです。
 
また、七五三は、それぞれ子どもの成長過程の節目にもあたります。
三歳は、親の手を借りずに自分でできるようにする自立の始まるときです。
五歳は、集団生活への適応力を身につける自律の始まるときです。
七歳は、学校教育が始まり、独り立ちの始まるときです。
 
七五三、やはり奇数がめでたい数ですから、こうなるのでしょうが、こうして
見ると、その歳々に意味のあることがわかります。成長に伴い、自分でしなく
てはならないことが増えるのですから、親が過保護にならないための戒めでも
あったのです。しかし、今は子離れのできないお母さんが、増えていると思え
てなりません。
4月の「花祭りですね」でも触れましたが、私は子どもの成長過程をこう考え
ています。
一歳は、五感を通して受ける刺激に反応して成長する条件反射の時代。
二歳は、ご両親のお手本を見ながら学習する模倣の時代。
そして三歳は、自分の力で生きていくための自立の時代だということです。
ですから、やっていることをみて、口をはさみむようでは過干渉であり、手を
貸したくなるようでは過保護だと思います。三歳過ぎても、何かにつけて口を
はさみ、手を貸していると、いやな言葉ですが超過干渉であり超過保護です。
 
五歳を過ぎれば、一人前の人間になる修行の始まるときです。何でもお子さん
自身にやらせるべきで、試行錯誤を積み重ねながら、自立心は育まれるもので
す。ここでも、「失敗は成功のもと」です。いつまでもお母さんが口を出し、「
早くしなさい!」「何をグズグズしているの!」などといわれ続けていると、自
分でやろうとする意欲など育ちません。子ども達がいちばん嫌いな言葉は、「
早くしなさい!」です。できないから早くできないのであって、どれだけ無理
な注文をしているか、真剣に考えてください。そして、しなやかな気持ちで、
お子さんと接するお母さんになってあげましょう。お母さん方が得意とする料
理、なぜ、レシピを見ないで素早く、上手に、美味しく作れるのでしょうか。
試行錯誤を積み重ねた結果ではありませんか。
 
七歳は、独り立ちして育っていくことを願う前祝いです。きれいに着飾るのも
お祝いですから結構ですが、それだけではなく、親が精神的に子離れをする最
後の時期だと思います。
お母さんの自立を見守る温かい眼差しは、子どもの自立心を培い、そこから自
律心も育まれます。先にもお話ししましたが、義務教育が始まる時であること
も、成長の理に適って
いるわけです。
 
★★千歳飴★★
七五三といえば千歳飴。記念写真を見ると、千歳飴と印刷された袋を持ってい
ますね。
「千歳」とは千年のことですから、長寿への願いがこめられているわけです。
袋には、縁起物のシンボル松竹梅や、長寿の代表であるつるやかめ、それに翁
や婆の絵をあしらった、これ以上はない、めでたいデザインが用意され、その
中に、これでもかと紅白のあめの棒が入っています。めでた尽くめの千歳飴は、
江戸の宝永時代のころ、観音様で有名な浅草寺のある浅草で、豊臣家の残党の
一人であった平野陣九郎重政が、甚右衛門と名を改め、あめ屋となって始めた
ものといわれているそうです。千歳飴は長く伸びるので、子どもがぐんぐん大
きくなって、いつまでも長生きできるようにと食べたのでした。
同じ飴で、今でも覚えているのは金太郎飴です。不思議でしたね、どこを切っ
ても、同じ顔の金太郎さんが出てくるのですから。でも、現代っ子は、食べて
いるのでしょうか。
 
★★人の一生の祝い★★
お宮参り、七五三、成人式、還暦などは、今でもお祝いされていますから、耳
新しい言葉ではないでしょう。しかし、三日祝、卒寿となると、「……?」とな
るかも知れません。
いずれも、人が生まれてから年をとり、老いて亡くなるまで、その年齢に応じ
た、さまざまな通過儀礼といわれているお祝いがあります。昔は、今のように
医学が進歩していませんでしたから、病魔から命を守るために行った儀式でも
あったのです。本来、祝いの対象となる年齢は、生まれた年を1歳とする数え
年でしたが、今日では、生まれた年は0歳で翌年の誕生日の前日終了で1歳と
する満年齢で行われています。さて、皆さんは、どのくらいご存知でしょうか。
 
[三日祝]
湯始めを行い、三日衣裳という袖のある産着を着けさせる日で、お母さんは産
後ですし、お父さんは新米のパパですから、ここはおばあちゃんの独壇場です。
 
[お七夜]
生後7日目、名前を付ける命名式を行う日で、昔は神棚に名前を飾り、家の神
様に報告したものです。 
 
[お宮参り]
地方によって異なりますが、男子は生後31日か30日、女子は32日か31
日に産土神(うぶすながみ)にお参りをします。そんな昔のことではありませ
んから、覚えているでしょう。産土とは、その人が生まれた土地のことで、産
土神とは、その人の生まれた土地を守る神さまで、鎮守(ちんじゅ)の神、氏
神ともいいます。この頃のお母さん、輝いていますし、お父さんもファイト満々
です。
 
[お食い初め](おくいぞめ)
生後100日目または120日目に初めてご飯を食べさせる内祝ですが、まだ、
ご飯は無理ですから、実際は食べさせる真似をするだけです。離乳食を経て自
分の手で食事のできるようになるまで、本当に大変な時期でした。
 
[初節句]
生まれて初めての節句、女の子のひな祭り、桃の節句と男の子の端午の節句で
す。初孫であれば、おじいちゃん、おばあちゃんの存在を有り難く思い、感謝
する日です。
 
[七五三]
省略しますが、この間に入園、入学の内祝いがあります。「幼児にはシックスポ
ケットあり」といわれていますが、お父さん、お母さん、ご両親の祖父母を入
れると6つのポケットがあり、幼児にとって強力なスポンサーとなるという意
味です。七五三も両祖父母の楽しみな祝になっているようです。
 
