クラス/講習のご案内

  • 年長児クラス
  • 年中児クラス
  • 3歳児クラス
  • 2歳児クラス
  • 1歳児クラス
  • 特別講習
  • 時間割・日程

模擬テスト・講演会

  • 年長児模擬テスト
  • 年中児模擬テスト
  • 3歳児模擬テスト
  • 2歳児模擬テスト
  • 全統オープン
  • 合格テスト / テスト講習
itsuaki__240_p_01.jpg

めぇでる小学部

  • ことばの学校
  • ロボット教室
出版物・問題集のご案内 よくある質問 めぇでる教育研究所 ワクわくアトリエ メールマガジン お受験情報・リンク

HOME > めぇでるコラム

めぇでるコラム

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>入試問題を分析する[8]構成力・観察力に関する問題(3)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2018さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            (第42号)
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
 [入試情報]
国府台女子学院小学部の副学院長が、押田敏郎先生にかわりました。ホームペ
ージの挨拶の中に「オリーブグリーンルーム・スタート」の紹介がありますが、
これは以前にも紹介しました児童の基礎力固めの一環として、放課後等に指導
者の支援のもと自主的に学ぶ環境を学校内に設け、自主的学習の習慣化を図る
目的で、今年度より立ち上げたもの。児童の負担は無料。参加した生徒の評判
も好評とのこと。4月現在、授業時間が豊富な千葉日本大学第一小学校は、ア
フタースクールを実施していません。
 説明会日程
 第1回 平成29年 6月21日(水)13:30~15:00
 第2回 平成29年 9月16日(土)10:00~11:30 
     ※要web予約 
 学校見学会          
 第1回 平成29年5月20日(水)10:0~11:30
 以下、第6回までの日程も公表されています。何れも予約が必要で、詳しく
はホームページをご覧ください。
 
★★入試問題を分析する★★
[8]構成力・観察力に関する問題(3)  
 
[模倣の問題]
積み木やブロック、パネルなどを使って、お手本と同じものを作る問題です。
個別テスト向きでしょう。
 
★お手本(▽ ▽の上に長四角の積み木があり、その上に家の形がある)            
・これと同じものを作りなさい
                          
「三角の積み木を逆さまにして、できるかな?」                 
積み木で遊んだことがないと、こうなりがちです。できますが、コツがあり
ます。これは、やってみないとわかりません。                            
 
最近のおもちゃは、完成品が多いようですが、一概に悪いとは言いません。
それを利用して遊ぶことも、大切な仕事です。しかし、積み木やブロックは、
自分で設計し組み立てる遊びです。        
設計図を引くには、何が必要でしょうか。そのものを知ること、熟知するこ
とで、大切なのは観察力です。子どもは、自分の好きなものとなると、目つ
きが変わり、真剣、そのものですから、大人が気づかないところまで見てい
ます。そこまで夢中にさせるのは、好奇心です。模倣は、観察力と表現力を
見る問題ですが、そのもとになる好奇心が旺盛かどうかを見極めることもで
きます。
 
積み木を使った面白いゲームがあります。                    
実際に出題された問題で、積み木をできるだけ高く積むゲームで、「高く積
む」がポイントになります。長四角を立てないで横に置くと、高さが違って
しまいます。これに気づかないと、少し心配です。問題は三角で、置き方に
よっては、そこでゲームセットになります。                                               
 
積み木を持っていないお子さんには、買ってあげましょう。            
前にもお話しましたが、積み木で遊んだ後に、きちんと収納する習慣がつく
と、身辺の整理整頓にも影響がでると思います。おもちゃや絵本などの片づ
けが苦手な子は、こういった遊びをやっていないのではないでしょうか。玄
関の靴の整理も同じで、ご両親がきちんとそろえて脱いでいれば、お子さん
も真似をするはずだからです。
                                
[同図形、異図形発見の問題]
同図形発見(お手本と同じもの)と異図形発見(違っているもの)があり、
知能指数をはかる問題でよく出題されています。
 
     ★「お手本と同じものを見つけ、○をつけましょう」
      
子どもたちの好きな問題です。                       
ゲームやクイズ感覚でできるからではないでしょうか。これもコンピュータ
方式を採用しましょう。お手本と1つ1つ比べて見つけることです。あっち
を見、こっちを見るやりかたでは、いたずらに混乱するだけです。手順の大
切なことを学んだ子は、左から右へ、または上から下へ順番に比べる方が、
正確に、速くできることを知っています。こういう知恵は、やはり、経験か
ら身につけることが大切で、最初から教える必要はありません。                 
自分で見つけられれば、最高の学習になるからです。どうやっても、うまく
いかない様子が見えたら、そこでアドバイスしてあげましょう。まず、自分
で体験することですね。
それから解決方法を教えられれば、納得でき、身につくものです。
          
そして、問題ができたから花丸をつけて、次の問題に移るだけでは、あまり
効果的な学習とは言えません。たとえば、同図形発見の場合、手本とどこが、
どう違うかを説明させることです。すると、異図形の発見にもなります。
さらに、試験官と話すように丁寧な言葉できちんといえる習慣がつくと、個
別テスト、行動観察のテストにも対応できる学習になるからです。言葉で表
現する訓練は、こういった遊びの感覚で、楽しみながら身につけることが大
切で、小学校へ入ってから、学力を伸ばす大きな力になることは間違いあり
ません。
 
しつこく、繰り返しますが耳ではなく心で聞いてください。
幼児の知能開発で大切なのは、五感をフルに活動させて、同じところ(類似)
や違うところ(差異)を見つけ、「あれっ…、なんだ?」と考えることから
始まります。
「どうしてなの……?」 
「なぜなの……?」          
うるさいほど、遠慮なしに聞いてきます。これも疑問の芽というアンテナが
とらえた情報を解決したいのです。もうしばらくの辛抱です。小学生も低学
年の内は、まだ聞きに来ますが、中学年になると、聞いてほしいと思っても
来ませんから、頑張ってください。
 
しかし、そのつど懇切丁寧に説明するのも考えものです。
時には、質問の内容を吟味して、ある程度はわかっていることであれば、
「あなたは、どう思うの?」
と切り返すのも大切ですね。
自分で知っている範囲を、考え、考え、話すはずです。これが素晴らしい学
習になっています。十分に理解できていないことを言葉で説明するのですか
ら、子どもたちにとっては、しんどいことになりがちです。時には、支離滅
裂なことを言うかもしれませんが、ここは我慢のしどころです。お子さんが
何を聞きたいのかは、聞いている内にわかります。
話が一通り終わったら、                            
「ケンちゃん、お母さんに聞きたいことって、こういうことなのかな?」
と、まとめてあげましょう。
質問をしているお子さんも、
「なんだ、そうなのか!」と納得することで、言語の学習になっているので
す。                   
言葉は、知っているだけでは役に立ちませんし、使わなければ生きてきませ
ん。まとめてあげることで、わかっていないところを補足したことになるの
です。    
                                  
まだ、あります。                          
前にもお話しましたが、お母さんがまじめに話を聞いてあげると、お子さん
は人の話はきちんと聞かねばならないことを、ごく自然に学んでいるのです。
子どもにとって、親が真剣に話を聞いてくれるのは、本当にうれしく、これ
ほど快感を味わえるものはありません。
お母さんが、しつこく、
「きちんと話を聞きなさい!」
と言わなくても、話を聞く姿勢が自然と身につきます。「子は親の背を見て
育つ」と言われていますが、昔の人は無駄なことを言わないものです。いや、
真実だから語り継がれているのではないでしょうか。
前回に紹介しました「子どもが育つ魔法の言葉」にも、「子は親の背を見て
育つ」の外国版
「子は親の鏡」があります。
 
      子は親の鏡
 けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
 とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
 不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
 「かわいそうな子だ」といって育てると、子どもは、みじめな気持ちになる
 子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる 
 親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
 叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
 励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
 広い心で接すれば、キレる子にはならない
 誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
 愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
 認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
 見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
 分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
 親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
 子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
 やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ
 守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ
 和気あいあいとした家庭で育てば、
 子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる
          子どもが育つ魔法の言葉 ドロシー・ロー・ノルト 著
                           PHP研究所 刊
 
発売後、数年たっている本を読みたい場合は、図書館を利用しましょう。図
書館にあるかないかは、パソコンを利用すれば自宅でも検索できるところも
あるからです。
 
冒頭にも紹介しましたように、説明会の日程を発表している学校が増えてき
ました。受験を考えている学校のホームページを見て予定を立て、予約が必
要な場合は、速やかに手続をしておきましょう。
(次回は「運動に関する問題」についてお話しましょう)
 

さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>名門幼稚園の保育方針 私立幼稚園編(6)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
   「2018さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>」
            第24
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
私立幼稚園編(6)
 
【ここで紹介する情報は、私が説明会や過去のホームページなどから得たもの
が中心になっており、説明会、見学会、募集人員に関する情報は、平成29年
度(平成28年秋実施)のものであることをお断りしておきます。本年度の情
報は、各園のホームページをご覧ください】
 
東洋英和幼稚園
以前は短期大学でしたが、横浜に四年制大学を、六本木に大学院を設置し、幼
稚園から大学院までの一貫教育制度を持つ総合学園になりました。宗教教育と
女子だけの教育環境ですが、幼稚園には男の子も若干名います。
幼稚園と小学校が同じ敷地内にあり、校門を入って目につくのは、うっそうと
した樹木です。小学部を改築した際、伐採された木もありましたが、表庭には、
樹齢を重ねたいちょうや大王松の大木、花を咲かせる木々、実のなる木々など
が茂り、裏庭には、蛙や小さな虫たちを守ってくれる草花が咲いています。
六本木の繁華街が、近くにあるとは信じられないほど、武蔵野の自然を残した
中にある静かな雰囲気のただよう園舎で、東京タワーと六本木ヒルズ森タワー
が、すぐそばにあります。
 
【幼稚園の基本姿勢】  
本園は、1914年(大正3年)に、学院に通う姉を持つ幼い妹や弟、近所の
幼い子ども達のために、キリスト教保育を受けさせたい父母の願いから開設さ
れました。
神様の愛と恵みを覚え、喜び、祈り、感謝する生活を大切にし、日々の祈りや
賛美歌を通して、目に見えない真実のものを身辺に感じとる子ども達は、神様
を信頼し、自分自身を信頼するようになります。
そこから、自分を取り巻く社会に目を向け、他者を受け入れ、他者のために行
動できる子に、これが、園の基本姿勢です。
 
【保育の方針】  
・キリスト教による人間形成を重んじます。
 土曜日は保育を行わず、日曜日に園児は教会へ出席します。
・自主性と個性を尊重します。
・ご家庭との連携を大切にします。
・自然との出会いを大切にします。
・女子は小学部への進学を原則として認めます。
 
自主性と個性を尊重する保育方針の中に、
 「子どもたちはみな、神様から一人ひとり異なった賜物を授かったかけがえ
のない存在です。子どもたちそれぞれがいろいろな特性を持ち、違っています。
大人たち
はそんなごく当たり前のことをつい忘れてしまいがちです。『人よりも少しで
もよく、早く』、そうした価値観が、子ども達を苦しめていることはないでし
ょうか。登園してきた子どもたちはみな、思い思いの場所で自由に遊びはじめ
ます。教師は子どもの個性を尊重して、その子のペースでその子らしく幼稚園
生活が送れるように見守っています。教師が計画した活動を一斉に与えるより、
自由な遊びの中で自らが選び工夫することを尊重しています。当然、それぞれ
の内容と練成度は異なりますが、いかにその子らしく充実した時を過ごせたか
を評価したものです。
生活経験の浅い子どもは、自分の立場でしかものを見ることができないので、
あちらこちらでトラブルが発生します。トラブルは避けるものではなく、むし
ろそこから多くを学ぶことができるものです。知的にも社会的・道徳的にも豊
かに成長していきます。
 
引用が長くなりましたが、幼児を取り巻く環境を考える時、「大人たちはそん
なごく当たり前のことをつい忘れてしまいがちです」の言葉に、耳を傾ける必
要はないでしょうか。
とかく、知的な能力を育むことを考えがちですが、その前にやるべきことがた
くさんあります。今は、自分で考える力、それを実行に移す力、そして、相手
を思いやる心を育てる時期ではないでしょうか。
 
「入園を希望する皆様へ」と題した園側の要望として、
○本園に入園なさった場合には、下記の教育方針にそっていただきます。
1.キリスト教による人間形成を重んじておりますので、土曜日は保育を行わず、
日曜日には、各ご家庭で選ばれた教会に園児を出席させていただきます。
2.通園の送り迎えは、保護者の方にしていただきます。乗用車での通園は禁止
していますので、特別な事情がない限り、地下鉄、バス、または徒歩などで通
園していただきます。
3.母の会・父の会・父母の会など協力していただく機会が多く、その折りには、
小さいお子さんをお連れにならないで参加していただきます。
         
とありますが、2と3については、安易に考えると、入園後に困ったことにな
ります。私学は、経済的な負担の一部をご家庭に依存していますし、運営にも
参加しますから、父母会の幼稚園への協力も、当然ですが、かなりの時間を割
くことになります。特に、本園のように都心に位置し、電車は官庁街を通り抜
ける地下鉄日比谷線、大江戸線と南北線、バスも都心に向かう渋滞路線です。
自家用車での送迎禁止と共に、遠距離からの通園は、子どもだけではなく親に
も、かなりの負担になることを考えなければいけないでしょう。
 
また、父母会などにも積極的な協力を求められていますが、私学は人手不足だ
から、父母の手を借りようとするのではありません。幼稚園の様々な行事や催
し物に参加しながら、保育の方針などを学び、キリスト教の教えの一つである
奉仕の精神を実践しているわけです。お母さん方のために毎月1回、「神様のい
る暮らしを生活に取り入れていただきたい」との願いから、聖書の研究会「つぼ
み会」があり、賛美歌を歌い、祈り、牧師の先生から聖書の話を聞いています。
下に小さなお子さんがいる場合、どう対処しますか。
祖父母と同居している、近所に住んでいる場合は問題ありませんが、核家族化
が進む中で、こういった条件を満たすのも、案外、大変ではないでしょうか。
 
