めぇでる小学部

  • ことばの学校
出版物・問題集のご案内 よくある質問 めぇでる教育研究所 ワクわくアトリエ メールマガジン お受験情報・リンク

HOME > めぇでるコラム > 2021幼稚園受験 > さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>創刊号

めぇでるコラム

< さわやかお受験のススメ<保護者編>創刊号  |  一覧へ戻る  |  さわやかお受験のススメ<小学校受験編>有名小学校の入学試験とは■■[1]求められる四つのパワー■■ >

さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>創刊号

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
   「2021さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>」
            創刊号
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
幼児教育に携わり30数年になりますが、私が若いお母さん方に訴え続けてき
た幼稚園選びとは、畏れ多くも、新約聖書ヨハネによる福音第1章にある「創
世は神の言葉から始まった」「初めにことばがあった」を拝借したもので「はじ
めにご家庭の育児の方針にありき」でしたが、これをより具体的に表したのが、
既に明治時代にあったのです。高等小学校(現在の5,6年生)の家庭に配布
された「家庭心得」で、「教育の道は家庭の教えで芽を出し、学校の教えで花が
咲き、世間の教えで実がなる」でした。
「教育の道は家庭の教えで芽を出す」は、「はじめにご家庭の育児の方針にあり
き」そのものではないでしょうか。
 
幼児期は、どういった花を咲かせるか、その芽を生み出す根をしっかりと作る
時期です。我が子にはどういった人生を歩ませたいか、そのためにはどういっ
た教育が必要であるか、長いスパンで描かれた設計図が必要です。それを実現
するための最初の一歩、それが幼稚園選びの基礎、基本です。
 
平成9年に、開園以来、初めて実施した白百合学園幼稚園の入園説明会で、メ
モの再現ですから文言は正確ではありませんが、川崎園長はこうおっしゃって
いました。
 「私どもが希望しておりますのは、小さい時から、入園テストとか
  面接を受けて訓練されることではなく、むしろ、日常の生活の中で、
  特にお父さま、お母さまの、生きたお手本の中で育てられたお子さ
  ま方、そして年齢相応に基本的な生活習慣が、これはまだ完全にで
  きませんから、ある程度、身についているお子さま方、明るく、素
  直で、いきいきとしているお子さま、そういった子ども達を歓迎し
  ています」
 
そのためには、どういった保育が必要であるか、説明会へ参加して、多くの情
報を得ることができました。一つの例として、桐朋幼稚園の求める子ども、「好
奇心旺盛で 年齢相応の 無邪気さがある子」を紹介しましょう。
  幼稚園入試のための塾も盛んだと聞くが、そこでの学習が
  「ハイ、よくできました」「まだダメですね」的な評価を伴う
  ものばかりだとすれば、そこでの体験は「できる子・知って
  いる子はイイ子」とか「できない子・知らない子はダメな子」
  という観念を植えつけてしまう。そのような観念をもった子
  どもは、「できたかどうか」ばかりが気になって、自分なりに
  判断して行動しようとする姿勢がもてなくなる。このことは
  大いに問題があると私たちは考えている。(中略)選考にあた
  って、子どもを見るのではなく、親の子育ての仕方を見てい
  るといえるかもしれない。実際、「年齢相応の無邪気さのある
  子どもであることが大事」と考えるものにとって、過保護・
  過干渉・教育要求の過剰などは、親にとって都合の「イイ子
  ちゃん」を作るとは考えられても、好奇心の旺盛な「年齢相
  応な子」を育てるとは考えにくい。
 
「できる子・知っている子はイイ子」とか「できない子・知らない子はダメ
な子」という観念をもった子どもは、「できたかどうか」ばかりが気になって、
自分なりに判断して行動しようとする姿勢がもてなくなり、過保護、過干渉
に加え、「あなたのためです!」といった教育要求の過剰は、成長をしっかりと
踏まえたものでなければ、子どもたちを苦しめるだけではいないでしょうか。
 
駆け出しであった当時の私には、バイブル的な言葉として染み込んだもので
した。
3歳は、性格の土台作りの時期、「三つ子の魂まで」といわれているように、
将来に大きな影響を与えますから、受験も慎重に取り組むべきだと思います。
 