[十三参り]
4月13日に初めての厄年の13歳の子どもが、福徳と知恵と健康を授けてい
ただく  ために虚空菩薩様にお参りする日です。13歳は、精神的にも肉体
的にも、子どもから大人へ成長する途中の不安定な過渡期で、最初の厄年にあ
たるところから、厄除けする意味もあります。中学生がこの時期にあたるわけ
です。
 
[成人式]
今は20歳に祝いますが、本来は、男子は15歳、女子は13歳が一般的でし
た。奈良時代に起きた元服から始まった儀式で、ヨーロッパやアメリカにはな
いそうです。20歳になっても自由と権利だけを主張し、義務を無視している
自己中の子どもに育てるのは、親の責任不履行の結果ではないでしょうか。心
したいものです。
 注 元服とは、奈良時代以降の男子の成人を示す儀礼、頭に冠を付ける意味。
   女子は裳着(もぎ)といって、平安時代以降、女子の成人を示す儀礼、
初めて裳をきせるもの。裳とは,表着(うわぎ)や袿(うちき)の上に、
腰部から下の後方だけをまとった服。       (「ウィキペディア 
フリー百科事典」より)
 
[厄年]
厄年とは、「人の一生の内、何かの災いにあいやすい年齢をいい、医学の発達し
た現代においても、何事においても慎まなければならない年」で、男子42歳、
女子33歳が大厄です。本人に災いがなく周りに起こる場合もあり、心意現象
として片付けるわけにいかない、不思議な現象といえます。
 
[還暦]
60歳、生まれた年の干支に返ることから「還暦」と呼ばれています。昔は、
赤い帽子をかぶり、ちゃんちゃんこを着て祝ったものですが、最近はどうでし
ょうか。「ちゃんちゃんこ」とは、子どもの着る袖のない羽織のことです。
 
[古稀]
70歳のお祝いです。古稀の由来は、「国破山河在 城春草木深…」でおなじみ
の唐代随一の詩人、朴甫の『曲江詩』の中にある「人生七十古来稀」の句だそ
うです。
     (注「稀」は当用漢字にはなく「希」と書く場合が多い)
 
[喜寿]
77歳、「喜」の草書体が、七を三つ書き七十七と読めるところから、喜寿の祝
いとなりました。以降の命名と由来は、文字から起きたものです。
 
[傘寿]
80歳、「傘」の略字が、八と十から成り立っていることから。
 
[米寿]
88歳、6月にも紹介しましたが「米」の字を分解すると「八十八」になるこ
とから、米寿の祝いとなりました。
 
[卒寿]
90歳、「卒」の略字体が「卆」で、九十と読めるから。
 
[白寿]
99歳、「百」から上の一字を取ると白になるからで、百の下は99ですから、
白寿とはしゃれています。
 
[茶寿]
108歳、茶という字を分解すると、十、十、八十八となり、足すと108に
なることと、古来「八」は、末広がりで縁起のよい数であることから、108
歳の祝に。
 
また、年齢に関する異称には、次のものがあります。
弱冠をのぞき、出典は「子曰(しいわく)」で始まる孔子の「論語」です。高校時
代に漢文で習いましたが、それっきりで縁のなかった言葉でした(笑)。
 
[志学]15歳のこと。論語(為政)吾十有五而志於学 十有五にして学に志
すから。
 [弱冠] 20歳のこと。古代中国で20歳を「弱」といい、元服の冠をかぶる
ことから。
[而立](じりつ)30歳のことで、論語(為政)三十而立から。学問が備わっ
て自分の  
     立場ができあがる年。
[不惑]40歳のことで、論語(為政)四十而不惑から。
     人生の方向が定まって迷わなくなる年。
[知命]50歳のことで、論語(為政)五十而知天命から。
     天から与えられた使命を知る年。
[耳順](じじゅん)60歳のことで、論語(為政)六十而耳順から。
     修業を積んで他人の言葉を素直に受け入れられるようになる年。
 
それぞれの通過儀礼は、人生の節目と考えられますし、それなりに意味があり、
昔から伝えられてきた英知であり、哲学ではないでしょうか。お子さんだけで
はなく、ご両親のお祝いは、感謝をこめて行いましょう。そして、「育児」しな
がら、自らを育てる「育自」を心がけ、「わが人生を楽しむ、賢いお父さん、お
母さんになってほしい」と思います。ご両親の生きがいは、お子さんだけに託
するものではありません。なぜ、七五三のお祝いをするのか、もう一度、考え
てみましょう。
 
ところで、日光の東照宮にある「三猿」の彫刻は、猿を通して人間の一生を8
面で表したもので、その2番目には「幼年期の3匹の猿」がありますが、こう
いった教えであるとは知りませんでした。
 
 いわゆる「見ざる、言わざる、聞かざる」の教えは、物心のつく幼年期には、
悪いことを見たり、言ったり、聞くことをしないで、良いものだけを受け入れ、
素直なままに成長させよという教えが暗示されている。(「三猿の教え」東照宮
ホームページより)
 
「三猿」でクリックすると教訓を読むことができます。「聞くは一時の恥、聞か
ぬは一生の恥」ともいいますが、英語では簡単に“Ask much,know much”(「故
事ことわざ辞典」より)だそうで、子どもにしっかりと教えたい教訓の一つで
はないでしょうか。
 
ホバリングしている赤トンボ、不思議ですね。コスモスが咲きそろいました。
川越名物の芋掘り観光も始まります。「秋近し」を実感しています。
 (次回は、「11月に読んであげたい本1」についてお話ししましょう)
 

さわやかお受験のススメ<保護者編>第12章 日本の神様でしょう 神無月(3)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
     2018さわやかお受験のススメ<保護者編>
         ~紀元じぃの子育て春秋~
     「情操教育歳時記 日本の年中行事と昔話」
       豊かな心を培う賢い子どもの育て方
           -第46号-
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
第12章 日本の神さまでしょう  神無月(3)
 