 「保育は本来、ご家庭でお母さん方が、手間隙をかけて行うものです。ですか
ら、通園バスもありませんし、給食もありません。保育時間も短いのですよ」
かつて、幼稚園の三種の神器(送迎バス・給食・長時間保育)の全盛時代に、
説明会で、ことごとく否定されたことがありました。
 「育児は、ご両親が手塩にかけて行うもので、10人の子どもがいれば、
10冊の違った育児書があっていいのですよ」
とマニュアル世代の若いお母さん方に、やさしく語りかけているように思えま
したが、皆さん方は、いかがでしょうか。
 
【募集人員】 2年保育  男児 若干名
       3年保育 女児 30名  男児 若干名 計約50名
 
【入園説明会】
 第1回 2016年7月16日(土) 10:00~約12:00
 (9時より願書販売)於 小学部講堂
 第2回 2016年9月 1日(木) 10:00~約12:00
 (9時会場)於 幼稚園
          1回目に参加された方はご遠慮下さいとのこと。 
          両日とも子ども同伴不可、上履き持参で実施。
 
【Q&A コーナー】はありません
(平成29年4月17日現在のホームページより)
 
日本女子大学附属豊明幼稚園
幼稚園には男子もいますが、小学校から大学まで16年間、女の園です。女子
だけといっても、ミッション系の学校と違い、宗教色はありません。
学園の創立者、成瀬仁蔵は、キリスト教の信仰から、神・仏・儒(儒教)・基
(キリスト)を統一する宗教的信念に達し、自ら「帰一教会」を立て、海外にま
で広く伝道活動をされた方です。三綱領は、その宗教的な信念によるものです
が、○○教といった信仰を対象としたものではありません。
 
雙葉小学校附属幼稚園、東洋英和幼稚園など系列校が別学の場合は、男子は若
干名しか募集しませんが、本園の場合、3年保育84名中、女児60名、男児
24名となっています。
また、保育の充実をはかるために、3年間を一貫して教育する方針に変更、
2011年から3年保育だけとなり、新しくなった園舎での保育が始まっています。
幼稚園、小学校は目白キャンパス内に、中高は横浜の生田キャンパスとなりま
すが、中学生となれば心身ともに成長しますから、もう通学の心配はないでしょう。
 
出願資格のところに、通園時間として、
「およそ45分、公共の交通機関を利用することを原則としております」
と明記されています。
また、テストの内容について、
「遊びの中でごく自然の内に、知的発達・行動の姿をみます。なお、年間の発
達差は、生まれ月別に考慮します」
とありますが、早生まれのお子さんを持つお母さん方には、朗報ですね。
 
教育方針ですが、これは以前、幼稚園案内にあったもので、わかりやすいので
紹介しておきましょう。
 
【教育方針】 
  保育のめあて
目白の丘の上に立つ豊明幼稚園。新しい保育室からは、はるかに富士の姿もな
がめられます。ここの保育は、学園最初の教育の場となり、人間形成の基礎を
培う、もっとも大切なものです。
  いつも心がけていることは、
・健康で、明るく、元気な子
・活き活きとした新鮮な心で物事に接し、工夫したり、つくり出す喜びが感じ
られる子 (自発創生)
・お互いのよさを認め合い、仲よく協力していく子 (共同奉仕)
・自分のことは自分でし、自主的な生活態度を身につけ、最後までやりぬく子 
(信念徹底)
   ということです。
 
そのためには、少人数の組編成とし、ひとりひとりの可能性の芽を伸ばしてい
くことに、力を注いでいます。
遊びは体をきたえ心をはぐくむ
友だちとの遊びの中で
○じょうぶなからだ
○つよい心
○つくりだすよろこび
○協調する態度
        がつちかわれます。
 
創立者、成瀬仁蔵が、一生をかけた女子教育の基本精神として残された言葉が、
「信念徹底」「自発創生」「共同奉仕」の三綱領です。
わたし流に置き換えると、以下のようになると思います。
これは育児の基礎、基本ではないでしょうか。
「信念徹底」は、正しいと考えたことはやり遂げることから、途中であきらめな
いで頑張る子、
「自発創生」は、自ら考え、工夫し、実行することから、遊びに熱中し楽しく
遊ぶ工夫のできる子、
「共同奉仕」は、何事も友だちと心を合わせて行うことから、仲良く遊べ精神
の安定している子、
と言えるのではないでしょうか。
 
成城学園幼稚園、立教女学院短期大学附属幼稚園天使園などと同様、制服はあ
りません。
平成4年に施行された、新しい「幼稚園指導要領」以前から、自由保育……、こ
のことです。
どう思いますか、お母さん方。
本学園の建学の精神は、ヒューマニズムによる女子教育で、その理念として三
点あげています。
 1 女子を人として教育すること
 2 女子を婦人として教育すること
 3 女子を国民として教育すること
 
「母親」としての教育が手薄になっている時代です。
花嫁には簡単になれても、「お母さんのライセンス」を取るには、大変な努力
が必要です。
肝心な時に切れるヤング・ママが増えているようで、わが子を虐待し、殺す親
さえいる時代です。
育児は、「忍の一字」の連続です。
耐えて、忍ばねばならない時期があります。
あなた方のお父さんやお母さんが、そうであったように……。
「育児は育自」であることを、肝に銘じておきましょう。
「育自」は誤植ではありません、「自らを育てる」ことです。
 
理想的な奥さんは、「良妻賢母」ではなく「料裁健母」と皮肉られた時期がありまし
たが、どうやら、今も続いているようです。料理が上手で、裁縫ができ、健康な
母親を「料裁健母」というそうですが、昔の母親は、こうであったのではないでし
ょうか。
金平牛蒡(きんぴらごぼう)を作れないヤング・ママもいますが、コンビニやス
ーパーで、いろいろな惣菜が準備されていますし、電子レンジさえあれば、食事
もでき、料理をする手間が省けますから、無理な注文でしょうか。しかし、みん
な同じ味で、味気なくありませんか。良き妻、賢い母は、どこへ行ってしまった
のでしょう。こんなことをいうと、「強くて、たくましい父親は、どこへ消えたの!」
と逆襲されそうですね。
 
「料理や家事が好きな女の子に、非行少女はいない」といわれています。
料理や家事は、その家庭の文化です。お母さん方が、子どもたちにきちんと伝え
ていくものだと思います。小さい時から、知的な能力ばかり身につけることに熱
心過ぎて、こういった大切な家庭の文化を、子どもたちに伝えることが、等閑
(なおざり)になっていないでしょうか。もちろん、お母さん方だけの責任では
なく、家庭の文化を作る柱であるお父さん方の姿が、ぼやけている気がしてなり
ません。制服のないのも、何かを暗示しているとは考えられないでしょうか。服
装のセンスと料理の腕前は、お母さん方が子どもたちに伝える宝物だと思います。
これは私の勝手な思い込みで、本園の保育の方針とは、何ら関係ありません。
 
【募集人員】  女児 60名  男児 24名  計84名
 
【施設見学会】 (以下の情報は今年度のものです)
平成29年5月27日(土)10:00~11:30
園舎見学 子ども同伴可 室内履き、靴袋持参(子どもはスリッパ不可)
 親子で遊べる服装で、園庭で遊ぶ方は帽子持参、保護者はヒールの低い靴。
 事前の申し込み不要、ただし、参加票持参(ホームページから印刷)で実施。
 
【入園説明会】 平成29年9月9日(土) 9:30~11:30
 於 豊明講堂(豊明小学校内)
終了後、園舎見学室 内履き、靴袋持参(子どもスリッパ不可)で実施。               
 
【Q&A コーナー】はありません。
(平成29年4月17日現在のホームページより)
「安全への取り組み」については、ホームページをご覧ください。
 
全く余談になりますが、冒頭に「神・仏・儒(儒教)・基(キリスト)を統一する宗
教的信念に達し)とありますが、仏はお釈迦様、儒教は孔子様、基はキリストです
が、神は天照大神様でしょうか(笑)。
 
  (次回は、淑徳幼稚園、宝仙学園幼稚園についてお話しましょう)

さわやかお受験のススメ<保護者編>第7章(1) 端午の節句です 皐月

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
     2018さわやかお受験のススメ<保護者編>
         ~紀元じぃの子育て春秋~
     「情操教育歳時記 日本の年中行事と昔話」
       豊かな心を培う賢い子どもの育て方
           -第24号-
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
第7章(1) 端午の節句です    皐 月
 
物の本によると、皐月(さつき)のいわれは、この月は田植えをする時期で、
早苗(さなえ)を植える「早苗月」から「さつき」となったそうです。「五月
晴れ」と書いて「さつきばれ」と読みますが、こちらの方が親しみやすいです
ね。
 
★★端午の節句★★
5月といえば端午の節句、別名「菖蒲の節句」。端午の「端」は「はじめ」と
いう意味で、最初の午(うま)の日のことですが、午の音読みが「ご」であるこ
とから、5月の5日が端午の節句として祝われるようになりました。また男の
子が初めて迎える端午の節句を初節句といい、健康で、たくましい男性に成長
することを願う行事で、事の起こりは江戸時代だそうです。昔は3月3日が
「ひな祭り」で女の子の節句、5月5日を男の子の節句として祝ったものです
が、今は男の子も女の子も元気よく育つようにとお祝いする「子どもの日」の
方が、なじみやすいのではないでしょうか。床の間に、さまざまな幟(のぼり)
を背にした神武天皇を中心に、武者人形や兜(かぶと)を飾った記憶がありま
す。
 
枕草子にも、平安時代の5月5日の情景が描かれています。
 
   節は、五月にしく月はなし。
   菖蒲、蓬などのかほりあひたるも、いみじうをかし。
                    (枕草子 第四十六段)
 
以前にも紹介しましたが、五節句を定めたのは江戸幕府で、端午の節句のルー
ツは、お武家さん、お侍の世界です。お侍さんの家では、立派な侍になるよう
に、鯉のぼりを立て、鎧(よろい)や兜、鍾馗(しょうき)や金太郎、桃太郎
のような勇ましい人形を飾って武運長久を祈り、お家安泰を願ったのです。そ
れがいつの頃か定かではありませんが、家を継ぐことになる男の子の誕生と成
長を祝うための節句として、一般庶民の中にも定着したもので、戦いから身を
守る兜や鎧を飾り、端午の節句に欠かせない風物詩となっているのです。その
経緯は、5月に読んであげたい本で紹介しますが、伝説「コイのぼりのはじま
り」に記されています。この日に、家の屋根や軒先に、菖蒲の葉や蓬をのせた
り、菖蒲を入れた風呂に入ったりしたものです。それで、この日を「菖蒲の節
句」ともいいます。
 
今では、軒先に菖蒲の葉や蓬を見ることはできませんが、男の子のいる家では、
菖蒲湯をやっているのではないでしょうか。スーパーマーケットなどで菖蒲を
売っていますから。             
菖蒲湯に入って、菖蒲の根っこを額に当て、鉢巻きをしたものです。こうする
と、風邪を引かなくなるし、頭もよくなるといわれたのです。確かに、匂いが
強いですから、風邪薬の感じはありましたが、頭脳明晰になるとは、子ども心
にも信じていませんでした。どちらかといえば、けんかに強くなるイメージは
ありました。菖蒲の葉は、先が細長くとがっているので、刀のような感じがす
るからです。新聞紙で折ってもらったかぶとをかぶり、木で作った刀でちゃん
ばらごっこ。これが、私たちの遊びの定番でした。「ちゃんばら」は、「チャン
チャンバラバラ」の略で、歌舞伎の立ち回りや、映画の殺陣(たて)をまねた
ごっこ遊びのことですが、今どき、こんな遊びをする子はいないでしょうね。
 
余談ですが、お母さん方、兜を折れますか。パソコンで「兜の折り方」を検索す
ると、簡単なものから複雑なものまでヒットできます。孫のリクエストで18
工程もある兜に挑戦しましたが、これは難しい。最後に「お疲れ様でした! 
最後までありがとうございました」のコメントの下に、さんざん失敗した紙を
足元に散らかした女性が、パソコンの前でうなだれている写真が載っていまし
たが、これが傑作で、思わず笑ってしまいました。中々うまく折れませんから、
ほっとしますね(笑)。(「折り紙 かぶとの折り方 NAVERまとめ」より)
 
そして、私には楽しみでしたが、粽や柏餅を食べる日です。粽や柏餅は、おい
しかったのですが、蓬で作った草餅は、子どもにとっては匂いが強烈で、喜ん
で「頂きます」とはなりませんでしたが、何しろ蓬の葉には、悪魔を追い払う
力があるといわれ、私は男の子だけに、食べざるをえない雰囲気があり、否応
もなかったのです。しかし、今の蓬の草餅は、おいしいですね。匂いといい、
味といい、まるで違ったものを食べている感じがします。
                   
★★なぜ、鯉のぼりなのでしょう★★           
鯉は硬骨魚で、鱗(うろこ)が36枚あるといわれ、別名、六六魚(りくりく
ぎょ)と呼ばれているそうですが、実際には31枚から38枚ほどで、泥沼の
川や池に棲み、2本の口ひげを備え、食用、観賞魚として珍重されるばかりか、
立身出世の象徴ともされています。
「なぜ、鯉のぼりなのか」、その理由は文部省唱歌に歌われています。鯨はい
くら体が大きくても、鮫はいかに強そうだからといっても、端午の節句の主役
になる資格はありません。
その答えは、3番の「百瀬の滝」を昇って竜になるにありそうです。
 
 鯉のぼり (文部省唱歌)
        作詞 不明
        作曲 広田 竜太郎
    一、いらかの波と 雲の波   重なる波の 中空を 
      橘かおる   朝風に   高く泳ぐや 鯉のぼり
      
    二、開ける広き  その口に  船をも呑まん 様(さま)見えて
      ゆたかに振う 尾鰭(おひれ)には  物に動ぜぬ  姿あり
                   
    三、百瀬の滝を  昇りなば  忽(たちま)ち竜に なりぬべき
      わが身に似よや 男子(おのこ)ごと  空に躍るや 鯉のぼり 
 
中国の黄河の中流にある竜門の滝には、下流からいろいろな魚が、群れをなして
さかのぼってくるそうです。見たわけではありませんが、何しろ清流逆巻く滝で
す。他の魚達は、ギブアップしても、鯉だけは滝を昇りきって、竜になる言い伝
えがあり、そこから出世する糸口となる関門を「登龍門」といい、「鯉の滝昇り」
として、立身出世のシンボルとなったのです。流れに水をさすようですが、昇り
きれない鯉もいたのではないでしょうか。納得できる言葉があります。
 