本メールマガジンは、過去の説明会で伺った情報をもとに、無事、合格の二
文字を獲得するには、何が必要であるかを紹介することを目的に構成された
ものです。一緒に頑張ってみませんか。微力ながら、応援させていただきま
す。
              めぇでる教育研究所 所長 藤本紀元
 

カテゴリ:

< さわやかお受験のススメ<保護者編>創刊号  |  一覧へ戻る  |  さわやかお受験のススメ<小学校受験編>有名小学校の入学試験とは■■[1]求められる四つのパワー■■ >

同じカテゴリの記事

さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>第2号

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
   「2021さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>」
            第2号
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
少年が、何やら事件を起こすたびに、心が痛みます。
犯罪は凶悪化し、加害者の年齢は下がってくることに、恐怖さえ感じます。
「親の顔が見たいわ!」
「どんな育て方をしたのでしょう!」
当事者でなければ、何とでもいえます。
その少年を、その親を責めるのは簡単ですが、それで済まされないほど、事件
は日常茶飯事化しています。
 
脅かすようですが、これは、決して人ごとではありません。
親は、いつ、同じ立場に立たせられるかわからないからです。
中学生、高校生になると、親のいうことなど煩わしくて、聞く耳を持たなくな
ります。いくら、「冷や酒と親の意見は後で利く」といっても、馬の耳に念仏で
す。
馬は向かってきませんが、現代っ子は、親にさえ牙をむきます。
親も逃げ腰です。
心の拠り所であるべき家庭が、その役目を果たさなくなったとき、親子の絆は
切れます。原因は、どこにあるのでしょうか。
 
いろいろと指摘されていますが、その一つとして、小学校へ入る前の幼児期に
問題があるような気がしてなりません。
「三つ子の魂百まで」といいますが、昔の人は、よいことわざを残しています。
しかし、このことわざを、「お勉強は、早ければ早いほど効果がある!」と考え、
早期教育に走るお母さん方がいるようですが、そういうことではありません。
3歳頃までに育てられた環境を、そのまま背負って生きていくという意味です。
3歳は、子どもが親のもとを離れ、自立の始まる時期です。
親から離れ、独り立ちするための準備期間です。
この時期に、子どもの人生を左右するものが、たくさんあるような気がします。
その一つが、お子さんを取り巻く環境です。
といっても、物質的にゆたかな環境ではありません。
自立心を育て、豊かな情操を育み、「物事に取り組む意欲と相手を思いやる気持
ち」を育てる環境です。
 
お子さんの成育史を考えてみましょう。
 
1歳は、五感を通して感じる光や音、匂いや味、肌触りなどに反応して学ぶ「条
件反射の時期」といわれています。
まだ、言葉もわからない赤ちゃんが、「これがママの匂い、何といい匂いだろ
う!」と見えない目でイメージ化が行われているそうです。
 
2歳になると、「ボクもやってみたいなあ。どうすれば、ママやパパのようにで
きるのかなぁ?」と観察が始まり、やってみようとする意欲が芽生える「模倣
の時期」といわれています。
 
3歳になると、「ボクが、自分でやる。お手伝いしないで!」と、何でもやって
みようとする自発性が培われる「自立の時期」といわれています。
 
ですから、目一杯、手をかけてもいいのは、3歳までです。
3歳になれば、干渉や保護の手をゆるめ、お子さん自身にさせるように仕向け
るのが、お子さんにとっては有り難い育児であり、お母さん方にとっては賢い
育児なのです。
この時に、赤ちゃん時代と同じように、過保護や過干渉な育児の環境を作って
いると、どうなるでしょうか。
少し長くなりますが、中国の話を紹介しましょう。
 
 1「五香の儀式」の意味
   中国において、生れた赤ちゃんには乳をやる前に、
   ○まず、酢をなめさせる。
   ○つぎに、塩をなめさせる。
   ○そのつぎに、苦い薬をなめさせる。
   ○四番目は、とげのあるかぎかずらをなめさせる。
   ○最後に、砂糖をなめさせる。
  この「五香の儀式」を行ったという。この世に生れ出た赤ちゃんに、人生は、
  「すっぱく」「からく」「苦く」「痛い目」に遭わなければ、甘いものには
  ありつけないことを、身をもって体験させるのである。今もこの習慣が残っ
  ているとすれば、すばらしいことであると思う。何しろ、生れたときから過
  保護に育てすぎる。親としては愛情を注いでいることになるのだろうが、ひ
  よわな人間が多すぎる。ちょっと困難なことに直面すると、簡単にギブアッ
  プしてしまう。
 (「眼からウロコが落ちる本」p20 笠巻 勝利 著 PHP文庫
   PHP研究所 刊)
 