【十月に読んであげたい本】
神無月ですから、この話がいいでしょう。舞台は諏訪湖、といえば一大音響と
ともに湖面にできる氷の山脈「御神渡り(おみわたり)の現象が思い浮かぶの
ではないでしょうか。寒さで亀裂の生じた氷の隙間から噴き上げた水が凍り、
裂けた方向を見て吉凶を占う「御神渡り拝観式」は、約600年の歴史をもつ伝
統行事だそうで、昔の人は、本当に驚かれたことだと思います。その諏訪湖に
棲む龍神様の話です。
 
◆神在(かみあり)祭りと諏訪の竜神◆  谷 真介 著
毎年、旧暦の1月にあたる11月には、全国の神様が出雲の国(島根県)に集
まるため、留守になる地方が多く神無月といわれ、反対に全国の神様が集まる
出雲は神在月といいます。神様の集まる場所は出雲大社で、八百万の神様が集
まります。この集いを「神在祭り」といい、出雲の人々は11月19日から1
週間、静かに過ごすことになっていました。ところが、出席しなくてもいい神
様がいます。信濃の国(長野県)の諏訪湖にいる竜神様もその一人で、こんな
訳があったのです。
ある年のこと、竜神様だけが姿を見せません。待ちくたびれた神様達から文句
が出始めると、「夜明けまえからここにいる」と声がしたので見上げると、天
井の梁に身体の太い竜が巻きついていました。「降りてこられよ」というと、
「私の体は長く、尻尾は湖畔の松にかかっていて、この社に入るまいが下りて
行こう」と言ったのですが、下りてこられては神様の居場所がなくなるし、尾
が国にあるならば全体が来るまでに相談は終わるので、「これからは国にいて
ほしい。決められたことは、こちらから知らせるから」ということになり、竜
神様は大喜びして帰ったそうです。神在祭りが始まる夜には、近くの浜に海蛇
が押し寄せてきました。これは神様たちの使者である竜蛇様といわれ、頭に
「あり」という神様の紋がついていたそうです。
(日づけのあるお話三百六十五日  11月のむかし話
 谷 真介 編著 金星社 刊)
 
出雲大社の神様は、日本にいた神様、大国主命(おおくにぬしのみこと 大黒
様)で、伊勢神宮の神様は、高天原から天孫降臨された天照大神です。大国主
命は、後から来られた天照大神に国を譲り、その代わりに壮大な神社を出雲に
建立してもらったそうです。大黒様が社から出られないように、しめ縄は逆向
きに飾り、柏手は4拍手(普通は2拍手、4回は死を意味する)、正面ではな
く、右の御座所に左向きに祀られて、参拝者とは正面を向いていないことなど
から、怨霊として祟られないように封じ込めた説もあります。
 
 平安時代に源為憲の書いた「口遊“くちずさみ”」に、日本の三大建築を意
味する言葉が出ています。“雲太(うんた)、和二(わに)、京三(きょうさ
ん)というのですが、(中略)実際はそうだったかは別にして、そう信じられ
ていたことが重要だと思います。雲太は出雲太郎の略で出雲大社、和二は大和
次郎で大和、すなわち奈良にある東大寺の大仏殿、京三は京三郎で京都御所の
大極殿です。つまり日本で一番大きいのは出雲大社、次が大仏殿、三番目が京
都御所の大極殿というわけです。
(神道から見たこの国の心 樋口清之 井沢元彦 共著 P109
 徳間書房 刊)
 
当時の大仏殿の高さは15丈で、出雲大社は現在の社の2倍の16丈(48m)
あったそうで、古代出雲史博物館に復元された模型が展示されていますが、
48mの社まで伸びている階段を見た時は魂消(たまげ)ましたね。高所恐怖症
の私には登れません。
 
井沢元彦氏の「卑弥呼伝」(集英社 刊)には、殺人事件を絡めて、卑弥呼が
殺された原因は日食にあったことや、邪馬台国の位置、政治体制から伊勢神宮
と出雲大社の関係がわかりやすく解き明かされています。天照大神が男神であ
るとの推理は江戸時代からあるそうで、哲学者、梅原猛氏の推論を紹介してい
る話には驚かされました。江戸時代は儒教が盛んで、男尊女卑が浸透していま
したから女神では気に入らず、天皇より将軍が威張っていたので、こういう発
想も自由にできたのでしょう。戦前のように、天皇が神格化された皇国史観の
時代にこういうことを言えば、「私は間違いなく死刑」と梅原氏はおっしゃっ
ていましたが、こういった本を読むたびに、不備なところがあるとはいえ、民
主主義の世の中に生まれてよかったと感謝せざるを得ません。
 
古事記には、大和朝廷が誕生するまでの熾烈(しれつ)な勢力争いが語られて
いると先生は分析しています。古事記は、語り部の稗田阿礼の覚えている話を
太安万侶が書きとめたといわれていますが、何人もの編集者がいて、その陰の
チーフは藤原不比等で、古事記と日本書紀を編纂し、日本建国の経緯を記録し
たものとの説は説得力があります。さらにその意を深めてくれたのは、阿刀田
高氏でした。
 
 これからの数行は、学問的根拠の薄い私の文字通りの私見なのだが……神話
というものが歴史に入り込むのは、たいてい王国が興隆を極めた時である。周
囲の群雄勢力を平定し、強力な国家が誕生し、権勢ゆるぎない王が君臨すると、
「俺の血筋はそんじょそこいらの馬の骨とは違うんだ。ずっと昔から由緒のあ
るものとして、かくかくしかじかの歴史を持っているんだぞ」と、その礎(も
とい)の確かさを文献として残したくなる。つまり神から与えられた王座なん
だということを、あと追いの形で記録したくなる。古事記も日本書紀もそうだ。
他にも類似の例はたくさんある。
(「旧約聖書を知っていますか」 阿刀田 高 著
 P241~242 新潮社 刊)
 