 「点額」という言葉があり、これは『額にケガをする』という意味で、流れを
昇らずにケガをした魚にたとえ『落伍者』『落第生』のことを表しています。    
   (目からうろこ!日本語がとことんわかる本 日本社 講談社 刊P134)
                    
また「鯉の一跳ね」といって、水揚げされた鯉は一度跳ねるだけで、あとはじた
ばたせずに生きており、しかも「まな板の鯉」といって、まな板の上にのせられ
ても、きっちり覚悟を決め、悠々と横たわっている姿から、潔い、強い魚として、
お侍さんから尊ばれていたのです。川に潜り鯉を捕まえる時は、両手で胸に抱く
ようにするとじっとしている話をリバーツーリスト野田知佑氏の随筆で読みまし
たが、この習性を狙ったものでしょうか。
                                     
そして「五月の鯉の吹き流し」といい、鯉のぼりの中は空っぽで、何も入ってい
ません。さわやかな風を腹いっぱいに流し込んで泳ぐ、はらわたのないのびやか
な姿が「腹黒く」もなく「腹に一物」もない、さっぱりとした男らしい気性を表
しています。ですから、男の子の節句には、世の中で役に立つ、たくましくて立
派な人物になってほしいとの願いをこめて、鯉のぼりを立てたのです。
 
ところで、鯉のぼりの一番上に飾る「吹き流し」は、滝や雲をなぞらえたもので、
風になびきながら泳ぐ鯉の姿を、美しく引き立てています。吹き流しは、青、赤、
黄、白、黒の五色で、木火土金水の五行を表わしています。五行とは、簡単にい
えば、古代中国で考えられていた、人間の生活に必要な材料を表したものですが、
これにも訳があります。
 
 五行とは、木・火・土・金・水の5つの要素で、自然界、人間界のすべての現
象をつかさどるものとする。木から火、火から土、土から金、金から水、水から
木が生まれ、水は火に、火は金に、木は土に、土は水に勝つとする。
 そして、それぞれを表す色として木に青、火に赤、土に黄、金に白、水に黒が
あてられたが、後に最上の色とされる紫に変わり用いられるようになった。
 また、木には仁、火には礼、土には信、金には義、水には智という道徳観があ
てられた。
    (日本の年中行事百科3 夏 民具で見る日本人のくらしQ/A P32
                                        監修 岩井 宏實 河出書房新社 刊)
 
この五行には、病気を引き起こすもとと考えられていた「邪気」を払う力がある
と信じられていました。しかも、鯉をとって食おうとする竜は、この五色が大嫌
いだったそうです。ですから、竜は近づくことができず、鯉は五色の吹き流しに
守られ、五月の空を、さわやかな薫風にのり、悠々と泳いでいるのです。最近は、
黒に代わって緑や紫が使われていますが、黒と白では縁起が悪いからではなく、
本来、黒でなくてはいけない理由があるわけです。そういえば、船旅で別れを惜
しむときに、五色のテープを使っていますが、もしかしたら、海に棲むといわれ
ていた竜から、身を守るためのセレモニーかもしれません。
     
しかし、最近は郊外に出ないと、悠々と泳ぐ鯉のぼりの姿を見かけなくなりまし
た。端午の節句が、子どもの日と改められても、男の子の健やかな成長を願う親
心には、変わりはないと思うのですが。マンションや団地のベランダに小さな鯉
のぼりが泳いでいると、「やっているな!」とほほえましくなります。
 
プロ野球の好きな方へ、広島東洋カープは、なぜ「カープ(鯉)」なのでしょうか。
命名の由来は、何と城の名前です。原爆ドームのすぐそばにある広島城(築城 
毛利輝元)は、別名を「鯉城(りじょう)といい、そこから『広島カープ』となっ
たもので、城の名前をつけている球団は、他にありません。原爆で倒壊した天守
閣は、昭和33年に復元されましたが、学生時代に訪れた時、中御門跡付近には
原爆でこげた石垣があり、風化されてなるものかと訴えているような気がしまし
た。G7の外相、オバマ大統領が爆心地を訪れましたが、どこかの国の方こそ、
広島平和記念資料館に足を運び、並の神経では正視できない残虐非道、その記録
を見るべきではないだろうか。死者14万人、その倍以上の人間をどうやって殺
し、死体を処分したのか、私にはわかりませんが、南京大虐殺、若い皆さん方は
どう考えますか。
 
話題を変えて、今年の日本人の大リーガー、投手ではヤンキースのマー君、レン
ジャーズのダルビッシュ有、マリナーズの岩隈、ドジャースの前田、そしてカブ
スの上原。打者ではマーリンズのイチロー、日米通算で参考記録とはいえ、ロー
ズの4256本を抜き4257本で1位、何とも素晴らしい。ちょっと心配な
「山椒は小粒でもピリリと辛い」的な存在、ちなみに英語では、
“Small head but great wit”というそうですが、ブルーワーズの青木。
 
ところで、日本球界に復帰した選手が、満足に働けない姿を見るにつけ、本場の
野球のすさまじさを想像できます。日程と試合数を見ただけでも、エネルギーを
搾り取られる感じがしますから、技術の前に体力と精神力、これが秀でていなけ
れば活躍する場はないですね。イチローの凄さがわかります。古巣に帰ってきた
ムネリンこと川崎、頑張ってほしいですね。
 
大リーガーといえば、忘れてならないのは野茂英雄投手で、日本の野球界は、快
く渡米させなかったことを思い出します。とかく開拓者には、逆風が吹きがちで
すが、それを乗り越える実力も、精神力も、体力も備えた、すばらしい選手でし
た。彼には国民栄誉賞をもらう資格が十分あるのでは。「名球界ベースボールフ
ェステバル2016」で、例のトルネード投法を久しぶりに見ましたが、少し太
ったとはいえ、往年のしなるようなホームは、全く変わっていないのには脱帽し
ました。
 
かつて名勝負といわれた野茂と清原某、対決を見たくて西武球場へ足を運びまし
たが、無冠の帝王の名が泣いていますね。父親は、子どもにとって限りなく大き
な存在。消すことのできない傷、誰が癒すのか。
 
「鬼平犯科帳」の著者、池波正太郎は、「自由というものは人間の社会生活には
なく、個人の胸の内に大きく存在する」(「男のリズム」P167 角川文庫刊)、
国府台女子学院 平田史郎学院長は、「訓練されていない個性は野性である」と
おっしゃっていますが、こういったことをキチンと子どもに教えるのも、私たち
親の務めではないだろうか。偉そうなことをほざいてなんですが。(苦笑)
 
お詫び 前号で紹介しました松本清張の作品、題名を飛ばしてしまいました。
『神と野獣の日』です。
 
今朝(18日)、パソコンを立ち上げ、渡部昇一先生の訃報を知りガックリ。日本
の歴史を通史として読ませて頂き、以来、「正論」を説く情熱に圧倒され、新聞の
使命は『正確な情報を伝えること』をしっかりと教えて頂きました。先に冥界入り
した矢沢永一先生と、日本の現状を痛烈に批判し合っているかも知れません。享年
86歳、ご冥福をお祈り申し上げます。(合掌)
 
(次回は、「第7章(2) なぜ、しょうぶ湯なのでしょうか」などについてお話しましょう)

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>入試問題を分析する[8]構成力・観察力に関する問題(2)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2018さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            (第41号)
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
★入試情報★
○日出学園小学校 第2回学校説明会
日時  4月15日(土)  13:00~14:30
    校長講演 テーマ「知的好奇心のくすぐり方」
              (予約制、受付票を印刷して持参)
今年の公開行事の日程も出ています。詳しくはホームページをご覧ください。
 
◯慶應義塾幼稚舎
 第1回説明会
 7月1日(土)午前9:30  午後2:00 何れも1時間程度
 第2回説明会
 7月8日(土)午前9:30  午後2:00 何れも1時間程度
例年、5月の連休後に公表していましたが、4月10日(月)のホームページ
に出ていましたのでお知らせします。
 
★★入試問題を分析する★★
 [8] 構成力・観察力に関する問題 (2)
 
今回は複雑な分割です。三角形、四角形、円形の、二分の一、四分の一といっ
た分割は、基礎トレーニングで理解できているはずです。問題は、複雑な分割
です。
大人でも、「ナヌ……?」と考え込んでしまう問題もありますね。
ですから、これもいきなり問題集を使うのは、止めた方がいいでしょう。
混乱するだけです。
「ブンカツ! 聞いただけで頭が痛くなるわ!」
算数嫌いになりかねません。小学校の勉強は、1年生から何といっても国語と
算数が基本ですから、スタートでつまずくと大変です。
 
問題集を買い、複雑に分割してある問題を、お子さんが、かつて愛読していた
絵本などを使い、その通りに線を引き、切り、それを使ってやってみましょう。
昔の愛読書ですから、覚えているでしょうし、忘れていても思い出します。
それに形が大きいですから、しっかりと学べます。
3分割ぐらいから始めましょう。
「お母さん、これ『桃太郎』でしょう!」
笑顔を浮かべながら取り組むお子さんの姿を想像できますね。
絵本には、いろいろな思い出が残されていますから、面白がって取り組むはず
です。
表ができたら、裏も使えます。
1枚の絵で、二通りの学習ができます。
コツが理解できれば、白紙で挑戦、 絵で一回学習していますから、最初は楽
勝ですね。
これでやる気を育て、複雑な問題に挑戦できるようにしてみましょう。 
 
できない問題があっても、心配はありません。
問題集を読んでいて、「こんなの、時間内にできるのかな?」と思える問題が
あると、学校側の狙いは何だろうと考えてしまいます。難易度の高い問題があ
ると、「できないと、合格しない!」と考え、無理やり教えこんでしまうお母
さんがいると聞きます。何といってもお母さん方は、偏差値教育を受けてこら
れた元受験戦士ですから、やりますね。
しかし、考えてみましょう、受験生は5、6歳の幼児です。学校側は、構成力、
プラスやる気、意欲、これを見ているのではないでしょうか。
あせらず、時間をかけ、できるようにしてあげましょう。 
      
このように心がけていると、例えば、試験場で難しい構成の問題に出合った時、
「わかんない…!」と泣き出してしまう子と、できなくても最後まで挑戦し、
時間がきたら、「やっぱり、できないな!」といって、きちんと止める子とで
は、泣き顔のお子さんからは「何でもできなくてはいけないと考える満点主義
の教育ママの顔」が、頑張ったお子さんの場合は「一所懸命に頑張ってできな
ければ仕方がないでしょう」とあたたかく励ますお母さんの笑顔が浮かんでく
るといった評価も生まれるものではないでしょうか。先生方、期待しています
よ(笑)。
 
オロオロ、キョロキョロと辺りを見るようでは、「できなきゃいけない!」と
いう価値観が、お子さんをがんじがらめにしていることになりかねません。
小さい時から、「何でもできなくては駄目だ」と教えるのは、いいことではな
いと思います。できないことがあるから、できるように勉強するのが学校教育
の目的です。できないことが悔しかったら、それをバネにして挑戦する気持ち
の方が大切です。 幼児期は、結果を競い、結果だけを求める時ではありませ
ん。やはり、「やる気」、「挑戦する意欲」を見ていると思います。
家庭学習でも、こういった面を育ててほしいですね。
 
プリントでの分割の問題は、当てはまらないもの、おかしいものを消していく
消去法がいいでしょう。その時に、なぜ必要ではないのかをお子さんに説明さ
せると、効果はさらに上がります。自分の考えをいう、言葉で表現するのは、
本当に難しいですね。
「これは、ここが違うから、当てはまらないわ」
「そうですね、角度が違うわね」
「角度って、なあに?」
「開き具合ですよ」
これは教え込むのではなく、「……?」と興味を持たせることです。関心を持
てば、記憶されるものです。
知的な刺激を与えてあげましょう。
 
構成の問題に限りませんが、たとえば、答えが違っていたとします。前にお話
しましたが、そんな時に、やってはいけないことがありますね。子どもの前で、
間違いを指摘しないことです。
「これ違っていますよ!」
「それならこれかな?」
「違います!」
「じゃ、これかな?」
「何で、考えないの、あなたという子は!」
こうなりがちです、そうではないでしょうか。
最後は、顔色も変わり、話す口調に怒気さえ含んでいます。子どもは怒られた
くない一心で、ひたすら残っている答えを指差すだけです。偶然に答えが合う
ことを祈って、です。考える時間を与えていません、お母さんは。
「勉強って、つらいものだな!」
このような気持ちにさせてしまっては、小学校へ入る前から、勉強の嫌いな子
になりがちです。
 
わからなかったら、コピーをとり、それを切らせ、組み立てることです。 怒
られて、おどおどしながらやっているお子さんの気持ちを考えてあげましょう。
 かわいそうだと思いませんか。お子さんが、お母さんの顔色を気にしはじめ
たら、気分転換をはかることですね。お互いの精神衛生のためです。難易度の
高い問題に取り組むときこそ、あたたかい配慮が必要です。
 
閑話休題。
問題の解説は一休みして、お母さんの「育児の姿勢」をチェックしてみましょ
う。これは、かつて、皇太子さまが記者会見で披露された詩です。日本でもベ
ストセラーとなった「子どもが育つ魔法の言葉」(PHP研究所 刊)の著者、
ドロシー・ロー・ノルトの作ですが、お読みになったお母さん方は、この本の
冒頭にある「子は親の鏡」の詩には、納得されたのではないでしょうか。ここ
で紹介するのは、確か、スウェーデンの中学生用の教科書にあったものだと記
憶していますが、資料が見つからないもので、間違っていたらお詫びいたしま
す。
私どもも教室の入り口に掲示していますが、「育児しながら育自する」お母さ
ん方が大切にしている心構えではないでしょうか。
 
      子ども  ドロシー・ロー・ノルト 作
 批判ばかりされた 子どもは 非難することを おぼえる
 殴られて大きくなった 子どもは 力にたよることを おぼえる
 笑いものにされた 子どもは ものを言わずにいることを おぼえる
 皮肉にさらされた 子どもは 鈍い良心の もちぬしとなる
 しかし、激励をうけた 子どもは 自信を おぼえる
 寛容にであった 子どもは 忍耐を おぼえる
 賞賛をうけた 子どもは 評価することを おぼえる
 フェアプレーを経験した 子どもは 公正を おぼえる
 友情を知る 子どもは 親切を おぼえる
 安心を経験した 子どもは 信頼を おぼえる
 可愛がられ 抱きしめられた 子どもは 世界中の愛情を 感じることを おぼえる
 
