HOME > 幼児教室めぇでるとは

幼児教室めぇでるとは

めぇでる紹介

幼児教室めぇでるの目標は「輝く瞳と頑張る心」を持った心優しい子どもたちの育成です。幼児教室めぇでるについてまず知ってください。 大切なお子様の大切な時間を過ごす場所です。納得できる幼児教室をお選び下さい。 - 満足度100%をめざして -

幼児教室めぇでるは、幼児教育に携わって34年目を迎えました。1歳児・2歳児・3歳児・年中児・年長児のお子さまを対象に、幼稚園受験と小学校受験を目指すご家庭と共に歩んでまいりました。千葉県市川市の教室ということで、江戸川区をはじめとする東京都や埼玉県三郷市など、広い範囲から通会いただいている教室です。

幼児対象の受験塾や教室は、小学校や幼稚園に合格していただくことが第一の目標です。しかし、幼児教室めぇでるは「受験のためだけの塾・教室」にとどまらず、 お子さまの将来、この先を長く見据えた幼児教育に主眼を置き、日々子どもたちに接しています。

学習や育児に関してのアドバイスも随時行っております。小学校受験・幼稚園受験に関してご心配な点やご不明点がありましたら、お気軽にご相談ください。

幼児教室めぇでる 2020テーマ 『夢のある世界 夢の持てる子供に』

今年度のめぇでるのテーマは引き続き「夢のある世界 夢の持てる子供に」です。

米国のハーバードやエール大学等有名大学への日本からの留学生が激減しているとのニュースが時々流れます。2000年に比べて2010年は40%以上減少。同じ貿易立国の隣国大韓民国の半分以下の人数だそうです。

もしこのまま、日本の子どもたちが海外に目を向けなくなったら、日本の未来はどうでしょう。発展することが出来るでしょうか。めぇでるは夢を持ち広い世界に飛び立つ子供たちの育成を目指します。(心強いことに、私の子供やその従兄弟たちは、米国やヨーロッパの国々に留学したり、結婚して居住し、研究活動や仕事等で夢を追い続けています)

18年の長きに渡り、大手幼児教室の市川教室として親しんできていただきました当教室は、2003年3月より「幼児教室めぇでる」として生まれ変わりました。

幼児教室めぇでるの「めぇでる」とは、かつて大手幼児教室であった時の年長児クラスで創造性を伸ばすことを目的とした「メ-デル」というクラス(現在のS2)があり、覚えやすいネ-ミングそして内容も大変楽しく学べるものということで、子どもたちに大変人気のある授業でした。そのメ-デルから名前をいただき「幼児教室めぇでる」と命名しました。

幼児教室めぇでるは、この16年で年長・年中クラスから大きく変わっています。3歳・2歳・1歳児クラスもかなり大きく変わりました。常に子どもたちにとってより良いものを追求しています。また受験のための最高水準のドリルやシリーズ化した問題集も次々に完成し大変好評を得ています。

「情報量は大手並み、指導は個人指導塾のようなキメ細やかさ」をモット-にし、実現します。

近年は私立小学校だけでなく、2011年には都内の国立大附属小学校の1次抽選で6名、2次試験で3名、3次抽選で2名が合格。2012年、都内は3次抽選で苦汁をなめ、県内は千葉大附属小には2名が合格。2013年は千葉大附属小に1名合格、2014年は筑波大附属小に1名、千葉大附属小にも1名が合格されました。2015年はお茶の水女子大附属小と筑波大附属小に各1名2次まで、千葉大附属小に2名合格です。2016年は筑波大附属小に1名、千葉大附属小にも1名が合格、2017年には学芸大附属竹早小に1名、千葉大附属小に1名が合格されました。2018年は筑波大附属小に1名、千葉大附属小には2名が合格されました。

私たちめぇでるは、「楽しく学んで豊かな心を育み、ユメミルチカラを取り戻し創造性を伸ばす教育」を行います。

20世紀から21世紀にかけて誕生し21世紀をまるまる生き、世界に羽ばたくべく生まれた幼児教室めぇでるの子どもたちにとっては、その創造力こそが世界で活躍する源ではないかと考えています。

発想力豊かでバイタリティ-があり、やり始めたことはどんな困難にも負けずやり抜くということがますます大切になってくると思います。

2008年のノーベル賞では物理学賞と化学賞を計4人の日本人が、2010年にも2人が化学賞を受賞されました。
2012年にはiPS細胞(人工多能性幹細胞)を開発した山中京都大学教授が医学生理学賞を受賞され、難病に苦しむ子どもたちにも大きな希望を与えてくれました。
2014年も日本人3人が青色LEDで物理学賞を受賞し、世の中を明るくしましたし、2015年は大村智氏が医学・生理学賞、梶田隆章氏が物理学賞を、2016年は大隅氏、昨年は本庶氏が医学・生理学賞を受賞され、今年もまた吉野彰氏が、誰もがその恩恵にあずかっているリチウムイオン電池の開発で化学賞を受賞されました。
今後も続くといいですね。

みなさんが目指している幼稚園、小学校が欲している子ども像は「明るく元気で素直な子」です。

幼児教室めぇでるの子どもたちは素直で明るく優しい元気いっぱいの子どもに育ちます。

子どもたちの1時間、1日、1ヶ月、1年は大人のそれらとは比較にならないほど大きなものです。

過ごし方によって成長の仕方は大きな差になって返ってきます。私たち、幼児教室めぇでるに携わるものは、そのことを肝に銘じ、子どもたちの1時間、1日、いや1分、1秒を幼児・子どもたちとともに、真剣に真心を込めて共に歩みます。

2019年12月
幼児教室めぇでる 室長 横山茂樹

動画で見るめぇでるの様子

このページのトップへ

テスト案内 資料請求