イザナギ、イザナミの尊(みこと)の国造りの後、出雲族と天孫族が争い、天
孫族が勝って大和朝廷が誕生。律令国家として基礎固めが出来た時、国家の柱
となる天皇家とそれを支える藤原一族の繁栄と権威づけるために書かれたのが
記紀だとなると納得できますね。初代の神武天皇から九代開花天皇までは、百
歳をこえる年齢から実存しなかったのではと諸説紛々ですが、面白いのは、日
本はイザナギ、イザナミの尊が相和して国を作ったのに対し、旧約聖書によれ
ば天地創造は、「在って、在り続ける者」という神さまが7日間かけてお一人
で創られたそうです。神様には名前など必要ないのでしょうが、モーセがお伺
いを立てたところ「在って、在り続ける者」とお答えになったとか、阿刀田氏
の受け売りですが(笑)。
 
事実云々はともかくとして、古事記の「天地開闢」、旧約聖書の「天地創造」
を経て世界は誕生し、神武天皇から神話の世界は終わり、聖書では神様がアダ
ムとイブを作り、禁断の実を食べ神の園を追放されてから人類の歴史が始まり、
新約聖書の時代になったと考えるとわかりやすいのではないでしょうか。それ
にしても、常に宗教がらみの部族間、国家間の争いに終始しているのは、どう
したことでしょうか。紀元前13世紀頃、モーセに率いられてエジプトを脱出
し、イスラエルが建国されたのは1948年で、何と3000年という想像を
絶する歳月が流れたにしては、その後も争いが続いているのですから、熱しや
すく冷めやすいわが民族では、想像できないことです。その辺の経緯は、阿刀
田氏の「旧約聖書を知っていますか」に書かれていますが、肩の凝らないしゃ
れた表現がわかりやすく、興味のある方には、一読をお勧めします。
 
先に紹介しました「天の岩戸」の後には、「八俣大蛇」「因幡の白兎」「海幸彦と
山幸彦」の話が続きますが、私の年代では、子守唄代わりに聞かされていたと
記憶しています。およそ1300年前に書かれたものですが、今ある地名がた
くさん出てきますから、何やらタイムトンネルに迷い込んだような気持ちにな
りますね。
読んでみると、人間味あふれる神話から、なぜ、戦前に天皇の神格化というプ
ロパガンダ(組織的な主義、思想の宣伝活動)が生まれ、日本民族がのめり込
んでいったのか、不思議な気がしてなりません。この経緯を司馬遼太郎の「竜
馬がゆく 風雲編」(文芸春秋刊」や「この国のかたち 第3巻」(新潮社 
刊)に書かれており、力不足で足踏みしていますが、いつか紹介したいもので
す。
その「因幡の白兎」ですが、平成23年4月から教科書に採用されています。
戦後の教育では、古事記の神話は事実でないことから全部、否定され、軍国主
義復活の基になると切り捨てられ、日陰の存在として無視されていましたが、
これは歓迎すべきことではないでしょうか。
 
ところで、出雲大社では、平成25年5月に60年ぶりに「平成の大遷宮」、
本殿の修造が終わり「本殿遷座祭」が、10月には伊勢神宮の社殿を作り替え
る20年に一度の大祭、「式年遷宮」が執り行われました。出雲大社といい伊
勢神宮といい、神話の世界が現在まで受け継がれ、日常生活の中に自然と溶け
込んでいるのは、世界広しといえども日本だけでしょう。皇紀2674年の時
空を経て実現したのが、平成26年10月に行われた高円宮典子さまと出雲大
社宮司、千家国麿氏のご成婚。典子さまは天照大神、天孫族の末裔で、国麿氏
は国を譲った大国主命を祀る出雲国造(祭祀を司る職)の末裔、国粋主義者で
はありませんが、悠久の歴史を感じないわけにはいきませんでした。
 
次は、伊勢神宮の霊験あらたかな話です。
伊勢神宮には、皇室の主神である天照大神が内宮に、外宮には食物を司る神、
豊受(とようけ)大神が祀られています。参拝された方はお気づきかと思いま
すが、神社には必ずあるしめ縄、狛犬、賽銭箱、おみくじなどはありません。
 
しめ縄のない理由は不明。狛犬は江戸時代頃から神社に設置されるようになっ
たもので当時はなかったから。賽銭箱がないのは、神宮の祭儀を主宰するのは
天皇陛下であり、天皇以外のお供えは紙幣禁断といって許されていないから。
おみくじがないのは、お参りすることが吉日で、おみくじは国の重要な問題を
解決するために神さまにお伺いするもので、個人的には吉兆を占うのは憚(は
ばか)られるという理由だからだそうです。どうしてもおみくじのほしい方は、
「おかげ横丁」で買えます。
(伊勢神宮の豆知識
 http://matome.naver.jp/odai/2138915798271580401より要約)
 
落語にも同じ話があり主人公は犬ですが、この話は猫です。猫というと、妖怪
変化など恐ろしい話が多いのですが、昔話だけに、ほのぼののとした構成にな
っている珍しい話です。
 