いかがでしょうか。
お子さんは、ご両親の作る環境で育っていくことを、忘れてはいけないと思い
ます。受験されるお子さんは、同世代のほんの一部の子ども達の一人です。ほ
とんどの子ども達は、こういった受験準備をせずに、小学生になります。
算数を例に取れば、加減乗除から分数の領域まで、数字も記号も使わずに学習
し、「話の記憶」では、中高学年で習う「長文の読解」を文字も使わずに学習
するわけですから、家庭学習は、そのことを理解した上で、無理のないように
進めていただきたいのです。
お子さんが嫌がるときは、スパッと止めましょう。
そして、寝静まった頃に、お子さんの寝顔を見ることですね。
お母さんの気持ちも、切り替えられると思います。
大切なのは、お子さん自身の将来、歩むべき道ですから……。
 
年長さんになりましたが、元気に通っていますか。
集団生活への適応力をきちんと身につけるのも、合否の鍵となる大切なポイン
トです。
楽しく過ごせるように心がけてください。
少しでもお兄さん、お姉さんらしくなったところが見えたときは、ほめてあげ
ましょう。
第40号でもお話ししましたが大切なことですから繰り返します。「さすがお
兄さん(お姉さん)!」は、子どもに自信を持たせ、「お兄さん(お姉さん)
なんだから!」は、不満や不安を募らせがちで、賢いお母さんの口にする言葉
ではありません。
子ども達は、お母さんの何気ない言葉にも、敏感に反応していることを忘れな
いでください。
 
昨年の4月14日、熊本地震が発生、震度7。
「地震、雷、台風」、自然の前に何とも人間は無力な存在であることを、また
しても痛感させられました。余震が異常でしたね。幼児は自分で身を守るすべ
を知りません。しっかりと教えておくのも親の大切な仕事です。この度も飲料
水の不足が深刻のようでした。「我が家の防災対策」、チェック済みと思いま
すが、油断大敵です。肝に銘じておきましょう。
(次回は、「構成力・観察力(3)」についてお話しましょう)
 

さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>名門幼稚園の保育方針 私立幼稚園編(5)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
   「2018さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>」
            第23
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
私立幼稚園編(5)
 
【幼稚園に関する新しい情報は、各園のホームページをご覧ください。ここで
紹介する幼稚園の情報は、私が説明会や過去のホームページから得たものが中
心になっていること、また募集人員、説明会、見学会等の日程は、平成29年
度(平成28年秋実施)のものであることをお断りしておきます】
 
雙葉学園は、宗教教育を実施し、女子だけの特別な環境で、幼稚園から高校ま
での一貫教育校ですが、横浜雙葉には幼稚園はありません。四ツ谷の雙葉幼稚
園には男子も若干名いますが、田園調布雙葉は幼稚園から高校まで女子だけの
学園です。
 
雙葉小学校附属幼稚園
平成28年現在、説明会を開催していませんが、平成17年より6月から7月
にかけて、園庭開放を行っています。今年の日程、既に公表していますので、
最後に紹介しておきました。
 
【学園の校訓】 
    神に対しても 人に対しても 自分に対しても 誠実に
    「徳においては 純真に 義務においては 堅実に」
    自分のすることは 努力と責任をもって 最後までやり遂げるように
 
【教育目標】
学園の教訓にもとづいて、伸び伸びとした子どもらしさの中に誠実でけじめの
ある子どもに育てる。
特に、幼稚園生活の中でカトリックの教えを聞き、神様に守られていることを
知り、神様とお話できるように育てる。
 
最近のホームページでも、那波園長は、「本園は、遊びを大切にした保育を行
っており、子ども同士の関わり合いの中で、他者を思いやる気持ちや感謝する
心が大きく育まれて参ります。また、祈りを通して、神様に守られ愛されてい
ることを知ります」とおっしゃっていますが、日頃の保育の様子がうかがえる
話ではないでしょか。
 
ポイントは、校訓をどのように解釈するかでしょう。
「徳においては純真に」は、幼児の場合ですから、ご両親が育児の姿勢として、
何かをしたときに見返りを要求する、そういったことを求めない子に育てるこ
とでしょう。お母さんのお手伝いをしたときに、「ママ、これを手伝ったら何
かくれる?」では、純真とはいえません。
また、「義務においては 堅実に」は、3歳を過ぎれば自立の時代に入ってい
るのですから、親に手伝ってもらわなくても、できることがたくさんあるはず
です。基本的な生活習慣もその一つです。
4歳になれば、家族の一員としてお手伝いも始まります。3歳児、4歳児なら
ば、できることができない、やろうとしないのでは、「義務においては堅実に」
とはいえません。
過保護、過干渉な環境からは、純真で堅実な子は育たないでしょう。
 
かつて、横浜雙葉小学校の説明会で、「人のためにも、自分のためにも、一所
懸命に頑張ろうとする子を育てるご両親を歓迎します」、また雙葉小学校では
「バラはバラらしく、すみれはすみれらしく、その人らしく生きる」とおっし
ゃっていました。
校訓や校長先生のお話から、本園が求めているのは、「堅実な家庭を築くお父
さん、それを支える謙虚なお母さん」であることを、イメージできるのではな
いでしょうか。
これは本園だけではなく、全ての幼稚園の求める両親像でもあり、子ども達が
願う理想的なお父さん、お母さんの姿ではないでしょうか。
 
「校章」について、ホームページに以下のような説明があります。
 
校章の十字架は、雙葉がキリスト教の精神に基づく学校であることを示してい
ます。
開かれた聖書は真理の光のことを、ロザリオは祈りながら学ぶことを示してい
ます。
女性のシンボルとして描かれている糸巻きは労働を愛することを、
白いマーガレットの花は、清純な喜びを表しています。
中央の盾は校章に示されている教えを盾として困難の乗り越え、綬はこの精神
を誇りとして生きることを表しています。上下のフランス語は校訓です。
校訓も校章も全世界の幼きイエス会の学校で用いられています。
 
余談ですが、皇后美智子さまは、雙葉の幼稚園、小学校に在籍されてから聖心
女子学院へ進まれました。ご成婚(昭和34年4月10日)前に来校され、メ
タセコイヤの苗木3本を記念樹として贈られたのですが、その1本が5階建て
の校舎と頭を並べるほど大きく成長し、道路を隔てた幼稚園の玄関前からも見
ることができます。
 
【募集人員】  2年保育  男女計約50名
 
【園庭解放】  これは、本年度の情報です。 
平成29年6月20日(火)~6月30日(金)
午後1時30分より2時まで。(土日は除く) 雨天の場合も実施。
予約不要。園入口で警備員に見学する旨を伝えるだけ。
保育室内には入れない、園庭のみの見学で実施。
◆説明会は、行っておりません。ご了承ください。
 
【Q&Aコーナー】 よくあるご質問
 
Q 保育時間はどのようになっていますか?
A 保育時間は午前9時から午後1時です。なお、登園時間は8時30分から
  9時までの30分となっております。
 
Q 週5日制ですか?
A はい、土曜日がおやすみです。行事などで年間に数日登園することがあり
  ます。
 
Q 園バス(送迎バス)はありますか?
A いいえ、ございません。通園の送り迎えは原則として保護者の方にしてい
  ただきます。
 
Q 車での通園はできますか?
A 特別な理由がない限りできません。公共の交通機関を利用してください。
 
Q 通園時間についての制限はありますか?
A はい、ございます。自宅から幼稚園まで徒歩を含め60分以内で通える方
  に限らせていただいております。
 
Q 給食はありますか?
A いいえ、ございません。月曜日から金曜日まで毎日お弁当を持って登園し
  ます。
 
Q 預かり保育・延長保育はありますか?
A いいえ、ございません。未就園児クラスもございません。
 
Q 幼稚園のセキュリティについてお知らせください。
A 警備員が常駐しています。
  学校用緊急通報システムを設置しています
  (平成29年4月現在のホームページから転載したものです)
 
田園調布雙葉小学校附属幼稚園
ある年の説明会で、園長先生は、こうおっしゃいました。
「白百合学園幼稚園と同様、幼稚園から女の子しかいませんし、宗教教育とい
う特殊な教育を行っていますし、上には大学はありません」
園長先生の言葉を待つまでもなく、特殊な保育環境です。
しかも、幼稚園と小学校の募集だけで、中高の入学選考はありません。
「雅子様のご卒業された学校の幼稚園ですから、娘も同じ環境で……」
こんな理由で受験されると、シスターはびっくりされるでしょう。
志望理由を宗教教育、女子だけ、高校までの教育環境の3つの柱でまとめてみ
ましょう。
 
【保育の願い】
     自由活動と一斉活動が組み合わされ、
     日常の経験とキリスト教に触れる機会が統合された、
     毎日の幼稚園生活を通して、
       祈る心・あたたかい心
       自分を素直に表現すること
       意欲・考える力を
     一人ひとりの子どもの中に育て、
     保護者と共に、
     本学園が目指す人間形成の土台を作りたいと願っています。
 
ホームページには、保育の方針がよく伝わってくるコメントが掲載されています。
   
     幼稚園教育は「環境を通して行う教育」といわれます。
     環境の中でも一番大切なのは、子どもを取り囲む「人」、
     そして「人」と「人」とのかかわりから生まれる、
     目に見えないけれど確かに感じられる園全体の雰囲気でしょうか。
 
大学を設置しない理由として、田園調布雙葉小学校の説明会で、こういった話が
ありました。
文言は正確ではありませんが、以下のような内容でした。
 
「大学を設置しない理由の一つは、私どもの修道会の目的が、初等教育、小さい
子ども達の教育に力を注ぐことにあるからです。幼稚園や小学校から入った人は
高校までありますので、大学受験は、一生に一度ぐらい、自分で自分の進路を考
え、選択し、力いっぱいチャレンジする機会があってもいいのではと考えていま
す。そして12年間学んできたことに、さらに磨きをかけてほしいのです」
 
私が担当している模擬面接指導でも、「大学で雙葉出身の方と一緒に学び、女の
子を授かったら、是非とも雙葉学園で学ばせたいと思いましたので」と志望の動
機を話すお母さん方が多いのですが、これこそ「さらに磨きをかけてほしい」の
狙いではないでしょうか。宗教の話をせずに、布教の役目をきちんと果たしてい
るからです。
 
説明会は、新装なった学園の講堂で行われていますが、今年も四ツ谷が開催しま
せんから、参加しておきたいものです。もしかすると、校訓の説明があるかもし
れません。希望者には、当日、園舎の見学があります。なお、質問のある方は、
その時に尋ねてほしいとのことでした。講堂は、小学校と幼稚園の間にあるかな
り急勾配の坂道を下りきった中高校舎の前にあります。
 
校名の由来ついて、ホームページに以下のような説明がありました。
 
「雙葉」という校名は、「ふたば葵」という植物の名前から取りました。
1987年(明治30年)、幼きイエス会のシスター達は、英語・フランス語・
西洋作法・西洋技法を日本女性に教える施設を東京の赤坂葵町に開きましたが、
その町名から思いついて、その施設を「雙葉会」と名づけました。「ふたば葵は、
一本の茎の先に、必ず二枚の葉をつける。それは、外国語の勉強を通して、西洋
の女性と日本の女性が深い友情の絆によって結ばれることの象徴である」と説明
しています。キリスト教を迫害した徳川将軍の紋章が葵であったことを思い合わ
せ、感慨深いとも書かれています。1909年(明治42年)、東京四谷に高等
女学校を開校した時、この「雙葉」をそのまま校名にしました。
 
「静まれ、静まれぃ! この紋所が目に入らぬか! こちらにおわす御方をどな
たと心得おる! 畏れ多くもさきの副将軍、水戸光圀公であらせられるぞ! 一
同、ご老公のご前である。頭が高い! 控え居ろう!」。全くの余談ですが、水
戸黄門のクライマックスに出てくるのが、印籠に印された葵の御紋です。しかも
雙葉学園は、江戸城の外堀、四谷門の内側にあるのですから、不思議な気がしま
すね。若い皆さま方には興味のない話でしょうが、しばらく姿を消していた「水
戸黄門」、武田鉄矢主演で10月から復活するそうです。6年ぶりとか、また見
てしまいそうです(笑)。
【募集人員】 2年保育60名
【説明会】 これは本年度の情報です。
  平成29年9月13日(水)午後2時~3時まで 
  於 本学園記念講堂(幼稚園前の坂道を下りきった中学、高校の前)
  要予約(1ヶ月前から受付) 子ども同伴不可 
  終了後、園舎見学。希望者は上履き、外靴入れ用袋持参で実施。
            詳しくは、ホームページをご覧ください。
 
【Q&Aコーナー】 よくある質問
 
Q: 幼稚園の特色は何ですか?
A:1.一貫教育 
    本学園の幼稚園は、高校卒業までの14年間の、最初の2年間として位
    置づけられています。学園の教育理念を心に置き、幼子のやわらかい心
    の土壌に、よき種まきをしたいと願っています。
 
  2.宗教
    神様の暖かい心に触れ、先生やお友達とのかかわりを通して、人間にと
    って大切なことは何かに、少しずつ気付いていくことを願っています。
 
Q: 園バスはありますか?
A: いいえ、ありません。保護者の方に幼稚園まで送り迎えをしていただきま
   す。車での通園はできません。
 
Q: 給食はありますか?
A: いいえ、ありません。家からお弁当を持ってきます。
     
Q: 土曜日に登園することはありますか?
A: 通常はありません。年に2回(父の日の集いと運動会)は土曜日または日
   曜日に行われます。
 
Q: 通園時間の制限はありますか?
A: 特に制限はありませんが、お子様の身体的、精神的負担をお考えになって
   ください。
 
Q: 田園調布雙葉小学校へは、全員進学できますか?
A: はい、原則として全員進学できます。
  (平成29年4月現在の幼稚園のホームページから転載したものです)
 
(次回は、東洋英和幼稚園、日本女子大附属豊明幼稚園についてお話しましょう)
 