かまいすぎではないでしょうか……。
ですから、いつまでも親に甘えます。
親が徹底的に面倒をみてきましたから、子どもは親離れができず、親も同じよ
うに子離れができない話をよく耳にします。
小学生になっても、四六時中、子どものすることを知りたがる親、いわゆる管
理ママがいるそうですが、聞いただけでもうっとうしい限りです。
こういった親を「KYJTママ(空気読めない自己中ママ)」というそうですが、
やがてモンスター・ペアレントに変身します。
こういうお母さん方は、おそらく、「子育て」を生きがいとし、子どもが社会人
になっても、管理の手を緩めないのではないでしょうか。
迷惑するのは子ども自身で、子どもは親から離れていくものです。
皆さん方も、ご両親の愛情あふれる家庭から巣立ち、自立できたからこそ、一
家を構えられたのではありませんか。
 
過剰なまでの愛情をかけてもいいのは、2歳頃までだと思います。
衣服の着脱、食事、排泄などの基本的な生活習慣を取り上げてみても、お子さ
ん自身が、自分の意志で挑戦し、失敗を繰り返し、やっとの思いで身についた
ことがあったのではないでしょうか。
その時のお母さんは、決して叱り飛ばさず、「頑張れ!」と、あたたかく励まし
続けませんでしたか。
失敗しても叱られないで励まされる、そこから自分で取り組む意欲が生れ、あ
たたかく見守ってくれるお母さんのやさしい気持ちから、お子さんの心に相手
を思いやることができるやさしさが、培われてきたのではないでしょうか。
 
いろいろなことに取り組み、どうしたらうまくできるかと考え、試行錯誤を積
み重ねることから、幼いなりに考える力が、実行する力がつき、体を動かすこ
とで基礎体力もついてきたのです。
「失敗は成功のもと」、育児は、まさにこのことわざの示す通りではないでしょ
うか。
失敗した悔しさが、新たな挑戦への起爆剤になります。
 
しかし、現代っ子は、失敗を恐がります。
親も失敗しないように仕向けているようですが、これは考え直す必要がありま
す。
何事にも親の手を借りていては、何でも自分の思うようになると勘違いをし、
わがままで、身勝手な子にならないでしょうか。
相手の気持ちを考えていませんから、思いやる心などは育ちません。
 
また、親が手を貸しすぎて失敗する機会が少なければ、自分でやってみようと
しても、やり方や手順がわかりませんから、積極的に取り組む意欲は育まれま
せん。
 
親が手を貸して上手にできるより、格好よくできなくても、時間がかかっても、
自分の力でやってできた方が、どんなに大切で、どんなに素晴らしいことか、
皆さん方は知っているはずです。
つい、この間まで、やってきたではありませんか。
その心は、「早く独り立ちしてほしい」ではなかったでしょうか。
 
幼稚園の受験を考えていられるお母さん方、今、赤ちゃんを育てているお母さ
ん方に、絶対に忘れてほしくないことがあります。
それは、育児は育児しながら「育自」する、自分を育てる素晴らしい仕事であ
ることです。
仕事に参加したくても参加できない人も大勢います。
辛いことも多々あったでしょうが、振り返ってみれば、楽しい思い出になって
いるのではないでしょうか。
賢いお母さんになってほしいと思います。
 
皆さんが希望される名門幼稚園では、「堅実な家庭を築くお父さん、それを支え
る『謙虚で賢いお母さん』に育てられたお子さん」を歓迎しているからです。
合格の鍵を握るのは、「賢いお母さん」になることです。
では、どうすればよいのでしょうか、これから一緒に考えていきたいと思いま
す。
(次回は、「思い出してください、お子さんの赤ちゃん時代を……」についてお
話しましょう)
 

このページのトップへ