◆ねこのよめさま◆   中本 勝則 著
むかし、心のやさしい若者がいましたが、貧乏で嫁のきてもありません。ある
日、庄屋さまが猫を捨てようとしていたので訳を聞くと、ねずみも取らずに飯
ばかり食べる猫だからという。若者は猫を貰い、「たま」と名付け、わずかな
食べ物を半分あげかわいがりました。       
ある時、若者が畑から帰るとたまが寝ていたので、「留守の間に、そばでも引
いてくれ」といってみました。次の日、帰ってくると、うすの取っ手にしっぽ
を巻きつけ、うすを引いているのです。あんなことをいったので、そばを引い
てくれているのかと、そばだんごを作り、たまにも食べさせました。それから、
うすを引くのは、たまの仕事になったのです。
ある晩のこと、「かわいがってもらいましたが、猫のままでは、恩返しができ
ません。お伊勢さまにお参りすれば、人間に変えていただけるそうですから、
お暇をください」といったのでした。若者は、それも一理あると考えて、銭を
首に結びつけて旅に出したのです。しかし、若者は心配でくわを持つ手にも力
が入らず、畑に出る日が少なくなったのでした。
それから一年たったある日のこと。若者が畑でぼんやりしていると、若い娘の
声が聞こえたではありませんか。何と伊勢参りに行ったたまが、かわいい娘に
なって帰ってきたのでした。若者は大喜び、娘を嫁にして畑仕事に精を出し、
幸せに暮らしたのです。
  十一月のお話   きつねのよめさま 松谷 みよ子/吉沢和夫・監修
           日本民話の会・編 国土社 刊 
 
池波正太郎の「鬼平犯科帳」には、浅草の回向院に建てられた猫塚の話があり
ます。両替屋に飼われていた猫が、小判を盗み出した現場を押さえられ、殺さ
れてしまいます。この猫は両替屋にやってくる魚屋さんから、いつも魚をもら
っていました。ところが、魚屋さんが風邪をひいて寝込んでしまい、一人暮ら
しで薬どころか三度の食事まで事欠く始末だった時、心配した猫が、店から小
判三両を盗み出し、魚屋さんへ持っていったことが後でわかったのです。猫の
恩返しをした心がわからずに殺されてしまったのを不憫に思い、建てた猫塚だ
そうです。動物の恩返し、真剣に聞く子ども達の目は、いつも輝いています。
 
ところで、この回向院には、義賊といわれた鼠小僧次郎吉の墓があり、墓石の
欠けらを持っていると、「賭け事に勝つ」「運がつく」、受験生などには「す
るりと入れるご利益がある」といわれ、墓石を欠きとる人が絶えず、現在は墓
前に真っ白な「欠き取り用の墓石」が置かれています。インターネットで見る
ことができますが、次郎吉は今でも有名人なんですね。織田信長父子の供養塔
がある京都市の大雲寺には、安土桃山時代の大盗賊、石川五右衛門の墓があり、
墓石を削って呑ませると盗癖が治ると信じられ丸くなっているそうで、二人と
もお役に立っているようです(笑)。
 
ひな祭りに欠かせないのは桃の花、神さまに捧げる榊(さかき)も訳ありでし
ょう。少し恐ろしいですが、その言われを残した昔話があります。
 
◆鬼退治◆   おざわ としお 再話
むかし、ある村に元気のいい若者がいました。ある時、村に誰も来なくなり、
若者は峠に化け物でも出ていると思い、家に伝わるやすりを持って退治に出か
けたのです。山道の途中、たき火をしている老人に会いましたが、若者の行く
手をじゃまするので腹をたて、けとばしました。すると、「わしには娘が三人
いて、威勢のいい若者を婿にしたいと探していたのだ」と言うので若者は承知
し、老人の家に行ったのです。立派な家でしたが、若者が門を入ると閉まり、
かんぬきの掛かる音がするのです。鬼の家かもしれないと老人についていくと、
家の前に二頭の馬がつながれ、裏には人間のしゃれこうべが積まれています。
老人は、若者を座敷に招き、三人の娘がもてなしてくれました。夜になると、
誰を嫁にするかと言うので末の娘を指名すると、「奥へ行って休みなさい」と
娘には赤い星の、若者には白い星の模様の布団を用意したのです。若者は何か
あると思い、娘が寝こむと自分の布団を娘にかけ、娘の布団を自分にかけ眠っ
たふりをしました。真夜中に鬼となった老人は、槍を持って現れ、白い星の模
様の布団を刺すと、「料理は明日の朝だ」と戻っていったのです。若者は逃げ
ようとしましたが、戸にはかんぬきがかかり出られません。そこで、やすりで
こするとかんぬきは切れ、若者はつないであった馬に乗り逃げたのです。気づ
いた鬼は馬に乗り追いかけていきました。倒れていた大木を若者の馬は跳び越
えましたが、鬼の馬は大木に足をひっかけ、鬼もろとも下の滝に落ちたのです。
倒れていた大木をみると榊でした。無事に家へ帰った若者は、それから神さま
を拝む時には、榊を使うようになったのです。うりや、うんぷんだりょん。
 日本の昔話 5 ねずみのもちつき
  おざわ としお 再話 赤羽 末吉 画     福音館書店 刊 
 
最後に出てくる「うりや、うんぷんだりょん」は、「これで話は終わり、めで
たし、めでたし」という意味で、いろいろなのがあり、「とっぴんぱらりのぷ
ぅ」といった奇妙なものがあったと記憶していますが、地方によって違うよう
です。
 
次の話は笑えますね。一休さんをはじめ、和尚さんと小僧さんの話には傑作が
そろっています。いわゆる「とんち話」ですが、これも素晴らしい。「山川草
木悉皆(しっかい・ことごとく)神性」などと冗談ですが、「至る所に神さま
あり」ならではの話です。
 