さわやかお受験のススメ<保護者編>第6章(4)四月に読んであげたい本

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
     2018さわやかお受験のススメ<保護者編>
         ~紀元じぃの子育て春秋~
     「情操教育歳時記 日本の年中行事と昔話」
       豊かな心を培う賢い子どもの育て方
           -第23号-
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
第6章(4)四月に読んであげたい本 
 
羽生結弦選手といい、内村航平選手といい、年甲斐もなくシビレました。精進
する若者、素晴らしいですね。元気をもらいました。年寄りも応援しています
よ、頑張れ!
真央ちゃん引退……、残念だけど、お疲れ様としか言いようがないですね。本
気になって応援したのは昨年8月になくなった体操のベラ・チャスラフスカと
真央ちゃん。でも、これからは血圧の心配をせずに、楽しくアイスショーを見
られそうです(笑)。
 
落語の「野ざらし」に、よく似た話です。「親切は、人のためならず」といっ
たものですが……。子どもでさえわかる悪いことをやっている大人の多い世の
中ですから、「渡る世間は鬼ばかり」で、「地獄の沙汰も金次第」では、こう
いうおじいさんは、いなくなるでしょう。
 
◆むすめのしゃれこうべ◆   小沢 清子 著 
むかし、あるところに、村人から用事を頼まれては、わずかな礼金をもらい生
活をしている、じいさまがいました。
ある年のお釈迦さまの日に、酒を飲もうとしていたところへ、急ぎの使いを頼
まれ、ひょうたんに酒を入れて出かけました。野には、かすみがかかり、桜も
菜の花も、今が盛りと咲いています。「花見酒」としゃれたじいさまは、桜の
木の下に座ると、しゃれこうべがころがっていたのです。じいさまは、出会っ
たのも縁と思い、しゃれこうべに酒をたらして一緒に飲みました。
その帰りに同じ所へさしかかると、年の頃、十六、七の美しい娘がいたのです。
三年前に花に誘われ、ここまで来たが、胸が苦しくなり死んでしまい、今度、
三年忌の法事があるので、一緒に家まで行ってくれないかと頼まれます。花見
酒を飲んだしゃれこうべが娘だったのです。
行ってみれば、大きな屋敷で、尻込みするじいさまは、娘にせかされ屋敷に入
ったのですが、不思議なことに、じいさまの姿は見えないらしく、だれも気づ
きません。坊さまのお経が終わると、法事の膳が運ばれましたが、じいさまに
は、食べたこともない料理ばかり。
夢中になって食べていると、下女が誤って皿を割ったのです。主人は、客の前
で怒りだし、見ていた娘は、「三年前と変わらぬ、ととさまなんか見たくない」
と姿を消してしまいます。
とたんに、じいさまの姿は、人に見えるようになったので、事の次第を話し、
骨を持ち帰り、手厚く葬ったのです。じいさまは、娘の恩人として家に引き取
られ、幸せに暮らしたのでした。
春休みのおはなし 四月 花さかじい 松谷 みよ子/吉沢 和夫 監修
              日本民話の会・編 国土社 刊
 
三代目、桂三木助師匠の名人芸を思い出します。新宿の末広演芸場で聞いた時
のことですが、演じる師匠と聞く客が一体となって楽しんでいました。何とも
和やかな雰囲気で、気がねなく大声で笑ったものです。
最近、みんなで大笑いする機会が、少なくなっていないでしょうか。自己中の
人は、笑い顔を見せませんね。「笑う門には福きたる」ともいわれていますが。
新宿のバーで知り合った春風亭小柳枝師匠の話を聞くために末広に出かけます
が、若い人はあまりいませんね。人情話なんか、かったるくて聞く気がしない
のでしょうか。「人情」を辞書で引くと、「人として自然にそなわっている、
心の動き、特に愛情、情け、思いやり」(岩波 国語辞典)とあります。人の
情けは、楽しく生活を過ごすための潤滑油の役割を果たしていたのですが、
「プライバシーの重視」とか何とかで影が薄くなってしまいました。
落語は、笑いながら学べるエスプリの塊のようなもので、すぐれた話芸は心に
沁みこむものですが、その火を消すのも今、生きている私達なんですね。三木
助師匠の左甚五郎の逸話を語る長編落語(CD約45分)「ねずみ」や「三井の大
黒」は、いつ聞いても心が和み、励まされたものでしたが……。
 
ところで、文中に、「霞がかかり、桜も菜の花も、今を盛りと…」とあります
が、これを読むと文部省唱歌の「朧月夜」を思い出します。「早春賦」のとこ
ろでもお話ししましたが、中学生の頃まで、この歌も、お姉さん達の歌声でな
ければ「承知できない。許せない!」と、なぜか、かたくなに信じていたので
す。大好きな歌でしたが、歌うことには抵抗がありましたね。しかし、こうい
う風情を味わえる時代があったことは、確かなのです。そこかしこに、自然は
息吹いていました。
 
よく知られている与謝野蕪村の句に、
   菜の花や 月は東に 日は西に
があります。
春の日暮れを思い描ける好きな句の一つですが、司馬遼太郎の随筆の中に、こ
の句について語るところがあります。代表作の一つである「坂の上の雲」、先
進国に追いつくために、富国強兵と駆け足で上がってみた雲は、大きな犠牲を
払った太平洋戦争で、雲散霧消してしまいました。NHKでドラマ化されまし
たが、氏は映画化されることを望んでいなかったはずですが、どうしたことで
しょうか。学校で習った「日本史」は面白くありませんでしたが、幕末から明
治時代の歴史は、氏の著書で楽しく学べます。私たち親も含めてですが、若者
に欠けているのは、歴史に対する認識ではないでしょうか。司馬遼太郎、永井
路子さん、澤田ふじ子さん、諸田玲子さんなどの歴史小説を読んでほしいです
ね。教科書ではわからなかったことが、たくさん書かれています。外国人と対
等な付き合いをするには、自国の文化を知らなければならないのですが……。
 
堤上に立てば、月は東の生駒山系にのぼり、日は西のかなたはるか一の谷の雲
間に沈む。両岸(淀川)の野は、菜の花の黄があるのみである。
       (「以下、無用なことながら」(489頁)文春文庫
                   司馬遼太郎 著 文芸春秋社 刊)
 
朧月夜には、黄色が似合いますね。
 
話は変わりますが、松本清張にSF的な野心作があります。Z国から東京に向か
って誤射された、5メガトン級の核弾頭ミサイルが5個、飛んで来る恐ろしい
話。ある地下室で最後を迎えた一団が歌を歌うところがあり、老人が歌ったの
は「朧月夜」。「歌いながら、男も女も涙を流していた」場面を、この歌が好
きだったせいでしょう、昭和48年発売にも関わらず、今でも覚えています。
壊滅寸前の東京のある所で、死を前にして春を思い描く、こういった清張の心
象風景がたまらなく好きでしたね。すぐ隣の国から、ミサイルが飛んでくる可
能性のあることを考えると、SFの世界ではなくなりました。日本を守るのは、
日本人自身であることを、もっと真剣に考えるべきではないかと心配しますが、
若い皆さん方は、どうお考えでしょうか。
 
 朧月夜
 作詞 高野 辰之  作曲 岡野 貞一
 
一 菜の花畠に 入日薄れ
  見わたす山の端 霞ふかし
  春風そよふく 空を見れば
  夕月かかりて にほひ淡し
 
二 里わの火影(ほかげ)も、森の色も
  田中の小路を たどる人も    
  蛙(かわず)のなくねも 鐘の音も
  さながら霞める 朧月夜
 
 里わ(里曲・さとみの誤読 人里の辺り) 
 にほひ(“におい”の旧仮名遣い)
 
ところで、現在、文部省は文部科学省といわれていますから、文部省唱歌も文
部科学省唱歌といわなければならないのかなと検索したところ、以下のような
回答にヒットしました。
 
文部省唱歌という呼称は法律や何かで規定されたものではありません。明治時
代に文部省が教科書用にした唱歌が自然発生的にそう呼ばれているので、文部
科学省とは直接に関係を持たないのです。ということで、回答としては「なり
ません」か「できません」です。
(文部省唱歌jp.ask.com/)
 
次は、本当に皮肉な話ですが、信仰について考えさせられます。修行中の坊さ
まと、生きものを殺す仕事をしている猟師との心眼の話です。小泉八雲氏も
「常識」という題で書いています。まさに常識ですが、妙な宗教にはまる若者
も、その原因を指摘する声はいろいろ聞こえてきますけれど、一つは、良識に
欠けている隙をつかれるのではないでしょうか。
 
神を感じるのは心であり、理性ではない  パスカル〔パンセ〕
まことに神の本質を言い当てている。理性ではない、心に祀る神を、人間は悪
用、あるいは乱用している。神の御名において、神の御心のままに、などと自
分にとって都合のよいところだけをすくい取りして、人間の声を天声に変えて
しまう。
    (忘れかけていた人生の名言・名句 森村 誠一 著 P226
                     角川 春樹 事務所 刊)
 
良識は、健全な一般人が共通に持っている思慮分別のことではないでしょうか。
良識は、自己を鍛錬して身につけるものであり、共生するための掟と考えてい
ます。価値観の多様化で、当たり前のことが当たり前と考えられなくなってい
ないでしょうか。小さいときの情操教育は、思慮分別の基本を作るものと思い
ます。お手本はご両親で、作る場所は家庭であり、第三者にゆだねるものでは
ありません。
 
◆とうとい仏さまの正体◆   谷 真介 著 
むかし、京都の愛宕山に、名高いお坊さんがいました。お坊さんは修行中で、
小僧さんを一人置き、小さなお堂から、めったに出なかったそうです。このお
坊さんのところへ、里から一人の猟師が、食べ物を持って、よく訪ねるのでし
た。
ある年のこと、猟師が久しぶりに訪ねると、お坊さんは「近ごろ、夜になると
普賢菩薩様が、白い象に乗りお姿を現す」というのです。そこで猟師は、一夜
を山のお堂で過ごすことにしました。すると、真夜中のこと、東の山から月が
昇るような光が、お堂に差し込み、白い象に乗った菩薩様が現われたのです。
お坊さんは、一心にお経を唱えています。猟師は、おかしなことに気づきまし
た。お坊さまの目にはともかく、お経一つ読めない自分の目に、どうして菩薩
様のお姿が見えるのだろう……、このことです。猟師は、弓を矢につがえ、菩
薩の胸に向けて矢を放ちました。びっくりしたお坊さんは、大声で戒めました。
ところが、今まで明るく見えていた後光が消え、何ものかが谷底へ転げ落ちる
音がしたのです。猟師は、真の仏様なら矢が刺さるわけがないといいました。
夜の明けるのを待って、谷底を調べに行くと、大きな古狸が一匹、胸を射られ
て、仰向けに転がっていたのでした。
   日づけのある話 365日
    四月のむかしばなし 谷 真介 編・著 金の星社 刊 
 
世界的なベストセラーとなった「ダ・ヴィンチ・コード」(「最後の晩餐」の
斬新な解説には脱帽!)に、信仰について以下のような話があります。
 
「世界中すべての信仰は虚構に基づいているんだよ。信仰ということばの定義
は、真実だと想像しつつも立証できない物事を受け入れることだ。古代エジプ
トから現代の日曜学校にいたるどんな宗教も、象徴や寓話や誇張による神を描
いている。象徴は、表しにくい概念を表現するひとつの方法だ。それを丸呑み
しないかぎり、さほど問題を生じない。(中略)信仰を真に理解する者は、そ
の種の挿話が比喩にすぎないと承知しているはずだ」
     (「ダ・ヴィンチ・コード」(下)P57-58 
ダン・ブラン 著 越前敏弥 訳 角川書店 刊)
 
「信者には神聖なことかもしれないが、信者でない者には、おかしな話になる
ものだよ」と明治生まれの親父はよくいっていましたね。しかし親父は、「天
皇陛下様は神聖にしておかすべからず」が口癖でしたから、説得力に欠けてい
ましたが、言わんとすることは理解でき、若い頃、宗教にはまることはありま
せんでした。
 
東日本大震災が起きたとき、小泉八雲の作品で江戸時代にあった津波の話を思
い出したのですが、資料がなく残念に思っていたところ、月刊誌で見つけまし
たので紹介しましょう。
大震災後、64年ぶりに小学校の教科書に復活しました。
 
高台の田んぼにいた庄屋(村落の長)五兵衛は、強い地の揺れを感じた。眼下
の村では、人々が祭りの準備に忙しかった。そこから、もう少し遠くに眼をや
ると―海がどんどん後退し干潟になってきている。これは―伝え聞いた「あれ」
ではないか。五兵衛は立ちすくんだ。すぐ避難させねば―しかし下りていって
説明する暇などない。彼は火打石を取り出し、とりいれたばかりの稲の束に火
をつけた。燃え上がった束で次々に火をつけてまわった。村人が炎と煙に気づ
き、何をしている、やっと収穫した稲に火をつけてまわるとは―と、いっせい
に駆け上がってきた。村の男女・子供までが燃え上がる稲むらの前の五兵衛を
取り囲み非難しようとした。その時、彼は人々の背後を指さした。眼にする限
りの海が白い巨大な壁になって村に襲いかかってきた―。
これは、戦前の小学校・国語教科書に載っていた「稲むらの火」の「あらすじ」
で、原作は小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の作品。安政年間、紀伊・和歌
山を襲った大地震・津波での実話を伝えたものです。
       「稲むらの火」挿話の教訓 諏訪 澄 著 
WiLL 5月緊急特大号 P42  ワック株式会社 刊
 
主人公、五兵衛のモデルは、醤油醸造業(現・ヤマサ醤油)の家督を継いだ浜
口五陵。震災後故郷の紀州広村に千五百両の私財を投じ、高さ5メートル、長
さ600メートルの堤防を築き、村民の離散を防ぐ。感謝を込め「浜口大明神」
を祀ろうとすると、「神にも仏にもなるつもりはない」と叱りつけて辞退。4
メートルの津波が襲った1946年の昭和南海地震では堤防により、流失家屋
は2軒だけ。国指定史跡となった「広村堤防」は、大きく育った樹木に覆われ、
自然の中に溶け込んでいる。(インターネットで「広村堤防」を見ることがで
きます)
 