◆かみがない◆   鶴見 正夫 著
むかし、あるお寺の小僧さんが、和尚さんのお供で出かけました。途中まで行
くと、小僧さんは小便をしたくなり、道端によって着物の前を広げました。和
尚さんは、「そこには道の神さまがおられるので駄目だ」といいます。小僧さ
んはこらえました。少し行くと畠があったので飛び込み小便をしようとすると、
和尚さんは、「そこには、作物の神さまがおられるから駄目だ」といいます。
少し行くと川があったので、川へむかってかけ出しました。すると、「川には、
水の神さまがおられるから駄目だ」といいます。どうにも我慢できなくなった
小僧さんは、下っ腹を抱えて土手に登りました。そこには地蔵さまがありまし
たが、構ってはいられません。地蔵さまの前で小便をしようとすると、土手の
下から和尚さんは、「駄目だ!」と怒鳴りましたが、小僧さんはもう我慢がで
きません。すると、何を思ったのか道の方へ向きかえ、着物の前をひろげてシ
ャーと小便を飛ばしました。小便は、土手の下の和尚さんの、つんつるてんの
頭にかかりました。「何をするんだ」と和尚さんは、びしょ濡れの頭で怒鳴り
ました。すると小僧さんは、すました顔でこういったのです。「和尚さんの頭
は、つんつるてん。そこには、髪がないからよろしいでしょう」
 とんちでころり 鶴見 正夫・文 ヒサ クニヒコ・絵 ポプラ社 刊 
 
人間の周りは、神さまだらけを実証した話ですが、落ちの語呂合わせには、神
さまも吹き出すことでしょう。
 
睦月、如月、弥生と懐かしい陰暦の月の名称が出てきましたが、昔はどんなこ
とをしていたかわかる話があります。「鬼の目玉」(2月)にもありましたが、
全部の部屋を説明しませんでしたから、ここで全てを紹介しましょう。
 
◆見るなの座敷◆   浜田 廣介 著
むかし、ある村の若者が、庭の梅の木の小枝に足をはさまれていたウグイスを
助けたことがありました。秋に若者はキノコを取りに行って迷子となり、ある
家の所へ出たので声をかけると、娘が出てきたのです。道を尋ねると方向違い
だとわかり、途方に暮れていると、「今晩、ここに泊り、明日、いらっしゃれ
ば」と。喜んだ若者を庭の縁側に招き、「母を呼んでくるので待っていてほし
い。しかし、座敷の中を見ないでください」と言って出かけたのです。時間が
経ち手持ちぶさたになった若者は、透き間から座敷の中をのぞいてみました。
そこは一月の座敷で、床の間に松竹梅の鉢植えと鏡もちが供えられ、子どもが
晴れ着をきてすご六遊びをしているのです。不思議に思った若者は、次の座敷
をのぞきました。そこは二月の座敷で、稲荷様の初午祭りの様子でした。隣は
三月の座敷でひな祭り、次は四月の座敷で花祭り、次は五月の座敷で端午の節
句、次は六月の座敷で山開きの日の様子が、次は七月の座敷で七夕祭り、次は
八月の座敷でお月見の様子が、次は九月の座敷で豆が実りアワも穂を下げて揺
れています。次は十月の座敷、刈り入れ時でお百姓さんの働いている様子が見
えるのです。次は十一月の座敷で、枯れ木が目立ち山には雪がかかり寂しい眺
めです。最後は十二月の座敷で、人々は正月を迎える支度をしています。一年
続きの座敷を見た若者は、元へ戻ろうとしたとき娘が現れたのです。「私は、
助けていただいたウグイスです。お礼をしようと思っていましたのに、どうし
て、のぞきなさったの、見るなの座敷を。ホー、ホケキョ!」と鳴くと、娘も
家も庭もなくなり、若者一人が、ぼんやりと林のやぶの中に立っていたのでし
た。
世界民話の旅 9  日本の民話  浜田 廣介 著 さ・え・ら書房 刊 
 
日常生活を快適に過ごすために、やってはいけないことを定め、破ると破局を
招く話は、「古事記」に豊玉姫の出産をのぞいたことから離別する神話がある
ほどで、「他言してもらっては困るのだが」といった約束と同様、守られない
ようです。「千夜一夜物語」にも同じような話「アジプと40人の美女」があり、
部屋は40で「のぞいてはいけません」の約束を破りとんでもない結果になる
のですが、好色な話なので割愛します。アラブの世界では40という数は「た
くさんある」という意味で使われるそうです。中国では「白髪三千丈」、日本
では「八百万」となりますが、ちっちゃな島国にしては何とも大げさな表現で、
笑ってしまいますね。しかし「日出ずる処の天子、日没する処の天子に致す、
恙(つつが)なきや」、隋の煬帝に送った聖徳太子の国書ですが、「その意気
やよし」で、私は好きですね。「中華思想に負けてなるものか」ですよ。
 
「世界民話の旅 9」には「見るなの座敷」の他に28の作品があり、「泣い
た赤オニ」の作者、浜田廣介の手になる再話集です。神話や民話は、私達祖先
の精神的な文化遺産です。幼い子どもの情操を培う大切なエッセンスが、こう
いった昔話ではないでしょうか。子どもは親が解説しなくても、分化されはじ
めたさまざまな情緒を育みながら、自分なりに解釈し、自分のものにしていき
ます。そこから幼いなりに自我が芽生え、自立心が育まれます。わが子を溺愛
する過保護な育児や、四六時中目を光らせ管理する過干渉な環境からは、情操
豊かな子など育ちません。自立心や積極的に取り組む意欲を育てることです。
そのためにも、お子さんをじっくり育てるゆとりを持ちましょう。二人の子ど
もを育てた実感ですが、子どもへの保護、干渉は、ほどほどに済ませるべきで、
干渉していいのは、躾です。「他人に迷惑をかけない」は共生の掟で、教える
のはご両親です。
 
携帯電話やスマートホンの使い方を見るにつけ、躾が出来ていないと痛感しま
すね。なぜ、混んでいる道路などで、歩きながら見なければならないのかな。
そんなに急いで処理しなければならないほど切迫した事情があるとは思えない
が、他人に不快感を与えているのかわからないのかな。スマホを見ながら自転
車に乗っている若者、あれは病気ではないかな。世の中、そんなに安全なとこ
ろなどあるわけがなく、周りの者が気を遣っていることに気づかないのかな。
全くの自己中で、格好悪い。何でも自分を中心にしか考えず、「思いやる気持
ち」が薄れていくそのもとは、幼児期の育児に問題があるのではないだろうか。
「褒める時にはやさしく褒め、叱るべき時には厳しく叱る」、これは親の真心
であり、子どもにとっては、最高の有難い手本であると考えますが、若い皆さ
ん方は、どうお考えでしょうか。
 
近くの小さな不老川の川辺には、彼岸花(曼珠沙華)が一斉に咲きました。花言
葉からも悪役的な存在で、ひっそりと咲く孤独な花と思っていましたが、埼玉
県日高市の「ひだか巾着田(きんちゃくだ)」、約500万本、一面真っ赤で
圧倒されました。
(次回は、「第13章 七五三でしょうな」についてお話しましょう)
 

さわやかお受験のススメ<保護者編>第12章 日本の神様でしょう 神無月(1)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
     2018さわやかお受験のススメ<保護者編>
         ~紀元じぃの子育て春秋~
     「情操教育歳時記 日本の年中行事と昔話」
       豊かな心を培う賢い子どもの育て方
           -第44号-
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
第12章 日本の神様でしょう  神 無 月(1)
                        
神無月(かんなづき)は「かみなしづき」とも「かみなづき」ともいわれてい
ますが、そのいわれは、この月には、全国の神さまが出雲大社に集まり、男女
の縁結びの相談をすることから、神さまが留守になる「神無い月」というのが
わかりやすいですね。反対に、出雲地方では「神在月」となります。
これにも異説があり、「神嘗月(かんなめづき)」「神祭月(かみまつりづき)」
という説、おもしろいのには、10月は雷がならなくなるから「雷なし月」と
いうのもあるようです。
 
★★神無月、風流です (1)★★ 
何だか、おかしなテーマです。
神無月といえば、昔の十月の呼び名ではありませんか。睦月、如月、弥生、卯
月、皐月、水無月、文月、葉月、長月、神無月、霜月、そして師匠も忙しく走
る師走ですが、何やら情緒があります。弥生賞、皐月賞というと、競馬の好き
な方には、おなじみでしょう。今まで紹介してきましたように、どの月も季節
感があります。詩情豊かで、こたえられません。1月、2月、3月よりも、睦
月、如月、弥生といった方が、何やら、雅やかな感じがしないでしょうか。
「年だからですよ」といわれそうですが、私は好きです。
 
その一つの神無月。
先程もお話しましたが、読んで字のごとく「神さまのいない月」です。とにか
く、日本人ほど、神さまの好きな民族は、いないのではないでしょうか。「八
百万の神」といって、何しろ八百万人、いや、神さまは人ではありませんから、
八百万の神さまです。「やおよろずの神」と読みますが、八百万の神さまがい
るわけではなく、たくさんいらっしゃるという意味でしょう。それにしても豪
勢ではありませんか。
 
若いお父さんやお母さん方には、あまり縁がないかもしれませんが、一軒の家
の中にもいろいろな神さまが住んでいらっしゃったのです。「いらっしゃった」
と過去形になっているのは、最近では、神社にしか神さまはいないと思われて
いるからです。
 
門には門神さま、家を守ってくれる家神さま、福の神と貧乏神がいらっしゃっ
たそうです。
台所に入ると、ガス、水道、電気のない時代ですから、あちらこちらに神さま
がいらっしゃって、火の神さま、水の神さま、かまどの神さま、井戸の神さま、
納戸の神さま、便所の神さまが、庭に出れば木の神さま、石の神さま、草の神
さま、花の神さま、外には山の神さま、川の神さま、森の神さま、まだいらっ
しゃいます、日の神さま、雲の神さま、風の神さま、雨の神さま、仏教でいう
ところの「山川草木悉皆成仏(さんせんそうもくしっかいじょうぶつ)」をまね
ると、こんな言葉はないでしょうが、「神が宿る」と解釈して、「山川草木悉皆
宿神」でどうでしょうか(笑)。(悉皆“しっかい” ことごとく)
 
とにかく、どこにでも神さまがいらっしゃったわけです。人の集落がある所に
は、必ず、その土地を守る鎮守さまがあって、人々の生活と密接な関係をもっ
ていました。いろいろと取り上げてきた年中行事にも、こういった神さまが顔
を出し、大いに楽しませてくれます。四季折々の大きな祭りから村祭りや、家
ごとの祭りまで、主人公は、こういった神さま達です。ある時期まで、日本は
農耕社会でした。頼りは、自然ですから、神頼みにならざるをえません。でき
るだけ災害が起きないように、そして、秋には豊作を願い、神さまにお祈りを
したのも当然なのです。
 
我がご先祖様は、仏教が盛んになった奈良時代に、日本の八百万の神さまは、
菩薩さまを始め様々な仏さまが化身して、日本の地に現れたものだと考えた本
地垂迹説を唱え、神さまと仏さまを一緒にお祀りしたのですから、争いごとは
大嫌いなんですね。仏教興隆に力をつくした聖徳太子の「和を以って貴しと為
す」は、神仏の世界まで浸透しているのですから、すごい話ではありませんか。
 
興福寺の五重塔は、皆さん方も修学旅行で訪れたと思いますが、もし解体され
ていれば、猿沢の池だけでは写りが悪いですね。幸い、仏教派と神道派が、ま
なじりを決するほどの争いにはなりませんでしたが、徳川幕府により日陰の存
在として頭を抑えられていた神道が復活し、再び神様が姿を現したのでした。
討幕派の掲げた錦の御旗は、皇室のご紋である菊ですが、やはり意味ありなん
ですね。
 