東京新聞“筆洗”に出ていたコラムの要約ですが、自然と共生するには「想定外
はない」ことを真摯に受け止め、「広村堤防」のように住んでいる人々の生活を
考え、大胆に計画、構築できないものでしょうか。
国民の安全と教育は行政の要であり、長期的な視野に立った計画でなければで
きません。
6年たった今現在、原発事故の収束はおろか、住む町に帰れない人々がいるこ
とを、私達は忘れようとしているのではないでしょうか。
「何かできることはないか」などと力んでみても、できないのが現実ですから、
せめて節電を心がけ、原発だけに依存しない生活を営み、次世代の人々にバト
ンタッチをしたいものですが、これだけ電気に依存する便利な生活に慣れてし
まうと、こんな考えは絵空事で、説得力などありませんね。「その国の発電量
は文化のバロメーター」、誰の言葉か思い出せないのですが、これは確かでは
ないでしょうか。
 
最後は、むかし話ではおなじみの動物の恩返しです。動物でさえ恩を返すのに、
人間は、あだで返す話をよく聞きます。「動物でさえ」などといったら、動物
たちから抗議文が来るかもしれません。「動物は」に訂正しておきましょう。
 
春に来て子を育て秋に南の国へ帰り、そして生まれた所へ帰り子育てをする、
不思議な習性を持つツバメ。近くの関越高速道路の陸橋の下に、よく巣をかけ
ていたツバメが、ここ数年、全く姿を現さなくなりました。
また、ここ2、3年のことですが、10月頃になると日暮近くにスズメやムク
ドリの大群が、ねぐらを求めて東上線川越駅前の街路樹に群がっていました。
およそ300羽もいるでしょうか、その騒々しいこと。アルフレッド・ヒッチ
コックの名作「鳥」ではありませんが、小さなスズメやムクドリでも、あれだけ
数がそろうと怖いですね。もっとも、糞害ですが(笑)。ところが、平成25年
に駅前の街路樹は、新しい駅前広場に改築されるため伐採され一本もなくなり、
帰ってきた鳥たちは、電信柱や近くのビルの屋上で羽を休めていましたが、昨
年の秋は、ほとんど姿を見せませんでした。引っ越し先を見つけたのでしょう
か。人間にとって快適な環境でも、残念ながら恩恵を受けない生き物が、たく
さんいるということですね。ツバメも同じではないでしょうか。「地球にやさ
しく」と自然環境を守る運動に参加を呼びかけられた時、「人間の存在自体が
自然環境の破壊になっているのに」などと、したり顔で言っていた自分を思い
出しました。年は取ってもいささかも貢献していませんね、「地球にやさしく」
に(笑)。
 
◆つばめの恩返し◆   高津 美保子 著
ある日のこと、一人暮らしのじいさんが、飯を食べて縁側で休んでいたところ、
一羽のつばめが、けがをして落ちてきました。薬をつけて包帯し、介抱したと
ころ元気になり、南の国へ帰っていったのです。
次の年、一羽のつばめがやってきて、庭にいたおじいさんの頭の上に、真っ黒
な大きな粒を一つ、落としていきました。ふんかと思ったらすいかの種です。
育ててみると、とても大きなすいかになりました。食べようと包丁を入れたと
ころ、種が飛び出したかと思うと、小さな大工どんや木びきどんとなり、十日
もすると立派な家を作り上げたのです。それだけではなく、どこからか米の俵
や味噌桶、醤油樽などを、次々と担いできて、部屋をいっぱいにし、「なくな
れば、また来ます」と、どこへともなく姿を消してしまったのです。それから
と言うもの、おじいさんは、何不自由なく暮らしたのでした。
※木びきどん(木をのこぎりでひき木材にする人)  
 四月のおはなし  あたまにさくら 松谷 みよ子/吉沢 和夫 監修
                   日本民話の会・編 国土社 刊
 
小さな命を大切にする昔話は、情操教育に欠かせないもので、幼い心に、こう
いった刺激を、たくさん与えてあげたいものです。
ところで、1月下旬のことでしたが、「深谷ねぎ」で知られる埼玉県深谷市の
あるお宅に、どうしたことか雀が舞い込み、今では家族の一員として過ごして
いると埼玉新聞に出ていました。人懐っこい雀で「ピーちゃん」と呼ばれ近所
でも評判とか。事の起こりは、奥さんが近所の十字路で小学生の交通指導をし
ていた時に肩に止まり、「人懐っこいスズメだこと」と感心していたのですが、
奥さんが家に帰るとついてきて、追っても、追っても家に入ってき、そのまま
住み着いてしまったそうです。ご主人の手に乗り餌を食べている写真も出てい
ました。「舌切り雀」のような話でほほ笑ましくなりましたが、ツバメといい
スズメといい、あの小さな体のちっこい脳に、どのような働きがあるのか、不
思議ですね。
 
名物「深谷のねぎ」、これがねぎかと信じがたいほど甘みがあり、生でガリガ
リとかじって食べられるのにはびっくりしました。焼くと甘みが増し、ねぎの
イメージが変わったことを覚えています。親父はこれを肴に、焼酎をストレー
トでグビリと飲んでいましたが、嫌いではない私も、この真似はできません(笑)。
(次回は、「第7章(1) 端午の節句です 皐月」についてお話しましょう)
 

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>入試問題を分析する[8]構成力・観察力に関する問題(1)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2018さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            (第40号)
 年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
★★入試問題を分析する★★
 
[8]構成力・観察力に関する問題(1)
 
幼稚園、始まりましたか。
年長さんになり、少し戸惑っているかもしれませんね、お兄さん、お姉さんに
なりましたから。「さすがお兄さん(お姉さん)!」とプライドをくすぐり自
信をもたせましょう。
「お兄さん(お姉さん)になったのだから!」は、不安や不満を募らせるだけ
で、賢いお母さんが口にする言葉ではありません。
 
構成力・観察力に関する問題の基本は図形ですが、その他に模倣や同図形、異
図形の発見などがあります。
 
[図形合成の問題]
三角形、正方形、長方形、菱形、円形などの形についての理解力を問う問題で
す。
これも、かなり難しいですね。
 
 ◆プレート合成
★(数枚のプレートが置かれている)
「三角のプレートを使って、お手本と同じものを作りなさい」 
 
難しくて、どこがどうなっているのか、わからないものがあります。とにかく
プレートを持って悩んでいても始まりません。しかも時間は限られています。
迅速な対応が求められます。
 
問題集でやる場合、プレートがついていれば、それを切り取り利用できますが、
ない場合は、少し厚手の紙で同じ物を作ってあげましょう。そして、問題集に取
り組む前に、お子さんにいろいろな形を作らせて遊ばせ、「おもしろいな!」と
興味を持たせることが大切です。プレート構成の意味が理解できてから、挑戦し
ましょう。
 
 ◆分割合成
★(5つに切り離されたプレートが、バラバラに置かれている)
「プレートをうまく組み合わせて、もとの円い形にしましょう」
 
三角形、正方形、長方形、円形が4つから5つに分割されたものを、元の形に復
元する問題で、ジグソー・パズルのように、絵が描かれている場合は、かなりで
きますが、真っ白なプレートでは、苦労しますね。
お子さんにさせてみるとわかりますが、「△とは、□とは」と、定義を前提にせ
ずに、どんどんと作っていきます。
言うまでもありませんが、円は、外は曲線です。
三角は、3本の線で囲まれて、角は3つです。
四角は、4本の線で囲まれて、角は4つです。
しかし、子ども達は、これを無視して取り組みますが、しばらくすると、「でき
ました!」となるのですから、やはり、遊びの感覚ですね。図形の定義を抜きに
した構成力で、本当に不思議なものです。
ただし、完成した時には、△、□、○などを言葉でいえるようにしておきましょ
う。
三角形は「さんかく」、正方形は「ましかく」、長方形は「ながしかく」、円形
は「まる」でいいでしょう。
 
★「左の形を作るには、右の長四角の中の、どれを使えばよいです
か。3つずつ探して○をつけなさい」
 
先程、プレートでやった問題を、プリントで答える応用問題となります。いきな
り問題集をやると、直ぐにお手上げになりかねませんから、プレートを使い、基
礎トレーニングを十分積んでから挑戦しましょう。その基礎トレーニングですが、
またしても折り紙の登場です。形がそろわないとうまく構成できませんから、き
ちんと折り、丁寧に切ることが大切です。角を合わせて2回折ると4個の三角が
できますから、それをお子さんに切らせます。
 
2枚使って三角を作ります。
次に四角です。
この四角を作るときに、角と角を合せて蝶々を作ることを覚えると、4枚で真四
角を作るときに役に立ちます。
平行四辺形もできますが、名称は、覚える必要はありません。
今度は、4枚で三角と四角と長四角を作ります。
三角は二通りできます。
 
ここで、お母さん、挑戦しましょう。お子さんが三角4枚で作った四角を使い、
それより大きな四角を作ってください。かつて、東京女学館小学校で出題された
問題ですが、頭が固いとできません。
 
今度は、四角を折ってみましょう。
上下の辺を合わせて折り、広げて折っていない方を同じように折ると四角が4つ
できます。三角は、何回切っても三角に変わりはありませんが、四角は、長四角
と真四角の繰り返しですね。
 
次に、円形です。コンパスがなくても、茶わんを使えば描けます。
半分に折ると扇形ができます。さらに、半分に折ると4個の扇形ができます。バラ
バラにして組み立てられれば、円と扇形の構成がわかります。
 
ところで、○の分割で、ケーキを3人、5人、6人で分けるといった問題があり
ますが、子ども達には難問です。○を三等分、五等分、六等分に分けたものを作
り、それを切り取り、形を覚えておきましょう。
この問題を解くときに、器用に分けられる女の子がいるものです。
「ママが、ケーキを切るのを見て、粘土でまねをしたの!」
お手伝いをしながら、5つ、6つに分けたのを見て、
「ママ、すごい!」
と驚き、実験して覚えたそうです。やはり、体験学習は、貴重な財産になってい
ますね。
 
同じ体験ですが、「丸い粘土の固まりを使い、同じ大きさの玉を3個作りなさい」
といった問題で、粘土の固まりを板の上にのせ、手でゴシゴシとこすり、細長い
棒状に伸ばして、それを三等分し、3個の玉を作った子がいました。
「ママとクッキーを作ったとき、こうすれば同じ大きさに作れると教わったの!」
と嬉しそうに話してくれたものです。こういった日常生活での体験が、大きな知
恵となっていることがよくわかります。生活体験、学校側の狙いもここにあるわ
けです。
 
少し脱線しますが、3個に分けた玉を一つに丸めて、「○が3個でも1個になる」
という子ども達がいるものです。つまり、1+1+1=3ではなく1だというわ
けです。3個の玉を、もとの固まりに丸めると1つの固まり[○]になりますから、
確かに[1]になります。
これは、「ある量のものをいくつに分けても、もとの量は変わらない」という
「量の保存」のことですが、量と数の違いは、粘土で説明するとわかりやすいで
しょう。
私がお預かりした子ども達の中にも何人かいました。いずれもペーパーテストを
しない難関校に入りましたが、こういったことにこだわるお子さんには、きちん
と説明してあげることが大切です。小学校4年生で習う分数の基本です。
 
最後に、作った形を真四角、長四角、三角、円といった形でまとめてみましょう。
どこかで見たことはないでしょうか。そうです、積み木の箱です。一つの形を作
ってきちんと収納されていませんか。図形の基本ですね。
三角2つで真四角が、真四角2つで長四角、長四角2つで真四角、扇形4つで円
ができます。積み木を片付けながら図形の構成を学習しているわけです。スケッ
チブックなどにそれぞれの形を描き、その枠内にしまう練習もやってみましょう。
 
積み木は、頭脳のトレーニングになる遊びです。
遊んでいる子どもには玩具の一つですが、幼児期の図形学習や構成力、観察力や
立体感覚を養うために欠かせない大切な教具です。巧緻性のところでお話した
「手は第二の脳」を思い出してください。手を使う作業は、目でとらえた情報を
脳に伝え、それをいかに行動に表すかを脳が考え、正しい指示を出し、手先が適
切に作業をする、体と脳の共同作業だとお話しました。
 
こういった共同作業をスムーズにできる子の知的な能力が高いといわれるのは、
それだけ試行錯誤を積み重ね、苦労をしながら、自発的に学習し、理解したもの
であり、先天的な能力だけではないと思います。しかも、子ども自身は、「図形
や構成力のお勉強!」などと思って、取り組んでいるわけではないのですが、構
成力がつくだけではなく、夢中になって取り組むことで、集中力や学習意欲も培
われます。
 
子どもは、単に記憶にだけ頼るのではなく、身体全体を使い、学習をしています。
子どもの遊びは、すべて、何らかの学習につながっているのです。「遊びはいけ
ないこと」と考えるお母さん方がいると聞きますが、それは間違いです。幼児期
の遊びは、工夫する力を培う大切な作業であり、学習の場と考えましょう。考え
行動することから、自発性が養われていくからです。
 
これで基礎トレーニングは、終わりです。基礎をしっかり理解してから、問題集
に挑戦しましょう。三角形、四角形のプレートつきのゲーム感覚の教材を選んで
ください。図形の問題に強くなると、考える力がつきます。複雑な問題になると
時間もかかりますから、集中力や持久力もつきます。 
 
スムーズにできないと、苛立つお母さん方がいるようです。
「……! ……? ……こうやるのかな!」などと、お子さんが一所懸命に考え
ている時には、口を出さないことです。
「お母さん、これ、どうなっているのかな……?」
などと助け舟を求めてきたときにアドバイスしてあげましょう。お母さんにも根
気が必要です。その心構えが、お子さんの持久力や取り組む意欲や自発性を育て
るからです。
 
先程のお子さんが作った□を使って、それより大きな□を作る問題ですが、中心
に集まっている4つの頂点を、底辺を軸に、それぞれ左、右、上、下へ裏返しに
します。お子さんの作った□の外側に、4つの三角の屋根ができ、大きな□とな
るはずです。仕掛けがわかると何でもないように思えますが、「コロンブスの卵」
と同じですね。日能研のキャッチフレーズではありませんが、「□(シカク)い
アタマを○(マル)くする」、子どもとの付き合いで大切なのは、親の既成概念、
思い込みを押しつけないことです。
(次回は、「構成力・観察力(2)」についてお話しましょう)

さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>名門幼稚園の保育方針 私立幼稚園編(4)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
   「2018さわやかお受験のススメ<幼稚園受験編>」
            第22
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
私立幼稚園(4)
 
【幼稚園に関する新しい情報は、各園のホームページをご覧ください。ここで
紹介する情報は、私が説明会や過去のホームページから得たものが中心になっ
ていること、また募集人員、説明会の日程は平成29年度(平成28年実施)
のものであることをお断りしておきます】
 
[白百合学園幼稚園]
宗教教育を行い、幼稚園から女子だけの環境で、大学まである総合学園の幼稚
園です。
宗教教育や別学の経験のない方、特に、お父さん方へ、3年保育からご縁があ
ったとすると、共学の大学で学ぶ機会は残されていますが、もしかするとお嬢
さんは、19年間、女子だけの教育環境となります。
平成9年には、開設以来、初めて入園説明会を実施し、校訓とモンテッソーリ
の教育、縦割り編成のメリットなどについて、具体的な説明がありました。
 
[本学園の目的]
本学園は幼稚園から大学にいたるまで一貫して、キリスト教的精神に根ざした
価値観  を養い、神と人の前に誠実に歩み、愛の心で奉仕できる女性を育成
することを目的としています。
 
[保育目標] 
本学園の教育目的に基づき、幼児にふさわしい生活環境を与え、その中でモン
テッソーリ教育法による保育を行い、宗教性、知性、情操を養い、その人間形
成のための習慣を確立させるとともに、ひとりひとりのもっている可能性を円
満に伸ばすことに重点をおきます。
 
自分で選び、自分で関わり、自分を創る(モンテッソーリ教育の中で)
   
[本学園のモットー]
従 順 良心に従って正しい行動が取れるように。 
勤 勉 意志の強い自律性にとんだ子どもとなれるように。
愛 徳 心身ともに健康で協調性にとみ、喜んで人につくし、人からも愛され
    るように。
 
校訓をどのように解釈するかですが、平成9年に初めて開催された説明会で清
水園長は、文言は正確ではありませんが、こうおっしゃっていました。
 
校訓である三徳については、
 「幼稚園では、もう少し具体的に、
  従順とは、良心に従って、正しい行動を取れるように、
  勤勉とは、意志の強い自律性にとんだ子どもになれるように、
愛徳とは、心身共に健康で、協調性にとみ、喜んで人に尽くし、人から愛される
人になるように、ということを目標にしております。
  これを子どもたちに、『つよく、やさしく、まっすぐに』と教えております。
このようなことを、小さい時期から、毎日の生活の中で経験し、積み重ねながら、
追求していくようにしています」
 
モンテッソーリ教育については、
「モンテッソーリ教育法は、子どもが得られた環境における自由を基本にすえた教
育であると定義されております。ですから、モンテッソーリの幼稚園では、一人
ひとりの子どもの自由が保証されています。そして、子ども自身が主人公として、
誰からも強制されたり、支配されたり、あるいは拘束されたりせずに、自分がし
たいことを、したいだけすることができる、そういうことが許されている環境が
整えられているわけです。ですけれども、子どもが主人公で、自由が保証されて
いるということは、自由奔放に、好き勝手にするわけではありません。モンテッ
ソーリの自由は、一定の制限つきの自由で、また規律の中での自由であり、そこ
には責任が伴います。自由と規律、それは切り離すことはできません。ちょうど、
一枚のコインの裏表のようなものだとモンテッソーリはいっています。
規律に従うということは、人の命令や強制に従うのではなく、自分の自由意志で
選んで従うので、そのためには、まず、自分自身の精神をコントロールするため
の強い意志の訓練が必要です。子どもたちは、規律に喜んで従います。積極的に
守ろうとします。ですから、このような環境を整えることが大切なのです」
 
モンテッソーリ教育で重視されるもう一つの特徴である「敏感期」については、
「子どもの誕生から6歳までの時期は、人間の一生を支配する人格の基礎ができる
大事な時期、いろいろな意味で無視できない敏感力、集中力の働く時期がありま
して、これをモンテッソーリは『敏感期』と呼んでいます。この敏感期と集中現
象、これがモンテッソーリ教育のかぎとされ、非常に重要視されています。作業
を通して、こういったことを経験した子どもたちが、心に非常な喜びと満足感を
覚えます。そして、人との協調性、社会性が豊かになり、ただ自由性だけではな
く、人のことを考えたり、思ったり、人を愛する心が自然と育ってきます」
 
注 マリア・モンテッソーリ
イタリアのローマで女医として精神病院で働いていたモンテッソーリは、知的
障害児への感覚教育法を施し、知的水準を上げる効果をみせ、1970年に設
立した貧困層の健常児を対象にした保育施設「子どもの家」において、独特の
教育法を完成させた。以後、モンテッソーリ教育法を実施する施設は「子ども
の家」と呼ばれるようになった。(ウィキペディア フリー百科事典より)
 
さらに、縦割り編成(年長、年中といった同年齢のクラス編成ではないシステ
ム)のメリットについては、
「縦割り編成のメリットは、たくさんありますが、その中で主なものとしまし
ては、社会性が育ちます。そして、上下関係がありますので、お互いに尊敬の
心、やさしい思いやりの心、そういったことが自然と保育の中で育っていく、
とても素晴らしい編成だと、私は思っております」
 
幼稚園側が望む子ども像については、
「私どもが希望しておりますのは、小さい時から、入園テストですとか、面接
を受けて訓練されることではなく、むしろ日常生活の中で、特に、お父さま、
お母さま方の、生きたお手本の中で育てられたお子さま方、それから、年齢相
応に、基本的な生活習慣が、ある程度、これはまだ完全にできませんから、あ
る程度、身についているお子さま方、明るく、素直で、いきいきしているお子
さま、そういった子どもたちを希望しております」
 
そして最後に、宗教については、
「先程も申し上げましたが、幼稚園だけではなく、小学校、中学、高校、大学
を通して、宗教教育をかなり深く致しますので、信仰する、しないは自由です
が、やはり、お家の方々も、ご理解がなければ難しいと思いますので、そうい
う点は、お含みおき頂きたいと思います」
 
「お父さま、お母さま方の、生きたお手本の中で育てられたお子さま」、何だ
かんだと言っても、子育てとは、この言葉に尽きるのではと思いますね。子ど
もは、両親の作った環境で育ちます。育児は、自らを育てる、「育自する」こ
とに尽きるのではないでしょうか。
 
当時を振り返ってみますと、説明会を開催したことで、本園に関してのおかし
な噂でもあった「何でもできる、頭のいい子」「言葉の達者な子」「目端のき
く子」などは、打ち消されました。
受験生は、2、3歳の女の子です。
「目端のきく子」とは、「明るく、素直で、いきいきしている子」だったわけ
です。
しかし、噂や怪情報は、本当にやっかいなものです。
信じる方が悪いとか、見識が足りないなどと言えるのは、当事者ではないから
です。
受験生を持つお母さん方は、しばしば「わらをもつかむ」思いに追い込まれが
ちです。
頼りはお父さん方で、受験はお子さんと3人4脚で行うべきですね。
 
説明会は、平成21年から母子手帳持参が条件となりました。
内容も、モンテッソーリ教育だけではなく、育児全般にわたり、詳しい説明が
2回に分けて行われていると、参加されたお母さん方から伺いました。
モンテッソーリ教育について、ホームページに解説がありますのでお読みくだ
さい。
園児のやっている「おしごと」の動画もあり、ほほえましいのですが、ギョッ
としますね。初めての方、びっくりされると思います。小学校の入学試験が難
しいのも納得できる「おしごと」だからです。
 
私事で何ですが、平成9年から毎年参加し、貴重な話を受験されるお母さん方
に伝えてきましたが、12年目でその機会を失い、残念に思っています。
 
【募集人員】3年保育45名 2年保育15名(平成29年度募集人員)
 
【説明会】 第1回 平成28年5月14日(土)
      第2回 平成28年9月 3日(土)
 
【見学会】 第1回 平成28年5月11日(水)
      第2回 平成28年5月14日(土)
 
【体験保育】平成28年7月7日(木)8日(金)11日(月)
 
【Q&A】はありません。
 
次回は、雙葉小学校附属幼稚園、田園調布雙葉小学校附属幼稚園について紹介
しましょう。
 

さわやかお受験のススメ<保護者編>第6章(3)入園、入学を迎えたお母さん方へ

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
         「めぇでる教育研究所」発行
     2018さわやかお受験のススメ<保護者編>
         ~紀元じぃの子育て春秋~
     「情操教育歳時記 日本の年中行事と昔話」
       豊かな心を培う賢い子どもの育て方
           -第22号-
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
第6章(3)入園、入学を迎えたお母さん方へ
 
4月は、これを抜きに考えられません。
環境が変わるのは、大変なことです。幼稚園や保育園は、ご両親にとっても、
第三者に教育を委ねる初めての場所です。子ども達は、親のもとを離れて初め
て生活する場所であり、ご両親に十分に保護されていた環境から巣立つわけで
す。
スタートが、肝心ではなかったでしょうか。
 
子ども達も、新しい環境になじもうと一所懸命に努力します。毎日、楽しいこ
とばかりが続くわけではなく、いやなこともあります。それでも、幼稚園へ行
こうとするのは、新しい環境には、家にはない魅力や新鮮な刺激があるからで
す。先生方も幼稚園は楽しい所だと、精いっぱいの努力をします。見ていると
涙ぐましいほどです。
 
しかし、変なお母さんがいるようですね。
「お母さん、ぼく、幼稚園へ、行きたくない!」
そのわけも聞かずに、瞬間湯沸器になって、幼稚園へ怒鳴りこむ「過保護・溺
愛・自己中心」の三つを備えたKYJT(空気読めない自己中)ママです。
「悪いのは友達、きちんと指導のできない先生!」
というそうです。多くの場合、お母さんと子どもに原因があるのですが、恥ず
かしげもなく、こういう行動を起こすお母さんですから、お母さんも子どもも、
そのことがわかりません。かわいそうなのは、子どもです。いつまでたっても、
お母さんから逃れられませんから。
 
幼稚園は、お母さんのもとを離れても楽しいことがたくさんあることを実地体
験する場所です。自立心を培って、小学校の集団生活に適応できる力をつける
所ですから、お母さん方も子ども中心の育児から卒業し、客観的にわが子を見
る機会と考えましょう。
 
過剰な愛情を注いでもいいのは、3歳までです。
3歳を過ぎると自立が始まりますから、「手を出さない、口をはさまない育児」
に徹すべきです。極端にいえば、3歳を過ぎても子どものやっていることを見
て、手を貸したくなるようでは、もう十分に過保護ですし、口を出したくなる
ようでしたら過干渉です。
 
一人っ子では、この加減がわからなくなりがちですが、きょうだい二人の下の
子を見るとわかります。上の子にないところを持っていることが、往々にして
あるものです。最初の育児は、何事につけても慎重になりがちですが、二番目
の子は経験済みですから手を抜きます。その分、子ども自身が自力でやらねば
なりませんから、それだけ試行錯誤を積み重ね、苦労しているわけでから、た
くましくなります。「一姫、二太郎」とは、「子を産み育てるには、最初は女
の子、二番目は男の子が育てやすくてよい」ということですが、それ以外にも
こういった意味があるのです。
 
男の子は、適度な試行錯誤を過ごせる環境でなければ、たくましく成長しませ
ん。進学教室でも、女の子はかなり積極的に自信を持って取り組んでいました
が、男の子は自信がないのか、なかなか手を出さない子がいたものでした。一
般に、女の子は成長が速いので、あまり手がかからないものですが、男の子は
少し遅いですから、男の子を育てているお母さん方、過保護にならないよう注
意しましょう。お母さん方は、とかく男の子に甘いところがあるからです。も
っともお父さん方は、女の子に甘くなりがちですから、お互いに客観的に子育
てを見直すことも大切ではないでしょうか。
 
ところで、平成4年度から施行された「幼稚園教育要領」によると、保育の方
針は、従来の「一斉保育から自由保育」となり、「一人ひとりの個性を伸ばし
ていく保育」に変わっています。これを誤解するお母さん方がいるようですね。
 
自由保育といっても、勝手気まま、何でもありの自由奔放な保育ではありませ
ん。みんなで一斉に、同じことを強制的にやるのは止めて、自発的に活動でき
るように導く保育という意味です。
 
例えば、知識や理解力を培うにも、自分自身で考え、工夫する機会や経験を、
たくさん持たせ、自分勝手な考え方ではなく、客観的なものの見方や考え方を、
身につけるように指導することです。もっと大胆にいえば、「他律」ではなく
「自律」の保育です。       ですから、過保護や過干渉な育児をやっ
ていては、自律できない、わがままで、甘えん坊の弱虫な子になりがちです。
 
幼稚園へ行かせるのは、親の子離れ、子どもの親離れの実地訓練期間と考える
べきだと思います。子離れできない育児は、運転免許取得でいうと、まだ仮免
前の段階です。幼児期の過保護、過干渉の育児が、中学生の頃になると、幼児
期に体験していなかったことから生じるギャップに対応できず、家に引きこも
ったり、非行に走ったりするのではないかと思えてなりません。育児しながら
「育自」するお母さんになってください。
 
しばらくの間、慣れるまで、子ども達もくたくたに疲れて帰って来るでしょう。
しっかりと、やさしく抱きしめて、勇気を与えてあげましょう。また、送迎を
義務付けられている幼稚園の場合は、お母さん方も体調を崩さないように気を
つけてください。
 
小学校も同じです。
新学期が始まると、もう勉強を気にするお母さんが増えているようで、子ども
達が新しい環境に慣れるのに、どのくらい神経を使っているか、わからないお
母さん方がいると聞きます。特に、国立附属や私立の小学校へ通う子ども達は、
電車やバスを使い、1時間前後の時間をかけて通学するはずですから、慣れる
まで大変です。朝のラッシュ時に、ランドセルを背負い電車に乗り込む子ども
達を見ると、「頑張れ!」と声をかけたくなります。
何といっても、狭き門をくぐり抜けてきた幼き戦士ですから。新しい環境に慣
れるまで、勉強のことは忘れましょう。
今年受験予定の皆さん方は、東日本大震災以降、通学経路、所要時間も、学校
選択の大切なポイントにもなっていることもお忘れなく。
 