平成27年8月14日に発表された安倍首相の談話で素直にうなずけたのは、
「あの戦争に何ら関わりのない私達の子や孫、そしてその先の世代の子ども達
に、謝罪を続ける宿命を負わせてはなりません」の部分で、子どもや孫、その
先の世代の子ども達のことを考えれば、答えは自ずと出るのではないでしょう
か。家庭を築き、安心して生活できる環境を作り、妻や子を守る、それを妨げ
るものには命をかけても立ち向かっていくのが父親であり母親ですが、健全な
財政確保と安全、政治も基本的には子育てと同じだと思いますが、若い皆さん
方はどうお考えでしょうか。
 
それはさておくとして、日本の神さまは、他の国の神さまとは違います。昔の
神さまは、いってみれば人間と同居していたのです。ですから、願い事は、す
ごく現実的で、日々の生活に密着していました。しかし、今の神さまは、怒っ
ています。何しろ、困った時だけの神頼みですから。正月にしか顔を見せない
人が、多いのではないでしょうか。安いお賽銭で、厚かましく、いろいろと祈
願しても、それは無理というものです。
 
神無月は、その神さま、八百万の神さまが、島根県の出雲大社にお集まりにな
る月で、盆暮れの民族大移動の比ではありません。何しろ、八百万の神さまで
すから、スケールが違います。
「神迎祭(かみむかえさい)」といい、集合日は旧暦の10月11日。場所は
稲佐浜(いなさのはま)、八百万の神さまは、竜蛇神(りゅうじゃしん)に導
かれ、海からお集まりになりまして、出雲大社へ向かわれます。滞在期間は、
17日までの7日間。神々のお宿は、境内の東西に並ぶ「十九社」、何とも素
朴な建物です。
 
本殿では、11日、15日、17日に「神在り祭(かみありさい)」が行われ
ます。本殿の高さは24メートル、大社造といわれ、わが国、最古の神社建築
様式で、神話でおなじみの「だいこくさま」と呼ばれている「大国主大神(お
おくにぬしのおおかみ)」が祀られています。
境内には、古代本殿の跡が発掘されており、何と柱の高さが8メートルもあり、
復元図を見ると、古の人々、平安時代の高度な建築技術に、たまげましたね。
驚くついでにもう一つ、拝礼を行う「拝殿」には、長さ7メートル、胴回り4
メートル、重さ1.5トンのしめ縄が、デーンと飾ってあります。このしめ縄
ですが、普通の神社で飾る向きと逆になっています。(これを覚えておいてく
ださい)
 
話題の中心は、何といっても自然災害回避、生産性向上、五穀豊穣、家内安全
です。
たとえば、雨の神さまには、「えこひいきせずに全国に万遍なく雨を降らせな
さい」とか、風の神さまには、「稲が花を咲かせ実をつけるころには、情緒不
安定にならないように配慮してほしい」とか、雲の神さまには、「日輪の神さ
まと仲良くしてほしい」とか、「下野の国の何々村は、信心深いので豊作にな
るよう心してほしい」などと話し合うのでしょう。                       
 
次に、何といっても神さまの大切なお仕事は縁結びです。
こういうところが好きですね。子孫を残さないと神さまの存在意義がなくなり、
寂しいからだと推察します。いろいろな神さまが、適齢期の男女の情報を交換
し合い、これがよかろうと縁組を決め、次々と赤いひもを結んでいく、これが
「赤い糸」の伝説です。今はキリストの前で、愛を誓うのが流行っていますが、
昔は何といっても神前結婚でした。神さまに、添い遂げることを誓ったのでし
た。成田離婚など、赤い糸も頼りなくなりましたが、神さまも首を傾げている
のではないでしょうか。何といっても情報過多社会です。もしかしたら、神さ
ま方も混乱しているのではないでしょうか。そういえば、すっかり酔っ払って
しまった神さまが、変な糸の結び方をしてもつれてしまい、三角関係を作って
しまった落語があったと記憶しています。最近、若者に縁結びが少なくなって
いるのも、もしかすると、神様をないがしろにしていることへの戒めではない
でしょうか(笑)。
 
誠に僭越な話ではありますが、普段、神さまは、どうやらお眠りになっていら
っしゃるのではないかと思える節があるのです。
神前で何かが始まるとき、必ず、大太鼓をドンドンと打ち鳴らし、神主さんも
「ゥ…………」と、これまた大音声を発します。仏さまも、鐘や木魚の音がお
好きのようです。日本の神さまだけではありません。教会でも、ミサの始まる
前に、パイプオルガンをガンガン奏(かな)で、いや、荘厳に演奏し、賛美歌
を歌います。いずれも、神さまにお目覚め頂くための儀式ではないかと思えて
なりません。
 
ところで、出雲の人々は、逆に「神在月(かみありづき)」ですから大変です。
何しろ八百万の神さまです。この間は、音曲、歌舞のたぐいは、一切禁止。神
さまの会議が無事終了するまで、ひたすら静かにひっそりと暮らします。神さ
まの中には、酔っ払って人に迷惑をかけるお方もいるかもしれません。何しろ
日本の神さまは、お酒の上での問題には、実にご寛容です。その証拠に、神事
にはお酒を欠かせませんし、神棚にはお神酒を差し上げます。
ですから、民話や昔話には、実に傑作な神さまがいらっしゃいます。どう考え
ても神棚から見下ろしている感じがしません。どこから、こういった発想が出
てくるのかと、しみじみ考えさせられる話が、たくさん残っています。夢があ
るのです。そうです、夢があるんですね。夢や希望をもたせる、これも神さま
の大切なお仕事です。
 
そして25日(原文のまま)は、神さまが出雲を去っていく日で、この日を神
去日(かんさらび)といい、その夜は明るいうちから戸を閉め、外の便所にも
ゆかなかったとか。その頃から吹き始める季節風、西南西(あなじ)が、あた
かも神さまが道路を駆け去って行く風の音と考えられ、恐ろしさに震えていた
そうです。
(「菜の花の沖 2」P242 司馬遼太郎 著 文春文庫 刊より要約)
 (次回は、神無月、風流です2についてお話しましょう)
 

このページのトップへ