極端な話ですが、学校から帰ってくるなり、
「宿題はないの!」
「テストは、どうだったの?」
「予習しなくて、いいの!」
「4時から塾です。遊びに行ってはいけません!」
こんなことばかりいわれて、勉強好きな子になれるでしょうか。これでは、命
令、統制、禁止、管理の育児で、勉強もこの姿勢でされてはたまりませんね。
まだ、危険なことをしますから、監視の目は必要ですが、自分で考え、行動し、
やったことには責任を持たせる「自立させる育児」に切り替えるべきです。
 
勉強も同じです。
勉強は、本人がその気にならなければ、辛いものです。皆さん方も経験ありま
せんか、あったとすればなおさらのことでしょう。難しい話ではありますが、
「勉強は自分のためにすること」を、一学年でも早く自覚できる環境を作って
あげるべきではないでしょうか。
学校生活の様子を知る一つの目安として、先生からの連絡事項を、きちんと報
告できているかどうかがあります。できていれば、先生の話を聞いている証拠
ですから、とりあえず心配ありません。学習に取り組む姿勢も確実に身につい
ていきます。
 
そして、背を伸ばし、左手でノートを押さえ、きちんと筆記用具を持ち、筆順
に従った字を書いているか注意しましょう。知識を詰め込むより、姿勢を正し
て、きれいな字を書ける方が大切です。「形は心を作り、心は形を整える」は、
明治生まれの親父の口癖でしたが、一理あると思います。
 
しかし、小学校生活も、楽しいことばかりではないでしょう。いじめもありま
すし、けんかもするでしょう。先生に怒られることもありますし、勉強もわか
らなくなることもあるかもしれません。
「何で、ぼくだけ、こうなんだろ!」
と落ち込む時もあります。
しかし、翌日、子ども達が元気に学校へ行くのは、家に帰ればやさしいお母さ
ん方がいるからではありませんか。家庭でリフレッシュできるからこそ、明日
に希望をもてるのです。
低学年時代は、お母さん方が頼りですから、温かい雰囲気のある家庭を作って
あげましょう。大人はストレスを解消できるすべを心得ていますが、子ども達
にはないからです。
 
小学校低学年時代は、勉強はできても利己主義より、勉強はほどほどであって
も、友達と仲良くできる子の方がいいと考えるのは、私が昭和15年(1940)
生まれだからでしょうか。
もちろん、勉強も大切ですが、お子さんが、この時期に体験しなければならな
いことが、たくさんがあるはずです。桜の花ではありませんが、魅力がなけれ
ば、友も寄って来ません。今、大切に育てたいのは、相手を思いやる心、共に
生きる共生の心である徳育であり、いろいろなことを体験していくために必要
な体育であり、豊かな情操を養うための知育、そして挑戦する意欲だと思いま
す。「知育・徳育・体育」ではなく、今は、「徳育・体育・知育」と順番を入
れ替えるべきではないかと考えます。知育だけが優先される子育ては不自然で、
いつか壊れる不安が伴うのではないでしょうか。
幼児期は、三つの能力をバランスよく育てることが大切です。
 
かつて、聖心女子学院初等科の学校説明会で、本校の求める子ども像は、「心
身ともに強くて、心のやさしい子」、最近は暁星小学校が、たくましい子ども
とは「気はやさしくて力持ち」とおっしゃっていますが、そのためには、「心
身ともに強く、心のやさしい親」であるべきだということではないでしょうか。
「親の背を見て子は育つ」、これこそ育児の鉄則ですね。
 
そして、忘れてならないのは、お父さん、お母さんは、お子さんが何人いても、
お子さんにとっては、たった一人のお父さんであり、お母さんであることです。
私事でなんですが、嫁ぐ娘から、「お父さんは、生まれたときから私のただ一
人のお父さんでした」といわれ、少なからず狼狽したことを覚えています。子
どもは、間違いなく「お父さん、お母さん」として評価しています。
 
これからの毎日は、お子さんの記憶の中にきちんと刻み込まれていきます。
「三つ子の魂百まで」といいますが、私は小学校の低学年時代に、生きる姿勢
の基本的な枠組み、形が出来上がるのではないかと考えています。そのお手本
が、ご両親であることを肝に銘じておきましょう。2014(平成26)年度
中の全国、小学生、中学生の不登校児童生徒は、12万2650人(前年11
万9617人)【2015年12月25日、文部科学省「学校基本調査」より】。
無責任な言い方で恐縮ですが、その原因は、ご両親の育児の姿勢にもあると思
います。
 
仕事柄、「育児で、もっとも大切にしたことは何ですか」と尋ねられることも
ありますが、「両親からやってもらったことで、うれしかったことはどんどん
実行し、いやだったことはやらないようにしました」と答えています。自分が
いやだったことは、子どもだっていやなはずです。
種を明かせば、論語の「己の欲せざるところは、人に施すことなかれ」の受け売
りです(笑)。反対句は、「己の欲するところを人に施せ」(新約聖書・マタ
イによる福音)ですね。孔子の仁(思いやり)、キリストの愛、どちらでもい
いのですが、こういったことへの配慮でいいのではないでしょうか。
 
最近、ひょんなことから、理想的な親子関係を表しているではないかと思える
歌を見つけました。といっても、例によって「わたし流」の解釈ですが。
 
      映るとも 月も思わず 映すとも 水も思わぬ 広沢の池
 
この歌から教えられるのは、育児は結局のところ、「親はよい手本をみせ、子
は意識することなく見習う」にあるのではないでしょうか。剣豪、塚原ト伝、
柳生新陰流の開祖、石舟斎の作ともいわれているそうですが、およそ「剣の道」
とは縁のない私ですから、とんでもない思い込みで、その道の方々から嘲笑さ
れるかもしれません(笑)。なお、広沢の池で検索すると、四季折々の景色を
見ることができます
 
ところで、ぴかぴかの一年生と聞けば、頭に浮かぶのはランドセルでしょう。
 
このランドセルを日本で最初に使った人は伊藤博文で、大正天皇が学習院に入
学されたときに献上したのです。その後、学習院御用達となり、それが全国に
普及しました。ランドセルは、オランダ語の「ランセル」がなまったもので、
ランセルとは、兵隊さんが背負っている「背嚢(はいのう)」のことです。つ
まり、軍国主義の時代に、軍人を尊敬してあこがれていた子ども達の心に合わ
せて、通学用かばんとして考案されたものなのです。
 (頭にやさしい雑学読本 3 竹内 均 編 三笠書房 刊 P290)
 
(次回は、「4月に読んであげたい本」についてお話しましょう)
 

さわやかお受験のススメ<小学校受験編>入試問題を分析する[7]記憶に関する問題

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
        「めぇでる教育研究所」発行
    2018さわやかお受験のススメ<小学校受験編>
            (第39号)
 新年長児のお子さまをお持ちの小学校受験をお考えの皆様を応援します!!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
★★入試問題を分析する★★
 
[7]記憶に関する問題
 
プロジェクターを使って、スクリーンに映し出された映像を何十秒か見て、
どれだけ覚えているかをみる問題です。映像は、イラスト、色、図形、位置
などがあります。
 
上映されている間、問題用紙は裏返しにし、本人には見えないようになって
います。問題がスクリーンに映っている間に、覚えなくてはならないのです
が、裏返しにされている答案用紙を、そっと見る子がいるそうです。そんな
暇はないのですが……。
こういった態度には、どんなチェックが入るのでしょうか。まさか、「カン
ニングの行為でマイナス5点!」などはないでしょう。ただ、不安なのです。
不安の種は、どうやら子どもの頭に浮かぶお母さんの顔のようです。
できないと、怒られるからなのでしょうか。
もし、そうだとすれば、こういったところに、普段の育児の姿勢である「満
点主義の教育ママ」の顔が、表われかねませんね。結果ばかりにこだわらな
いで、どうしてできないのだろうと、そのプロセスを考えてあげる賢いお母
さんになってほしいのです。
 
「私どもは、試験でさえもプロセスを大切に見極めています」
文言は正確ではありませんが、かつて、桐朋小学校の説明会で聞いた話です。
「プロセス重視」、これは家庭学習で忘れてはならない大切な心構えです。 
 
◆絵の記憶
公園で動物たちが遊んでいる絵を20秒ぐらい見て、うさぎがいたところに
○、たぬきがいたところに×、りすがいたところに△をつける問題です。
スクリーンをボーッと見ていたら、
「動物が遊んでいたなぁ……!」
でおしまいですね。
 
◆色の記憶
四角や、三角、丸などの図形に、三色から多くても五色ぐらいの色を塗った
ものを見て、それと同じところに同じ色を塗る、同じ色のシールを貼るなど
の問題です。
「きれいだな!」
気持ちはわかりますが、感心している場合ではありません。
あっという間に終わります。
集中力です。
 
◆形の記憶
☆△□○といったように、形が並んでいるものを見た後に、下の中から同じ
ものを選んで印をつける問題です。
形は、難しいですね。
抽象的で、つかみどころがないからです。
 
◆ 位置の記憶
ます目の中に、動物や昆虫、花や果物、記号や図形がかかれているものを見
て、右側の解答用紙の同じ所に印をつけたり、おはじきを置いたり、シール
を貼って答える問題です。
動物や花などは、覚えやすいようですが、図形は抽象的だけに難しいのです。
 
◆音の記憶
例えば、太鼓が6回たたかれた音を聞き、その数だけ○を書くとか、テレビ
を使って、動物たちが順番に楽器を鳴らし、だれが、どの楽器であったか、
動物と楽器を線で結ぶ問題などがあります。
 
記憶の問題は、やった経験がなければ、ほとんどできないでしょう。
テストは、このように行われるからです。
 
 (スクリーンには、動物たちが公園で遊ぶ様子が映されています)
 ★スクリーンを見てください。………………………(20秒経過)
「くまさんがいたところに○、うさぎさんのいたところには×をかきましょう」
 
「記憶の問題です」などといった説明もなく、スクリーンに問題が映り、し
ばらく沈黙が続きます。
「スクリーンを見てください」といっていますから、説明なしとは言えませ
んが、ボーッと見ていたら、それまでですね。人間の脳は、「覚えなさい!」
との明確な指示があって、初めて記憶する作業が始まりますから、これは、
心構えが必要です。
 
登場する動物も多く、公園の様子も複雑な問題がありましたね。 
子どもは、どのようにして覚えるのでしょうか。
大人は、「ブランコにくまがいて、滑り台にパンダが、砂場にはうさぎが……」
と理詰めに記憶しようとしますから、これでは覚えきれません。
ところが、子どもは、全体をパシッと頭に収めてしまうそうです。
カメラを考えれば、いいようです。
全体を、頭に写し撮ってしまうらしいのです。
子どもの頭は柔軟ですから、記憶できるそうです。
 
子どもの記憶力には、驚かされることがあります。
電車の好きな子が、東海道線の全部の駅の名前を覚えた話など聞きませんか。
車博士から鉄道博士、昆虫博士と、よくぞ覚えたものだと感心させられます。
そういえば、3年間分のカレンダーを覚えている年長の子に会ったことがあり
ました。
「平成〇○年の12月31日は、何曜日?」
「水曜日!」
なぜか、去年と今年と来年分の3年間なのです。話を聞いてみると、お父さん
のもらってきた手帳が、余ったのでもらったそうです。そのカレンダーを見て
いて覚えたらしいのです。前後3年間というのも面白いですが、どの年の、月
日と曜日を尋ねても、ピタリと当たるものですから不気味でしたね。どうなっ
ているのでしょうか、子どもの頭は。              
しかし、記憶の範囲は前後3年間であることから仕組みがわかりました。来年
の12月31日は水曜日と当てるのですが、再来年の1月1日は、何曜日かが
わからないのです。次の日、翌日のことです。素晴らしい記憶力には感心しま
したが、単に覚えているだけでは、余り役に立たないということです。
 
こういった問題があるからといって、問題集を買い、ひたすら繰り返し訓練す
るのは、考えものです。第一、面白くありません。20秒ぐらい絵を見せられ
て、サッと隠して、
「今、何がありましたか!」
「こんなことして、何になるの、お母さん?」
こういわれて説得できなければ、やっている親の立場がなくなりますね。
お気に入りの絵本の、1ページに描かれている情景をいわせてみると、驚くほ
ど細部にわたり記憶しているものです。こういったものを利用しながら、記憶
するという意識を刺激してみましょう。
トランプを使った「神経衰弱」なども、絶好の教材となります。
こういったステップを十分に踏み、それから問題集を利用すれば、お子さんも
やる気十分に挑戦するはずです。問題意識が芽生えないと、興味を示しません
から、意欲もわきません。
 
記憶は、本当に気ままなものです。 
自分の好きなことは覚えますが、嫌いとなると、もういけません。
やはり、出発点は好奇心ですね。 
そこから、注意力や集中力が働いて、記憶するのでしょう。
普段から、注意力の散漫な子は、やはり、覚えるのも苦手ではないでしょうか。
身辺の整理ができない、おもちゃ箱が乱雑な子も、どうでしょうか。
過保護、過干渉な育児も駄目でしょうね。
何でも自分でやらなければ、段取りがわかりません。
段取りは、前にやった時の経験が生きてきます。
経験は記憶されますから、自分でやることが大切です。
記憶力も試行錯誤の繰り返しで身につくもので、子どもの生活体験と深い関わ
りがあります。
自発性にとみ、自立心の身についている子の記憶力は、すぐれているはずです。
それは、いろいろなことに自力で挑戦しているからです。
 
小学校側も、単に記憶する能力をみているのではないでしょう。
五感を刺激されていれば、記憶力もつきます。
このことです。
ですから、机の上で、問題集だけで覚えた知識は、あまり役に立ちません。
単に、大脳神経の回路を刺激して記憶するだけですから、忘れやすいのです。
しかし、頭と体が一体となって覚えたものは、忘れません。
それは、知識ではなく知恵だからです。
身についた知恵の主語は、自分自身です。
詰め込まれた知識の主語は、多くの場合、第三者やお母さん、お父さんではな
いでしょうか。
 
記憶力を培うのは、五感に刺激を与える環境だと思います。
お子さんが、夢中になって取り組む遊びはありますか。
好奇心の旺盛な子は、やはり、記憶力も順調に発達しているといえるのではな
いでしょうか。
(次回は、「構成力・観察力 1」についてお話しましょう)

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